ファクタリング会社の比較

住宅ローンの借入金利はいつ決まる?

ファクタリング・なび

ファクタリングでお困りの資金調達もスピード解決!

 

「ファクタリング・なび」なら最適なファクタリング会社が見つかる!

 

ファクタリングとは借入しない資金調達

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。資産の現金化による資金調達方法であり、借入にはなりません。そのため、商取引で発生した売掛金・売掛債権を保有している事業者であれば、誰でもファクタリングを利用できる可能性があります。

ファクタリングは審査に通りやすい

ファクタリングは借入ではなく、売掛金・売掛債権の売却です。借入ではありませんので、銀行融資などの借入とは全く異なる審査基準になっています。そのため、赤字・債務超過、リスケ中、税金滞納中といった事業者でも利用できる可能性は十分にあります。銀行などの融資審査に落ちてしまった事業者でも利用できる可能性が十分にありますので、まずはファクタリング会社に相談してみましょう。

緊急の資金調達にも対応可能

ファクタリングは急ぎの資金にも対応可能な資金調達方法です。最短で即日から2~3営業日程度で利用できる会社が多く存在します。急ぎの資金調達が必要ならファクタリングを検討してみましょう。

2020年おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するなら会社選びが重要です。2020年現在、最もおすすめのファクタリング会社をご紹介します。

急ぎの資金調達、2社間ファクタリング(取引先への通知不要)、赤字・債務超過でも利用可能なファクタリング会社です。さらに、相見積もりによって、複数のファクタリング会社を比較しながら、最適な1社を見つけましょう。

三共サービス

手数料が業界トップクラスに低い老舗ファクタリング会社

三共サービスは業界トップクラスの低手数料水準

 

手数料・費用が業界トップクラスの低水準

三共サービスのファクタリング手数料は、3社間ファクタリングで1.5%~、2社間ファクタリングで5.0%~と、業界トップクラスの低水準です。

ファクタリングは銀行融資などに比べて、資金調達コストが高くなりがちですが、三共サービスなら安心して利用しやすいのが特徴です。

業歴の長い安心企業

ファクタリング業界は比較的新しい業界であり、業歴の短い会社が多いのが特徴です。しかしながら、三共サービスは業歴19年という業界トップクラスの業歴を誇ります。長く営業できているのは、それだけ選ばれていることの証とも言えます。業歴の長い三共サービスだからこそ安心して利用できると言って良いでしょう。

最大1億円のファクタリングにも対応

三共サービスは法人向けのファクタリングサービスを得意とする会社です。そのため、規模の大きいファクタリングにも積極的に対応してくれます。1回のファクタリング利用で最大1億円まで対応可能です。なお、三共サービスは最短で2営業日のファクタリングに対応できます。

ビートレーディング

知名度・実績が業界トップクラスの安心ファクタリング会社!!

ビートレーディングは知名度・実績が業界トップクラスのファクタリング会社

知名度 NO1

ビートレーディングはファクタリング業界で最も知名度が高く、利用実績も豊富なファクタリング会社です。実績が豊富ですので、安心して利用できるファクタリング会社として大変おすすめです。相見積もりでファクタリング会社を比較する際には、必ず加えておきたいファクタリング会社の1社です。

個人事業主も利用できる!

多くのファクタリング会社は利用できる対象顧客を「法人」「企業」のみに限定していて、個人事業主や自営業者をお断りしていることがあります。しかし、ビートレーディングは個人事業主の利用も積極的に取り組んでくれます!

最短即日・全国対応可能

ビートレーディングは全国に支店を持っていることに加え、支店が無い地域でも出張対応でファクタリング対応してくれます。ファクタリングによる現金化も最短即日で対応してくれます。そのため、緊急の資金調達が必要という場合でも安心して利用できます!

MSFJ

手数料体系が解りやすくて利用しやすい会社NO1

手数料体系が解りやすくて利用しやすいMSFJ

 

安心の手数料体系

MSFJはプレミアムファクタリングとクイックファクタリングの2タイプのファクタリングサービスを提供しているファクタリング会社です。資金化までの時間と上限金額でサービスを分けているのですが、それぞれ、利用できるファクタリングサービスの手数料水準が明確に公表されています。さらに、このファクタリング手数料の範囲も業界トップクラスに低いため、利用しやすいのが特徴です。

 

▼ MSFJの手数料体系

個人事業主も利用できる

非常に手数料水準が低いことでメリットのあるMSFJですが、こちらも法人だけでなく、個人事業主・自営業者の利用が可能です。ファクタリングの利用金額が低い、小口のファクタリング利用もできます。

 

▼MSFJに相談してみる

▼MSFJのファクタリング


*手数料の低さは業界トップクラス

(一社)日本中小企業金融サポート機構

来店・対面申込不要のファクタリングサービス

日本中小企業金融サポート の郵送ファクタリング

 

来店・対面不要のファクタリングサービス

日本中小企業金融サポートの特徴は「郵送ファクタリング」が利用できることです。郵送ファクタリングとは、契約書などの必要書類を郵送手続きだけで済ませることのできるサービスであり、ファクタリング会社に出向くことも、ファクタリング会社に出張対応をお願いする必要もありません。 短時間の手続きで簡単にファクタリングを出来ますので、地方都市で事業を行っている経営者や、時間の無い方にもおすすめできるファクタリング会社となります。

営利目的の会社ではない

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構(通称「JFSA」)とは、非営利活動団体である一般社団法人が行うファクタリングサービスです。非営利活動の法人ですので、過度に営利追及に走る悪質ファクタリング会社とは縁のない会社として安心して利用可能です。

 

▼中小企業金融サポート機構に相談してみる

日本中小企業金融サポート機構


ウイット

小口専門のファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 

小口専門のファクタリング会社

ウィットは30万円~500万円までの小口ファクタリングに特化した会社です。多くのファクタリング会社は小口ファクタリングを「手間がかかる」、「儲からない」と敬遠しがちですが、ウィットは逆に小口に特化したファクタリング会社になっています。小口ファクタリングということもあり、審査に通りやすく、利用しやすいのも特徴です。

非対面型ファクタリングサービス

ウィットは小口専門のファクタリング会社ということもあり、徹底したローコスト体制による営業を行っています。そのため、ファクタリング申込の際に、来店を促したり、ファクタリング利用者の会社に伺うということを行っていません。メールや郵送による手続きのみでファクタリングを利用することができます。店舗に行く必要がありませんので、時間の無い経営者にも利用しやすいファクタリング会社といって良いでしょう。

資金調達プロ

ファクタリング会社の一括見積サービス

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

10秒簡易診断サービス

資金調達プロは一般的なファクタリング会社と異なり、「ファクタリング会社の紹介サービス」を行っている会社です。資金調達プロのホームページから10秒程度のアンケートに答えることで、利用者の資金調達可否や、最適だと考えるファクタリング会社の一括見積を行ってくれます。

 

▼10秒簡易診断は簡単アンケートですぐに結果が解ります!

資金調達プロの簡易10秒診断なら無料でファクタリングの利用可否が確認できます

簡単に相見積もりができる!

ファクタリング利用時には複数の会社に同時に相談する「相見積もり」が基本です。資金調達プロは複数の会社への一括見積サービスを行ってくれますので、相見積もりを簡単に行うことができます。ファクタリング手数料の低い会社や、スピード査定・即日資金調達など、利用者ごとのニーズにあうファクタリング会社が見つけやすくなります。

えんなび

緊急の資金調達に対応可能なファクタリング会社

緊急の資金調達に対応可能なえんなび。365日24時間受付中

緊急の資金調達にも対応

えんなびは365日24時間対応可能なファクタリングサービスです。

ファクタリングは緊急の資金調達にも利用されることが多いサービスです。銀行融資の審査に落ちた時や、急な資金需要が発生した時に、えんなびの365日24時間対応可能なサービスは大きなメリットです。急ぎの資金調達ならえんなびがおすすめです。

ビジネスローンという選択肢もある

ビジネスローンは貸金業者と呼ばれる金融機関が扱う融資サービスです。ファクタリングに比べて、審査基準は厳しくなりますが、手数料・金利などのコストはファクタリングよりもお得になります。ファクタリングと並行してビジネスローンも検討してみましょう。

無担保・第3者保証不要でも借入できる

ビジネスローンには「無担保型」と「有担保型」の2種類があります。不動産などの担保が無くても利用できる「無担保型」であれば、幅広い事業者が借入を利用できます。銀行融資に比べれば審査にも通りやすいので、銀行で審査に落ちたという方でも利用できる可能性があります。不動産をお持ちの方であれば、「有担保型ビジネスローン」で大きな金額を長期間借入することもできます。

ビジネクスト

アイフルグループの大手ビジネスローン会社

ビジネスローンならビジネクスト

大手貸金業者のビジネスローン

ビジネクストはアイフルグループのビジネスローンです。大手貸金業者であるアイフルのグループ会社ですので、安心して利用しやすいのがメリットです。貸金業者・ノンバンクって怖くない?なにか不安という方にも安心して利用することができます。

正規の貸金業者で安心

ビジネクストが安心して利用できるのはアイフルの子会社であるということが理由だけではありません。ビジネクストは国が定めた基準を満たす正規の貸金業者です。ノンバンクとは言っても、国が適正な貸し付け業務を行っていると認めて免許を与える貸金業者ですので安心して利用できます。現在は、正規の貸金業免許を持っているノンバンクであれば安心して利用できます。

カードローン型(極度型)ビジネスローン

ビジネクストのビジネスローンはカードローン型の利用ができるのが特徴です。一度、申込・審査通過して契約しておけば、設定した借入限度額の範囲内で何度でも借入・返済を繰り貸すことができます。借入のたびに審査を受けなくて良いので、いざという時の資金繰りに利用しやすいメリットがあります。もちろん、契約して借入限度額を維持しておくだけなら、手数料や年会費などの費用もかかりません。

ユニーファイナンス

無担保・有担保のどちらでも利用可能なビジネスローン

無担保・有担保のどちらも選べるユニーファイナンスのビジネスローン

無担保でも最大300万円まで借入可能

ユニーファイナンスでは無担保でも最大300万円、最長3年間のビジネスローンの借入が可能です。不動産担保や、有価証券担保があれば、評価次第ではありますが、最大3,000万円までを借入できる可能性もあります。

貸金業登録のある正規業者

もちろん、ユニーファイナンスも貸金業免許のある正規業者です。安心して借入ができる会社と考えて良いでしょう。

 

▼ユニーファイナンスに相談してみる

▼ユニーファイナンス 

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは商取引で発生した売掛金を売却する取引です。しかし、ファクタリング会社・ファクタリング利用者・売掛先の3社の関係で、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に分けることができます。

2社間ファクタリングの仕組み・取引図
3社間ファクタリングの仕組み・取引図

2社間ファクタリングとは売掛先(取引先)にファクタリングを利用することを知らせないファクタリング方法です。売掛先はファクタリングによって売掛金が売却されたことを知りませんので、引き続きファクタリング利用者に債権があるものと思い、代金はファクタリング利用者に支払います。

一方、3社間ファクタリングは売掛先にファクタリング利用を通知するファクタリング方法です。売掛先はファクタリング会社に債権が移ったことを知っていますので、売掛金の支払いはファクタリング会社に対して行います。

即日資金調達ができるのは2社間ファクタリング

ファクタリング利用者のなかには即日資金調達など、緊急の資金調達を希望する方が多くいます。こういった急ぎの資金に対応できるのは2社間ファクタリングです。3社間ファクタリングでは売掛先に対して、ファクタリング利用を通知したうえで、売掛金の売却に対する同意を得る必要があります。ファクタリングの対象となる売掛先が複数となれば、その分、通知や同意に要する期間も長くなってしまいますので、現金化までに時間がかかります。

ファクタリングとは?ファクタリングの基礎知識

「ファクタリングとはどういった資金調達方法なのか?」と疑問に思われている事業者に、ファクタリングの基礎知識をご紹介します。こちらでご紹介する内容をおさえておけば、ファクタリングを失敗なくご利用できるはずです!

ファクタリング手数料が低いのは3社間ファクタリング

ファクタリング手数料で選ぶ場合、3社間ファクタリングの方が手数料が低く、お得に利用できる方法となります。ファクタリング手数料の差は、ファクタリング会社を負うリスクによって決められます。3社間ファクタリングの場合、売掛先はファクタリングに同意していますので、期日の支払いをファクタリング会社に直接行うことになります。一方、2社間ファクタリングでは、売掛先は一旦ファクタリング利用者に対して支払いを行います。そのため、ファクタリング会社としては、売掛先が支払うリスクと、ファクタリング利用者が支払うリスクの2つを負うことになってしまうのです。

ファクタリング方式は慎重に選びましょう

ファクタリング手数料が低いという点から3社間ファクタリングの方が良いと感じる方もいるかもしれません。しかし、ファクタリング方式は慎重に選ぶ必要があります。

3社間ファクタリングには信用不安を引き起こしてしまうリスクがあります。

3社間ファクタリングを選択して、取引先に売掛金の売却を通知した際に、売掛先が「ファクタリング利用者をお金に困っている」と推測してしまう可能性があります。銀行からの融資が受けられず、困って売掛金を売却していると推測してしまうと、その後の取引関係に悪影響がでる可能性もあります。また、信用不安に関する噂が、その他の取引先などに伝わってしまう可能性もあります。3社間ファクタリングを利用する場合、しっかりとコミュニケーションが取れていて、悪い印象を持たれない取引先などに限定して利用するようにするべきです。

悪質ファクタリング会社に騙されない

残念ながらファクタリング会社のなかには悪質な業者も混ざっています。

ファクタリング業界には圧倒的に有名な会社というのは存在しません。業界自体が若く、それほど大手のファクタリング会社や、業歴の長い会社が少ないためです。また、ファクタリング業界には、銀行や貸金業者のような規制や、特定の免許もありません。比較的、参入が容易な業界であるため、悪質なファクタリング会社や、ファクタいリング会社を装う違法な貸金業者(ヤミ金など)が混じっていることがあるのです。ファクタリングを利用するにあたっては、悪質な会社に騙されないように注意する必要があります。

悪質ファクタリング会社に騙されないように注意が必要

相見積もりが必須

ファクタリング会社を選ぶ際には、「相見積もり」を必ず行うようにしましょう。

相見積もりというのは、複数のファクタリング会社に同時に相談、見積もり取得を行って、ファクタリング会社の条件を比較しながら、自社にとって最適なファクタリング会社を選ぶ方法です。ファクタリング利用者の多くは、急ぎで資金調達を行うため、条件を比較せずにファクタリング会社を選んでしまいます。これでは、ファクタリング会社が高めの手数料を要求していても気づけません。ファクタリングでは必ず相見積もりによって、条件を比較しながら選ぶようにしましょう。

また、相見積もりによって複数のファクタリング業者を比較することは、ファクタリング手数料を下げれるだけでなく、前述のような悪質ファクタリング会社に騙されないようにするためにも効果的です。

ファクタリングの手数料水準はどれくらい?

借入に対する利息のように、ファクタリングを利用すると費用がかかります。この金利に相当するのが「ファクタリング手数料」です。

ファクタリング会社は銀行融資が利用できない方の申込が多く、銀行に比べて高いリスクを負っていると言えます。そのため、銀行融資に比べればファクタリング手数料の水準も高くなってしまいます。ファクタリング手数料の目安となる水準を確認しておきましょう。

 

▼ ファクタリング手数料の平均的な目安

3社間ファクタリングでは、手数料水準は10%超えることもあります。3社間ファクタリングはリスクが高い取り組みであるうえ、現金化までの時間が短いことが多く、ファクタリング会社としてもリスクに見合った手数料を得る必要があるのです。

ファクタリング手数料を下げるための方法

ファクタリング手数料の平均的な水準は前述の通りです。しかし、努力によってファクタリング手数料を下げることは可能です。

少しでもファクタリング手数料を下げて、費用を少なくして現金化したいという方は、以下の点に注意してファクタリングを利用するのが良いでしょう。

  • 相見積もりでファクタリング会社を比較する
  • 信用力の高い取引先の売掛金を売却する
  • まとまった金額でファクタリングを行う(100万円以上)
  • ファクタリング会社の利用実績を作る

ファクタリング手数料は、ファクタリング会社が負うリスクによって変動します。ファクタリング会社がリスクの低い取引であると判断すれば、ファクタリング手数料も低くなります。そのために大切なのは、信用力の高い売掛金を売却することです。例えば、過去に入金遅延があった取引先や、情報の少ない小規模事業者向けの売掛金などは信用力が低いと判断されます。一方、公的な機関や、大企業、上場会社などに対する売掛金は信用力が高いと判断されやすくなります。

また、ファクタリング会社としても、一度の取引でまとまった金額の売掛金が購入できることを望みます。売掛金の信用調査や、ファクタリング契約などは金額の多寡に関わらず、同じような手間暇がかかります。そのため、金額が大きい方がファクタリング会社にとっても効率が良いのです。ファクタリング会社としては、効率的な取引は是非とも取り組みたいと考えますでの、ファクタリング手数料を下げてもらえる可能性が高くなります。

さらに、ファクタリング取引は初めて利用する時に比べ、同一のファクタリング会社で継続的に取引していくことで、ファクタリング取引は低下していきます。ファクタリング会社としても、初めての取引先には不安も感じますし、リスクも高くなってしまいますが、取引履歴が蓄積されていくなかで安心感が高まっていくためです。

ポイントをおさえて対応すればファクタリング手数料は下げれる

赤字・債務超過でも利用できる

ファクタリングは借入ではなく、売掛債権・売掛金といった資産を売却することで、現金を得る資金調達方法です。そのため、銀行融資などとは審査方法が異なります。

ファクタリングの審査では、売却の対象となる売掛金の信用力、つまり取引先の信用力が非常に重要となります。そのため、売掛先の信用力が高ければ、ファクタリング利用者が赤字や債務超過であっても審査に通ることは可能です。赤字、債務超過だけでなく、リスケ中や税金滞納中でも審査に通る可能性があります。

ファクタリングのおすすめ関連記事