未成年や学生でもクレジットカードは作れる!10代でも作れるおすすめのクレジットカード

例えば、高校卒業後にすぐ働きだした未成年の方、進学してキャッシュレス決済をしたいといった方など、未成年や学生でもクレジットカードを利用したいという方は多いです。

しかし、

「未成年はクレジットカードを作れないって本当?」
「学生でも作れるクレジットカードは?」

「10代におすすめのクレジットカードは?」

 

など、疑問に思っている方もいます。そこで今回は、学生や未成年の方でもクレジットカードを作る方法や、作りやすいクレジットカードなどご紹介しましょう。

 

 

学生でも高校生は不可!

結論から言えば、学生や未成年でも発行を可能としているクレジットカードは数多くあります。しかし、どのクレジットカード会社でも、高校生は不可で申込ができません。

よく、クレジットカードの申し込み条件として、「18歳以上で安定した収入がある方」となっているケースを見たことはないでしょうか。

 

高校3年生であれば、18歳になる年なので、この18歳以上という定義に含まれると思う方も多いです。しかし、多くのカード会社では18歳であっても高校生は不可としています

ただ、高校生にクレジットカードを持たせてはいけないという法律があるわけではないので、これは、カード会社独自で決めているルールといえます。

 

家族カードでも高校生は不可

本会員カードに付随した、家族カードを発行しているクレジットカードもあります。
生計を共にする配偶者や18歳以上の子供に、本会員カードに紐づいたクレジットカードを発行できるのですが、この場合の18歳も多くは高校生を不可としています。

 

カード会社の多くは高校生がクレジットカードを使用して買い物やお金を借りること自体を不可としていると考えた方が良いでしょう。

 

留学生は例外!

例外として、海外へ留学し、海外での利用を原則とした形で、満15歳から18歳の子供に対しては、家族カードを発行することも可能なクレジットカード会社があります。

 

海外旅行、海外留学など、海外に行かれるときにはクレジットカードが非常に便利です。旅行保険に加えて、海外での買い物などにも使用できます。そういった海外利用を目的としたクレジットカードの申込は非常に多く、例外的に認めている会社があるのです。

 

留学生に対してクレジットカードを発行できる会社としては、三井住友カードが代表的ですね。この場合、カードを申し込んだときには、留学をするという確認書類などが必要になります。

 

日常使いでは、高校生がクレジットカードを持つことはできませんが、留学であれば可能だと覚えておきましょう。

 

留学目的なら高校生でも例外的にクレジットカードを認められることがある

 

未成年は親権者の同意が必須!

18歳以上の未成年の場合、家族カードだけでなく、ご自身単独でクレジットカードの申し込みが可能です。しかし、親権者の同意が必須条件になるので覚えておきましょう。

 

未成年者のクレジットカード申込に親権者の同意が必要なのは、未成年者が単独で「お金を借りる」ような契約ができないためです。クレジットカードは例えショッピング枠だけの利用であっても、借入に近い機能を利用できます。また、ショッピング枠の範囲内ではありますが、使いすぎてしまう危険性もあります。そのため、親権者の同意がないと契約できないことにしているのです。

 

未成年から申し込みがあった場合、電話で親権者への確認を行うのと同時に、申し込み後もしくは、入会後に親権者あてに同意を確認する書類を送付するカード会社もあります。

 

そのため、親に内緒でクレジットカードを作ることができません。カード会社が連絡を入れたときに、親権者から同意を得られないとなると、審査に通ることができないのです。
事前に親権者にクレジットカードの申し込みについて、許可を取っておくようにしましょう。

 

学生でも就業していると単独で作れる

大学・専門学校生などの学生でも、アルバイトなどで就業されていて、安定収入があれば単独でクレジットカードを利用できる可能性があります。

 

この時、学生であっても、クレジットカード申込書に就業先、勤続年数、年収などを記載して申込を行います。年収はアルバイトでも12ヶ月以上働いている場合は実際の年収を記載し、 1年未満の方は予定年収を記載すれば良いでしょう。

 

一方、学生・専門学校生で無収入の方の場合、親権者からの同意を得て、クレジットカードの申込を行うことで、ご自身に収入が無くてもクレジットカード審査に通る可能性があります。

 

就業していれば学生でもクレジットカードを単独で作れる

 

クレジットカードの限度額

クレジットカードの限度額とは、クレジットカードを使用して利用できる金額の上限を指します。

ただし、クレジットカードの利用限度額を考える場合、以下の2つの機能を理解しておく必要あります。

 

①ショッピング枠

②キャッシング枠

 

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの2つの機能が備わっています。そして、通常、クレジットカードの利用限度額を考える場合、「利用限度額=ショッピング枠+キャッシング枠」になります。この2つの機能それぞれで利用できる金額が決まりますので、2つをあわせて利用限度額となります。

 

学生・未成年者がクレジットカードを持つ場合、キャッシング枠は利用できないことが多く、ショッピング枠だけを設けてもらえることが多いようです。さらに、利用できるショッピング枠は10万円程度になるのが一般的です。学生・未成年でなくなり、就職して安定した収入を得るようになると、このショッピング枠も30万円~50万円程度に増額となり、さらに、利用実績が蓄積されていくことで、さらに限度額が増額されていくこともあります。

 

 

未成年や学生でも作れるカード

未成年や学生から見ると、クレジットカードは敷居が高く感じる人も多いです。
しかし実際は、未成年や学生であっても作れるカードはたくさんあります。

 

カード会社の多くは、申し込み条件とは別に「収入がある」ということが前提になり、社会人でなくともアルバイトなどで、毎月収入があることが必要です。

 

ただ、未成年や学生というのは、収入が少なく安定していない、まだ親の保護下にあるなどといった理由から、どうしてもカード審査では不利になってしまいます。そのため、次のような4つのポイントを理解したうえで、クレジットカードを選ぶ必要があります。

・年会費無料である
・若年層や学生を対象としたクレジットカード
・キャッシング枠をつけない
・対象年齢が18歳以上で一般カードかどうか

クレジットカードはキャッシング枠をつけることで、審査が厳しくなります。特に収入に強みをもちにくい学生や未成年の場合は、キャッシング枠をつけない方が審査に通りやすいです。また、ステータス性のあるクレジットカードも同様に、審査は厳しいものになります。まずは、一般カードから始めるようにしましょう。

 

そこで、未成年や学生でも作りやすいクレジットカードを2枚ご紹介します。学生でも、未成年でも活用しやすいクレジットカードなので、ぜひ参考にしてください。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

 

マイ・ペイすリボのCMでおなじみの三井住友カードが発行する、若年層向けのクレジットカードとして「三井住友VISAデビュープラスカード」があります。
簡単なスペックについては、次の表を確認してください。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費

通常:1,250円(税抜)

初年度:無料

次年度:年1回の利用で無料

申し込み条件

18歳~25歳(高校生は除く)

25歳以降:三井住友VISAプライムゴールドカードへ更新

利用可能枠

10~80万円

キャッシング枠をつけることも可能

未成年の申し込み

親権者の同意が必要

国際ブランド

VISA

補償

・ネットショッピング認証サービス

・お買物安心保険

ポイントプログラム

ワールドプレゼント 1,000円につき2ポイント(通常の2倍)

入会後:3ヶ月間 1,000円につき5ポイント

追加カード

・ETCカード

・家族カード

・iD(専用カード、携帯)

 

三井住友VISAデビュープラスカードは、大学や専門学校など通っている学生であれば、例えアルバイトをしていなくても、親が審査対象となるため審査に通ることも可能です。
そして、25歳までずっとポイント2倍で利用することができるため、通常の三井住友カードを利用するよりもお得なのが魅力ですね。

 

また、カードの使いすぎを心配する場合、指定された利用限度額よりも低く設定することができます。三井住友カードは、不正利用に関する補償も付帯されているため、未成年や学生であっても安心して利用することができるでしょう。

 申込はこちらから

三井住友VISA 
▼申込はこちら▼




三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!
三井住友VISAカード お申込はこちら
三井住友VISAカード 入会キャンペーン実施中!

 

 申込はこちらから

三井住友VISAエブリプラス
▼申込はこちら▼


三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!
年会費永年無料のエブリプラス


 

 

楽天カードアカデミー

 

未成年や学生の中には、顧客満足度NO.1の楽天カードを検討している方も多いでしょう。しかし、学生であれば通常の楽天カードよりももっとお得に活用できる、「楽天カードアカデミー」があります。

 

楽天カードアカデミー

年会費

無料

申し込み条件

18歳~28歳(高校生を除く)の学生

※大学・短期大学・大学院・専門学校生

卒業後:卒業の年の6月楽天カードへ更新

利用可能枠

30万円まで

未成年の申し込み

親権者の同意が必要

国際ブランド

VISA・JCB

補償

・ネット不正あんしん制度

・カード盗難保険

・海外旅行傷害保険

など

ポイントプログラム

楽天スーパーポイント

通常:100円につき1ポイント

楽天ブックス:最大5倍

楽天市場:最大3倍

追加カード

・ETCカード

 

学生専用の特典としてポイント加盟店で利用すると、楽天スーパーポイントがいつでも最大3倍になるという、ポイントが貯まりやすいシステムになっているのはうれしいですね。

 

また、通常の楽天カードでも18歳から申し込みが可能なのですが、楽天カードアカデミーには、楽天ブックスでの購入でポイント5倍など、学生の手助けになるような特典がついています。学生であれば楽天カードアカデミーへ申し込む方が、お得に活用できるでしょう。

 

 申込はこちらから

楽天カード    


<カードデザイン>

お申込はこちら▲

 

 

まとめ

今回は、未成年や学生でもクレジットカードを作る方法や、おすすめのカードをご紹介しました。
ポイントとしては次の3つになります。

 

・未成年の場合は親権者の同意書が必要
・アルバイトなど収入があった方がカードの審査に通りやすい
・学生専用カードや、クレジットカードデビュー向けのカードの方が審査に通りやすい

 

キャッシュレス化が進むにつれて、未成年や学生であってもクレジットカードを利用する機会が増えています。しかし、全てのクレジットカードが未成年や学生を対象としているわけではなく、審査に通過するのが厳しいケースも多いです。まずは、学生専用や学年層向けのクレジットカードへ挑戦してみましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG