キャッシングに成功した人

ファクタリングならいくらまで資金調達できるのか?調達可能額から利用方法まで基礎を解説

緊急の事態や銀行融資を断られてしまった場合など急な資金調達が必要という時にファクタリングは有効です。

ファクタリングなら即日資金調達できる可能性がありますし、銀行の審査に落ちた法人や個人事業主でも利用できる可能性があります。

ファクタリングを活用すればいくらまでの資金調達ができるのでしょうか。

ファクタリングを検討する方から質問されることの多い「調達可能額の上限」や利用方法、ファクタリングの基礎などをご紹介します。

 

ファクタリングの人気の秘密

まず最初にファクタリングが近年人気・注目度上昇となっている理由から確認しておきましょう。

ファクタリングは商取引で発生した売掛金があれば利用できる資金調達方法です。

しかし、ファクタリングは借入ではありません

 

未回収の売掛金を売却することで本来の回収期日前に売掛金を現金化するのがファクタリングです。

売掛金は将来的に現金を受け取ることのできる権利ですが、回収期日前で「売掛金」として保有しているだけではいくら保有していても資金繰りに利用できません。

しかし、ファクタリングで前倒しして現金化すればすぐに資金繰りに活用できます。

さらに、ファクタリングの人気の理由として以下のような要因があげられます。

 

審査に通りやすく利用しやすい

銀行に融資の相談をして審査に落ちてしまうと自信を失ったり、事業資金の調達は難しいと諦めてしまう方もいます。

確かに法人や個人事業主が銀行から融資を受けることは簡単ではありません。

 

特にこれまで特定の取引銀行から融資を受けた実績のない法人や、創業間もない方、さらに赤字や債務超過などの状況にある事業者は銀行審査に通りにくくなってしまいます。そのため、銀行の審査に落ちたことのある方はファクタリングでも資金調達は難しいと思いこんでしまうことがあります

しかし、ファクタリングであれば銀行融資に落ちた方でも利用できる可能性は十分にあります

 

その理由はファクタリングと銀行融資の審査方法の違いにあります。

銀行融資の場合、お金を借りようとする法人や自営業者自体の信用力が非常に重要です

銀行にとって重要な「貸したお金を返してもらう」ためには、借入人の返済能力や信用力が大切になります。

 

一方、ファクタリングでは売掛金の支払人(ファクタリング利用者の販売先など)の返済能力や信用力が重要となります

仮にファクタリング利用者の信用が低くても、売掛金が確実に回収できるものであればファクタリング会社のリスクは低くなります。

そのため、ファクタリング利用者の返済能力が低くてもファクタリングであれば審査に通って資金調達できる可能性が十分にあるのです。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの審査基準はこちらで詳しくご説明

ファクタリングは審査に通りやすく利用しやすい

すぐに資金調達できる

さらにファクタリングには大きなメリットがあります。

それは、ファクタリングであれば最短で即日、通常でも2~3営業日程度での資金調達が可能であるということです。

 

ファクタリングを利用する方のなかには「銀行融資の審査に落ちた」、「急な資金繰りで急いでいる」といった法人や自営業者が多いため、多くのファクタリング会社はスピード審査に対応しています。

また、インターネットからの相談・申込が可能であり、審査通過見込みが高いと判明した時点で面談を行うファクタリング会社も多く、来店することなく申込手続きを進められるのがメリットです。

 

担保・連帯保証人が不要

前述の通り、ファクタリングは未回収の売掛金を売却する資金調達方法であって借入ではありません。

借入ではありませんので、銀行のように担保や連帯保証人を求められることがありません。

担保となる不動産や連帯保証をお願いできる知り合いがいない、もしくは代表者であるが事業資金の連帯保証人になりたくないという方でもファクタリングであれば問題なく利用できます。

 

ファクタリングでいくら調達できる?

次にファクタリングでいくらまでお金を調達できるのかという調達可能額を確認しておきましょう。

ファクタリングによる調達可能額を考える場合、以下の3点が重要となります。

  1. ファクタリング対象となる売掛金の金額
  2. 掛目
  3. 利用するファクタリング会社の取り扱い上限額

それでは、上記の項目をそれぞれ確認していきましょう。

 

ファクタリング対象となる売掛金の金額

ファクタリングは前述の通り売掛金をファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。そのため、保有している売掛金の額面を超えて資金調達することはできません。例えば、現時点で保有している売掛金の額面が500万円であれば、資金調達できる金額の上限額も500万円までとなります。

 

さらに、ファクタリグに利用できる売掛金には一定の制限があります。例えば、以下のような売掛金はファクタリングに利用できないことが多くなります。

  1. 個人に対する売掛金(自営業者向けを含む)
  2. 回収遅延・入金遅れのある売掛金
  3. サイトが6ヶ月以上となる売掛金

ファクタリングの利用可否には売掛金を支払う相手の信用力が重要です

以上のような売掛金はファクタリング会社から信用力が低いと見なされてしまいやすく利用が難しくなります。

そのため、上記にあてはまらない売掛金をいくら保有しているかが調達可能額に大きく影響します。

ファクタリングで調達できる金額の上限

ファクタリング会社の掛目

さらにファクタリング会社ごとに「掛目」を設定しているのが通常です。

掛目とはファクタリング利用時にファクタリング会社の買取対象としない売掛金の一定割合を示します

 

例えば、売却を希望する売掛金が500万円あって、ファクタリング掛目が80%の場合、ファクタリング会社が買い取り対象とするのは400万円(=500万円×80%)までとなります。

この売却対象とならない20%はファクタリング利用後もファクタリング利用者のものです。

そのため、売掛金回収時にはファクタリング利用者に入金されることになります。

ファクタリング掛目は利用するファクタリング会社ごとに個別に設定されています。一般的には70%~90%程度としているファクタリング会社が多いようです。

 

利用するファクタリング会社の取り扱い上限額

また、ファクタリングでいくらまで調達できるかという調達可能額にはファクタリング会社ごとの買取上限額も大きく影響します。

ファクタリング会社では利用する会社ごとに一回のファクタリングで取扱いできる金額や、売掛金の支払先1社あたりで利用できる金額に上限を設けていることがあります。

そのため、ファクタリングでできるだけ大きな金額を調達したいと思っているのであれば、取扱い上限金額の高いファクタリング会社を選ぶ必要があります。

 

必ず2~3社を並行して相談する

なお、ファクタリング会社に相談する場合、特定の1社だけに相談するのではなく、必ず2~3社程度のファクタリング会社で相見積もりを取るようにしましょう。

ファクタリング会社のなかには「悪質ファクタリング会社」と呼ばれている会社も存在しており、1社単独で相談した場合には騙されていても気づきにくくなってしまいます。

複数のファクタリング会社に相談、比較分析することで、手数料が高すぎる、余計な諸費用を請求してくるなどの悪質会社を見抜きやすくなります。

 

さらに、ファクタリングでは相見積もりを取得することによって、ファクタリング手数料などの条件が良くなることもあります。

ファクタリング会社としてもせっかくの相談を申込に繋げたいため、相見積もりで比較されるファクタリング会社より有利な条件を提示してくれることがあります。

そのため、ファクタリング手数料を低く抑えるなどの目的を実現するためにも複数のファクタリング会社で相見積もりを取得する必要があるのです。

ファクタリングは2~3社で相見積もりを取得する

調達可能金額の大きいファクタリング会社

ファクタリングでいくらまで資金調達できるのか不安、出来るだけ大きな金額を調達したいという経営者や財務担当者にはファクタリング会社選びが重要となります

以下では、調達可能金額の上限額を大きく、口コミ・評判の良いおすすめファクタリング会社をご紹介します。これからファクタリングを検討する方は是非、参考にしてみてください。

 

1位 三共サービス

 

三共サービスが選ばれる理由

ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。

三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、2位のビートレーディング・3位のMSFJをご覧ください。

三共サービスは他のファクタリング会社と比較しても、かなりファクタリング手数料の水準が低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」ですので、これは大きなメリットになります。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

2位 ビートレーディング

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

3位 MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

MI Visionは将来債権ファクタリングが可能な会社です。

一般的なファクタリング会社は回収期間1~2ヶ月程度の売掛金が買取対象になります。既に役務の提供が終了した売掛金だけですので、売却できる売掛金の金額もそれほど大きくならないことがあります。

一方、MI Visionは最大3ヶ月の将来債権ファクタリングを売却できます。

そのため、他のファクタリング会社に比べて、かなり大きな金額を現金化できる可能性があるのです。

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

4位 MSFJ

手数料水準と利用しやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能です。

また、MSFJの最大の特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

MSFJの特徴

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

5位 トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイ

九州、特に福岡で事業を行っている事業主におすすめなファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。トラスト・ゲートウェイをご利用出来るのは「法人企業」となります。法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

トラスト・ゲートウェイのように、ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

6位 ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントのファクタリングの手数料率は 3.0%~です。前述したファクタリング会社と比較すると、やや高めの手数料料率ですが、ファクタリング業界の中では、かなり低めの水準です。

相見積もりを行う際には、是非、加えておきたいファクタリング会社です。

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

6位 えんなび

えんなびは比較的審査に通りやすく、利用しやすいファクタリング会社としてご紹介します

ファクタリング手数料率は最低5.0%~ですので、前述したファクタリング会社に比べて、少し高めなのがデメリットです。

但し、即日資金調達や、債務超過、赤字、税金滞納など、銀行融資が全く利用できない状態でも利用できるのが特徴です。

えんナビ
4.5



☆小口ファクタリングにも対応
☆24時間365日受付

適用金利・手数料など

5.0%~

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングを利用できる方の特徴

また、ファクタリング利用前にはファクタリングの利用が適する方の条件についても考えておいた方が良いでしょう。

ファクタリングは一定以上の信用力がある取引先に対する売掛金があれば、幅広い法人や自営業者が利用できます。

 

しかし、なかにはファクタリングを利用しない方が良い企業や自営業者も存在します。

ここではファクタリングの利用が適する方の特徴を整理しておきます。ファクタリング利用が適する方の特徴としては以下があげられます。

  1. 銀行などの融資審査に落ちた方、もしくは銀行融資が間に合わない方
  2. 緊急で資金調達する必要がある方
  3. 企業・信用力の高い売掛金を保有している方
  4. 売掛金の回収サイトが長い方

 

仮に銀行に融資申込して審査に通る可能性が高く、さらに資金調達できるまでの期間に余裕がある法人・自営業者であればファクタリングより融資を利用する方が良いでしょう。

やはり、ファクタリングは銀行融資よりも審査通過可能性、審査スピードなどのメリットが大きい分、ファクタリング手数料は高くなりがちです。

ファクタリングは銀行融資が受けられない方や、銀行融資では間に合わない場合の「つなぎ融資」などの利用がおすすめです。

 

 ファクタリングの利用が適する業種・適さない業種

 

ファクタリングの基礎を確認

ファクタリングによっていくらまで資金調達できるのか、さらにファクタリングの利用が適する事業者の特徴について解説しました。

以降では、もう少しファクタリング利用時に知っておきたい基礎知識を整理しておきます。

なお、そもそもファクタリングとは何なのかを確認しておきたいという方は以下の関連記事をご確認ください。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングとは?ファクタリングの基礎から利用方法を解りやすく解説

 

ファクタリングには種類がある

ファクタリングには大きくわけて2つの種類があります(2社間ファクタリング・3社間ファクタリング)。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは、売掛金を支払う取引先に対してファクタリング利用を知らせるかどうかの違いとなります。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの2社間とはファクタリング利用者とファクタリング会社のことです。2社間ファクタリングの特徴は、取引先に対して売掛金の売却を伏せた状態にしておくことです。

2社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリング

一方、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングの2社に取引先を加えたファクタリングであり、売掛金の売却について取引先に通知・承諾を求めるものとなります。

3社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらの利用が良いかは利用者それぞれの状況で異なります

一般的に2社間ファクタリングに比べて、3社間ファクタリングの方が手数料は低くなります。

そのため、3社間ファクタリングの方がコストを低く抑えて資金調達できるというメリットがあります。

 

一方、3社間ファクタリングは取引先に対して売掛金を売却することを通知し、売却の同意を得る必要があります

この通知・同意は取引先に対して自社の信用力に不安を抱かせることもあります。

結果として信用不安が拡がって、商取引に悪影響がでる可能性もありますので、3社間ファクタリングは慎重に利用を検討する必要があります。

 

ファクタリング利用の流れ

実際にファクタリングを利用する場合の簡単な流れ・手順を確認しておきましょう。ファクタリングの手順は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで少し異なりますので、それぞれ分けて整理しておきましょう。

 

2社間ファクタリングの手順

2社間ファクタリングを利用する場合の手順は以下の通りです。

  1. 取引先との間に売掛金が発生
  2. ファクタリング会社に相談・申込
  3. 審査
  4. ファクタリング会社と契約締結
  5. ファクタリング会社から買い取り金受領
  6. 取引先から売掛金代金の回収
  7. 売掛金代金をファクタリング会社に支払い

2社間ファクタリングの場合、取引先からの売掛金代金回収はファクタリング利用者が行います。ファクタリング利用者が一旦資金を回収した後、ファクタリング会社に支払うことになります。

 

3社間ファクタリングの手順

次に、3社間ファクタリングを利用する場合の手順となります。

  1. 取引先との間に売掛金が発生
  2. ファクタリング会社に相談・申込
  3. 審査
  4. ファクタリング会社と契約締結
  5. ファクタリング会社から売掛先に「売掛債権譲渡通知」を発送
  6. 売掛先が承諾
  7. ファクタリング会社から買い取り金受領
  8. 売掛先からファクタリング会社に直接支払い

 

3社間ファクタリングの場合、売掛先に対して「売掛債権譲渡」の通知が行われ、承諾されたことをもってファクタリングが利用できるようになります。そして、その後の売掛金の回収はファクタリング会社が直接売掛先から行います。

 

ファクタリング手数料の相場は?

ファクタリング手数料は利用するファクタリング会社ごとにも大きく異なりますが、以下では平均的な水準について確認しておきましょう。

 

標準的なファクタリング手数料の水準

ファクタリング方式手数料水準
3社間ファクタリング1%~5%
2社間ファクタリング3%~10%

 

但し、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社にとってもリスクの高いケースが存在します。こういった場合には、10%以上の手数料が求められるケースもあります。

 ファクタリング手数料の相場や諸費用をご説明

ファクタリングの手数料相場と諸費用

ビジネスローンも検討

ファクタリング手数料がやや高いと心配な方や、資金調達までの時間に多少の余裕がある経営者、さらに融資審査にもなんとか通る自信があるという方はビジネスローンも検討されてみてはいかがでしょうか。

 

ビジネスローンとは主に「貸金業者」と呼ばれる法律に基づく正規の業者が行う融資です。

銀行の融資に比べて、やや金利は高くなりますが、その分、比較的審査に通りやすく、融資審査のスピードも速いのが特徴です。

銀行融資、ビジネスローン、そしてファクタリングの特徴を整理すると以下の通りとなります。

 

資金調達方法ごとの比較

銀行融資ビジネスローンファクタリング
金利・手数料低い中程度やや高い
審査スピード遅い数日最短即日
審査難易度難しい中程度通りやすい
調達可能額上限大きい中規模
(最大1億円程度)
数千万円規模
(但し売掛金範囲内)
担保必要となることがある不要
(担保付もある)
不要
連帯保証人(代表者)原則必要原則必要不要

 

ビジネスローンが利用できるのであれば、ファクタリングに比べて利息・手数料をおさえて資金調達できる可能性があります。資金調達までの時間が短いなら、同時並行でビジネスローンとファクタリングの相談を進めておかれるのが良いでしょう。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローンは業界トップクラスの利用しやすさ

 

ビジネクストのビジネスローンは貸金業者のなかでも特に人気・知名度の高いビジネスローンになっています。

また、カードローンタイプですので、一度審査に通過して契約しておくと、いつでも好きな時に借入が利用できるようになります。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

ファクタリングの一括見積サービス

ファクタリングには「一括見積サービス」、もしくは「簡易診断・紹介サービス」というものもあります。

これは直接売掛金を買い取るファクタリング会社ではないけども、利用希望者の条件をまとめて複数のファクタリング会社から最適な会社を紹介してくれるサービスのことです。

 

もちろん、ファクタリング会社を紹介してもらうことの手数料や費用は不要です。

無料で紹介してもらうことができます。ファクタリングの一括見積サービスや簡易診断サービスは、「資金調達プロ」や「資金調達ガイド」といったサイトにて行っています。

1分もかからずにファクタリングの利用可否を診断してもらえますので利用してみてはいかがでしょうか。

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

資金調達プロはファクタリングの一括見積サービスを行う会社のなかでは特に知名度の高いサイトです。

紹介可能な提携業者の数が多く、このなかから利用希望者に見合ったファクタリング会社を選択して連絡をくれます。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

おすすめの利用方法

資金調達プロのおすすめの利用方法です。

ファクタリングを利用するには、少しでも良い条件を引き出すことが大切です。そのためには、複数のファクタリング会社から条件提示を受け、相見積もりを行うことが必要です。

 

資金調達ガイドは、早い・簡単に条件提示を得られるファクタリング会社ですので、前述のファクタリング会社と並行して、条件確認を行うのがおすすめです。

資金調達プロのファクタリング簡易診断は、「無料」で行なえる診断サービスですので、安心してご利用ください。

 

まとめ

ファクタリングは「借入」、「借金」では無い資金調達方法として近年注目度が高まっています。

商取引で発生した売掛金があれば利用できる可能性が高く、審査スピードの速さ、審査の通りやすさが人気の要因となっています。

 

今回はファクタリングでいくらまでの金額を調達できるのかや、ファクタリング利用時に最低限知っておきたい基礎情報を整理しました。

ファクタリングで調達できる金額は売掛債権の保有額によって大きく左右されます。

また、入金遅延のある売掛金や、個人事業主向けの売掛金は利用できない可能性が高いので注意しましょう。

 

キャッシングに成功した人
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG