近年、個人事業主や、中小企業の資金調達を多様化する手段として注目を浴びているのがファクタリングです。

中小企業や個人事業主でも、銀行に依存せず、資金調達できるのが魅力です。

しかし、ファクタリングは、利用する会社選びを間違えると大失敗する可能性のある資金調達でもあり、ファクタリング会社選びが成否を分けるポイントになっています。

 

まだ「ファクタリング」を利用したことがない、もしくは今のファクタリング会社に満足していない方で、どこのファクタリング会社に相談すれば良いのか解らないという方に「おすすめのファクタリング会社」をご紹介します。

こちらでご紹介する内容

  • いま利用すべきおすすめファクタリング会社のランキング
  • ファクタリング会社選びで注目したいポイント
  • なぜファクタリング会社選びが大切なのか?
  • ファクタリング手数料・費用を下げる方法
  • ファクタリングを利用する手続きガイド

 

ファクタリング会社選びが大切な理由

しかしながら、ファクタリング会社は「ピンからキリ」まで多数あります。

銀行と違い、業歴が長く、「誰が聞いても良く知っている」知名度の高いファクタリング会社というのは存在しません。

そのため、ファクタリングに慣れていない方にとって、どのファクタリング会社に相談すれば良いのかが解りにくいというのが現状です。

また、ファクタリング会社の情報も取得が難しく、中小企業や個人事業主が、ご自身でファクタリング会社を比較して、選択することは容易ではありません。

誤って、悪質なファクタリング会社に捕まってしまうと、高すぎる手数料を取られてしまったりすることもあります

 

そのため、優良なファクタリング会社を探し出し、適正な手数料でファクタリングを利用することが、ファクタリングで失敗しないためのポイントになります。

「優良なファクタリング会社」を見つけるため、数あるファクタリング会社それぞれの「サービスや、実績・評価を比較」して、ご自身にあうファクタリング会社を選び出す必要があります。

 

ファクタリング会社選びで確認するべきポイント

  • 安心・安全なファクタリング会社かどうか?
  • ファクタリング手数料の水準は妥当か?
  • 資金調達が必要な期限に間に合うか?
  • 口コミ・評判で悪い情報がないか?

 

ファクタリングを成功させるには会社選びが重要

 

おすすめファクタリング会社一覧

相見積もり候補として選ぶべき優良なファクタリング会社を複数ご紹介いたします。

優良なファクタリング会社の特徴を以下で比較しています。

比較表の内容を参考に、それぞれの状況にあったファクタリング会社を選んでいただければと思います。

 

ファクタリング会社 比較

 手数料対応速度業歴最大調達額対象者おすすめ度
三共サービス1.5%~最短2日19年1億円法人SS
ビートレーディング2.0%~即日可7年3億円法人
個人事業主
S
GMO PAYMENT GATEWAY1.0%~最短

2営業日

25年1億円法人SS
MSFJ1.8%~即日可4年5,000万円法人
個人事業主
A+
MI Vision即日可7,000万円法人A+
ジャパンマネジメント3.0%~即日可不明5,000万円法人
個人事業主
A
トラストゲートウェイ3.0%~翌日可不明5,000万円法人B
えんなび5.0%~即日可不明5,000万円法人B

*2020年10月時点データをもとに作成

 

  • 三共サービス
    4.95



    ☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
    ☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
    ☆全国対応可能

    適用金利・手数料など

    (3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

    所要時間

    最短翌営業日の現金化が可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ビートレーディング
    4.85



    ☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
    ☆全国対応可能
    ☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

    適用金利・手数料など

    2%~(ファクタリング手数料)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    3億円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • GMOペイメントゲートウェイ
    4.95



    ☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
    ☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
    ☆全国対応
    ☆利用は法人企業のみ

    適用金利・手数料など

    1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短2営業日

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • MSFJのファクタリング
    4.8



    ☆業界最低水準の手数料率
    ☆スピード審査に対応
    ☆他社からの乗り換えも可能

    適用金利・手数料など

    1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短1営業日での現金化

    その他優遇など

    手数率は業界最低水準で審査通過率90%

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • MI Vision
    4.65



    ☆将来債権買取のMI Vision
    ☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
    ☆プライバシーマーク取得企業

    適用金利・手数料など

    非公表

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    7,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • トラストゲートウェイ
    4.5



    ☆九州特化型のファクタリング会社
    ☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
    ☆保証人・担保不要
    ☆リピート率98%

    適用金利・手数料など

    3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    3万円のキャッシュバックキャンペーン

    資金調達限度額

    3,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ジャパンマネジメント
    4.4

    ☆他社からの乗り換えにも対応
    ☆全国対応可能
    ☆来店不要(WEB申込で完結)

    適用金利・手数料など

    3.0%~(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • えんナビ
    4.5



    ☆小口ファクタリングにも対応
    ☆24時間365日受付

    適用金利・手数料など

    5.0%~

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリング会社ごとのサービス詳細

1位 三共サービス

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

おすすめするファクタリング会社の1社目は三共サービスです。三共サービスはファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社です。

三共サービスのポイント

  • 三共サービスのおすすめ度:SS
  • 最大買取可能額:1億円
  • 業界トップクラスに低い手数料水準
  • 日本全国対応可能
  • ファクタリング業界の老舗!安心・安全の会社
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過・リスケ中も利用可能

 

▼三共サービスが選ばれる4つの特徴

三共サービスが選ばれる理由

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

三共サービスの料金水準

  • 3社間ファクタリングで、1.5%~
  • 2社間ファクタリングでも5.0%~

 

この三共サービスの手数料率は他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い手数料水準と言って良いでしょう。

 

ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国どちらの企業でも相談が可能です。

なお、三共サービスではスピード査定が可能ですが、買い取りに要する期間は、最短で2営業日です。

スピードが速く、即日資金調達可能を謳うファクタリング会社に比較すると、その点のみがデメリットとも言えます。

 

▼三共サービスと他社との比較

三共サービスと他社比較

 

 

2位 ビートレーディング

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

2つ目のおすすめファクタリング会社はビートレーディングです。

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です

ビートレーディングのポイント

  • ビートレーディングのおすすめ度:S
  • 知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社
  • 最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)
  • 法人企業・個人事業主のどちらも利用可能
  • 全国対応可能 / 全国4ヶ所に営業所
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

他のファクタリング会社と比較しても、ビートレーディングの知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています

口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

ビートレーディングが選ばれる3つの理由 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのがビートレーディングの特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

▼2020年3月時点、ビートレーディングのファクタリング実績

ビートレーディングのファクタリング実績

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。

 

「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社もいます。

それに対して、ビートレーディングは、大抵の企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

ビートレーディングのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

ビートレーディングの特徴

  1. 日本全国ファクタリング可能
  2. 無料のスピード査定可能
  3. ファクタリング会社としての認知度No1
  4. 契約件数全国トップクラス(同社調べ)
  5. ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)
  6. 小口から大口までのファクタリングに対応
  7. 個人事業主、法人のどちらも利用可能
  8. 2社間ファクタリング可能

 

3位 GMO PAYMENT GATEWAY

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

おすすめファクタリング会社の3社目はGMO PAYMENT GATEWAYです。

GMOペイメントのポイント

  • GMO BtoB 早払い
  • 一部上場企業が行うファクタリングサービス
  • GMOグループのGMOペイメント
  • ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~
  • 2社間ファクタリングにも対応可能

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業であるということです。

これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。

しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

 

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

 

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

 

大手ファクタリング会社で安心して利用できるところを探しているなら「GMO PAYMENT GATEWAY」のファクタリングサービスがおすすめです。

 

4位 MSFJ

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリング会社のおすすめランキングの4位はMSFJです。

MSFGのポイント

  • MSFJのおすすめ度:A
  • 最大買取可能額:5,000万円
  • 法人・個人事業主のどちらでも利用可能
  • 100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応
  • MSFJの手数料率は1.8%~9.8%の範囲内(業界最低水準)
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能
  • 他のファクタリング会社からの乗り換えにも積極対応

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

5位 MI Vision

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

おすすめファクタリング会社ランキングの5位はMI VISIONです。MI VISIONでは将来債権ファクタリングが利用できます。

 

MI Visionのポイント

  • MI Visionのおすすめ度:A+
  • 最長3ヶ月までの将来債権ファクタリング可能
  • 他社に比べて大きな金額のファクタリングが利用可能
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

MI VISIONが提供する将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです

 

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

 

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

6位 トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

おすすめファクタリング会社ランキングの7位はトラスト・ゲートウェイです。九州特化型が特徴のファクタリング会社です。

 

トラストゲートウェイのポイント

  • 九州の事業者におすすめのファクタリング会社
  • 創業1年目でも利用可能
  • 解りやすい手数料体系で安心!
  • 50万円~の小口ファクタリングも利用可能
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

トラスト・ゲートウェイのように、ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。

やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

 

  1. リピート率98%の満足度
  2. 最短1日のスピード査定 → その後、95%が申込に至る好条件
  3. 担保・保証人不要
  4. 50~5,000万円までのファクタリングに対応
  5. 新規契約時に3万円のキャッシュバック中
  6. 九州エリアトップクラスの買取率
  7. 取引先への通知不要

 

7位 ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

おすすめファクタリング会社ランキングの8位はジャパンマネジメントです。ジャパンマネジメントも九州を中心とするファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントのポイント

  • 九州エリアを得意とするファクタリング会社
  • 診療報酬債権ファクタリングの取扱いも可能
  • 資金調達・資金繰りのコンサルティングも実施
  • 個人事業主も利用可能
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

ジャパンマネジメントの特徴

  1. 最短即日で資金調達可能
  2. 全国対応(出張買取OK)
  3. 保証人・担保不要
  4. 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)
  5. 個人事業主のファクタリング利用も受付中

 

8位 えんなび

えんナビ
4.5



☆小口ファクタリングにも対応
☆24時間365日受付

適用金利・手数料など

5.0%~

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

えんなびがおすすめファクタリング会社ランキングの最後です。

えんなびのポイント

  • 24時間・365日受付中
  • 審査に通りやすく、利用しやすいファクタリング会社
  • 赤字、債務超過、リスケ中も利用可能
  • 即日資金調達にも柔軟に対応

 

会社選びで重視するポイント

ファクタリング会社選びでは注目すべきポイントがあります。

これらのポイントを比較して、各社の条件、有利かどうかを確認していく必要があります。

ファクタリング会社選びで重視すべきポイントは以下となります。

 

ファクタリング会社選びで確認するポイント

  • ファクタリング手数料
  • 諸費用・実費
  • 審査スピード
  • 申込・手続きの方法
  • 悪質業者でないか
  • 口コミ・評判

 

それぞれの注目すべきポイントについて解説していきましょう。

 

ファクタリング手数料

ファクタリング会社選びで最も重要となるポイントはファクタリング手数料です。

ファクタリング手数料とは銀行融資などにおいての金利と近い意味の費用になります。

 

つまり、ファクタリングによって売掛金を前倒しで現金化する分、その期間分の資金調達コストや、売掛先からの代金回収を出来ない場合のリスク、ファクタリング会社の利益などを勘案してファクタリング会社を受領する費用になります。

 

ファクタリングを利用する場合の費用として最も大きいのがファクタリング手数料です。そのため、少しでもファクタリング手数料が低い会社を探すことが重要なテーマとなります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料の相場はどれくらい?

 ファクタリング手数料を下げるための交渉術

 

諸費用・実費

ファクタリング利用時にはファクタリング手数料以外にも実費を主とする費用が必要となります。

ファクタリング時に発生する費用としては、印紙代、債権譲渡登記費用、交通費(ファクタリング会社に出張対応を依頼した場合)などが発生します。

この中で、比較的金額が大きな費用としては債権譲渡登記費用になります。

 

しかし、債権譲渡登記は全てのファクタリング会社で必要になるわけではありません。

ファクタリング会社のなかには債権譲渡登記不要で利用できる会社もあります。こういった債権譲渡登記不要のファクタリング会社を選択することで諸費用を低く抑えることが可能になります。

 

審査スピード

ファクタリングを利用する場合、緊急の資金調達であることや、銀行の融資審査に落ちてしまったケースなどが考えられます。

こういった要因によってファクタリングを利用する多くの方は時間的な余裕がなく、相談・申込からファクタリングによる現金化までの期間が数日程度しかないということも少なくありません。

 

そのため、ファクタリング会社選びにおいては審査スピードが早く、即日、もしくは数日程度でファクタリングが可能な会社から選ぶことも大切となります。

 

申込・手続きの方法

ファクタリング申込、手続きを行っていく方法には大きく分けて、以下の2つがあります。

  • 面談が必要
  • WEB申込で完結

 

従来、ファクタリング利用ではWEBから申込を行って、その後直接ファクタリング会社の担当者と面談したうえで契約を行うのが主流でした。

しかし、近年、面談不要、WEB申込と書類提出(WEB上、郵送など様々)で手続きが完結するタイプのファクタリング会社が増加しています。

 

面談することにはメリット、デメリットがそれぞれあります。

どういったファクタリング会社かを良く理解して契約したい方や、対面で契約内容・ファクタリング条件の説明を受けたい方には面談があった方が良いでしょう。

一方、忙しく、面談を行う時間的な余裕が無いと言う方には、面談不要で申込ができるファクタリング会社が良いことになります。

どちらのタイプのファクタリング会社かを知ったうえで、ご自身にあったファクタリング会社かを選ぶ必要があります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングを利用する時の手続き・流れ

 ファクタリング契約書で確認するべき8つのポイント

ファクタリング会社を選ぶ基準

悪質ファクタリング会社に注意

ファクタリング会社のなかには、違法とも言える条件でファクタリングを行う会社や、利用者を騙そうとする詐欺まがいの会社、そして、ファクタリング会社を装うヤミ金業者などが紛れていることがあります。

悪質ファクタリング会社に捕まってしまっては資金調達どころではありません。

資金繰りが安定して良くなるどころか、むしか事業がおかしくなってしまうかもしれません。

 

ファクタリング会社を選ぶ際には、悪質ファクタリング会社を見抜き、騙されないようにしなければいけません。悪質ファクタリング会社を見抜くためには、後述する「相見積もり」を行うことが大切です。さらに、その他の見抜き方も紹介していますので、以下の関連記事も参照ください。

 

ファクタリングの関連記事

 悪質ファクタリング会社に騙されない方法

 

規模のあったファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社選びでは、ご自身の希望にあった規模の売掛金売却ができるファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリング会社のなかには、「小口」、「少額」の売掛金買取が得意なファクタリング会社と、「大口」「まとまった金額」の売掛金買取を得意とするファクタリング会社が存在します。

 

一般的に「小口」「少額」と呼ばれるファクタリングというのは100万円未満の取引であり、大口というのは1,000万円以上の金額を専門とするファクタリング会社で、その中間的な金額が一般的なファクタリング規模と考えれば良いでしょう。

主なファクタリング会社で表にしてみると以下のようになります。

 

■ファクタリング会社のおすすめ取引規模

ファクタリング規模ファクタリング会社の例
小規模専門ウィット

アクセルファクター

えんなび

中間規模

(小規模~大規模まで対応可能)

ビートレーディング

三共サービス

MI Vision

OLTA

トラストゲートウェイ

ジャパンマネジメント

大規模専門みずほファクター

三菱UFJファクター

 

ファクタリングの関連記事

 小口、小規模専門のファクタリング会社

 

口コミ・評判

ファクタリング業界は歴史が浅く、近年になって拡大しています。

そして、ファクタリング会社の多くは業歴が浅く、知名度が低いのが現状です。

そのため、ファクタリング会社名を聞いただけではどういった会社なのか、サービスの良し悪し、安心・安全に利用できる会社なのかが解りません。

 

こういった環境下でファクタリング会社を選ぶにあたっては口コミ・評判を参考にすることも大切です。

WEB上などで公開されている口コミ・評判の全てを鵜呑みにすることはできません。しかし、実際に利用したことのある方の評価は大きな参考になります。

ファクタリング会社選びにおいては口コミ・評判も参考として確認しておくのが良いでしょう。

 

ファクタリングの関連記事

 口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

 

相見積もりが必須

ファクタリング会社を選定するうえで加えて大切な過程は相見積もりです。

いくつかの優良なファクタリング会社を選定し、それぞれに売掛金を査定してもらってファクタリング手数料などの見積もりを取得する過程は、ファクタリング利用時に絶対行っておきたい基本です。

 

ファクタリング会社毎の特徴を比較するだけでなく、各ファクタリング会社の見積もりも比較して、最も良い条件のファクタリング会社を選ぶのが大切です。

各ファクタリング会社の条件を比較して見ることで、妥当なファクタリング手数料の水準を知ることができますし、悪質ファクタリング会社に騙されにくくもなります。

ファクタリング会社選びでは、この相見積もりによる比較が重要です。

そのためにも、候補となるファクタリング会社を、3~4先はあげておきたいところです。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料の相場はいくらくらい?

 ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

調達可否をすぐに知りたいなら

ファクタリングは即日資金調達も可能であることが大きなメリットです。

しかし、少しでも良い条件を引き出すためには、複数のファクタリング会社と条件交渉を行うのが理想です。

慌てすぎると、悪質ファクタリング会社に騙されてしまうこともあります。

 

しかし、資金調達を急ぐ経営者にとって、実際に資金調達ができるかどうかの結果を素早く知りたい、まずはファクタリングの可能性があるかを確認したいという希望する経営者少なくないでしょう。

そんなとき、こちらの「資金調達ガイド」を相談対象に加えるのがおすすめです。

 

資金調達ガイドは、㈱サウルスが運営するファクタリングサービスです。

資金調達ガイドの特徴は、以下のリンクから「5秒でできるファクタリング診断」が利用できることです。

メールアドレスを登録すればすぐに「資金調達ガイド」を経由してファクタリングが利用できるかどうかの簡易診断が行えます。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、中小企業や、個人事業主が利用できる「事業性資金の調達方法」の1つです。

しかし、ファクタリングは資金調達手段ではありますが、「借入」、「借金」では無く、保有している売掛債権を売却する資金調達方法です。

 

そのため、借入とファクタリングは全く異なります。

ファクタリングは、借入ではありませんので、決算書上の借入金も増えません。

つまり、借金しなくて良い資金調達方法です。ファクタリングを利用すると、会計処理上は、売掛金が減少して、現預金が増えます。

決算書にも同様の効果となり、借入金を増やさずに、現金を増やす効果が期待できます。

 

ファクタリングによる決算書への影響は、銀行の融資審査に対して「プラス材料」となることが期待できます

ファクタリングで運転資金が減少して、資金効率が高くなりますので、銀行の審査において、決算内容に対する評価が高くなることが期待できます。

 

そのため、ファクタリングで資金調達をしても、銀行融資・銀行の審査に対しては、悪影響よりも良い影響が多くなると言って良いでしょう。

決算書から判断される財務内容は良くなりますので、銀行の審査で「財務内容が良くない」と評価されている企業にとっては、改善につながる取り組みとなります。

 

《ファクタリングをもっと良く知りたい方は》

 ファクタリングの仕組みや利用方法の完全ガイド

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

ファクタリング申込時に注意すること

おすすめファクタリング会社の中から申込・相談するファクタリング会社が決まったからと言って終わりではありません。

実際にファクタリング会社に連絡して、資金調達するために注意しておきたい以下のような点があります。

 

  • 2社間と3社間のどちらのファクタリングを使うか?
  • 債権譲渡登記とは?
  • 売掛債権担保融資を勧められたら注意!
  • 悪質ファクタリング会社に騙されない

 

以降では、ファクタリング会社に相談する際に知っておきたいファクタリングの基礎知識をご紹介します。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの種類があります。

そのため、ファクタリングを利用する場合、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらかを選択して申込する必要があります。

2つのファクタリングの違いや特徴が解らなければ、どちらがご自身にあったファクタリングタイプなのかを判断できないでしょう。

 

2社間ファクタリングとは、中小企業や小規模事業者が利用するファクタリングの大部分を占めるファクタリング方法です。

2社間ファクタリングの特徴を整理

2社間ファクタリングの特徴は、ファクタリングを利用することを「売掛先」・「取引先」に知らせないことです。

売掛先はファクタリングを利用していることを知りませんので、ファクタリング後も、利用者を支払先だと思って代金を支払います。

ファクタリング利用者は、代理で売掛金を回収して、ファクタリング会社に支払います。

 

一方、3社間ファクタリングは、ファクタリング利用前に、売掛先に通知して、売掛金の売却に同意を得る方法です。

 

3社間ファクタリングでは、売掛先はファクタリングについて同意していますので、売掛金の期日にはファクタリング会社に直接代金を支払います。

期日に、ファクタリング利用者ではなく、ファクタリング会社に直接支払う点が、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いになります。

 

ファクタリング手数料は3社間ファクタリング

ファクタリング手数料が低いという点では3社間ファクタリングにメリットがあります。

3社間ファクタリングでは、売掛先からファクタリング会社に直接代金が支払われますので、ファクタリング会社のリスクは低くなります。そのため、ファクタリング手数料も低く抑えることができるのです。

 

信用不安に注意が必要

3社間ファクタリングを利用する場合、売掛先・取引先にファクタリング利用を通知する点に注意が必要です。

売掛先によっては、「売掛金を売却しないといけないほど、資金繰りに困っている」という印象を受けてしまうことがあります。

そして、資金繰りに厳しい会社という評価をされると、その後の取引関係に支障がでたり、業界・商圏内で悪評がたってしまうことがあります。

 

そのため、3社間ファクタリングを利用する場合には、信頼関係のある売掛先に限定して利用するなど、利用範囲に注意する必要があります。

 

急ぎの資金調達は2社間ファクタリング

急ぎで資金調達する必要があるなら2社間ファクタリングが適しています。

3社間ファクタリングの場合、売掛先に通知して同意を得る手続きが必要になります。

この手続きが思った以上に時間がかかります。

 

ファクタリングの対象となる売掛先が1社だけなら良いですが、複数の会社になると手続き量も多くなってしまいますので時間がかかってしまいます。

そのため、急な資金調達を行うのであれば、2社間ファクタリングの方が適していることになります。

 

債権譲渡登記とは?

ファクタリングを利用する際に、「登記」が必要となることがあります。

ファクタリングを行う際に必要となる登記のことを「債権譲渡登記」と言います。

債権譲渡登記とは、ファクタリング会社が売掛金を買い取った正式な権利者であることを証明するための手続きです。

ファクタリング会社にとって重要な保全のための手続きになりますので、債権譲渡登記を必要とするファクタリング会社は多く存在します。

 

しかし、債権譲渡登記を行うには手数料もかかります。

そして、債権譲渡登記手続きの費用はファクタリング利用者の負担です。

少しでも手数料、費用を抑えてファクタリングを利用したいと考えるなら、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を選ぶ必要があります。ファクタリング会社に相談する際には、債権譲渡登記が必要かどうかも、あわせて確認するようにしましょう。

 

債権譲渡登記不要の会社

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの債権譲渡登記とは?

 

売掛債権担保融資に注意

ファクタリングを利用するつもりで相談していたのに、気が付くと「売掛債権の売却」ではなく、「売掛債権担保融資」に案内されることがあります。

しかし、こういった融資に案内しようとするファクタリング会社を利用してはいけません。

 

ファクタリング会社を装って、売掛債権担保融資を行う会社は「ヤミ金」である可能性が高いのです。

通常の貸金業免許を持っていない「ヤミ金」や、法律上の制限を超える利息を要求する悪質貸金業者が、ファクタリングと偽って勧誘している可能性があります。

ヤミ金に捕まっては、通常よりも遥かに高い手数料を要求されたり、いざという時に違法が取り立てにあう危険性もあります。

 

悪質ファクタリング会社に騙されない

既に前述したとおり、ファクタリングを利用する際には悪質ファクタリング会社にだまされないことが大切です。

融資を行う貸金業者であっても、商取引を行う取引先であっても、悪質な会社というのはまぎれているものです。

そして、ファクタリング業界も例外ではありません。

 

悪質なファクタリング会社は存在し、ファクタリング取引に慣れていない利用者を騙そうとしてくることがあります。

そして、悪質ファクタリング会社に騙されると、「高すぎる手数料」や「必要以上の諸費用」を請求されることもあります。

ファクタリングを利用する際には悪質ファクタリング会社に騙されないように注意しましょう。

なお、以下に悪質ファクタリング会社に騙されない方法を解説しています。是非、参考にしてみてください。

 

ファクタリングの関連記事

 悪質ファクタリング会社に騙されないための方法

 悪質ファクタリング会社の手口を確認して、安全・安心に利用する方法

 ファクタリングのリスクと注意点

 

少しでも高く売掛金を売却する

ファクタリングは売掛金の売却ですので、売掛金を売却する時には少しでも高く売却することが大切です。

銀行融資を受ける場合、借入した金額は全額返済します。

そのため、多く借入すれば、その分、将来に多く返済することになります。多く借入したから得ということにはなりません。

 

しかし、ファクタリングは売掛金の売却であり、ファクタリングを行った時点で取引は終了します。

そのため、少しでも高い金額で売却したほうが得になります。

ファクタリング利用時は少しでも売掛金が高く売れるように意識することを忘れないようにしましょう。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングで売掛金を高く売るためのコツ

 ファクタリングを利用する時の全手順

 

ファクタリングの重要性

これまで中小企業や個人事業主が資金調達するうえで、銀行借り入れへの依存が強くなっていました。

しかし、中小企業経営者や個人事業主が、銀行借り入れのみに依存することは非常に危険です。

銀行の融資姿勢は頻繁に変わるうえ、個人事業主や、中小企業にとって、銀行から融資を受けることが簡単ではないためです。

 

銀行の融資姿勢は「金融庁」の方針で「ころころ」変わります

金融庁が「中小企業保護」を訴えると融資に積極的になり、「景気が過熱している」、「銀行の健全性を高めろ」というと、急に融資をストップして、貸し渋り・貸し剥がしを行なうこともあります。

銀行との取引で、辛い経験をされたことのある経営者も少なくないでしょう。

こんな不安定な銀行の融資姿勢にだけ依存していては、個人事業主や、中小企業経営者は安心して経営できません。

 

「銀行からの借入が重要であることは変わりません」が、中小企業や、個人事業主にとって、銀行借入だけに依存し過ぎないように、代替的な資金調達手段を確保しておくことが重要です。ファクタリングは、あらたな資金調達手段となる方法です。

 

回収リスクから解放される

なお、ファクタリングのメリット1つとして、取引先からの回収リスクから解放される点もあげられます。

通常、売掛金として代金を受け取れる権利を有していても、期日に取引先の資金繰りが悪化して、代金を支払ってもらえないこともあります。

いくら請求しても代金が受け取れなければ、損となり、資金繰りの悪化要因ともなります。

 

ファクタリングの場合、一旦、ファクタリング会社に売掛金を売却すると、その後の回収リスクはファクタリング会社に移転されます。

そのため、期日に代金が支払われてなかったとしても、その損失はファクタリング会社が負うことになるのです。

 

ファクタリング利用者にとって、売掛金の回収リスクが無いことを、「ファクタリング会社に償還請求権が無い」(ファクタリング利用者に対する買戻し依頼が出来ないという意味)と言います。ファクタリングでは、償還請求権が無いのが通常であり、償還請求権有りの契約を勧めるファクタリング会社には注意が必要です。

 

なお、銀行取引などにある「手形割引」ですが、こちらは償還請求権有りの契約であり、手形振出人が不渡りを起こすと、手形割引の申込人は買戻しの責任を負います。ファクタリングと手形割引では、償還請求権の有無が異なるのが特徴です。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング後の取引先倒産リスクは誰が負う?

 譲渡禁止特約付きの売掛金もファクタリングできる?

ファクタリングを知って喜ぶ人

 

赤字・債務超過の融資は厳しい

個人事業主や、中小企業では、赤字や、債務超過であることも少なくありません。

特に、事業を開始して間もない時は、すぐに決算上で黒字が出る訳ではありません。

こういった個人事業主や、中小企業にとって銀行融資はハードルが高いでしょう。赤字や債務超過で、さらに業歴が浅いとなると融資審査に通ることは困難です。

 

しかし、赤字・債務超過の個人事業主や、中小企業、業歴が短い事業主でも、ファクタリングを活用すれば資金調達できる可能性があります。

ファクタリングに必要な条件は、「売掛債権」があることです。この点をクリアしていれば、ファクタリングで資金調達できる可能性が十分にあります。

ファクタリングにも審査はありますが、審査基準は融資と異なります。

 

ファクタリングの審査で重視されるのは「売掛債権の信用力」です。

ファクタリング会社は買い取る売掛金の信用力が高く、売掛先が代金を払ってくれれば回収できなくなる懸念は低くなります。

そのため、ファクタリング利用者が赤字や債務超過、リスケ中といった状況でも、売掛金の信用力が高ければ、ファクタリングの審査に通ることは可能です。

 

そのため、銀行の融資審査で落ちてしまったとしても、ファクタリングなら資金調達できるという可能性は意外に高いのです。

 

ファクタリングの関連記事

 赤字、債務超過、リスケ中でもファクタリングは利用できる

 

銀行融資とファクタリングを使い分ける方法

以上の通り、ファクタリングの利便性や、おすすめのファクタリング会社をご紹介しました。

ファクタリングはスピーディーで、柔軟な審査基準で利用できるため役立つ資金調達方法となります。

しかし、銀行融資に比べて、手数料が高いといったデメリットもあります。

 

ここで重要なのは、銀行融資とファクタリングのそれぞれのメリット、デメリットを良く理解して、それぞれの事業者にとって最適な使い分けを行うことがおすすめの方法となります。

例えば、銀行融資とファクタリングのそれぞれで利用が適する場面を考えてみましょう。

 

ファクタリング利用がおすすめの方

  • 資金調達を急いでいる(つなぎ資金利用など)
  • 銀行融資の審査に落ちた
  • 担保はないが売掛金ならある方
  • 売掛金の保有が多い方
  • 赤字、債務超過、リスケ中の方

 

銀行融資がおすすめの方

  • 資金調達を慌てていない方
  • 銀行との友好な関係が築けている方
  • 不動産担保がある方

 

 銀行融資とファクタリングの違いとは?

 

銀行系ファクタリングをおすすめしない理由

ファクタリングを利用される方の多くは、ノンバンク、独立系と言われるようなファクタリング専門会社を利用しています。

しかし、ファクタリング会社のなかには大手銀行系列、銀行子会社のファクタリング会社(通称「銀行系ファクタリング会社」)も存在しています。

そのため、ファクタリング利用を希望される方から、「なぜ銀行系ファクタリングがおすすめに入らないのか?」と聞かれること良くあります

 

一般的に銀行系列の会社というのは信用が高いと考えられます。

そのため、銀行系ファクタリングに興味を持たれる方もいるでしょう。

 

銀行系ファクタリングがおすすめのファクタリング会社として紹介されにくいのには理由があります。

それは、「銀行系ファクタリング会社が2社間ファクタリングの取り扱いを行っていないから」です。

 

大部分の銀行系ファクタリングは3社間ファクタリング専門です。

3社間ファクタリングのみだと以下のようなデメリットがあります。

 

  • 取引先への通知が必須
  • 資金調達に時間がかかる
  • 譲渡禁止特約付きの売掛金を売却できない

 

ファクタリングを利用する方の多くは、資金調達を急いでいたり、取引先に知られずにファクタリングを利用したいと考えています。

そのため、3社間ファクタリングしか利用できない銀行系ファクタリング会社はそもそも利用できないという問題点があるのです。

 

また、3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比較して時間がかかるという問題点もあります。

売掛先に対して事前通知、同意取得などの手続きが必要となるためです。これらの手続きが必要であることから、急いで資金調達するという方にも適しません。

 

 銀行系ファクタリング会社とは?

 

ファクタリング利用がおすすめの業種

ファクタリングの利用が適するおすすめの利用者は「売掛金での回収が多い」、「売掛金のサイトが長い」、「法人向け、大企業向けの売掛金がある」など、ファクタリングの条件にあう特徴が見られます

 

ファクタリングはどの業種でも、売掛金さえあれば利用できますが、利用しやすい業種というものもあります。

こういったファクタリングの利用が適する業者には以下のようなものがあります。

 

ファクタリングの関連記事

 製造業

 建設業

 企業向け小売り業

 医療・福祉業

 ファクタリングの利用が適する業種と利用方法とは?

 

製造業や、建設業は比較的大口で、回収サイトの長い売掛金を持つ傾向にあります。

一方で、受注した仕事や、作業は先行して行う必要がありますので、運転資金が多く発生する傾向にあります。

こういった業種はファクタリングの利用に適すると言って良いでしょう。

 

また、医療、福祉業においても窓口で患者が払う代金以外に、診療報酬が発生します。

診療報酬債権は回収までに数ヶ月かかることもあり、さらに、3社間ファクタリングで売却しても問題のない債権であることもあって、ファクタリングが利用しやすい業者と考えられます。

 

まとめ

今回はおすすめのファクタリング会社をランキング形式でご紹介しました。

ファクタリングを利用する際には会社選びが非常に重要です。

ファクタリング会社選びで失敗しないようにおすすめランキングを活用いただけますと幸いです。

 

なお、ファクタリングでの資金調達を成功させるポイントはファクタリング会社の選び方と、条件交渉にあります。

そのために重要なことは、①優良なファクタリング会社を見つけて、それぞれの特徴を比較分析すること、そして、複数のファクタリング会社を対象として相見積もりを行うことです。

 

こちらでご紹介したファクタリング会社は、いずれもファクタリング業界のトップレベルの会社であり、まずはここから比較・分析、相談をされてみるのが良いでしょう。

 

 

ファクタリングの関連記事

 スピード査定、即日調達可能なファクタリング会社

 ファクタリングとでんさいの違いとは?

 ファクタリングと取引信用保険の違いとは?

 個人事業主がすぐに資金調達できる方法

 出張査定可能なファクタリング業者

 ファクタリングで実際にある失敗例!損しないための注意

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG