七福神トップ

七福神の給料ファクタリングってどうなの?利用者からの評判・口コミから商品内容まで徹底調査!

個人がちょっとしたお金の必要があった時に利用されるのがカードローンです。しかし、近年、カードローンだけでなく、給料ファクタリングサービスを利用する方も増えています。

 

給料ファクタリングサービスはブラックリストの方や、総量規制オーバーでも利用できる可能性がある資金調達方法です。給料ファクタリングで有名な「七福神」の特徴や利用者の評判・口コミをご紹介します。

 

《こちらの記事でご紹介すること》

給料債権ファクタリングの仕組み

七福神が利用して良い会社なのか?

給料債権ファクタリングの利用方法

給料債権ファクタリングの注意事項

 

 

給料ファクタリングは貸金と認定

2020年8月に追記した内容です。

2020年に金融庁は、個人を対象としたファクタリング(給料ファクタリング、給与ファクタリングなど)を貸金であると認定しました。結果として、貸金業法が規定する上限金利の対象となり、上限金利を超える手数料を、ファクタリング業者から利用者に対して返還する義務が生じています。

 

また、七福神も多数の利用者から上限金利の返還を求められています。

七福神は多数の返還を要する債権を抱えるようになり、実質的に事業を停止しています。

 

現在、七福神に給料ファクタリングを利用することはできません。また、給料ファクタリングを利用する際には、そもそも貸金業法の対象となる借入であるということを認識したうえで利用するようにしましょう。

 

給料ファクタリングってどんなサービス?

七福神の「給料ファクタリングサービス」がどういったサービスなのかから確認しておきましょう。

 

給料ファクタリングサービスとは?

給料ファクタリングサービスとは、個人が急なお金が必要になった時に利用できるサービスであり、これまでカードローンやクレジットカード―のキャッシングを利用していた方にとって、借入に代わる新たな資金調達手段として、近年利用が急増しているサービスです。

 

特徴は、給料ファクタリングサービスは借入ではないということです。

 

借入では無いという点がカードローンやクレジットカードのキャッシングとは大きく異なります。

 

給料ファクタリングサービスは「給料の前借り」に近いサービスです。

就業されている方が受け取る予定の給料を七福神に売却することで、七福神から給料の前借りができます。給料を本来の受取日よりも前に現金化して受け取ることができるのが給料ファクタリングです。

 

給料ファクタリングは借入ではない” icon=”icon: pencil-square-o” icon_color=”#361fda

給料ファクタリングは「給料の前借」に近いサービス” icon=”icon: pencil-square-o” icon_color=”#361fda

 

 

 

給料ファクタリングの利用条件

給料ファクタリングの利用条件を整理すると以下になります。

 

利用できる方就業して給料を受け取っている方
現金化できる方受け取りが確定している給料の範囲内
手数料水準10%程度
現金化までの期間即日現金化可能
対応エリア全国対応可能

 

給料ファクタリングサービスの特徴

給料ファクタリングサービスは借入ではないことと、借入ではないために審査基準が異なるということが大きな特徴になります。

 

給料ファクタリングサービスにも七福神の審査はありますが、借入ではないため、銀行や消費者金融などの審査基準とは全く異なる観点で審査が行われます。そして、給料ファクタリングサービスが借入と異なる最大のポイントは以下です。

 

給料ファクタリングの仕組み

給料ファクタリングとは、支給日に受け取る予定の給料をファクタリング会社(七福神)に売却して、本来の支給日より前倒しで現金を受け取る取引です。

 

給料ファクタリングは2社間ファクタリングと呼ばれる仕組みになっていますので、就業先・お勤め先に対して、給料が譲渡されることは知らされません。ですので、給料ファクタリングを利用したことを、お勤め先に知られることに抵抗があるという方も心配ありません。

 

なお、給料ファクタリング利用後、実際の給料日に受け取る給料は、そのまま譲渡先である七福神に支払う必要があります。七福神に支払わずにご自身で流用してしまうと、訴えられてしまう危険性もありますので注意が必要です。

 

七福神の仕組み

 

就業先にばれずに給料ファクタリングは利用できる” icon=”icon: pencil-square-o” icon_color=”#361fda

 

給料ファクタリングとカードローンの違い

一般的に良く知られているカードローンと給料ファクタリングの審査基準を比較して説明しましょう。

 

■給料ファクタリングとカードローンの違い

 給料ファクタリングカードローン
契約内容

給料の前借り

(確定した給料債権の売却)

借入
総量規制対象外対象(年収の3分1まで)
ブラックの利用可能不可能
在籍確認なし原則あり

 

総量規制の対象外

総量規制とは個人が借入できる上限額を年収の3分の1までに制限する法律です。この上限を超えると、近年は銀行や消費者金融からの新規借入ができなくなっています。

給料ファクタリングサービスは借入ではありませんので、総量規制の影響を受けずに資金調達ができます

 

例えば、既にカードローンを利用していて総量規制の上限にあたる金額を借入してしまっていると、それ以上の追加借入はできなくなります。しかし、給料ファクタリングは総量規制の対象外ですので、こういった状況でも利用できます。総量規制外ですから、こういった制限を気にする必要がありません。

 

給料ファクタリングは総量規制外で利用できる” icon=”icon: pencil-square-o” icon_color=”#361fda

 

ブラックでも利用可能

ブラックとは個人信用情報に「事故情報」、もしくは「異動情報」が登録された状態です。事故情報として扱われるものには、金融機関への延滞や、自己破産、任意整理などの債務整理といったものがあげられます。

 

銀行や消費者金融、信販会社などでは一旦ブラックと呼ばれる状況になると新規融資が受けられなくなります。

ブラックは一度なるとその原因となった状況が改善されても履歴が残ります。原因解除後、10年近くも履歴が残ってしまうこともあります。そして、その間は新規借入ができなくなるのです。

 

一方、七福神の給料ファクタリングサービスは審査基準が異なるため、ブラックでの利用も可能となっています。

 

そのため、金融機関の借入を延滞中、自己破産したことがあるといった方でも利用できます。借入ではないため、審査基準が緩く、幅広い方に利用できるのが給料ファクタリングサービスの特徴です。

 

給料ファクタリングの審査基準は借入とは全く異なるという点は借入との最大の違いと考えて良いでしょう。

 

ブラックでも給料ファクタリングは利用できる” icon=”icon: pencil-square-o” icon_color=”#361fda

 

 

在籍確認不要で利用できる

七福神の給料ファクタリングには電話での在籍確認がありません。

給料ファクタリングでは審査時に「保険証」の提出が必要です。この保険証の提出によって在籍確認が行われますでの、お勤め先に対する電話確認がないのです。

 

カードローンに申込すると必ずと言って良いほど行われる在籍確認は嫌だと言う意見も多数あります。こういった在籍確認が無いのは、給料ファクタリングの大きなメリットでしょう。

 

給料債権ファクタリングとは?

 

給料ファクタリングを利用できる方

給料ファクタリングサービスは「七福神」が提供するサービスです。給料ファクタリングサービスを全国的に取り扱っているのは、2019年現在、七福神のみのようです。

 

七福神のホームページによる給料ファクタリングサービスを利用できる方は以下となっています。

 

<給料ファクタリングを利用できる方>

就業されていて給料の受け取りがある方

配偶者に収入があれば専業主婦であっても利用可能

パート、アルバイト、派遣社員などの利用も可能

 

給料ファクタリングサービスの利用に必要な条件は、就業されていて給料の受け取りがあることです。給料受取が無い方は利用できません。

 

但し、配偶者に給料受取があれば専業主婦でも利用できるというのは給料ファクタリングサービスの特徴です。近年、専業主婦のカードローン利用は難しくなって来ていますので、専業主婦が利用できる資金調達方法として注目です。

 

七福神ってどんな会社?

給料ファクタリングサービスを取り扱っている「七福神」の基本的な会社情報は以下の通りです。

 

<七福神の概要>

会社名

株式会社ZERUTA

商号

七福神

代表者

足立 慎吾

設立

2018年6月

資本金

5百万円

事業内容

コンサルティング事業、広告代理店事業、ファクタリング事業、ホームページ制作

住所

東京都調布市調布ケ丘2-15-1ビリアベルデ310

営業時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝日

 

「七福神」というのは商号になり、正式な会社名は「株式会社ZERUTA」になります。2018年6月の設立であり、比較的新しい会社(業歴2年目・2020年3月時点)となっています。新しい会社ではありますが、この給料債権ファクタリングを開始したことで近年は注目度も高まっており、メディアへの露出も増加しているようです。

 

七福神のインタビュー

 

運営するZERUTAはファクタリング事業だけでなく、広告代理事業やホームページ制作なども行っています。

 

 

七福神の申込手順・流れ

七福神の給料ファクタリングサービスに申込する場合の流れは以下の通りです。

七福神契約までの流れ

 

<給料ファクタリングの流れ>

お問い合わせフォームで申込(WEBからの登録)

七福神からの電話連絡(申し込み内容確認)

メールで必要書類を送付

七福神から審査結果の回答

契約書への承諾

七福神から口座へ入金

 

申込手順について、もうすこし詳しく解説しておきましょう。

 

お問い合わせフォームで申込

七福神の給料ファクタリングを申込する場合、以下のリンクから公式ホームページに移動して、お問合せフォームに必要事項を入力します。

 

▼お問合せフォームへのリンクです

 

 

記入する項目は、名前や住所、勤務先などの項目となり、5~10分程度で入力可能です。必要事項入力後、送信ボタンを押します。

 

七福神からの電話連絡(申し込み内容確認)

お問合せフォームを送信してしばらくすると、七福神の担当者から電話連絡がきます。この電話連絡によって、申込内容の確認や、本人からの申込かどうかといったことが確認されます。

 

特に返答に困るような内容はありませんので、電話にて回答すれば問題ありません。

 

 

メールで必要書類を送付

次に、メールで必要書類の提出依頼が送信されてきます。その案内に記載された書類をメール添付して返信します。

 

七福神への申込の必要書類には以下のようなものがあります。

七福神の必要書類

 

本人確認資料(運転免許証など)

健康保険証

直近3か月分の給与明細、もしくは入金が解る通帳のコピー(支給日も記載があるもの)

 

以上が七福神の給料ファクタリングを申込するために必要な書類です。これらを携帯電話で写真にとってメールで提出します。

 

七福神の給料債権ファクタリングとは?

 

七福神から審査結果の回答

必要書類を準備して送付すれば、時間にもよりますが原則即日で審査回答が得られます。審査結果の回答は電話によって行われます。早ければ、必要書類送付後、30分以内で審査回答が得られることもあります。

 

七福神の給料ファクタリングの審査スピードは消費者金融カードローンと比べてもかなり早いといって良いでしょう。審査結果が良く、通過していれば即日で口座に入金してもらうことも可能です。

 

なお、審査回答を受ける際には、給料ファクタリングを利用する際の手数料率や費用についての説明も行われます。説明を受けた条件に応諾して給料ファクタリングを利用するのかどうかを回答すれば、すぐに契約の手続きに進むことになります。

 

契約書への承諾

審査回答を受けた際に、七福神から提示された条件に応諾して、給料ファクタリングの利用をお願いすれば、次に契約書の準備に進みます。

 

その後、七福神からメールで契約書の確認依頼が送られてきますので、確認後、メールで回答します。

 

七福神から口座へ入金される

契約書の内容に問題がなく、入金日が決定されると、七福神から口座に対して振込が行われます。これで無事、給料ファクタリングによる資金調達は完了となります。

 

 

七福神の審査基準

実際に七福神を利用したことのある方の評判や口コミをもとに、七福神が審査で確認しているポイントを整理してみました。特に重要となるポイントは以下の通りです。

 

<給料ファクタリングの審査項目/七福神>

就業していて定期的な収入があるか

収入を証明する書類があるか(直近3か月分の給与明細など)

他社からの借入状況(但し、借入はあっても利用可能)

 

七福神の審査でチェックしている主なポイントは以上です。七福神のホームページなどでは「ブラックリスト」、「他社延滞中」、「自己破産などの債務整理歴のある方」なども利用可能と紹介されているだけあって、こういった方でも審査に通る可能性は十分にあります。

 

給料ファクタリングは給料の前借り的な性格を持つサービスです。

 

そのため、次に振込が行われる予定の給料受取額を返済原資として給料ファクタリングでお金を前借りできます。七福神としても、実際に就業していることが確認できれば、返済を得られる可能性は高いと判断できますので、通常であれば借入が出来ないブラックリストの方などでも利用を可能としているようです。

 

七福神の審査では他社の借入状況や、自己破産の有無、延滞の有無なども聴取されますが、あくまで参考であって、こういった事故情報などの履歴のある方でも利用できる可能性は十分にあります。

 

また、実際にブラックリストを原因としてカードローンの審査に通過できなかった方でも、七福神で調達できたという口コミや評判は実際にかなり多く見られます。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 

七福神の手数料水準は?

七福神の給料ファクタリングの手数料水準は、審査結果に応じて決定されているようです。

 

七福神を利用する方の多くは、銀行や消費者金融のカードローン審査に通過できず、借入を利用できなかったという方が多くなっています。そのため、七福神としてもリスクの高いファクタリングを引き受けていることになるため、カードローンなどの借入に比べると手数料水準は高めになります。

 

七福神の給料ファクタリングの手数料水準は、10%程度というのが平均的な水準になっているようです。

 

利用者ごとの手数料の違いとしては、大企業にお勤めの方や、勤続年数が長い方は審査でも高く評価されて手数料水準は低めになります。一方、中小企業にお勤めの方や、借入の多い方は手数料が高めになる傾向があるようです。

 

七福神のメリット

七福神の給料ファクタリングを利用した方の評判、口コミなども参考として、メリット・デメリットについて確認しておきましょう。最初にメリットから解説していきます。

 

<七福神のメリット>

ブラックでも利用できる

即日入金が受けられる

審査で在籍確認がない

パート・アルバイトも利用できる

 

ブラックでも利用できる

公式ホームページでも宣伝されている通り、七福神の給料ファクタリングはブラックリストの方でも利用できます。

 

ブラックリストと呼ばれるのは、既存借入に対して延滞歴のある方や、過去に債務整理(自己破産など)を行ったことのある方などです。一般的な銀行や消費者金融の場合、ブラックリストと呼ばれる状況にあると、審査に通る可能性は極めて低くなります。

 

一方、七福神の給料ファクタリングはブラックリストでも利用できます

 

借入が難しくなってしまったが、急ぎでお金が必要という方には、七福神の給料ファクタリングがおすすめです。

 

即日入金が可能

七福神のメリットとして評判が良いことの1つが、審査スピードが早く、即日の現金化(口座への振込)が可能という点があげられます。

 

即日での入金も可能ですので、銀行や消費者金融などからの借入ができず、緊急の資金需要で困っているという方にも給料ファクタリングは利用できます。

 

審査で在籍確認がない

銀行や消費者金融のカードローンに借入申込する場合、審査において高い可能性で行われるのが職場に対する在籍確認です。

 

在籍確認は、融資を行う銀行や消費者金融の会社が、借入希望者が実際に申告された職場で、本当に勤務しているかどうかを確認するために電話連絡を行うものです。

 

銀行や消費者金融の場合、在籍確認の電話を行うにあたって、会社名はださずに個人名で申告するなどの配慮を行ってくれます。しかし、それでも電話に出た方が、借入申込に対する在籍確認だと気付いてしまうこともあります。

 

そのため、カードローン申込時に行われる職場への在籍確認の電話を嫌っている方は少なくないでしょう。

 

一方、七福神の給料ファクタリングには在籍確認を目的とした、職場への電話連絡はありません。そのため、カードローンなどのように、在籍確認を原因として、職場で借入がばれてしまうという危険性も低くなるでしょう。

 

パート・アルバイトでも利用可能

七福神の給料ファクタリングを利用できるのは、企業にお勤めの正社員だけというわけではありません。パート・アルバイト・派遣社員・主婦などの方にも利用が可能です。

 

但し、主婦の方が給料ファクタリングを利用する場合、配偶者に安定的に収入が発生していることが必要となります。

 

給料債権ファクタリングはパート・アルバイトも利用できる

 

七福神のデメリット

続いて七福神の給料ファクタリングを利用するデメリットです。メリットだけでなく、デメリットもおさえておく必要があります。

 

<七福神のデメリット>

借入に比べ手数料が高い

現金化できる金額が少ない

 

手数料水準が高い

銀行や消費者金融のカードローンを利用して借入する場合に比べ、七福神の給料ファクタリングの方が利用にあたって必要な手数料などは高くなります。

 

一般的な銀行系カードローンなら適用金利は15.0%未満、消費者金融のカードローンでも18.0%以内での借入になります。

 

一方、七福神の給料ファクタリングの手数料率は、10%~20%が平均的な水準であり、上限としてなら、最大30%にまで高くなってしまうか可能性があります。

 

給料ファクタリングサービスは七福神にとってもリスクの高いサービスとなりますので、借入よりは手数料率が高くなると考えられます。

 

現金化できる金額が少ない

七福神の給料ファクタリングの場合、現金化できる金額の上限は、毎月の給料手取り額までとなります。また、給料手取り額の全額を現金化できるケースも少なく、手取り額の半額~7割程度までの現金化に制限されることが多いと思った方がよいでしょう。

 

一方、銀行や消費者金融のカードローンであれば、審査に通過すれば、給料ファクタリングに比べて、かなり大きな金額を借入できる可能性があります。

 

例えば、消費者金融の場合、法律上の規制(総量規制)によって、年収の3分の1を上限とするように定められています。年収の3分の1ということは、平均月収に対して4倍程度の借入までは可能ということを意味します。

 

つまり、カードローンなどで借入できる金額に比べ、給料ファクタリングの上限額はかなり低い水準であると考えた方が良いでしょう。

 

カードローンの関連記事

>>おすすめのカードローンをご紹介

 

 

まとめ

今回はカードローンやクレジットカードのキャッシングサービスに代わる可能性のあるものとして給料ファクタリングサービスを取り上げました。

 

給料ファクタリングサービスは「ブラックでも利用可能」が売り文句となっており、カードローンやクレジットカードの審査に通らない方でも利用できる可能性があります。

 

給料ファクタリングサービスのメリットやデメリット、評判なども参考に、是非、有効活用してみてください。

 

 

 

アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

七福神トップ
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG