2020年6月に借入を行う場合のおまとめローン、及び「おまとめ」に使用可能なフリーローンをランキング形式でご紹介いたします。

 
現在、複数の借入があって、おまとめローンを活用して、借金を一本化したいという方は、是非、参考にしてみて下さい。

 

 

おまとめローンとは?

おまとめローンというのは、まさしく「おまとめ」するための借入商品で、既存の複数の借入を1本に「まとめる」ことができます。借入を1本にまとめるということで、一本化ローンなどと呼ばれることもあります。

 

そして、おまとめローンは、銀行や、消費者金融などから借入することができます。

 

 

▼おまとめローンの中央リテール▼

中央リテール



☆中央リテールのおまとめローン
☆おまとめローンの老舗会社
☆中堅消費者金融ですが業歴も長く安心

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

10.95%~13.0%(実質年率)

所要時間

審査まで2時間、融資実行まで最短1日

 

 

おまとめローンを利用するメリット

最初におまとめローンを利用することで期待できるメリットから確認しておきます。

 

返済の手間を削減できる

カードローンや、消費者金融での借入件数が増加すると、それぞれの借入毎に返済日が異なり、毎月何回も返済手続きが必要になるなど手間がかかります。さらに、返済回数が増えると管理が大変になりますので、しっかりと返済をしているつもりでも、返済日や、返済先を間違えてしまうなど「ミス」が発生することもあります。

 

加えて良くないのは、返済の手間がかかると、借入人にはストレスになることです。

闇金などと違ってカードローンは利用しやすい商品ですが、それでも「借金」です。利用していると、返済を遅らせてはいけない、決まった日にしっかりと返済しないといけないなどと精神的な負担になってしまうことがあるのです。おまとめローンを活用すると、こういった複数借入を利用していることによる問題を改善することができます。

 

 

毎月の返済額を減らすことができる

カードローンや、フリーローンでは、小口の極度額を利用するより、大口のカードローンや、フリーローンにまとめることで金利が低下する商品があります。

 

また、借入件数が多いと、それぞれの借入毎に最低返済額が設定されてしまうため、毎月の返済額が大きくなりがちです。

 

おまとめローンで返済額を減らせる

 

そのため、複数の借入を残しておくのではなく、おまとめローンや、フリーローンを使って、1本化すると、管理や返済の手間の軽減、金利の低下、返済額の減少といった効果が期待できます。

 

 

「おまとめローン」がおすすめな理由

おまとめや、借り換えにカードローンを推奨するサイトもあるのですが、これは正直おすすめできません。
 
おまとめローンや、フリーローンを利用する方がメリットがあります。それは、おまとめローン、フリーローンの方が、審査に通る可能性が高いからです。

 

 

おまとめ、借り換え目的で、カードローンを借入しようとする場合、目的が借り換えでも、実際には、様々な用途で借入できる借入となります。そのため、審査では、借入する人の借入残高が、「既存借入極度額+審査額」となることを前提に審査されます。この既存借入額と、カードローンの申込額の合計を借入できないと、審査に通過しなくなります。

 

 

そして、日本には、総量規制という法律があるため、この合計額が、年収の3分の1に収まる必要があるため、正直、審査に通過するのは、かなり厳しいと考えられます(総量規制の詳細はこちらでご確認下さい)。
 
一方、おまとめローン、フリーローンの審査では、借入後は既存借入を完済することを条件として審査が行われます。
 
また、そもそも「おまとめローン」には、貸金業法対応のおまとめローンというものがあり、おまとめローンであれば、総量規制の制限を受けずに借入できることになっています。そのため、借り換えを目的とした借入であれば、おまとめローン、フリーローンを活用した方が、審査に通過しやすくなると考えられます。
 

銀行で「おまとめする」注意点

銀行には、明確な「おまとめローン」というものが、ほとんどありません。
有名なものに、東京スター銀行の「おまとめローン」がありますが、その他の銀行では、フリーローンでおまとめを可能としているものがあります。
 
しかし、フリーローンは、銀行によって、借り換え・おまとめを可能とするところと、使用不可にしているところがあります。
そのため、借り換え・おまとめとして、使用を禁止しているところに相談すると、審査で落とされてしまい、その後、他の銀行への申込に通過しにくくなるなど、問題が発生してしまいます。
 
おまとめローンの審査についてはこちらをご確認ください

 

 

2020年6月のランキング

(単位:万円)
提供先名適用
金利*¹
借入額
上限
条件
(年齢以外)
イオン銀行3.8%13.5%     700年収200万円以上
福岡銀行5.9%14.0%     500
横浜銀行1.9%14.6%   1,000
オリックス銀行3.0%14.5%     500
りそな銀行6.5%14.5%     300
東京スター銀行5.8%14.8%   1,000年収200万円以上
給与所得者
千葉興業銀行3.9%14.9%     500
アイフル12.0%15.0%     500
プロミス6.3%17.8%     300
アコム7.7%18.0%     300
*¹ 適用金利は実質年率

 
 

↓ こちら規模は小さいですが、13%までの金利でおまとめ可能です

金利で選ぶならイオン銀行

2019年12月中のおまとめローン、おまとめ使用が可能なフリーローンで、最も金利が低いのは、「イオン銀行」のフリーローンです。
イオン銀行フリーローンでは、3.8%~13.5%の範囲内で借入することが可能です。
 
適用金利は、審査によって決定されますが、最も高くても、13.5%までで借入することが可能ですので、おまとめによる金利低下効果が狙いやすくなります。
 
イオン銀行では、借入額の上限も700万円となっていますので、十分な金額のお申込みが可能と考えられます。
なお、イオン銀行では、年収制限があり、前年度年収が200万円以上となっています。そのため、実質的には、パート・アルバイトといった方のご利用は難しいと考えられます。
 

イオン銀行で利用できるおまとめローン

 

 

消費者金融ならアイフル

やはり、審査基準は銀行よりも、消費者金融の方が低く、審査には通過しやすくなるものと考えられます。
 
銀行おまとめローンや、フリーローンの審査通過が難しいようなら、消費者金融に申込する必要があります。そんな時に、もっともおすすめできるのは、アイフルのおまとめローンです。
 

アイフルでは、低くても12%ということになりますが、上限でも15%まででおまとめが可能です。

 
その他の、消費者金融や、銀行でも、5%前後に下限を設定しているところが多いですが、実際にその水準で借り換え、おまとめを行うことは、かなりハードルは高いと考えられます。そのため、もし、銀行のおまとめローン、フリーローンでご利用が難しいのであれば、アイフルのおまとめローンが良いと考えられます。

 

アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

 

 

低金利で利用しやすい中央リテール

中央リテールのおまとめローン

 

おまとめローン業界の老舗として有名なのが中央リテールです。

 

中央リテールでは、比較的低金利で審査に通りやすく、おまとめローンを利用しやすいのが特徴です。

銀行などの審査にうまく通らないという方は、中央リテールに相談してみましょう。

 

▼おまとめローンの中央リテール▼

中央リテール



☆中央リテールのおまとめローン
☆おまとめローンの老舗会社
☆中堅消費者金融ですが業歴も長く安心

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

10.95%~13.0%(実質年率)

所要時間

審査まで2時間、融資実行まで最短1日

 

 

まとめ

借入件数が膨らんでしまっている方は、是非、おまとめローン、フリーローンのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。
金利を低下させる借り換えが出来れば、大きなメリットが期待できるかもしれません。
 
おまとめローン、おまとめに使用できるフリーローンは、取り扱っている銀行とそうでないところがあり、間違えた先に相談すると時間の無駄になるだけでなく、その後の申込に悪影響が出ることもあります。
 
是非、こちらを参考に、「良い」先に相談してください。

 

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アイフルのおまとめローンのメリット・デメリット!借金を一本化するなら要チェック!!

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG