在籍確認を無しにする!クレジットカードの審査で在籍確認が必要な理由と避ける方法

クレジットカードの審査の中に、「在籍確認」があるのをご存知の方も多いでしょう。

 

しかし、「できれば、在籍確認をしてほしくない」
「クレジットカードへ申し込んだことが会社で知られそうで嫌だ」
という方も少なくないです。

そこで今回は、在籍確認とはどういったものなのか、在籍確認を受けなくてもクレジットカードを持てる方法について解説していきましょう。

 

 

そもそも在籍確認とは?

クレジットカードなどの審査では、本当に申込み項目に記載されている勤め先で働いているのかどうかを確認するために「在籍確認」を行います。「在籍確認」とは、申込み事項に記載された勤め先の電話番号に、クレジットカード会社が直接電話し、申込人が在籍しているかどうかを確認することをいいます。つまり「在籍確認」とは、申込み者が本当に働いているのか確認するために電話を掛けることです。

 

最初にクレジットカード審査における在籍確認の目的や意味について確認しておきましょう。

 

在籍確認では何をするの?

在籍確認といっても、仰々しいものではなく基本的に電話で勤め先へ連絡し、「〇〇様いらっしゃいますか?」と呼び出しをします。この時に、クレジットカード会社の名前ではなく個人名を名乗るのが一般的です。

 

しかし、察しのいい他の社員が出た場合は、知られてしまう可能性もあるので注意しましょう。近年は携帯電話も普及していますので、勤め先の代表電話に家族や友人から電話がかかってくることはほとんどありません。そのため、個人名で電話がかかってくると、在籍確認かも知れないと推測されてしまうこともあるのです。

 

もし在籍確認があったときに席を外していても、代わりに電話に出た方が「〇〇はただいま席を外しております」と答えるだけで、在籍しているとみなし、在籍確認完了になります。また、申込み者が出た場合はカード名を名乗り、クレジットカードの申込みの有無と在籍確認の完了を伝えられて終了です。

 

在籍確認は難しいことはないのですが、ただ大きな会社ではたくさんの部署があり、申込み者に電話が伝わらずに在籍確認不可となるケースも少なくありません。申込み事項には必ず、申込者本人が勤務している部署など、電話がつながりやすい番号を記載しましょう。

 

実は在籍確認の有無が違う

クレジットカードの審査で在籍確認をする第一の目的は本当にその勤め先で働いているのか確認し、収入があると確定するためです。基本的には、クレジットカードへ申し込むと在籍確認があると思っていいでしょう。

 

しかし実は、カード会社によって、必ず在籍確認をすると決まっているわけではありません。例えば、A社は必ず在籍確認をするという規定がありますが、B社には申込み事項に不備があったり、申込書記載の内容に不審点があった場合に行うと規定しているケースもあるのです。

 

そのため、同じクレジットカードへ申し込んだとしても、自分には在籍確認があったのに、友人にはなかったということはよくあります。

 

クレジットカードの申込時には原則として在籍確認が必要

 

 

どうして在籍確認は必要?

では、どうしてクレジットカードの申込み事項にも勤め先が記載されているのにもかかわらず、わざわざ本当に働いているのか確認する必要があるのでしょうか。

 

クレジットカードを何気なく使っている方も多いですが、基本的にクレジットカードを利用した分は借金と同じです。買い物でクレジットカードを利用するだけなら、お金を借りているという意識は低いでしょう。しかし、ショッピングでのクレジットカード利用であっても、代金は一時的にクレジットカード会社が立替払いをすることになります。そのため、必ず返済をしなくてはいけない借金と同じになるのです。

 

しかし、クレジットカード会社にとって申込み者は全く知らない人物で、どんな人柄であるのか申込み事項だけで理解することができません。極端な話ですが、申込み事項に記載された就業先や、年収などの情報は嘘である可能性もあるのです。こういった嘘の内容でクレジットカード申込を行う方の場合、実は収入が低いなど、クレジットカード会社への返済ができなくなる懸念もあります。

 

そういった事態を防ぐためにも、申込み事項に記載された勤め先で間違いがないか、クレジットカードの審査で「在籍確認」が行われます

 

在籍確認を避ける方法は?

申込み者を信用するためとはいえ、在籍確認をされたくないという方は多いでしょう。クレジットカードへ申し込んだことを職場の同僚など、他人に知られたくないと思う方もいます。クレジットカードの利用は決して悪いことではなく、社会人になって働いていると、ごく一般的なことです。しかし、こういったプライベートを他人に知られるのは気持ち良くないものです。

 

それでは、クレジットカードの審査で在籍確認を避ける方法はあるのでしょうか?

結論から言えば「NO」です。

 

確実に在籍確認を避けてクレジットカードに申込する方法はありません。

しかし、クレジットカード会社も全ての申込み者に在籍確認を行っているわけではありません。そこで、在籍確認がされにくい人の特徴をご紹介します。

 

クレジットカード審査で在籍確認不要にする方法

 

返済能力が長けている人

在籍確認は、返済能力を裏付けるために行われます。つまり、他の方法で返済能力を証明することができれば、在籍確認を必要なしとして審査に通過することもあるのです。

 

返済能力を証明する方法としては、「個人信用情報」があります。今までの、クレジットカードやカードローンの利用歴、スマートフォンなどの割賦払いの支払い歴などが記載されたものが「個人信用情報」です。この個人信用情報に、滞納などといった履歴がなく優良な状態の場合、「返済能力がある」と判断されて在籍確認を行わないカード会社もあります。

 

勤続年数が長い

勤続年数が長いということは、これからも安定して収入を得る確率が高いと判断されます。それは、勤続年数が長いと離職率が低いため、わざわざ在籍を確認する必要もないと判断されるからです。

 

勤続年数が1年程度といった場合は、離職率が高いのでどうしても本当に働いているのか、在籍確認が行われやすいので覚えておきましょう。

 

派遣社員の人

派遣社員は仕事をする場所が変わるケースも多く、在籍を確認しにくいため、在籍確認がされない傾向があります。ただし、派遣社員の場合は派遣先ではなく、登録している派遣業者への在籍確認があるケースもあるので覚えておきましょう。申込み事項には、登録をしている派遣業者の名前と電話番号を記入するようにしてください。

 

審査が早いクレジットカード

審査が早いことが売りとしているクレジットカードの場合、在籍確認をしている時間がないので、本人確認のみで在籍確認を行わない傾向があります。ただし、この場合も申込み内容や個人信用情報に不安を感じる場合は、在籍確認が行われるので注意してください。

 

申込みキャンペーン中

クレジットカード会社各社で、申込みキャンペーンを行っている時期に申込むことで在籍確認を免れることもあります。キャンペーン期間中はどうしても、申込み者が急増し、対応が難しくなり在籍確認対象のハードルを下げるクレジットカード会社もあるのです。

 

また、キャンペーン期間ということは、クレジットカード会社としても万人に自社のクレジットカードを利用してほしいという意思の表れでもあります。利用者数を増やすため、あらかじめ時間を取られる在籍確認のハードルを下げたり、本人確認のみで済ませるカード会社も多いのです。

 

特に、年会費無料で比較的審査に通りやすく、そして審査時間の速さに定評があるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

 

在職証明書を送付する

どうしてもクレジットカードの申込時に在籍確認を受けたくないという場合は、こちらから在籍を証明する書類を提出することで避けられる可能性もあります。

 

勤めている会社で働いている証明として「在職証明書」を提出しましょう。在職証明書をクレジットカード申込み時に提出することで、働いていることの証明となり、在籍確認をしなくてもいいと判断されやすくなります。また、在籍証明書だけでなく、健康保険証や所得証明書(源泉徴収票など)を添付しておくことも有効です。

 

クレジットカードの審査の場合、本人確認書類の提出を行えば、健康保険証や所得証明書の提出を求められないこともあります。そのため、こういった書類を提出しておくことで、自己申告通りの会社に就業していることが書類で確認できるようになります。

 

ただ、あくまで判断されやすいというだけで、確実に在籍確認がないということにはならないので覚えておいてください。

 

キャッシング枠を希望しない

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用限度額があります。ショッピング枠とは買い物時に代金支払いで利用できるサービスです。一方、キャッシング枠とは、実際に現金を借入できる機能です。カードローンと良く似たサービスと考えればイメージしやすいかもしれません。

 

クレジットカードの審査においては、ショッピング利用よりも、キャッシング利用のほうが基準は厳しくなります。クレジットカード会社としても、カードローンのように借入で利用する方の方が、返済できなくなるリスクは高いのです。

 

そのため、クレジットカード申込時に、キャッシング枠を希望せずに申込すると、審査のハードルは低くなり、在籍確認も不要となる可能性が高くなります。

 

在籍確認なしでクレジットカードは持つ方法

 

おすすめクレジットカード

おすすめのクレジットカード商品をご紹介します。クレジットカードは非常に多くの種類が存在しますので、ご自身にあったクレジットカードを選ぶ必要があります。

 

三井住友VISAカード

 

クレジットカード選びで最初に気になるのが三井住友VISAカードです。

三井住友VISAは日本のクレジットカードのなかでも草分け的な存在です。

クレジットカードの商品性も充実しており、是非とも持っておきたいクレジットカードとなっています。

 

 

楽天カード

楽天カードはポイントの高還元率カードとして圧倒的知名度と人気を誇るクレジットカードです。

普段使いやネットショップ(楽天市場)でポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードとなります。

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲

 

イオンカードイオンカードはポイント還元率が高い

イオングループでお買い物が多い方に持って頂きたい1枚

WAONはもちろん、通常のクレジットカードまで利用可能です。

もちろん年会費は無料

 

まとめ

ここまで、クレジットカードの審査にある在籍確認とはどういったものなのか、在籍確認をされない方法など詳しく解説してきました。

ポイントとしては、次の5つになります。

・在籍確認は、申込み者の返済能力をはかるために行う
・カード会社によって在籍確認の有無は異なる
・申込み内容と個人信用情報で返済能力を確認できれば、本人確認のみで済ませるケースもある
・年会費無料・審査スピードを売りにしているクレジットカードは在籍確認がないケースが多い
・キャッシング枠を希望しない方が在籍確認不要となる可能性は高い

在籍確認を受けない方法というのはありません。カード会社によって、在籍確認を行う基準は違うため、「受けにくい」としか言えないのです。

 

しかし、返済能力を示し、審査のハードルも低いといわれるクレジットカードであれば、在籍確認はなく本人確認の電話のみというケースはよく耳にします。在籍確認を避けたい場合は、申込み内容を正確に記載し、個人信用情報をクリーンな状態で申し込むようにしましょう。

 

 

<関連記事>

>>ラグジュアリーカードとは?ハイクラスクレジットカードの概要とメリット・デメリット

>>入会時に特典が受けられるクレジットカード特集

>>楽天カードならポイントが貯まってお得に利用できる

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG