クレジットカードで審査通らない時にはどうすれば良い!?審査落ちの理由と再申込のための準備

クレジットカードで審査通らない時にはショックだという方がほとんどでしょう。
それと同時に、
「なんで審査に落ちてしまったの?」
「再審査を受けるためにはどうすればいいの?」
といった方もいるのではないでしょうか。

 

今回は、クレジットカードの審査落ちで考えられる理由と、再審査を受けるためのポイントについてお話しします。特に、これからクレジットカードへもう一度申し込もうと思っている方や、クレジットカードは持てないんだとあきらめてしまっている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

審査に落ちてしまった理由は?

クレジットカードの審査に落ちてしまうということは、カード会社からきちんと返済できるかどうか、不安と判断されているということでもあります。つまり、カード会社から返済能力が低いと判断されてしまうと、審査に通ることができないのです。

その要因はさまざまですが、中でも、次の2つの申し込み項目と個人信用情報がクレジットカードの審査落ちの原因として影響しやすくなっています。

 

<審査落ちの原因>

・収入、雇用形態、勤続年数

・滞納や延滞、借入などの履歴

 

以降では、クレジットカードの審査に影響する2つの要素についてお話ししましょう。

収入・雇用形態・勤続年数

クレジットカード会社には誰もが申し込めるわけではありません。申込み条件として「本人もしくは配偶者に継続した安定した収入がある」としているカード会社が多く、無職で安定収入のある配偶者もいない状況では審査に通ることが難しいでしょう。

 

また、収入がある方の場合、雇用形態も判断材料になります。

 

正規社員であれば、安定した収入が見込めますが、契約社員やアルバイトなどといった雇用形態では、いつ収入がなくなってもおかしくありません。そのため、審査基準として雇用形態を重要視するカード会社は多いのです。近年では、雇用形態の多様化が進んでいますので、契約社員やアルバイトでも持てるクレジットカードは増加しています。しかし、申込するクレジットカードや、ランクによっては、審査落ちする原因にもなります。

 

次に、勤続年数です。勤続年数では、「働いている期間=これから先も務める」といった予測の材料になります。一般的に入社1年目は特に離職率が高いと言われていて、職が変わるということは、収入が不安定、もしくは収入が減るということが予測できます。勤続年数が短ければ短いほど審査では不利になると覚えておきましょう。

 

滞納や延滞、借入などの履歴

クレジットカードの審査では個人信用情報を必ずと言って良いほど確認されます。

個人信用情報では、確認できる延滞や滞納、今までの借入の記録は確認できます。もし今までお金を借りて滞納をしてしまったことがある方や、延滞の履歴が多い人にお金を貸すのは難しいですよね。

 

クレジットカード会社としてはしっかりと返済してくれる方を優先して利用して欲しいと考えています。

個人信用情報に延滞や滞納といった記録がある場合、カード会社としてはいい印象を持ちません。カード会社が求める顧客は、使った分は必ず期限までに返済ができる人材です。
そのため、現在借入が多い、もしくは近年借入をよくしている、収入が安定しているとは言えないといった場合、審査に落ちてしまう可能性があります。

クレジットカードの審査に落ちてしまった原因

 

審査を通過するためのポイント

こうすればクレジットカードの審査に通る!といった虎の巻のようなものがあれば、誰もが安心して申し込むことができますね。しかし、クレジットカードの審査基準についてはどのカード会社も非公開です。もし、審査に落ちてしまっても、原因は教えてはくれません。

 

とはいえ、クレジットカードの審査に通るためには、いくつかポイントがあるのでご紹介します。このポイントをクリアしていたか、自分を振り返ってみましょう。

 

年会費ありのカードに申込まない

クレジットカードには、ゴールドカードやブラックカードといったようにステータス性があるものと、大衆的に使われやすい一般カードがあります。

ゴールドカードやブラックカードであれば、審査は厳しいと判断つきやすいですね。しかし、一般カードであっても年会費があるクレジットカードの場合は、年会費無料のカードに比べて審査が厳しい傾向にあるとされています。

 

審査に不安を感じる場合は、年会費無料の一般カードへ申し込むようにしましょう。

 

安定した継続的収入がある

クレジットカードの申し込み条件にもあるように、安定した収入を得てから申し込むようにしましょう。安定した収入とは、申し込むカードにもよりますが、毎月収入が発生する職業であり、目安としてアルバイトであれば、最低でも年収が50万円以上であれば、安定した収入があるとも言えます。

 

とはいえ、クレジットカードの審査では、収入は最も重要ポイントと言えます。多ければ多いほど、審査に有利に働きます。

 

逆に、現在は収入があっても、不定期の収入が主となる方は審査に不利になります。例えば、日雇い労働や、ギャンブルなどによって収入があったという方は審査に落ちてしまいやすくなります。

 

滞納などといった履歴がない

先にお話ししたように、今まで他社のクレジットカードや、カードローンを利用していて延滞・滞納・強制解約といった記録が個人信用情報にあると、審査に落ちてしまう可能性が高いです。また、過去に自己破産などの債務整理を行ったことのある方も、クレジットカードの審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

 

返済能力を示すために個人信用情報には、延滞などといった情報がないクリーンな状態であることが大切です。

しかし、今まで個人信用情報に記録されるような取引はないという方も注意が必要です。

 

年齢が20代前半など、まだ社会に出たばかりといった方の場合は、個人信用情報に記録がなくても問題ありませんが、30代になると1つでも何かを返済した記録が残っていないと、その人の返済能力が未知数になるため、逆に審査に通らないということもあります。

 

スマホの割賦払いであっても、個人信用情報に記録されるので、年を重ねた方は多少でも個人信用情報にクリーンな返済記録がある方が、審査に通りやすい傾向があるので覚えておきましょう。

クレジットカードの審査に通るためのポイント

 

再審査へのポイント

一度や二度、審査に落ちたからと言って、クレジットカードをあきらめる必要はありません。しかし、もう一度別のクレジットカードに申し込む場合には、気をつけてほしいポイントがあるのでご紹介しましょう。

 

半年間は申し込まない

短いスパンで複数のクレジットカードへ申し込むことを「多重申し込み」と言います。個人信用情報には、その人の情報を照会された履歴が残ります。そのため、複数のクレジットカードに立て続けに申込すると、それぞれの審査で個人信用情報を確認されますので、複数回の照会履歴が残ります。

 

その後にクレジットカードの申込を受けた会社が、審査で個人信用情報を確認すると、全ての履歴が判明します。こういった場合、クレジットカード会社では、多数のクレジットカードに申込しているにもかかわらず、全て審査に落ちてしまっている人と推測します。

 

同日に複数社、もしくは短い期間で連続して複数社のクレジットカードへ申し込むと、カード会社としては、「相当お金に困っている?」「審査に落とされるということは、何か問題が?」といったあらぬ疑いをかけられてしまう可能性があります。

 

クレジットカード会社としては、返済能力に不安を感じる人を審査に通過させるわけにはいきません。

このように続けてクレジットカードに申込することで、さらに審査に通りにくくなってしまう状態を「申込ブラック」と呼びます。

ただ、申し込んだ記録は、審査落ちから6ヶ月が経過すると自動的に消されます。審査落ち後、あたらしくクレジットカードへ申し込む場合は、前回の申し込みから6ヶ月経過してから申し込むようにしましょう。

 

キャッシング枠をつけない

もしもの時のために役立つキャッシング枠ですが、実はクレジットカードのショッピング枠とは審査基準が異なります。クレジットカードにキャッシング枠をつけるだけで、審査は厳しくなるので注意しましょう。

 

本気で審査に通りたいと思ったら、キャッシング枠をつけないで申し込むのがおすすめです。特に、収入のない専業主婦の方が申し込むときには、キャッシング枠をつけてしまうと審査に通らない可能性が高くなります。

 

前回とは違うカードへ申込む

もし、審査落ちしたクレジットカードをどうしても持ちたいといった場合、そのカード会社と過去にトラブルがないか確認をしましょう。

収入や、個人信用情報が原因で審査落ちしたのであれば問題ないのですが、もし過去にそのカード会社を利用していて、滞納してしまったなどといった場合、クレジットカード会社内にその時の情報が蓄積されていて、「社内ブラック」として審査に落ちた可能性もあります。

 

社内ブラックになると、いくら高収入であっても審査に通ることはありません。できるだけ、前回とは違うクレジットカードへ申し込むようにしてください。

 

おすすめクレジットカード

次にクレジットカード商品のおすすめをご紹介します。クレジットカードは非常に多くの種類が存在しますので、ご自身にあったクレジットカードを選ぶ必要があります。

 

三井住友VISAカード

 

クレジットカード選びで最初に気になるのが三井住友VISAカードです。

三井住友VISAは日本のクレジットカードのなかでも草分け的な存在です。

クレジットカードの商品性も充実しており、是非とも持っておきたいクレジットカードとなっています。

 

 

楽天カード

楽天カードはポイントの高還元率カードとして圧倒的知名度と人気を誇るクレジットカードです。

普段使いやネットショップ(楽天市場)でポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードとなります。

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲

 

イオンカードイオンカードはポイント還元率が高い

イオングループでお買い物が多い方に持って頂きたい1枚

WAONはもちろん、通常のクレジットカードまで利用可能です。

もちろん年会費は無料

 

まとめ

今回は、クレジットカードの審査に落ちてしまった原因や、再審査に通るためのポイントなどについてお話ししました。

ポイントとしては、次の4つになるので覚えておきましょう。

・審査落ちは、カード会社が返済能力に不安を感じていることが原因として多い

・申し込み内容や個人信用情報などを見直し、審査落ちの原因の予測と対策が大切

・審査落ちから半年以内は、新しいカードへの申し込みを控えた方がいい

・再審査では、キャッシング枠を0円で申し込んだ方が、審査に通りやすい

クレジットカードの審査落ちは、ショックが大きいですがきちんと原因を探り対策を練ることで、今後カードを持つことも可能です。
あきらめず、この記事を参考に挑戦してみてくださいね。

 

 

<関連記事>

>>ラグジュアリーカードとは?ハイクラスクレジットカードの概要とメリット・デメリット

>>入会時に特典が受けられるクレジットカード特集

>>楽天カードならポイントが貯まってお得に利用できる

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG