クレジットカードのキャッシング審査に通過する方法!!

みんなのローン&キャッチングサイト
カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

クレジットカードには買い物で使用する「ショッピング枠」と、お金が借入できる「ショッピング枠」の2つの枠があります。

ショッピング枠とキャッシング枠を合わせて、クレジットカードの使用限度枠となります。

 

クレジットカードのキャッシング枠は用意しておくと大変役に立ちます。

せっかく、クレジットカードを作るなら、是非、作っておきたいキャッシング枠ですが、キャッシングには審査があります。

キャッシング枠を設けるために知っておきたい審査のポイントと、キャッシングを利用するのにおすすめなクレジットカードをご紹介します。     

 

 

 

キャッシング枠は役に立つ!!


通常の買い物だけにクレジットカードを使用するだけであれば、ショッピング枠を使用することになりますが、「急にお金が必要になった」時に、緊急で対応できるものとして、クレジットカードのキャッシング枠は大変役に立ちます。

 

通常、「急にお金が必要になって借入をする」となると、急いで銀行や消費者金融のカードローンで申込するなど手続きが大変です。

しかし、普段使用するクレジットカードの付帯機能として「キャッシング枠」があれば、急にお金が必要になった時でも、キャッシング枠から借入することができます。

慌てる必要がありません。

「予備的にカードローンを持っておく」ことに抵抗のある方でも、普段から持っているクレジットカードに、キャッシング枠(実質的にカードローン機能)が付いていれば、便利で安心と言う方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

クレジットカードの審査


クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では、それぞれ別の基準で審査が行われています。

そのため、簡単にクレジットカードが作れて、ショッピング枠が出来たという方でも、キャッシング枠は作れなかったという方もいます。

常、ショッピング枠よりも、キャッシング枠の審査の方が厳しく設定されています。

 

 

ショッピング枠の審査


クレジットカードのショッピング枠の審査で特に重要とされるのは個人信用情報です。

クレジットカードのショッピング枠の審査はそれほど厳しいものではなく、使用限度額が10~50万円程度の一般カードの審査であれば、個人信用情報で、過去に延滞歴、破産歴などがなければ簡単に作成することができます。

すでに複数枚のクレジットカードを所有していて、使用していても、個人信用情報に問題がなければ、ショッピング枠の審査には大きな影響はありません。

 

 

年収や勤務先は関係ない?


通常のクレジットカードの一般カードでは、年収や、勤務先の情報はそれほど大きな影響がありません。

アルバイトや、パートでもクレジットカードの審査に通過できます。

 

しかし、各クレジットカード会社で用意されているゴールドカード以上のカードには、年収や勤務先が影響してきます。

ゴールドカード以上のクレジットカードは、使用限度額も100万円以上で設定されるなど枠が大きいですし、ステータスの高さを証明するクレジットカードともなります。

そのため、クレジットカード審査では、年収や勤務先も考慮して審査されます。

 

 

キャッシング枠の審査は?


クレジットカードでも、キャッシング枠の審査は、カードローンと似通った審査が行われます。

クレジットカードのキャッシングは、必要に応じて、ATMからお金を借入することができる機能であり、カードローンの機能と似ています。

そのため、審査も同様に行われるわけです。

 

 

個人信用情報は重要


クレジットカードのキャッシング枠の審査でも、ショッピング枠と同様に個人信用情報の確認が重要となります。

しかし、キャッシング審査の方が、ショッピング審査よりも、慎重に個人信用情報を評価されます。

ショッピング審査では、「延滞」、「債務整理(自己破産など)」がなければ、それだけで審査に通過できる可能性が高いです。

 

それに加えて、キャッシング審査では、既存の借入状況や、件数も重要となります。

例え、延滞や、債務整理の履歴がなくても、既に他で借入がある場合、その件数や、借入残高が多いと、クレジットカードのキャッシング審査に通過することはできなくなってしまいます。

 

 

借入残高は年収の3分の1


クレジットカードのキャッシング枠は「借入」にあたります。

クレジットカード会社や、消費者金融などが順守する法律に貸金業法というものがあり、その中で総量規制という制限が設けられています。

総量規制は、個人が無担保で借入して良い金額を、「年収の3分の1」までとしています。

 

<関連記事>

 

 

そのため、クレジットカードのキャッシング枠も、カードローンも、この「年収の3分の1」を超えて審査に通過することはできません。

注意しておきたいのは、それぞれの会社毎に「年収の3分の1」ではなく、全てを合計して「年収の3分の1」であるということです。

そのため、すでに作成したカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠の合計で、年収の3分の1を超えている場合、追加的に申込しても、キャッシング審査に通過することはできません。

 

 

勤続年数や年収


さらにクレジットカードのキャッシング審査では、年収や、勤続年数も確認されます。

キャッシング枠や、カードローンの審査では、「収入の安定性」という点が、審査通過可否のポイントになります。

収入の安定性というのは、簡単に言えば、現状の収入が今後も継続すると、客観的に評価できるかということです。

 

<関連記事>

 

審査で重視される「収入の安定性」を分解すると以下の点になります。

①雇用形態

②勤続年数

 

 

①雇用形態

雇用形態とは、正社員や、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト、自営業、会社役員などといった就業に関する契約になります。

自営業、会社役員を除き、正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイトの順に、審査で、安定収入として認められやすくなります。

 

上記の雇用形態については、どれに該当しても、「審査に通過できない」ということはありませんが、設定されるキャッシング枠(限度額)の大きさに影響することになります。

 

自営業や、会社役員の場合、「会社規模」、「業歴」にもよりますが、前述の給与所得者に比べ、安定性は低いと審査されてしまいます。

そのため、一般的には、自営業者(個人事業主など)や、中小企業の経営者などは、カードローンや、クレジットカードのキャッシング審査に通過しにくくなってしまいます。

 

日雇いは厳しい

クレジットカードのキャッシングや、カードローンの審査で、「収入が不安定」と評価されるものとして、日雇いや、短期バイト、スポーツ選手などがあります。

これらの職業は、収入の月次での変動も大きいため、審査に通過することが難しくなってしまいます。

 

 

②勤続年数

カードローンや、クレジットカードのキャッシングの審査では、勤続年数も見られます

銀行カードローンの場合で、勤続年数は1年以上、消費者金融のカードローンでは、2~3ヶ月あれば、審査に通過できると言われています。

 

クレジットカードのキャッシング審査の場合、やや保守的に審査されることが多いため、半年から1年以上を求められることがあります。

なお、アコムが発行するクレジットカード、ACマスターカードでは、消費者金融の審査基準でキャッシング枠を審査してもらえるため、勤続年数が短くても、キャッシング枠を作れる可能性が高くなります。

 

<関連記事>

 

ACマスターカード 最短即日発行可能
お申込はこちら▼

<カードデザイン>


キャッシングご利用時
適用金利(実質年率)
キャッシング+
ショッピング限度額
3.0~18.0%1~800万円

 

 

 

 

 

キャッシングに最適なカード


次にキャッシング枠を作るのに最適な、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

 

1位 ACマスターカード

ACマスターカードは、消費者金融大手、三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」が発行するクレジットカードです。

消費者金融が審査、発行するクレジットカードということもあり、審査スピードは速く(最短30分)、審査に通過しやすいクレジットカードと言えます。

 

さらに、アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融ですので、借入や、取り立てにたいする「怖い」というイメージを持っている方にも、安心して利用できるクレジットカード・キャッシング枠となっています。

さらに、ACマスターカードは、年会費も、カード発行手数料も無料です。

保有しているだけで請求される費用というものはありません。

 

「急にお金が必要になった時」のために、予備として持っておきたい、これから転職、独立をする前に、今のうちにキャッシング枠を作って置きたいという方に最適なクレジットカードと言えます。

 

なお、ACマスターカードは、セブン銀行(セブン・イレブン)、ローソン、イーネットなどのコンビニATMはもちろん、三菱東京UFJ銀行や、イオン銀行などの様々ATMと提携しています。

コンビニATMでは24時間利用もできます。

もちろんアコムが設置しているATMも利用できますので、利便性は相当に高くなっています。

 

 

ACマスターカード申込


ACマスターカードへは、以下のリンクから申込できます。

 

ACマスターカード 最短即日発行可能
お申込はこちら▼

<カードデザイン>


キャッシングご利用時
適用金利(実質年率)
キャッシング+
ショッピング限度額
3.0~18.0%1~800万円

 

インターネットからACマスターカードに申込(24時間受付)できます。

即日発行をご希望される方は、審査結果をメールで受け取った後、アコムの店頭に設置されている「むじんくん」に行けば、即日でACマスターカードを発行してもらえます。

 

<関連記事>

 

 

2位 楽天カード

楽天カードもキャッシング枠を作っておくのに大変便利なクレジットカードです。

楽天カードは、既に知名度も高く、TVでのコマーシャルもたくさん流されていますので、ご存知の方は多いでしょう。

楽天カードでキャッシング枠を作るメリットは、楽天カード自体が、ポイントの貯まりやすいクレジットカードとして、人気・顧客満足度の高いクレジットカードとなっています。

 

 

クレジットカードを持つなら、せっかくなら普段の買い物にも使える便利なものが良いという方には、楽天カードがおすすめです。

 

楽天カードは、通常、100円=1ポイント(還元率1%)ですが、楽天市場での買い物なら4倍(4%)、楽天ダイニング加盟店なら2倍(2%)、待ちの楽天カード加盟店で3倍(3%)という、ポイント還元率の高いクレジットカードです。

 

さらに、年会費は永年無料。

そのうえ、今、楽天カードに加入すると、入会時点で、2,000円、1回以上買い物で利用すると、さらに3,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。

楽天カードはキャッシング機能も充実していて、コンビニATMを利用して、キャッシングをすることができます。

 

<関連記事>

 

 

楽天カードのお申込み


楽天カードには、以下のリンクからお申込みできます。

 

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!


<カードデザイン>
お申込はこちら▲

 

直接、WEB上から必要項目を入力するだけです。所要時間は約10分程度です。

 

 

まとめ


クレジットカードのショッピング枠と、キャッシング枠では、審査は別に行われます。

そして、通常、ショッピング枠よりも、キャッシング枠の審査基準の方が厳しいため、クレジットカードは発行できたけど、キャッシング枠は作れなかったということもあります。

キャッシングの審査で重要なのは、個人信用情報と、収入の安定性です。

勤続年数が短い方は注意が必要です。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、「予備」、「保険」として、是非、作っておきたいものです。

特に、「不安は少しでも解消しておきたい」、「転職・独立を考えている」、「出張が多い」と言う方にもおすすめです。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

 

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

カードローン・フリーローン
  静岡銀行カードローン「セレカ」で借り入れした方が大手銀行よりも良い理由!?

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、インターネット申込で、静岡県内に限定せず、全国にお住まいの方が借 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。