学生が就職活動に必要な費用を借入する方法!!学生ローンなら活用できます

就職活動は学生にとって大切です。社会に出るスタートラインを決定づけるものです。

 

最近は、人材の流動化も進んでおり、最初に就職した会社で、ずっと働き続けるということは減ってきましたが、それでも、最初に入社した会社の影響は大きく受けます。2社目、3社目に転職するとしても、転職時には、「今までどういった会社に入社して、そこで何をやってきたのか」が非常に重要です。
 

そのため、最初の就職活動に失敗すると、その失敗が、一生付きまとってしまいます。そんな大切な就職活動、お金や費用を心配をせず、精一杯活動したいですね。

 

 

就職活動には費用がかかる

大手人材採用・紹介会社のディスコのアンケート調査によると、2017年卒業の学生が、就職活動にかけた費用の平均は、16万3千円とのことです。

就職活動の費用の内訳は、リクルートスーツ、交通費、宿泊費、資料、備品、有料講座の受講、その他諸経費の7項目で計算しています。

 

なかでも、交通費は75千円で、就職活動費用全体の46%を占めています。採用期間が延びたことや、地方の学生が都市部へ活動しに来る機会が多いことも、就職活動費用を増加させている要因です。

 

さらに、この就職活動費用ですが、地方の方が多額となり、「九州・沖縄」の平均は23万円、「東北」で20万円も掛かっています。

なお、就職活動費用は、2016年卒業生の平均が151千円だったものから、1万円以上も増加しており、費用が増加傾向にあることが解ります。

 

就職活動には意外とお金がかかる

 

 

過半数の学生は自分で準備

これだけかかる就職活動の費用ですが、「親に出してもらって、返済不要」という方は50%にとどまっています。つまり、裕福な家庭の方は良いですが、それ以外の方(およそ50%の方)は、「自分」で、就職活動費用を、用意しないといけません。

この金額って、正直、就職前の学生には厳しいですよね。

 

一旦就職して、働き始めれば、なんとかなる金額でも、学生のうちは厳しいものです。かといって、就職活動の費用を削減したことが原因で、受けたい企業を受けられないなんて、絶対に避けたいところです。

 

 

学生の借入は意外と難しい!

学生の方だと、奨学金を除いて、借入というものにあまり馴染みが無いかもしれません。だから知っておいた方が良いのですが、学生の借入って意外と難しいのです。

 

銀行から借入できる融資商品で、もっとも審査基準が低く、借入しやすいのは、カードローンでしょう。

 

しかし、そのカードローンでも、借入申込できる方には、以下のような条件が付きます。

 

①年齢が満20歳以上、65歳未満

②原則、安定した収入がある方

(これは三菱UFJ銀行のカードローンを参考として記載)

 

学生の場合、①の年齢条件をクリアしていても、②の「安定した収入」が、借入申込するうえで、ネックとなる可能性が高いでしょう。

アルバイトや、パートでも構いませんので、安定収入があれば、借入できる可能性はありますが、学生は、学業が本業となり、この基準をクリアするのは容易ではありません。

 

なお、安定した収入と認められるためには、

・毎月継続して収入がある(日雇い、短期バイトでは困難)

・特定の勤務先に、一定期間以上、勤務を継続(半年から1年程度)

といった点が、ポイントとなります。

 

学生だと、ある程度働いたら、海外旅行へ行くために辞めたり、学業を主とするために、バイトは短期的なものを中心としていることが多いですよね。一定の収入を得ていても、通常の銀行借入では、「安定していない」という理由で借入できない可能性が高いのです。

 

*関連記事

カードローン審査に通過しやすくなる!!「安定」収入のポイント

 

 

学生ローンで借りられる!

学生の方でも借入できる可能性のあるものに「学生ローン」があります。学生ローンとは、学生が借入する専用商品として準備されている借入です。消費者金融や、ノンバンクが取り扱っているものが多いでしょう。
 
学生ローンでは、50万円程度まで、借入できる可能性があります。学生ローンは、そもそも学生向けの借入商品です。学生の収入としては、アルバイトなどが多くなりますが、そういったものでも借入することができます。
 
ただし、日本には総量規制という法律があり、学生であっても、個人が借入できる金額を、「年収の3分の1」までに制限されています。そのため、アルバイトなどで計算した年収の3分の1が借入可能な上限(審査は別途必要)となります。
 
*関連記事
総量規制の詳細はこちらで記述いたします
 
仮に、就職活動で必要な費用を、20万円として、全額を借入するのであれば、3倍の60万円の収入(月額5万円平均)が必要です。
これなら、なんとかなりそうですよね。
 
以下に、主だった学生ローン商品を添付いたします。
是非、ご参考にされてみてください。

 

(こちらから直接、公式ホームページに移動できます

 

 

<関連記事>

学生ローンを使えば未成年でも借入できる!?

https://www.ozyouzumoney.online/%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3″]

 

 

クレジットカードでも借入可能

利用できる限度額は低くなりますが、クレジットカードのキャッシング枠で借入することもできます。
 
通常、学生で利用できるキャッシング枠は、多くても1020万円程度が上限と考えられますが、この金額が借入できれば、就職活動の費用としては、ある程度対応できそうですよね。なお、クレジットカードであれば、学生の申込でも審査に通過できる可能性が高くなります(もちろん、アルバイトなどの収入は必要です)。
 
クレジットカードは、若い方に是非、使用してもらいたいと思っていますので、18歳以上の方であれば、審査に通過できる可能性は十分にあります。
 
なお、現在、申込するのに最も適したクレジットカードとしては、「楽天カード」がおすすめです。楽天カードは、現在まで8年連続、顧客満足度1位を獲得しているクレジットカードです。

 

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲
 

クレジットカードのキャッシング枠を使って借入もできる

 

 

ポイントが貯まるのでお得

クレジットカードで買い物をすると、ポイントが貯まるものが多いのですが、そのなかでも、楽天カードは、ポイントが貯まりやすく、還元率の高いカードの代表格です。
特に、楽天市場での買い物や、楽天ダイニング加盟店なで、若者世代の利用が多い分野でのポイントが貯まりやすいのが特徴です。
 
なお、ポイントの貯まり方は、100=Pの還元が基本ですが、楽天市場での買い物であれば4倍、街の楽天ダイニング加盟店なら2倍、街のポイント加盟店なら3倍と、買い物する場所を選べば、さらに貯まりやすくなります。
また、月2回、10倍キャンペーンといったものもあります。
 

<関連記事:楽天カードのおすすめ>

《最大6,000円相当》締め切り間近!楽天カードのお得過ぎる入会キャンペーンが間もなく終了します!!

 

 

社会人にはクレジットカードが必要?

楽天カードは、就職活動中の学生だけでなく、社会人になってからも、非常に使えるカードです。楽天カードは、年会費がずっと不要ですので、大変、お得なカードですし、費用がないので損することもないでしょう。
 
社会人になると、経費精算が必要になったり、お客さんとの接待の立替、会社での会の幹事を任されて清算するということも多々あります。
 
そのため、クレジットカードを1~2枚持っておかないと、不便で仕方ありません。余裕があるうちに、予備的に作って、持っておかれることがおすすめです。
 
(こちらの公式サイトから、申込ができます ↓ )

最新キャンペーン情報!!
みんなのローン&キャッシング応援サイト

  2018年のお得なキャンペーン情報は楽天カードでいかがでしょうか?   ポイントが貯まりやすくて、得するクレジットカ…

 

 

まとめ

大学を卒業してから、定年退職(65歳として)まで働くと、40年以上働くことになります。就職活動は、その後の長い、労働人生を左右する一大事です。就職活動で失敗したものを、働きながら挽回するのは簡単ではありません。

 

逆に、就職活動に成功すれば、就職活動に要した費用を賄えるだけの収入も期待できます。

妥協しない就職活動をサポートしてくれる学生ローンを、是非、知っておいてください。

 

 

 

 

<関連記事>
https://www.ozyouzumoney.online/article/453230984.html
https://www.ozyouzumoney.online/article/453555502.html
https://www.ozyouzumoney.online/article/452598392.html
https://www.ozyouzumoney.online/article/452612127.html
 
 
 
▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG