消費者金融からの借入可能額に影響する総量規制とは?

カードローンなどを利用してご自身がいくらまで借入できるのかということは関心のあることではないでしょうか。その上限がいくらかなのかを決定付ける重要な要素に「総量規制」というものがあります。

 
総量規制の内容を知っておかないと、いくらまで借入できるのかという基礎を誤解してしまい、思わぬ失敗に繫がりかねません。今回は銀行や消費者金融などの借入に影響する総量規制について解説します。

 

 

総量規制とは何なのか?

総量規制とは貸金業法という法律の一部です。この総量規制とは、消費者金融や、信販会社などの貸金業者を規制する法律であり、個人に対する貸付金に上限を設けるものです。
 
総量規制によって、個人は消費者金融などの貸金業者から無担保で借入を行う場合には「年収の3分の1」までしか借入が出来ないという影響を受けています。
 
つまり、年収が300万円の人が借入を行う場合には、借入できる上限額は100万円ということになります。また、総量規制の制限は、個別の各社からの借入だけを制限するものではなく、それぞれの会社からの借入額の合計額をもって制限しています。
 
つまり、複数の消費者金融などから借入を行っている場合、それぞれの借入額の合計額が、年収の3分の1を超えていないかということで判定されます。
 
あくまで対象となるのは、「個人」が「無担保」で借入を行う場合です。そのため、住宅ローンなの不動産担保融資で、借入を行う場合には総量規制の影響を受けません。
 

 

 

 

銀行は総量規制の対象外

そして、重要な要素として総量規制が規制する対象は「貸金業者」となります。貸金業者とは、貸金業法に基づいて貸金業を行う業者で、簡単に言えば「ノンバンク」を指すと理解すればよいでしょう。
 
ノンバンクとは、消費者金融や、信販会社、クレジットカード会社といったものが含まれており、総量規制の影響を受けています。
 
一方で、銀行や、信金・信金、保険会社、証券会社といったものは法律上は総量規制の対象外となります。そのため、消費者金融からの借入に近い商品として、カードローンでの貸付を行っている銀行は、総量規制の影響を受けずに貸付を行うことができます。
 
つまり、銀行カードローンは、「年収の3分の1」までというような総量規制の影響を受けずに貸付を行うことができます。

 

 カードローンの関連記事

 静岡銀行なら専業主婦も借入可能!

 銀行カードローンの自主規制とは?

 

 

専業主婦は総量規制の影響が大きい

総量規制の影響は、借入をする個人全てが受けるものですが、そのなかでも専業主婦(夫)は総量規制の制限による影響が大きいと言えるでしょう。なぜなら、無職の専業主婦の場合、ご自身の収入は「0」ということになりますので、年収の3分の1までとなれば、全く借入できないことになってしまうためです。
 
なお、専業主婦が単独で借入を行う場合、銀行(総量規制対象外)からであれば、借入できる可能性があります。銀行は総量規制の対象外ですので、法律上の基準から言えば、収入の無い方でも融資を行うことができるためです。しかし、銀行の融資には審査があるということも忘れてはいけません。審査では融資した後に、問題なく返済ができるかという点を確認しています。
 
専業主婦の場合、返済は、ご主人の収入から行うことになるでしょう。そのため、ご主人の返済能力が認められれば、専業主婦でも銀行から単独で借入申込を行うことができます
 
一方で、専業主婦は、消費者金融などの貸金業者に対して、単独で借入申込を行うことはできません

 

総量規制と借入の関係

 

消費者金融などは、総量規制の影響を受けるため、無収入の専業主婦が単独で借入を行うことは出来ません。専業主婦が消費者金融などの貸金業者から借入を行う場合には、返済原資となるご主人の「同意」、及び「同意書」の提出が必要となります。
 
同意の内容とは、ご主人の収入が返済原資となることと、専業主婦の借入によって、ご主人の総量規制上の借入可能額(年収の3分の1)を使うことになる旨の同意となります。

 

 カードローンの関連記事

 専業主婦がカードローンで借入できる限度額はいくらまで

 

 

 

総量規制には例外もある

総量規制の本来の目的は、個人で借入を行う方の保護にあります。個人が、貸金業者から過剰な借入を受けると、返済負担が重くなり過ぎてしまい、破産など、問題が起こる可能性があります。
 
総量規制は、そういった問題から個人を守るために、設けられた法律なのです。そのため、保護する必要のないものに対しては、総量規制の例外が認められるものがあります。例えば、消費者金融が貸付する「おまとめローン」があります。おまとめローンとは、既に複数の金融機関からお金を借りている人が、既存借入を新たな借入で借り換え・1本化してしまい、返済を行っていくための「借り換え専用」の融資商品です。

 

おまとめローンには、「借金を1つにまとめて管理しやすくする」、「借り換え時に金利を下げる」、「返済期間を調節して毎月の返済額を緩和する」などの効果があります。また、既存借入の借り換えを目的にしていますので、借金の総額が増えるということも原則ありません。

 
そのため、おまとめローンを利用する借入人は、基本的に損することが無く、メリットのみを受けることができる借入と考えられています。
 
金利が低下したり、返済負担が軽減したりと、借入人のメリットのみと考えられているため、こういった借入であれば、総量規制による年収の3分の1を超えて借入することも認められています。消費者金融のホームページなどでは、「総量規制(もしくは貸金業法)上のおまとめローン」などとして紹介されています。
 

 

銀行カードローンがおすすめ

総量規制が含まれる貸金業法は法律上は銀行を対象として含まれません。そのため、総量規制の制限に引っかかりそうな方は銀行カードローンを利用することがおすすめです。

 

しかし、近年は銀行カードローンであっても全く総量規制の影響を受けないというわけではないことに注意が必要です。銀行カードローンでも近年は貸し過ぎ、破産の増加に影響しているという批判にこたえ、自主規制として総量規制に準じる対応に変わってきています。

 

ただし、消費者金融カードローンに比べれば、より大きな金額を借入できる可能性があることに変わりはありません。また、銀行カードローンの方が借入金利が低いという特徴もあります。同じ金額の借入であれば、金利が低くなることで返済負担も軽くなることが期待できます。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

銀行カードローンのなかで特におすすめなのが楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)です。

 

楽天銀行カードローンは銀行カードローンのなかでも借入限度額がトップクラスに高く、一方、借入金利はトップクラスに低いのが特徴です。さらに、借入申込や契約手続きはインターネット経由で完結できますので、店舗に来店する必要がありません。

 

 申込はこちらから

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行カードローンセレカ

 

静岡銀行は静岡県を本拠とする地方銀行ですが、インターネット経由で全国どちらにおすまいの方でも申込・利用ができるのが特徴の銀行カードローンです。

 

大手銀行に比べて、地方銀行カードローンの方が総量規制などの自主規制強化はやや弱く、審査にも通りやすいと言えます。また、静岡銀行カードローンの場合、専業主婦の方も配偶者に安定収入があれば申込可能です。

 

 申込はこちらから

 

 

 

まとめ

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を制限する法律です。
この法律によって、無担保で借入する個人が、借入できる上限額に影響を受けることになり、「年収の3分の1」に制限されてます。そのため、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などのカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用する場合には年収の3分の1が上限となります。
 
一方、総量規制は、銀行を規制の対象外としていますので、銀行から借入(カードローンなど)を行う場合には、影響を受けません。

 

 

 

 カードローンの関連記事

 アコムカードローンの強み・弱み

 必ず借入できるカードローンは存在するか?

 フリーターでもお金を借入できる方法

 新生銀行のレイクALSAは総量規制の対象外で借入できるのか!?

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG