消費者金融からの借入可能額に影響する総量規制とは?

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ご自身がいくらまで借入できるのかということは関心のあることではないでしょうか。

その上限がいくらかなのかを決定付ける重要な要素に、総量規制というものがあります。

総量規制の内容を知っておかないと、いくらまで借入できるのかという基礎を誤解してしまい、思わぬ失敗に繫がりかねません。

 

 

総量規制とは何なのか?


総量規制とは貸金業法という法律の一部です。

この総量規制とは、消費者金融や、信販会社などの貸金業者を規制する法律であり、個人に対する貸付金に上限を設けるものです。

 

総量規制によって、個人は、消費者金融などの貸金業者から、無担保で借入を行う場合には、「年収の3分の1」までしか借入が出来ないという影響を受けています。

 

つまり、年収が300万円の人が借入を行う場合には、借入できる上限額は100万円ということになります。

また、総量規制の制限は、個別の各社からの借入だけを制限するものではなく、それぞれの会社からの借入額の合計額をもって制限しています。

 

つまり、複数の消費者金融などから借入を行っている場合、それぞれの借入額の合計額が、年収の3分の1を超えていないかということで判定されます。

 

あくまで対象となるのは、「個人」が「無担保」で借入を行う場合です。そのため、住宅ローンなの不動産担保融資で、借入を行う場合には総量規制の影響を受けません。

 

北日本銀行カードローン  
こちらをクリック▼

3.0~14.8%の低金利!!
今なら30日間無利息キャンペーン中!!

 

 

銀行は総量規制の対象外


そして、重要な要素として、総量規制が規制する対象は、「貸金業者」となります。

貸金業者とは、貸金業法に基づいて貸金業を行う業者で、簡単に言えば、「ノンバンク」を指すと理解すればよいでしょう。

 

ノンバンクとは、消費者金融や、信販会社、クレジットカード会社といったものが含まれており、総量規制の影響を受けています。

 

一方で、銀行や、信金・信金、保険会社、証券会社といったものは対象外となります。そのため、消費者金融からの借入に近い商品として、カードローンでの貸付を行っている銀行は、総量規制の影響を受けずに、貸付を行うことができます。

 

つまり、銀行カードローンは、「年収の3分の1」までというような総量規制の影響を受けずに貸付を行うことができます。

 

<関連記事>

 

 

専業主婦は総量規制の影響が大きい


総量規制の影響は、借入をする個人全てが受けるものですが、そのなかでも専業主婦(夫)は、最も影響が大きいと思われます。それは、専業主婦が単独で借入を行う場合、銀行(総量規制対象外)から借入を行うことが可能です。

 

返済は、ご主人の収入から行うことになりますが、それでも単独で借入申込を行うことができます。

一方で、専業主婦は、消費者金融などの貸金業者に対して、単独で借入申込を行うことはできません。

 

 

消費者金融などは、総量規制の影響を受けるため、無収入の専業主婦が単独で借入を行うことは出来ません。

専業主婦が、消費者金融などの貸金業者から、借入を行う場合には、返済原資となるご主人の「同意」、及び「同意書」の提出が必要となります。

 

同意の内容とは、ご主人の収入が返済原資となることと、専業主婦の借入によって、ご主人の総量規制上の借入可能額(年収の3分の1)を使うことになる旨の同意となります。

 

<関連記事>

 

 

総量規制には例外もある


総量規制の本来の目的は、個人で借入を行う方の保護にあります。

個人が、貸金業者から過剰な借入を受けると、返済負担が重くなり過ぎてしまい、破産など、問題が起こる可能性があります。

 

総量規制は、そういった問題から、個人を守るために、設けられた法律なのです。そのため、保護する必要のないものに対しては、総量規制の例外が認められるものがあります。

 

例えば、消費者金融が貸付する「おまとめローン」の場合、借入人は、基本的に損することが無く、メリットのみを受ける借入と考えられます。

 

金利が低下したり、返済負担が軽減したりと、借入人のメリットのみと考えられているため、こういった借入であれば、総量規制による年収の3分の1を超えて借入することも認められています。

 

消費者金融のホームページなどでは、「総量規制(もしくは貸金業法)上のおまとめローン」などとして紹介されています。

 

 
 

まとめ


総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を制限する法律です。

 

この法律によって、無担保で借入する個人が、借入できる上限額に影響を受けることになり、「年収の3分の1」に制限されます。総量規制は、銀行を規制の対象外としていますので、銀行から借入(カードローンなど)を行う場合には、影響を受けません。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。