自己破産後にクレジットカードを利用する方法!自己破産するとカードは解約される?

借金を抱えて悩んでいる人の中には、自己破産などの債務整理で借金をリセットしたいと考えている方もいるでしょう。しかし債務整理後のさまざまな制限があることが気になり、なかなか踏み出せないでいる場合もあるでしょう。

 

特に自己破産するとクレジットカードを持てなくなると言われることが良くあります。しかし、近年はキャッシュレス決済が推し進められていますので、クレジットカードが使えないと様々な不便を感じるでしょう。

 

今回は自己破産後のクレジットカードが利用できないと言われる理由や、クレジットカードを使用する方法について解説します。

 

 

自己破産後でもクレジットカードは作れる?

自己破産によって債務整理を行ったあと、生活再建を進めていくときに、クレジットカードを使えるかどうかは大きな違いになります。現金だけだと少し不安を感じることもあるかもしれません。

既に契約して保有しているクレジットカードを自己破産後も利用することができるのか、新規に作ることができるのかなど、自己破産後のクレジットカードについて、どのような扱いになるのかを説明していきます。

 

自己破産するとクレジットカードはどうなる?

自己破産行う場合、弁護士などの専門家に依頼をすることが多いと思います。依頼を受けた弁護士は、債権者に対して自己破産の手続きを始めたことを知らせる「受任通知」というものを送付します。債権者というのはここではクレジットカード会社になります。

 

受任通知を受け取ったクレジットカード会社は、契約に基づきクレジットカードを強制解約します。受任通知が送られなくても、自己破産を申立てして、裁判所から自己破産の開始決定通知が送付されると同様に解約されてしまいます。

クレジットカードの契約書には、債務整理を開始した場合や、自己破産を申立てすると解約になることが明記されているのです。

 

つまり、債務整理を始めたり、自己破産を申立てするとクレジットカードを利用できなくなります。

この受任通知による自己破産手続き開始の情報は、信用情報機関に事故情報として登録されます。銀行やクレジットカード会社、消費者金融など業界ごとに作られているデータベースのことを信用情報といい、新規申し込みがあった場合などの審査時に、各会社が閲覧して事故情報がないかと照合するために利用されます。

「ブラックリストに載る」「ブラック扱いになる」などと言われるのがこの状態です。

 

債務のないクレジットカードも使えない

信用情報機関において信用情報は共有されるので、別のクレジットカード会社のクレジットカードであっても利用できなくなります。個人信用情報は通常、カード申込時の初回審査や、有効期間到来時の再契約時などに確認されます。

 

そのため、利用残高が無く、自己破産時に迷惑をかけなかったクレジットカード会社の場合、期間延長時に更新とならない可能性が高くなります。

 

最近では、クレジットカードの利用に応じてポイントが貯めるようになっていたりしますが、強制解約されるのでそのポイントも利用することができなくなってしまいます。

 

自己破産するとクレジットカードが作れなくなる

 

自己破産後はクレジットカードが作れない

自己破産後は、クレジットカードの利用ができなくなるだけでなく、新しくクレジットカードを作ることもできなくなります。

 

それは信用情報機関に登録されているためで、事故情報に該当するからです。クレジットカードに申込しても、審査では個人信用情報を確認され、事故情報がすぐにばれます。事故情報がある方は審査に通過できませんので、クレジットカードを持つことはできません。

 

カード会社としては、ブラックリストに載っている個人はリスクが高く、クレジットカードの利用を避けたいと考えるためです。

では、自己破産後は永遠にクレジットカードを利用できないのかというと、ある一定期間経過後であれば利用することが可能です。信用情報に事故情報として登録される期間が決まっているので、それを過ぎると事故情報は消去されます。

 

クレジットカードの審査において個人信用情報を確認しても事故情報が見当たりませんので、審査に通るようになります。

 

カードが持てない一定期間とは?

それでは、その信用情報期間に事故情報が登録される一定期間とはどれぐらいなのでしょうか。

信用情報機関には3種類あり、各機関によって事故情報が登録される期間が決められています。

 

信用情報期間名

保管期間(自己破産)

登録機関

日本信用情報機構

(JICC)

5年以内

消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社など

貸金業法指定信用情報機関

(CIC)

5年以内

信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・農協・労働金庫・消費者金融会社・携帯電話会社など

全国銀行個人信用情報センター

(KSC)

10年以内

全国の銀行など

 

自己破産などの債務整理に関する登録期間は最長となる全国銀行個人信用情報センター(KSC)で10年以内、その他で5年以内です。各金融機関は複数の信用情報機関を活用していますので、一度自己破産を行うと、10年間はクレジットカードを保有できないと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

再度クレジットカードを持てる時期

それぞれの信用情報機関の登録機関の目安は前述の通りです。数年の違いは大きな差になります。登録期間が経過して、自己破産の履歴が消えているかどうかはどのようにすればわかるのでしょうか。

 

個人信用情報は、それぞれの信用情報機関へ開示請求を行うことで、ご自身の登録情報を確認することが可能です。500から1000円前後の手数料が必要になりますが、簡単に確認することができるので、事故情報として残っていないことを確認してから、クレジットカードの申し込みができます。

 

自己破産後にクレジットカードが作れる時期

 

自己破産後のクレジットカードの注意点

前述の事故情報登録期間が経過すれば、クレジットカードに新規申し込みすることで、新たにクレジットカードを持てる可能性があります。ただし、以下の点は注意しておいた方がよいでしょう。

 

一度に複数のクレジットカードを申し込まない

早くクレジットカードを利用したい、また、審査に通らなかった時の予備として、複数のクレジットカードに同時に申込する方がいます。しかし、一度に多数のクレジットカードに申込することは避けたほうが良いでしょう。

 

クレジットカード会社は個人信用情報を確認することで、個人信用情報に対する照会履歴を見ることができます。そのため、多数の申込を行っていることも知られてしまいます。

この時、個人信用情報に多数の照会履歴があると、お金に困っているような印象を与えてしまう恐れがあり、審査に通らなくなる可能性があるのです。こういった状態を申込ブラックと呼ぶこともあります。

 

一度に申し込むクレジットカードは2~3社程度を限度とするようにしましょう。

 

 

自己破産時のクレジットカード会社は避ける

クレジットカード会社が審査で活用するのは個人信用情報だけではありません。それぞれのクレジットカード会社が独自で蓄積している顧客情報も活用していることがあります。

 

こういった情報はデータベースとして蓄積されており、保管期間に明確な定めはありません。

個人信用情報で自己破産などの事故情報が消去されたとしても、各社の顧客情報が消えるわけではありません。もちろん、これらの情報が判明すれば、クレジットカード会社の審査に通ることはできません。

 

事故情報が消えても審査に落ちる原因

なお、前述の事故情報としての登録機関が経過して、個人信用情報に履歴がなくなっても、すぐにクレジットカードの審査に通らないことがあります。

この時、「スーパーホワイト」という状況が原因になっていることがあります。

 

スーパーホワイトというのは、個人信用情報に全く履歴が無い人のことを指します。一般的な方の場合、「ブラック」のような事故情報が無いにしても、多かれ少なかれ、クレジットカードやローンなどの利用があるものです。

 

しかし、そういった履歴が全く無い方のことをスーパーホワイトと言います。

 

スーパーホワイトの方の場合、ブラックリストと全く逆になるのですが、この状況もクレジットカードの審査で不利に扱われることがあります。クレジットカード会社が、スーパーホワイトの状態を、事故情報の登録期間終了後の方と疑ってしまうためです。

 

しかし、スーパーホワイトはあくまでも「疑い」であり、現金主義でクレジットカードや、ローンを全く利用しない方も含まれています。そのため、ブラックリストのように全く審査に通る見込みが無いわけではありません。

 

根気よくクレジットカードを申込したり、割賦払いを利用するなどして、個人信用情報に履歴を蓄積していくことでクレジットカードの審査に通ることは可能です。

 

事故情報が消えてもクレジットカード審査に落ちることはある

 

クレジットカードが持てない時の対処方法

近年は政府によってキャッシュレスによる決済が推し進められており、現金以外の決済が必要になるケースは増加しています。また、キャッシュレス決済の方がキャッシュバックを受けられたり、利用に応じてポイント還元されるといったお得もあります。

 

信用情報機関に事故情報として登録されている期間内に、現金以外の支払い方法を利用したい場合にはどうしたらいいのでしょうか。おすすめの方法を2種類紹介します。

 

家族カードを利用する

家族がいる場合には、家族名義のクレジットカードで「家族カード」のサービスを利用できます。
家族カードとは、クレジットカードの契約者の信用力によって、その家族が利用するためのクレジットカードを発行してもらえるサービスです。

 

家族カードの名義は実際に利用する家族名になりますし、発行してもらった家族が単独で家族カードを利用することもできます。しかし、契約者自体はクレジットカードの本契約者のままです。

 

自己破産した場合の事故情報は、あくまで個人としての情報であるため、例え同居している家族であっても、家族の信用力に影響はありません。そのため、ご家族がクレジットカード契約を行うことは可能です。

 

家族がクレジットカードを契約して、そのクレジットカードで家族カードを発行してもらえば、クレジットカードは利用可能です。

 

<関連記事:自己破産が家族に与える影響>

自己破産を家族にばれずに内緒でできる!?家族に迷惑をかけずに秘密で自己破産する方法

 

 

デビッドカードを活用する

家族がいない場合などは、デビッドカードの利用をおすすめします。デビッドカードはクレジットカードと良く似た決済用のカードを発行してもらえるサービスですが、クレジットカードとは異なる特徴があります。

 

デビッドカードは、利用した金額がすぐに銀行口座から引き落とされるサービスです。クレジットカードのように、クレジットカード会社が支払い代金を立替払いするようなことはありません。

 

つまり、デビッドカードの発行会社は無リスクのため、クレジットカードのような厳しい審査を行うことはないのです。

そのため、例え自己破産による事故情報が登録されていたとしても、デビッドカードの発行は可能であり、自己破産直後でもデビッドカードを持てる可能性が十分にあります。

 

 

おすすめクレジットカード

おすすめのクレジットカード商品をご紹介します。クレジットカードは非常に多くの種類が存在しますので、ご自身にあったクレジットカードを選ぶ必要があります。

 

三井住友VISAカード

 

クレジットカード選びで最初に気になるのが三井住友VISAカードです。

三井住友VISAは日本のクレジットカードのなかでも草分け的な存在です。

クレジットカードの商品性も充実しており、是非とも持っておきたいクレジットカードとなっています。

 

 申込はこちらから

 

楽天カード

楽天カードはポイントの高還元率カードとして圧倒的知名度と人気を誇るクレジットカードです。

普段使いやネットショップ(楽天市場)でポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードとなります。

 

 申込はこちらから

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲

 

イオンカードイオンカードはポイント還元率が高い

イオングループでお買い物が多い方に持って頂きたい1枚

WAONはもちろん、通常のクレジットカードまで利用可能です。

もちろん年会費は無料

 

 申込はこちらから

 

 

まとめ

自己破産などの債務整理を行うと、それまで利用していたクレジットカードや、カードローンなどの会社に対して、債務整理に関する通知が届き、クレジットカードは利用できなくなってしまいます。既に契約済みのクレジットカードも解約されてしまいます。

 

さらに、一度自己破産を行うと、個人信用情報に登録されますので、その後、10年間はクレジットカードを持つことができなくなってしまいます。

 

しかし、事故情報の登録が残っている期間内であっても、家族カードやデビッドカードを利用すれば、クレジットカード契約があるのと近い状態にすることはできます。家族カードや、デビッドカードを利用することも検討してみましょう。

 

 

<クレジットカードの関連記事>

新社会人がクレジットカードを持つメリットは?新社会人向けおすすめのカード3選

クレジットカードで審査通らない時にはどうすれば良い!?審査落ちの理由と再申込のための準備

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG