クレジットカード付帯海外旅行保険を賢く上手に活用する方法とは?旅行保険が充実のおすすめクレジットカードは?

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されているものがあります。せっかく付帯されているのだから賢く使いたいと思う方も多いでしょう。

 

中には、「クレジットカード付帯の保険だけで海外旅行は安心?」「できればもっと上手にクレジットカードの機能を活用したい」などといった方もいます。そこで今回は、海外旅行保険を賢く活用する方法や、簡単な補償内容、そして、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを選ぶポイントについてお話しします。

 

 

カード会社と保険会社との違い

意外と知らない方もいますが、クレジットカードのなかには充実した旅行保険が付帯されたものがあります。初めてクレジットカードを申込したり、ポイント重視のクレジットカード利用から2枚目のクレジットカード申込のきっかけとして多いのが「旅行保険が付いているから」です。クレジットカードの旅行保険は、保険会社の専用保険に負けず劣らずのサービスが付いているものもあります。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険に、「保険会社の海外旅行保険と何が違うの?」と疑問に思う方は多いでしょう。そこでまずは、クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社とでは、海外旅行保険にどのような違いがあるのかから触れていきます。

 

そもそも海外旅行保険とは?

まずは、海外旅行保険とはどういったものか、確認しておきましょう。海外旅行保険とは、主に海外への旅行中に起きた病気やケガ、などを補償するためのものです。

 

日本国内では健康保険に加入する義務があるので、もし万が一病気になった場合でも補償を受けることができます。しかし、海外での病気やケガは、日本のように補償を受けることができません。そのため、海外旅行中の病気やケガは高額な医療費がかかるケースが多く、そういった場合に応じで保証するのが「海外旅行保険」になります。

 

通常、海外旅行保険は旅行の日数に応じてその期間だけ加入する仕組みになります。そのため、自分で判断し、加入する必要があるので覚えておきましょう

 

クレジットカード付帯はサービス

では、クレジットカード付帯の海外旅行保険と、保険会社とでは何が違うのでしょうか。
主な違いとしては、次のようになります。

  • 加入が任意かどうか
  • 自分で補償額・補償内容などを選べるかどうか

 

保険会社の海外旅行保険の多くは、必要日数や補償内容に応じて掛け金が決まります。加入希望者がご自身の旅行日程や希望する補償内容に応じて、保険内容を決定することになります。しかし、クレジットカード付帯の場合、すでに補償内容は決まっていて、多くの場合は掛け金が無料もしくは条件付き無料で補償を受けることが可能です。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険はサービスになります。そのため、自分で決めて加入する保険会社の海外旅行保険に比べて、やや補償項目が薄い傾向にあります

 

海外旅行保険が無料で付帯されているクレジットカードがある

 

カード付帯海外旅行保険の内容

クレジットカード付帯の海外旅行保険は「サービス」として付帯されているものが多く、追加的な料金などが無く、保障を受けることができます。そのため、クレジットカードの海外旅行保険でカバーされているのであれば、出来るだけクレジットカードを活用した方がお得ということができるでしょう。

 

まずはクレジットカード付帯の海外旅行保険には、どういった補償があるのか見ていきましょう。

一般的にクレジットカードに付帯されている海外旅行保険の主な内容としては、以下の表のようになります。

 

【クレジットカード付帯の海外旅行保険(例)】

死亡・後遺障害

旅行中の事故などによるケガによって死亡もしくは後遺症が残った場合の補償

傷害・疾病治療費用

旅行中のケガや病気の治療費用の補償

賠償責任

旅行先で偶然な事故によって備品などを壊した、他人にケガを負わせてしまった場合に補償

携行品損害

旅行先で、カメラなどの携行品が偶然発的な事故や、盗難などによって損害した場合の補償

救援者費用

保険加入者(カードの保有者)が、病気やケガによって現地へ親など人を呼ぶときに発生する交通費の補償。

航空機遅延費用

航空機の遅延によって、予定外の宿泊や食事をしなければいけない状況の場合の補償

 

保険会社で海外旅行保険に加入した場合は、加入者が別途保険料金を負担する必要がありますが、「緊急歯科治療費」や「疾病死亡」「旅行事故緊急費用」などといったように、もっと多くの補償を受けることも可能です。

 

病気やケガの他にホテルの備品を壊してしまった、窃盗被害に遭ったなど、日本とは治安や生活環境も違うため、海外旅行ではトラブルはつきものです。クレジットカードに付帯されている補償内容としては、旅行期間で必要な最低限の補償と思っておきましょう。

 

カードによって補償内容が違う

一言に海外旅行保険といっても、クレジットカードによって補償内容が全く違います。例えば、ステータス性の高いゴールドカードの場合は、一般カードに比べて補償額や内容、補償項目も異なっています。

楽天カードと楽天プレミアムカードを例に見てみましょう

 

楽天カード

楽天プレミアムカード

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

最高5,000円

傷害・疾病治療

200万円/1事故

300万円/1事故

賠償責任

2,000万円/1事故・1疾病

3,000万円/1事故・1疾病

救援者費用

200万円/年

200万円/年

携行品損害

20万円

20万円

 

表のようにステータス性の高いクレジットカードを選ぶことで、補償額が高くなることもあります。では、このようにクレジットカードのステータスによって、補償内容も変わる海外旅行保険を上手に活用するには、どうすればいいのでしょうか。

 

利用付帯か自動付帯か確認

まず重要なのは、その海外旅行保険がどんな条件で補償対象となるのかです。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、そのカードで旅行代金を支払ったり、現地で交通費を決済した場合などに対象となる「利用付帯」と、ただ持っているだけで対象となる「自動付帯」があります。

 

利用付帯と自動付帯の違いを理解し把握していないと、クレジットカード付帯の海外旅行保険を上手に活用することができません。楽天カードなどの一般カードは、「利用付帯」として海外旅行保険が付帯されているケースが多いです。まずは、自分が持っているカードが利用付帯なのか自動付帯なのかを確認しましょう。

 

旅行保険が自動付帯か利用付帯かを確認する

 

補償額を合算できるのか

複数枚のクレジットカードを利用しているという方の中には、海外旅行保険が付帯されたカードを数枚保有しているという方もいますよね。せっかく利用できる海外旅行保険なので、もしものときには全てのクレジットカードで旅行保険の補償を受けられるようにしておきたいところです。そのためには、クレジットカードの使い分けが必要になります。

 

海外旅行保険の中でも「傷害死亡・後遺障害」は、いくらクレジットカードを保有していても合算して補償を受けることができません。最高補償額が高いカードが補償することになります。

 

しかし、「傷害・疾病治療」などの補償に関しては、持っているクレジットカードを合算して補償を受けることが可能です。3枚の海外旅行保険付帯のクレジットカードを保有している場合、全てのクレジットカードで補償を受けることができるということです。そのため、利用付帯と自動付帯を理解したうえで、全クレジットカードの海外旅行保険が対象となるように考えなくてはいけません。

 

配偶者や子供も対象になるか?

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、カード保有者の生計を共にしている配偶者や子供が旅行先でケガが病気の治療をうけたケースでも補償してくれるものもあります。海外旅行を家族で行く機会が多い方は、海外旅行保険の対象者がどこまでなのか確認しておきましょう。

 

キャッシュレスサービスに対応

海外で治療を受けた場合、キャッシュレスで対応できるかが大切です。

あとから補償されるとしても、海外の病院では一時的に立て替えて治療費を支払わなくてはいけません。しかも、海外の医療費は高額なため現金で支払うのは難しいケースもあります。海外旅行なので、安全面から大金を持ち歩いていないという方も多いでしょう。

 

そこで役立つのが、「医療キャッシュレスサービス」に対応したクレジットカード付帯の海外旅行保険です。医療キャッシュレスサービスとは、カード会社などと病院がやり取りし、補償額から治療費が直接病院へ支払われるというサービスです。このサービスに対応したクレジットカードを選ぶことで、その場で現金を持っていなくても、安心して治療を受けることができます。

 

海外旅行付帯カードのポイント

ここからは、海外旅行保険が付帯されたクレジットカードを選ぶポイントをご紹介します。「海外旅行に行くけど、保険会社のように高額な保険料はちょっと・・・」という方や、「クレジットカードの海外旅行保険を活用したい」という方は、ぜひ参考にしてカードを選んでみてくださいね。

 

海外保険活用チェックポイント

クレジットカードの海外旅行保険を上手に使うには、次のポイントをチェックしましょう。

①旅行先の治安
②万が一死亡、もしくは後遺障害が残った場合の補償額
③配偶者や家族も対象にしたいのか
④医療キャッシュレスサービスに対応しているか
⑤利用付帯か自動付帯か

 

旅行先の治安が悪いといった場合、ケガや盗難被害にあう可能性も高くなります。補償額が高め、もしくは複数枚のクレジットカードを保有して海外旅行保険を活用しましょう。

 

また、家族と旅行をする場合、その家族も補償対象となるのか確認しておきましょう。もし、これ以上クレジットカードを持ちたくないという方は、保険会社の補償内容を検討しながら併用することも検討してくださいね。

 

旅行保険が充実のクレジットカード

海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカードのご紹介です。これからクレジットカードを申込する方は必見です。

 

三井住友VISAカード

 

旅行保険の充実度で探すなら三井住友VISAカードがおすすめです。

さらに、安心の保障が充実していますので、社会人が持っておきたいクレジットカードとなっています。

 クラシックカードクラシックカードA
年会費初年度無料/翌年度以降の割引制度有初年度無料/翌年度以降の割引制度有
旅行傷害保険最高2,000万円最高2,500万円
対象となる旅行海外旅行国内・海外旅行
利用付帯or自動付帯利用付帯自動付帯
対象年齢満18歳以上満18歳以上
 申込はこちらから

 

 

楽天カード

楽天カードはポイントの高還元率カードとして圧倒的知名度と人気を誇るクレジットカードです。

普段使いやネットショップ(楽天市場)でポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードとなります。

 

楽天カード

楽天プレミアムカード

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円

最高5,000円

傷害・疾病治療

200万円/1事故

300万円/1事故

賠償責任

2,000万円/1事故・1疾病

3,000万円/1事故・1疾病

救援者費用

200万円/年

200万円/年

携行品損害

20万円

20万円

 申込はこちらから

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲

 

 

UCSクレジット(ゴールドカード)

旅行保険がお得なUCSクレジットカード

旅行好きにおすすめのクレジット!

旅行で起こりうる「もしも」をサポートするUCS旅の安心保険

 

海外旅行

国内旅行

傷害死亡・後遺障害

最高5,000万円

最高1,000万円

傷害・疾病治療

200万円/1事故

2,000円~3,000円(日額)

賠償責任

2,000万円/1事故・1疾病

救援者費用

200万円/年

携行品損害

50万円

*国内旅行は利用付帯サービス

 申込はこちらから

旅行好きにおすすめのUCSカード


 

 

 

まとめ

今回は、カード付帯と保険会社との海外旅行保険の違いや、補償の内容、上手に活用するためのポイントについてお話ししました。

確認しておきたいポイントは次の4つになります。

  • カード付帯の海外旅行保険はサービスであり、旅行期間中の最低限の補償内容である
  • 補償内容は、カードが持つステータスなどによって異なる
  • カードの海外旅行保険は、利用付帯と自動付帯があるので確認が必要
  • カードの併用や医療キャッシュレスサービスが付いているかどうかも確認しよう

 

海外旅行では、思わぬトラブルがつきものといいます。そして、海外で受ける医療費は高額で、帰国するまでの医療費や諸費用などで1,000万円もかかったという話もよくあります。せっかくの楽しい海外旅行、もしもの時に備えてクレジットカードの海外旅行保険も上手に活用していきましょう。

 

 

 クレジットカードの関連記事

 迷ったら持っておきたい三井住友カードのデビューカード

 ビジネスクレジットカードを利用した方が良い理由

 ラグジュアリーカードの商品内容とメリット

 クレジットカードの総合案内

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG