新生銀行レイクのカードローンで新規融資停止!?

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

新生銀行カードローン「レイク」の新規融資が2018年(平成30年)3月末で終了するのをご存知ですか?

新生銀行レイクは銀行・消費者金融カードローン、それぞれの良い所取りとも言えるカードローンであり、「総量規制外で借入できるカードローン」として有名でもありました。

新生銀行で新規融資停止となると影響を受ける方は多いでしょう。

既に新生銀行レイクご利用中の方だけでなく、これから新規申込を予定していた方にも、新生銀行レイクの気になる今後をご説明します。

 

 

新生銀行レイクって?


最初に新生銀行レイクの概要を簡単に整理しておきましょう。新生銀行レイクは、他の銀行や、消費者金融のカードローンとは、少し違ったサービスとして注目度の高いカードローンです。

 

 

銀行?消費者金融?


新生銀行レイクというのは、「新生銀行」のカードローンブランドです。

元々、「レイク」という消費者金融が存在していたのですが、新生銀行グループ入りし、その後、新生銀行が吸収合併して、新生銀行の一部となりました。

 

新生銀行のカードローン事業をレイクが行うこととなり、「レイク」の名を残して、「新生銀行レイク」のブランドでカードローン事業を展開してきました。

つまり、元々消費者金融だった「レイク」が銀行の一部となり、銀行としてカードローンを取り扱ってきたのです。

以前からレイクを利用されていた方からすれば、消費者金融でカードローンを作ったつもりが、いつの間にか銀行になっていたといったところでしょう。

 

 

サービスの特徴


新生銀行レイクは、「消費者金融なみの審査基準・金利設定で、銀行として融資を行うカードローン」でした。

銀行カードローンであるメリットは、間違いなく「総量規制」です。

 

総量規制とは、個人が無担保でお金を借り入れする際の上限額を、「年収の3分の1」までに制限する法律です。

 

<関連記事>

 

総量規制は、消費者金融は対象ですが、銀行は対象外でしたので、銀行カードローンは融資額の制限を受けません。

そのため、新生銀行としてカードローンをすれば、この総量規制に関係なく貸付ができました。

子会社の消費者金融であるレイクは規制を受けますが、新生銀行の一部になれば、総量規制が外れたのです。

 

しかし、環境が変わり、「銀行がカードローンで貸し過ぎている」と批判を浴びるようになり、現在は、銀行カードローンも自主規制として総量規制に準じる融資基準を行っています。

 

<関連記事>

 

つまり、銀行カードローンであるメリットは、実際、ほとんど無くなっていると言って良いでしょう。

新生銀行レイクの商品内容や、サービスの特徴は以下で詳しく解説しています。

 

<関連記事>

 

 

新規申込停止


そんな中、2017年12月に、新生銀行は、新生銀行カードローン「レイク」の新規申込の受付停止、新規融資停止すると発表しました。

新生銀行レイクに関する発表内容の要旨は以下となります。

 

<新生銀行レイクの発表要旨>

・新生銀行レイクは2018年3月末で新規受付を停止(新規融資停止)

・融資残高は新生銀行に移す

・既に新生銀行レイクを契約している方は利用可能

・今後は貸金業者子会社でカードローン事業を行う

 

新生銀行レイクへの新規申込は2018年3月末で終了となります。

逆に言えば、2018年3月末までは、新規申込も受付・新規融資を継続することになります。まだ、「新生銀行レイクのカードローンを利用したい」と言う方は、2018年3月末まで申込できます。

 

 

既存契約者は利用継続できる


2018年3月末時点で既に新生銀行カードローン「レイク」を契約している方は、その後も継続して利用できます。あくまで停止されるのは、「新規の申込受付」です。

今もっている「新生銀行カードローン「レイク」での借入が出来なくなる?」と不安な方はご安心ください。

但し、現状の予定ですので、今後、停止される可能性があるかどうかは不明です。

 

 

その他カードローンは現状維持


新生銀行グループには、新生銀行レイク以外に、カードローン事業が2つあります。

 

<新生銀行グループのカードローン>

名称 新生銀行レイク スマートカードローンプラス ノーローン
発行会社 新生銀行 新生銀行 新生パーソナルローン
(旧シンキ)
2018年3月以降 新規融資停止 継続 継続

 

 

簡単に言えば、新生銀行レイク以外のカードローン事業は、そのまま継続です。

 

これまでのカードローン事業を分類すると、以下のようなイメージになります。

 

<商品分類>

カテゴリー 商品名
銀行カードローン スマートカードローンプラス
中間 新生銀行レイク
消費者金融カードローン ノーローン

 

銀行カードローンと、消費者金融カードローンの中間的な位置にあった新生銀行レイクのみが新規融資停止となるわけです。

銀行の自主規制強化や、「銀行に対する貸し過ぎ批判」のある中、新生銀行レイクの存在意義は大きく低下してしまったというのが正直なところでしょう。

 

 

銀行の即日融資停止


そのうえ、2018年1月以降は、銀行カードローンは即日融資停止になることになりました。銀行カードローンの即日融資停止は、「自主規制強化」の一環ですので、影響度合いはこれからでないと解りません。

しかし、総量規制が出来てから生まれた銀行カードローンのメリットは失われ、むしろ消費者金融のカードローンの方がメリットは多くなる傾向にあります。

 

<関連記事>

 

こういった流れも、新生銀行レイクの新規融資停止の原因にあるのでしょう。

 

 

銀行カードローンからは撤退!?


新生銀行レイクが新規融資停止となり、銀行から無くなった後は、どうなるのでしょうか?

新生銀行は、「貸金業子会社(新生フィナンシャル)で若年層向けにIT(情報技術)を活用した新ブランドを立ち上げる」と公表しています。

 

つまり、新生銀行レイクの代わりとなるカードローン事業は、何かしら予定しているけども、新生銀行ではなく、貸金業子会社で行うと言っています。

消費者金融カードローンの新業態になるということですね。

 

新業態のカードローンは、スマホなどのIT技術や、人工知能(AI)を活用して、消費意欲の強い20~30歳代をメインターゲットとしたカードローン事業を予定しているようです。

なお、ブランド名に「レイク」を入れるかどうかは未定です。

 

 

即日融資が重要?


新規で立ち上げ予定の消費者金融事業のキーワードを整理してみると見えてくるものがあります。

今回の新生銀行レイクの発表で見えたキーワードは以下となります。

 

・消費者金融

・スマホなどを活用したサービス

・AI(人工知能)による自動対応・自動融資など

・若年層向けのサービス

 

まだまだ詳細は不明ですが、これらのキーワードから、結局、スマホで簡単に申込ができて、審査スピードの速い(即日融資可能)、カードローン事業(もしくはカードの発行自体が不要でスマホで借入できるなど)を開始すると想像されます。

 

 

2018年4月以降のレイク


2018年3月末で新生銀行レイクの新規融資は終了します。そして、2018年4月以降は、新生銀行ではなく、新生フィナンシャル(新生銀行系列の消費者金融)で、レイクの後継となるカードローンを開始することが決定しました。

 

新生銀行レイクに関する情報が明らかになりましたのでご報告します。

 

新生フィナンシャルで開始するカードローン商品は名称を「レイクALSA」と言います。

ALSAとは、と「A=Agility=速い」、「L=Linked=つなげる」、「S=Security=安心」、「A=According to our vision(新生銀行のビジョンに従って)」を意味するようです。特に意味は解りませんが、銀行カードローンのように即日借入が停止となったカードローンと違い、消費者金融として、即日借入を維持する(速い)ことを主張するネーミングと思われます。

 

新たなカードローンを展開するにあたって特色となる要素は色々あるようですが、簡単に言えば、重要ポイントは以下でしょう。

 

①新生銀行レイクの2つの無利息キャンペーンは継続

②消費者金融のカードローンとなることで即日借入を復活

③金利水準は新生銀行レイクなみ(元々消費者金融なみの金利水準)

④消費者金融になることで、法律上も総量規制の対象になる

 

今回の変更では、銀行カードローンとして「即日借入が出来なくなる」ことを嫌い、消費者金融として即日借入を継続するための施策を行ったと考えた方が良いでしょう。

 

既に新生銀行レイクで契約されていて、レイクのカードローンをお持ちの方は、特に不利益もないようですので、ご安心下さい。

 

 

まとめ


新生銀行カードローン「レイク」による新規申込は2018年3月末で受付を終了し、・新規融資停止となります。今後は、子会社の消費者金融を通じて、あらたな消費者金融事業(カードローンなど)を立ち上げる予定です。

 

なお、既に新生銀行レイクで契約している方は、今後も利用が継続できます。追加借入も当面継続できる予定です。

いつまで継続されるかは不明ですので、心配な方は、別のカードローン契約を追加するか、新生銀行からの連絡・発表に注意するようにしましょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

あらたにカードローン契約をお考えならこちらがお勧めです!

 

<関連記事>

 

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

 

プロミス  
お申込はこちら▼










適用金利(実質年率)最大借入可能額
4.5~17.8%1~500万円

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。