建設業がファクタリングと相性が良いのはなぜ!?活用方法を間違えないで資金繰りを劇的に改善

今回はファクタリングの利用が適する業種・業界について解説します。特にファクタリングの利用が適していて、利用実績が多い業種として知られる「建設業」を取り上げます。

 

ファクタリングによる資金調達の特性から、建設業が適しているとされる理由について紐解いていきましょう。

 

 

ファクタリングが適する業種の特徴

ファクタリングが向いている業種を考えるにあたって、まずはファクタリングを申し込む上で重要となるポイントやメリットを見ていきましょう。

 

[su_note note_color=”#f3fed5″]

《ファクタリングで重要視される点》

・売却予定の債権の信用性

・利用者及び売掛先は法人か個人事業主か(法人の方が圧倒的に有利)

 

《ファクタリングのメリット》

・資金調達までのスピードが速い

・連帯保証人や担保が不要

・融資よりも手続きが簡単

・売却する債権の金額に応じた資金化が可能

 

ファクタリングの仕組みやメリットから「ファクタリングが向いている業種」を考えると以下のようになります。

 

[su_note note_color=”#f3fed5″]

<ファクタリングが適している業種の特徴>

・ファクタリング利用者自身も法人であり、売掛先も法人

・まとまった先行投資費用を早急に調達する必要がある業種

・ファクタリング手数料を差し引いても、大きな収入が見込める業種

 

建設業に限定せず、上記の条件を満たす業種であれば、ファクタリングのメリットを最大限に生かすことができ、ファクタリングの利用に適している業種であると言えるでしょう。

 

 

実際のファクタリング利用者を確認

中小企業庁という、経済産業省の外局として設置されている行政機関があります。その中小企業庁が発表した資料の中には、“従業員規模が大きい企業”の方が売掛金による取引を行う傾向が高いというデータが掲載されています。また、業種別に見てみると“卸売業、製造業、建設業、サービス業”が特に取引が多いというデータも確認されています。

 

他にも、ファクタリング会社が独自にリサーチして発表した「利用業界ランキング」では、建設業が全体の3割以上を占めているというデータもあるのです。

 

ファクタリングの利用が適する業種の特徴

 

 

建設業とファクタリング

建設業を営む方のファクタリング利用率が高いのには、建設業界の特殊な構造が関係しているものと推察されます。

 

建設業界では、依頼された施工や工事が完了した後に入金という流れが一般的です。工事によっては、完成までに数ヶ月を要することもあり、売掛金の回収までの期間が長期に渡ることもあります。つまり、建設業者は建設や工事をするにあたっての資材代金や作業員の人件費は「先行投資(先払い)」という形で自社が賄わなければなりません。

 

建設業は働き手なしでは仕事が成り立ちません。建設業のように、人件費がコストの半分以上を占めるという業界はあまり多くはないでしょう。加えて、天候や作業トラブルなどで作業期間が延長してしまった場合など当初予定していた金額以上の人件費が発生するケースも少なくありません。

 

建設業界では一つの案件を受けるにあたって多くの先行投資が必要であり、銀行融資など、実際に融資でお金を得られるまで1ヶ月以上かかるものを待っている訳にはいかないのです。そのため、建設業界ではファクタリングが重宝されているものと考えられます。

 

また先ほど解説したように、ファクタリング会社が公表している利用業種の情報では、建設業界ではファクタリングを使って資金調達をする企業が非常に多く存在します。そのため、他業界と比較してもファクタリングへの認知度が高く売掛先からの理解も得やすいという点も、建設業界の利用者数がさらに増加している理由だと考えられます。

以降では、実際に建設業者がファクタリングを利用している実例、利用事例について調べたものをご紹介します。

 

 

建設業のファクタリング利用事例①

【親会社から、同業者の穴埋めを急遽頼まれた ケース】

下請け工事の受注などを中心に行っている建設業者A社は、同業者の穴埋めとして急遽仕事を依頼されました。工事代金自体は十分に利益を確保できる案件であることに加え、重要な元受けからの依頼であり、工事を引き受けることとしました。

 

見込み売り上げ:1,000万円

入金予定:6ヶ月後

 

工事代金の入金予定は半年も先ですが、大型車両のレンタル代や人件費は毎月発生します。また、材料の仕入れも先行して行う必要があります。見込み売り上げは良くても、当面の給料と先払いが必要な資金を工面できなければ仕事を引き受けることは出来ません。

 

そこで、ファクタリングを使って足りない分の資金をすぐに現金として調達することでキャッシュフローを円滑に進めることに成功したのです。

 

建設業のファクタリング活用事例

 

 

建設業のファクタリングの利用事例②

【急遽、大規模事業依頼を受けたケース】

B社は以下の内容で仕事の依頼を受けました。

 

見込み売り上げ:3,000万円

経費:1,300万円

入金予定:施工完了の翌月末

 

3,000万円の売り上げを上げるために、先払いで1,300万円の経費がかかります。この経費を捻出できないという理由から、この依頼を断るのは企業にとって大きな痛手です。
そこで3,000万円の売掛債権を元に1,300万円の資金調達を行うことで、無事仕事の受注を受けることができました。

 

見込み売り上げ-(経費+ファクタリング手数料)の金額が、プラスであれば企業としての利益を上げることができます。今回のケースであれば、ファクタリング手数料を20%取られたとしても260万円ほどです。計算すると、B社は1500万円近くの利益を上げることができます。

 

このように、人件費、材料などで費用の支払いが先行することが多く、売掛期間が長くなりがちな建設業は、ファクタリングの利用が適する事業者と考えて良いでしょう。

 

 

ファクタリングで資金繰りを改善

ファクタリングは融資ではなく、自分の持っている売掛債権を売却することで資金を調達する方法です。そのため、「すぐに資金が必要」「融資の審査になかなか通らない」「小口ではなく大口の資金調達が必要」というケースにおいて強い味方となってくれることが期待できます。

ファクタリングで資金調達をしてキャッシュフローを改善できれば、心配なく事業に集中することができるでしょう。

 

手数料が高いというイメージから、ファクタリングの利用をためらう方も多いようです。しかし、「資金の調達ができない」という理由からせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。多少のファクタリング手数料を払ってでも、それ以上の利益を得ることができる仕事の依頼であれば、ファクタリングを利用して資金を調達して仕事を引き受けた方が得策ではないでしょうか?

 

とはいっても、資金調達というと融資の方が知名度・利用者数共に圧倒的にメジャーであり、初めてファクタリングを使うことへ不安が払拭できないという方も多いでしょう。

 

そんな方に是非知っておいて頂きたいのは、『日本政府としても売掛債権による資金調達を推奨している』という情報です。

 

経済産業省では、「日本国は他の先進国と比較してファクタリング利用率が圧倒的に低い」という点を大きな問題としてとらえています。売掛債権が流動資産として使われることで、国内の経済をもっと活性化することに繋がるという考えがあるのです。

 

そこで、企業がファクタリングを活用しやすい環境を整えるべく「ファクタリングに関する様々なネガティブイメージが払拭されるように、真っ当なビジネスツールとして世界的にも利用されているものであることを再周知する」「債権譲渡禁止特約の解除に向けた働きかけ」など、経済産業省では様々な活動を行っています。

 

これから更にファクタリングが使いやすい環境になってくるものと期待されています。

 

初めてファクタリングを行う時のポイントは、まずはファクタリングとはどのようなものかという知識を付け、複数社に見積もりを取って相場を知ることです。キャッシュフローを改善して、事業を円滑に進めていくためにも、ファクタリングを上手に利用してみましょう。

 

 

おすすめのファクタリング会社

中小企業や個人事業主が資金調達を行う場合、銀行融資を補完するものとしてファクタリングは有効です。ファクタリングなら1週間程度で資金調達が可能であるため、緊急の資金調達にも対応可能です(最短なら即日でも調達可能)。以下、おすすめのファクタリング会社です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

 

三共サービスは法人向けのファクタリングサービスを提供している会社であり、ファクタリング手数料率が業界トップクラスに低いことで有名な会社です。もちろん、取引先への通知なしでファクタリングを利用できます。

ファクタリングの利用を検討中なら、必ず相談の対象先に加えておきたい1社です。

 

 申込・相談はこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

ビートレーディング

知名度No.1のビートレーディングでファクタリング

 

ビートレーディングはファクタリング会社のなかでも最も知名度の高い、大手のファクタリング会社となります。
ビートレーディングなら医療ファクタリングなどもご利用可能です。

 

 申込・相談はこちらから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

即日資金調達を希望するなら選択股に含めたいファクタリング会社がMSFJです。

MSFJも即日現金化に対応してくれるファクタリング会社であり、さらに、利用しやすい明確で解りやすい手数料体系を掲げる会社です。そのため、安心して利用できるのが大きなメリットになっています。

 

MSFJには2つのファクタリングサービスが用意されています。

 クイックファクタリングプレミアムファクタリング
調達限度額(最大)300万円5,000万円
現金化までの日数1営業日1営業日~
ファクタリング手数料3.8%~9.8%1.8%~6.8%

 

MSFJのプレミアムファクタリングなら手数料は最大でも6.8%までです。

3社間ファクタリングの業界平均は5.0%~15.0%程度ですので、MSFJのファクタリングサービスが以下に低水準で利用できるかが解るでしょう。

 

なお、MSFJは法人企業だけでなく、個人事業主(自営業者)も利用可能です。

 

 申込・相談はこちらから

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

まとめ

ファクタリング業界全体で見て、建設業が占める利用割合は非常に高いです。ファクタリングのメリットや審査で重要視されるポイントなどから見て、建設業とファクタリングは非常に相性がいい関係性であることがお分かりいただけたのでしょう。

建設業を営んでおりキャッシュフローに悩んでいるという方は、是非ファクタリングという選択肢についても検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

<関連記事>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高いファクタリング会社を厳選!

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG