キャッシングに成功した人

個人事業主はファクタリングを利用できないと言われることもありますが、決してそんなことはありません。個人事業主であっても、会社が所有する取引先の売掛金などの債権をファクタリング会社に譲渡すれば、素早く資金の調達が可能ですし、そのうえ、即日で資金調達できる場合もあります。

 

個人事業主がファクタリングを利用するのはなかなか敷居が高いと思われがちですが、ファクタリング会社のなかには様々な会社があり、個人事業主や自営業者を対象として取り扱ってくれる会社もあります。しかし、個人事業主が資金調達する場合、ファクタリング業者を選ぶことが大切です。

 

この記事では、個人事業主はファクタリングを利用できないと言われる理由を明らかにした上で、ファクタリングを利用するためにどうしたら良いのかについてポイントをおさえて解説していきます。

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、中小企業や小規模事業者が銀行借入の代替手段として利用できる資金調達方法です。

 

資金調達と言っても、ファクタリングは借入ではありません。ファクタリングとは、商取引で発生した売掛金を前倒しで資金化する方法です。

 

本来、売掛金の状態では資金繰りに活用できませんが、ファクタリングで早期現金化ができれば、必要運転資金を減らし、資金繰りを改善することができます。

 

また、ファクタリングは借入ではなく、売掛金の現金化(売却)であることには大きなメリットがあります。

それは、銀行融資と審査基準が異なるということです。

 

ファクタリングは売掛金の売却ですので、銀行融資のように利用者の返済能力だけで審査するようなことはありません。

 

 

<関連:ファクタリングとは?>

 

【保存版】注目度の高まるファクタリングとはなに?経営者が知るべき情報を網羅して解説します!

 

 

個人事業主が無理と言われる理由

法人と比べると、個人事業主の方がファクタリングを利用できないことが多いことは事実です。法人のみのファクタリングを受付している会社はありますが、逆に、個人事業者のみを取り扱っているファクタリング会社はほとんどいません。

 

その大きな理由は、個人事業主の方が厳しく審査されることと、取り扱い金額が少なくなることが多いからです。一般的に個人事業主は、法人に比べると信用度が低いと考えられがちです。

 

法人は、会社の中で十分な内部統制システムを構築していたり、コンプライアンスなどがきちんと守られるように徹底されていることから信用が高くなるのです。その結果として、ファクタリング会社にとっては売掛債権を買取っても問題なく資金を回収することができ、貸倒れが発生する可能性が低いと考えられる法人の方が安心して取引ができると考えます。

 

それに比べると、個人事業主は、「個人経営」、「家族経営」と呼ばれることもあり、法人のように制度がしっかりしていないことが多くなります。そのため、ファクタリング会社のなかでは、まだまだ信用が低いと考えられがちであり、ファクタリングを利用をできないことが多いのです。

 

 

売掛債権の額が少額で不安定

個人事業主がファクタリングを使って資金調達がしにくい理由の1つは、個人事業主の場合、取引先との取引量が多くないことが多いので、ファクタリング会社の利益となるだけの十分な売掛債権を所有していないからです

 

売掛金や受取手形といった売掛債権は、取引先への販売取引の結果として受け取ったものであるため、事業規模の小さな個人事業主が、多額の売掛債権を所有していることはありません。

 

また、個人事業主の場合、まだまだ会社そのものが大きいわけではありません。その結果、会社の規模をあらわす一つの指標である売上高も大きくないと言えます。売上高が大きくないということは、販売活動も比較的少ないということであり、さらに、ファクタリング会社に売却できる売掛金も少ないということになります。

 

このような理由から、個人事業主はファクタリングを利用しにくいと言われています。

 

売掛金の額が少額で不安定

 

売掛先の信用度が低い

たとえ、ファクタリング会社の利益になるだけの十分な売掛債権があったとしても、その売掛債権の信用度が低いということも考えられます。取引先の経営状態が悪いと考えられるような場合には、その売掛債権を現金化できない可能性があるばかりか、貸倒れが生じるリスクも十分に考えられるので、ファクタリング会社は個人事業主とファクタリング取引をしたくないと考えるのです

 

個人事業主の場合、自社の経営状態などが十分に把握しきれていないことも多く、信用度が低いと判断されてしまうこともあります。

 

取引先と安定的な取引がなかったり、取引先の事業規模が小さいような場合には、ファクタリング会社に信用度が低いと判断されることが多く、ファクタリング取引を受け入れてもらえない可能性があります。しかしながら、個人事業主であっても、審査のポイントをきちんとおさえておけばファクタリングの利用は十分可能です。

 

以下では、審査を通過するために大切な3つのコツを紹介します。

 

即日資金調達できる3つのコツ

審査のコツさえきちんとおさえておけば、個人事業主であってもファクタリングを利用して資金を調達することは十分可能ですし、即日の資金調達も可能です。ファクタリングの審査を通過するためには、信用度の高い取引先、高い売掛債権の額、資金調達の目的と審査態度が重要となります。

 

信用度の高い売掛先

個人事業主がファクタリングを利用するためには、まずは信用度の高い取引先(売掛先)の売掛債権を保有していることが大切です。ファクタリング会社は、資金の提供を希望する会社から売掛債権を買い取り、その手数料によって利益を得ています。

 

買い取った売掛債権はまだ現金ではないため、ファクタリングが会社はこの売掛債権を回収して現金にしなければなりません。仮に、売掛先が支払いを出来なくなった場合、売掛金の貸倒損失はファクタリング会社が負うことになります。

 

そのため、信用度の低い取引先の売掛債権は回収できない可能性があるので買い取りたがらないのです。取引先の信用度が高いかどうかは、基本的に取引先の財政状態と経営成績によって判断されます。信用度の高い取引先の売掛債権であれば、貸し倒れリスクも低いと考えられるので、個人事業主であっても、ファクタリング会社も積極的にファクタリング取引をしてくれます。

 

ファクタリング会社は取引先の売掛債権がしっかり回収できるかどうかを心配し、それに関する審査は非常に厳しく行うので、まずは信用度の高い取引先に対する売掛債権の譲渡をファクタリング会社に提案してみることが大切です。

 

即日資金調達できる条件

 

売掛債権はなるべく集める

ファクタリングを利用するためには、およそ100万円以上の売掛債権があることが一つの目安となっています。ファクタリング会社にとっては、ファクタリングを利用するために譲渡される売掛債権の額が少ない場合、自分が獲得できる利益が少なくなるので取引したがりません。同じ手間をかけて売掛債権を買い取るなら、効率良く大きな金額を買い取りたいと考えられるのです。

 

審査の際に、売掛債権の額が一定額無い場合には、ファクタリングの申込を受けないと決めている業者もたくさんいます。そのため、できるだけ売掛債権額は増やしておくことが大切です。まとまった金額の売掛金があれば、取り扱ってくれる業者も増えます。

 

一回一回の取引量が少なく、売掛債権の額が少ない場合でも、何度も取引を行っていれば売掛債権の額は増えていきます。それらをまとめてファクタリング取引の提案を行えば、資金の提供を受けることも十分可能です。

 

資金調達の目的と審査態度

個人事業主がファクタリングを利用する際には、資金調達の目的を明確にしておくことが大切です。資金調達の目的が明確でないということは、資金繰り計画が明確でないということを意味します。そのため、個人事業主であっても、資金繰り計画をきちんと立てて、ファクタリングによって提供された資金を何に使うのかを決めておくことが大切です。

 

さらに、審査の際の態度も非常に重要となります。礼節を弁えておくことはもちろん、必要な書類をきちんと準備できているかなども非常に重要となるので、きちんと準備しておかなければなりません。

 

ここまでは、個人事業主がファクタリングを利用するときのコツについて詳しく説明してきました。以下では、これを踏まえた上で、個人事業主がファクタリングを依頼すべき業者の選び方を紹介していきます。

 

優良ファクタリング会社の選び方

個人事業主がファクタリング会社を選ぶ場合には、小口の売掛債権の買取も行っているところを選ぶことが大切です。ファクタリング会社には色々な種類があります。そのため、自分の希望に合ったファクタリング取引を提案してくれるところでファクタリング契約を結ぶようにすることが大切です。

 

ファクタリング会社の中には、資金力のない悪徳な業者も存在しています。ファクタリング会社を利用して資金調達を行う場合には、信頼できるファクタリング会社でのファクタリングが非常に重要です。以下では、信頼できるファクタリング会社の見つけ方について詳しく説明していきます。

 

小口専門のファクタリング会社

現在では、ファクタリングは資金調達方法の中でも比較的メジャーな方法となりつつあります。そのため、インターネットで検索するだけでもファクタリング会社は色々なことがあるということがわかるでしょう。

 

しかし、個人事業主がファクタリングを行う場合には、小口専門のファクタリング会社にお願いするのがおすすめです。ファクタリング会社のなかには、大口のファクタリング取引しか行っていない会社も存在しており、そういった会社に相談すると時間を浪費することになります。

 

そのため、個人事業主がファクタリングで資金調達を希望する場合には、小口専門のファクタリング会社に相談することが大切です。小口を専門としているファクタリング会社であれば、その後の手続きなども非常にスムーズに進めることができます。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

<関連:個人事業主が利用できるファクタリング会社>

>>個人事業主が利用できるファクタリング会社のご紹介

 

 

個人事業主に貸す悪徳業者に注意

ファクタリング会社には色々な会社があるので、その中には少数ですが悪徳な業者も存在します。悪徳なファクタリング会社を見抜くためには、手数料率をきちんと明記しているかどうかを確認することが大切です。

 

他にも、審査や契約にかかる費用がきちんと明記されているかどうかも大切なチェック項目と言えます。実際にファクタリング契約を結ぶ際には契約書が必要となるので、詳しい契約内容についての説明がないことはありません。

 

特に、ファクタリング取引は署名や捺印が必要となる書類も多いため、一つ一つの書類についてきちんと説明し、その上で手続をして契約を行うものです。これらについては、基本的に会社のホームページに明記されていることが多いので、信頼できるかどうかはまずはホームページをチェックしてみるのがおすすめです。

 

その上で、会社概要などがきちんと明記され、コンプライアンスなどに関する手続きがきちんと行われる体制が整っているかどうかを確認しておきましょう。

 

<関連:悪徳ファクタリング会社に騙されない方法>

>>悪質ファクタリング会社に騙されないための方法

 

 

おすすめのファクタリング会社

個人事業主がファクタリング会社に相談するには、以下のようなファクタリング会社がおすすめです。

 

ファクタリング会社への相談は、1社単独で相談するのではなく、複数社を同時進行で相談することが大切です。複数のファクタリング会社で相談することで、それぞれの条件を比較できるだけでなく、さらに、ファクタリング会社が競合することで条件が良くなることも期待できます。

 

ビートレーディング

 

おすすめ度:A+

 

ファクタリング業界のなかで知名度が高く、口コミ・評判の良い会社がビートレーディングです。東京、大阪、福岡の支店があり、出張対応・出張査定も行ってくれますので、全国から利用可能です。

 

また、ビートレーディングでは、自営業者の申込や、小口のファクタリングも利用可能なのもメリットと言えます。小おう口ファクタリングに対応していますので、小規模な事業主や自営業者も利用できるファクタリング会社になります。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

 

MSFJ

 

おすすめ度:SS

 

MSFJも安心して利用できるファクタリング会社です。MSFJのファクタリング手数用は、ホームページ上でも上限が公表されており、安心して利用できるのが特徴です。MSFJのプレミアムファクタリングでは、手数料率は1.8%~6.8%の範囲内で最大5,000万円までの資金調達に利用できます。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービスです。

小口専門のファクタリング会社ですので、数十万円という金額でも積極的に対応してもらえます。

 

個人事業主が利用しやすく、即日資金化希望であればウィットは非常に役立つファクタリング会社になるでしょう。

 

▼問い合わせ・相談はこちらから

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

資金調達ガイド

資金調達ガイドのファクタリング簡易5秒診断は無料で利用可否が確認できます

 

おすすめ度:SS+

 

資金調達ガイドでは、短時間でファクタリングの利用可否を診断してくれるサービスと、複数のファクタリング会社の中から、利用者の条件にあった会社を選んでくれるサービスを提供しています(登録手続きは1回のみで同時に行ってくれます)。

 

資金調達ガイドの良い点は、あくまでの事前相談であるため、提案される条件に満足できなければ利用する必要が全く無いことです。資金調達ガイドが一次として選んだファクタリング会社のなかから提示を受けるため、「悪徳ファクタリング会社」にあたる可能性も低くなります。

 

▼資金調達ガイド

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

▼利用方法は以下

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:移動後、以下のファクタリング「公式サイト」をクリック

資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。

希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。メールアドレスに結果が来ます。

 

 

 

  

まとめ

個人事業主がファクタリングによって資金調達を希望する場合には、まずはファクタリング会社を良く選ぶことが大切です。ファクタリング会社は日本にたくさんあるので、たとえ銀行などに融資を断られた場合であっても資金を提供してくれるファクタリング会社は必ずあります。

 

ファクタリング取引を希望する場合には、取引先の信頼度の高い売掛債権を用意し、できるだけ多額の売掛債権を用意しておくことが大切です。

 

ファクタリング会社は譲渡された売掛債権が貸倒れて資金を回収できないリスクを恐れているので、個人事業主がファクタリング取引を希望する場合には、それを解消することがポイントとなります。

 

ファクタリング会社の中には悪徳な業者も存在するため、それを見抜かなければなりません。そのため、ファクタリング取引を希望する場合には、一つのファクタリング会社に相談するのではなく複数のファクタリング会社に相談して見積もりをとってもらうと良いでしょう。

 

<関連:相見積もりでファクタリングを行う方法>

>>ファクタリング手数料を低く抑える方法

>>相見積もりでファクタリング手数料を下げる方法

>>おすすめのファクタリング会社をランキングでご紹介

 

 

<関連:個人事業主の資金調達(ビジネスローン)>

>>個人事業主が利用できるビジネスローンとは?

 

キャッシングに成功した人
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG