ファクタリングは売掛先の信用力次第で全てが決まる!?

ファクタリングを利用する時に最も重要な要素となるのが売掛先の信用力です。

ファクタリング会社は、利用者から売掛金を買い取る際の資金を、売掛先から代金を回収することで回収します。

そのため、売掛先が代金を回収できそうな信用力のある先かはファクタリング会社にとって重要です。売掛先の信用力はファクタリング手数料の高低にも影響します。

本記事ではファクタリングで求められる「売掛先の信用力」や、ファクタリング会社がどのように取引先の信用力を評価するのかを説明します。

 

本記事のポイント

  • 売掛先の信用力がどう影響するのか?
  • ファクタリング会社が評価する方法
  • どういった売掛金を売却するのが良いか?

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングとは?仕組みや利用方法を解りやすく解説

 

重要なのは売掛先の信用力?

冒頭で説明した通り、ファクタリングにおいて重要なのは売掛先の信用力です。

ファクタリングでは、銀行融資やビジネスローンとは違い、ファクタリング利用者の信用力は重視されません。

銀行融資やビジネスローンでは融資先から元本と利息を回収する必要がありますが、ファクタリングでは利用者から元本や利息を回収する必要が無いことが理由です。

 

ファクタリングの場合、代わりに、売掛先からきちんと代金を回収する必要があるのでファクタリング会社も売掛先の信用力を重視します。

ファクタリング会社にとっての信用力とはすなわち、この会社の売掛金を買い取ってもきちんと代金を回収できそうか(支払ってくれる資金力があるか)ということを指しています。

信用力の低い企業に対する売掛金は債権回収リスクが高まりますし、信用力が高い企業に対する売掛金はファクタリング会社にとって回収リスクが低く、ファクタリングしやすいものとなります。

 

ちなみに、売掛先の信用力と言っても、それを構成する要素はいくつかに分かれています。

信用力を測るための代表的な要素としては、その会社の財務状態や過去の金融事故の有無などがあげられます。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの審査項目を確認

 

信用力はどのように調査される?

売掛金の信用力が重要であることは解りましたが、それでは、ファクタリング会社は、ファクタリングの対象となる売掛先企業の信用力をどのように調査するのでしょうか。

 

売掛先の決算書は取得が困難

銀行融資やノンバンクのビジネスローンが融資先の信用力を評価する場合との大きな違いは、ファクタリングが決算書などによって財務状況を確認できないことです。

 

銀行融資やビジネスローンは融資希望者の信用力をチェックするために、融資希望者から決算書を提出してもらえば財務状態を分析することができます。融資希望者は、審査に通らなければ融資を受けられないため、必要な書類を積極的に提出するでしょう。

しかし、ファクタリングの場合、信用力を調査しなければならない相手は、ファクタリング希望者ではありません。対象となるのは、ファクタリング希望者の取引先となる「売掛先」です。

 

売掛先は自身の資金調達を行うわけではありませんので、ファクタリング会社も売掛先に対して決算書を要求することはできません。2社間ファクタリングの場合には、売掛先とファクタリング会社が直接接点を持つこともありません。

よって、ファクタリング会社は、独自の方法で売掛先に頼ることなく、売掛先の信用力を調査しなければなりません。

 

信用調査会社から情報を取得

売掛先に頼らない企業の信用力調査の方法として挙げられるのが、東京商工リサーチや帝国データバンクのような信用調査会社のデータを収集する方法です。

これらの信用調査会社は企業の経営状態について定期的に調査しており、ファクタリング会社のような金融機関に対して、信用力調査に有効な情報提供を行っています。

 

ファクタリング会社は、このような信用調査会社のデータを分析して売掛先の信用力調査を行います。

この他にもファクタリング会社が個別のノウハウを保有している場合もあります。

利用者のデータベースを社内で保有していたり、信用調査会社の他にも情報源を持っていたりと、そのノウハウはファクタリング会社によってさまざまです。

 

ただし、一般論として決算書のようなクリティカルな資料によって企業の信用力調査ができない以上、ファクタリング会社は、銀行やビジネスローンと比較すると、売掛先に対する信用力調査の精度は劣り、リスクの高い事業を行っていると言えます。

 

ファクタリング会社は信用調査会社から取得した情報などで審査を行います

 

信用力が手数料に与える影響

ファクタリング会社の信用調査の結果、売掛先の信用力が劣る場合、ファクタリング会社の売掛金回収リスクが高まるので、その分ファクタリング手数料は高くなります。

一方、売掛先に十分な信用力があると判断できる場合は、それだけファクタリング手数料が低くなります。

 

このように、売掛先の信用力と、ファクタリング手数料には相関関係が認められます

しかし、信用力調査の精度が銀行融資などと比較して、どうしても性質上劣るために、ファクタリングの手数料は、銀行融資と比較して、高額になりがちです。

 

また、売掛先企業の信用力が一定以下になると、もちろんファクタリング会社も売掛金の買い取りを渋ります。銀行融資で言えば、審査に落ちて、資金調達ができない状態と言えます。

 

自社の信用力が影響するケース

ファクタリング手数料には売掛先の信用力が大きな影響を与えているのは前述の通りです。

ところで、3社間ファクタリングの場合は、手数料=売掛先の信用力と考えれば良いのですが、2社間ファクタリングの場合は利用者の信用力もファクタリング手数料に加算されます。

 

2社間ファクタリングの場合は、ファクタリング利用者がファクタリング会社に代わって売掛金の回収を行いますし、売掛先に債権譲渡の通知も行わないため、利用者が回収した資金をファクタリング会社に支払ってくれるかどうかが影響するためです。

 

よって、そもそもファクタリング利用者が売却した売掛金は本当に存在するのか、売掛先から代金を回収してきてきちんとファクタリング会社に納めてくれるのかなど、利用者の信用力にまつわるリスクが発生します。

 

そのため、ファクタリング利用者の信用力に対するリスクの分だけ、3社間ファクタリングよりも、2社間ファクタリングの手数料は高くなります。

 

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いとは?

 

高く売れそうな売掛金(信用力が高い)

以上のように、ファクタリング手数料には売掛先(2社間ファクタリングの場合は利用者も)の信用力が大きな影響を与えます。

そのため、ファクタリングの手数料をできるだけ低く、減らしたいと考えるのであれば、信用力が高い企業に対する売掛金をファクタリングする方が良いことになります。

 

では、どのような売掛金が「信用力が高い」と見なされるのかについて説明します。

 

売掛先の事業規模

まず、重要なのが売掛先の事業規模です。

上場している企業や地方自治体、第三セクターは一般的な中小零細企業と比較すると、倒産する可能性も低く、コンプライアンスもきちんと守ると考えられます。

 

そのため、事業規模の大きい会社や、公的機関に対する売掛金の回収リスクが相対的に低くなります。

また、上場企業などになると、決算書などの財務状態も公開されていますので、ファクタリング会社も信用力を調査しやすくなります。

 

財務状態の良い取引先

ただし、このような事業規模の大きな売掛先に対する売掛金であっても、売掛先の財務状態が悪い場合はファクタリング手数料が高くなる可能性があります。

事業規模の大小や、上場しているか否かと、倒産しそうか否かという信用力は、本質的には関係なく、財務状態が悪ければ上場企業であっても倒産する可能性があるからです(実際、倒産した上場企業も多数あります)。

 

売掛先が大企業の場合、ファクタリング会社も信用力調査が行いやすくなりますが、一方で、調査の結果、信用力が低いと判断されれば、ファクタリング手数料が上昇する可能性があります。

 

売掛先の信用力が低いとファクタリング審査に通りにくくなる

 

取引が継続している先

ファクタリングには、以上のような売掛先に対する売掛金でかつ、長期、定期的に発生している売掛金であることが望ましいです。

ファクタリング利用者との間に、定期的に商取引が発生していて、きちんと入金されている取引先だと、ファクタリングしてもきちんと売掛金を回収できるだろうという蓋然性が高くなります。

一方、単発の取引があっただけの売掛先だと、きちんと発生している売掛金なのか、きちんと回収できるのかというリスクが高まります。

 

以上のようなことを総合すると、ファクタリング会社にとって、大手企業や公共団体のように財務状態が公開されていて倒産可能性の低い企業に対して、定期的に発生している売掛金は信用力が高い評価できるようになります。

ちなみに診療報酬債権や介護報酬債権を別メニューでファクタリングしている会社はたくさん存在しますが、これは、診療報酬債権や介護報酬債権が信用力の高い売掛金だからです。

日本の社会保険に基づく売掛金なので、一般的な中小・零細企業に対する売掛金よりも確実に債権を回収できるので、その分手数料が低くなっています。

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。

審査に通りやすいかどうかに加え、ファクタリング手数料などの条件も会社ごとで大きくことなります。

 

さらに、悪質なファクタリング会社に掴まってしまっては高すぎる手数料を押し付けられることもあります。

ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

ファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

 

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

MSFJの2つ目の特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

 サイト厳選!おすすめのファクタリング会社

 口コミ・評判で選ぶ人気ファクタリング会社

 

ビジネスローンも活用

日銭商売のように売掛金を保有していない企業や、売掛金を保有していても、ファクタリングの対象にならないという事業主には、「ビジネスローン」がおすすめです。

ビジネスローンは、おもにノンバンクと言われる貸金業者が、比較的簡易な審査で融資を行ってくれる制度です。

 

ビジネスローンであれば、無担保・第3者保証人なしで、銀行融資に比べれば、かなり審査に通りやすい融資を期待できるのが特徴です。

さらに、ファクタリングのように売掛金を保有している必要もありません。

資金調達を急がれているという経営者は、ファクタリングと、ビジネスローンのそれぞれを平行して相談されてみてはいかがでしょうか。

 

特徴の違う2つの資金調達方法を活用することで資金調達できる可能性は大幅に高くなると言えるでしょう。

 

アイフルファイナンス(旧ビジネクスト)

ビジネクストのビジネスローン

ビジネクストはビジネスローン業界トップクラスの規模と知名度を誇る会社

ビジネクストの特徴はカードローンのタイプのビジネスローンを取り扱っていることです。

カードローンタイプですので、一旦契約しておきば、その後はいつでも自由に借入を行うことができます。 もちろん、契約は借入枠を持っておくことにはお金がかかりません。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンスユニーファイナンスのビジネスローンもおすすめです。

ユニーファイナンスは証書貸付タイプのビジネスローンで大きな金額を低めの金利で借入できます。

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

MRF (エム・アール・エフ)不動担保型のビジネスローンならMRFがおすすめです。

MRFでは土地・建物に担保設定を行い最大3億円・最長15年間の借入が可能です。

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

<関連:ビジネスローンのメリット・デメリット>

 ビジネスローンなら自営業者でも利用可能

 審査が甘いビジネスローン会社の探し方

 ファクタリングとビジネスローンの比較

 

まとめ

以上のように、売掛先の信用力について説明しました。

おそらく多くのファクタリング会社は企業の信用調査会社を使っているであろうというところまでは共通していますが、細かい信用力調査の方法はそのファクタリング会社が独自で保有しているノウハウであったりします。

 

利用者と信用調査を行うべき相手先が異なり、決算書などによって一律に対象を評価することができないので、信用力調査の方法にはそれだけさまざまなバリエーションが存在すると考えられます。

ただし、どの調査方法によって信用力を調査するにしても、基本的には回収リスクの低い相手先と売掛金の信用力が高いとみなされることには変わりありません。

 

中小企業よりも大企業や地方自治体の方が、財務的に不安要素がある企業よりも安定している企業の方が、信用力が高くなると考えて良いでしょう。

ファクタリングの手数料を削減したい場合は信用力が高そうな企業の売掛金をファクタリングした方が良いです。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング後の取引先倒産で損するのは誰?

 譲渡禁止特約付きの売掛金もファクタリングできる?

 ファクタリングの利用が適する業種と利用方法とは?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG