近年注目度の高い資金調達方法としてファクタリングがあげられます。ファクタリングは事業資金の調達方法として銀行融資を代替する手段となっています。それでは、銀行融資とファクタリングのどちらを利用した方が良いのでしょうか。

 

今回はファクタリングを利用した方が良い状況や、ファクタリングの利用がおすすめな経営者の特徴について解説します。

 

 

ファクタリングの特徴

ファクタリングとは銀行融資やビジネスローンと違い、借入ではない資金調達方法です。ファクタリングは借入ではありませんので、利用しても借金は増えません。また、借入ではありませんので、ファクタリングの利用にあたって担保や連帯保証人がなくても利用できます。

 

ファクタリングは商取引で発生した売掛金をファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。本来、売掛金は回収期日まで現金になりませんので資金繰りに利用できません。そのため、いくら売掛金があっても資金繰りは楽になりません。売掛金のサイトが長い場合や、事業開始から間もなく、売掛金が貯まっていく時期は資金繰りが厳しくなりがちですが、こういった時にファクタリングは有効活用できます。

 

ファクタリングを利用したい状況

それでは今回の本題であるファクタリングを利用すべきと言える状況について解説していきましょう。ファクタリングの利用が適する場面を具体的にご紹介していきます。

 

銀行融資の審査に落ちた

ファクタリングを利用すべき代表的なケースの1つ目は銀行融資の審査に落ちた場合やビジネスローンが借入できなかった時です。銀行融資は審査基準が厳しく、中小企業や個人事業主だと審査に通りにくい傾向があります。

 

特に、融資取引を行ったことの無い銀行に申込する場合、審査に通るのは容易ではありません。銀行は中小企業や自営業者向けの融資はリスクが高いと判断する傾向にあり、審査基準も厳しく設定してしまいます。

 

ビジネスローンは銀行融資に比べれば比較的利用しやすく審査にも通りやすいですが、それでも赤字が継続していたり、債務超過、さらに事業開始からからの年数が短い場合だと難しいこともあります。

 

銀行融資やビジネスローンが利用できなかった時にはファクタリングを利用すべき状況だと言えます。ファクタリングの審査基準は銀行融資やビジネスローンと異なっています。そのため銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた方でもファクタリングなら利用できる可能性は十分にあります。特に、売掛金の支払人が大手企業や公的機関、中小企業でも信用力の高い企業の場合、ファクタリングは利用しやすくなります。

 

ファクタリングを利用したい状況

 

財務内容や信用を悪化させたくない場合

銀行融資やビジネスローンは中小企業や自営業者の代表的な資金調達方法です。そのため、利用している企業や個人事業主はたくさんいるでしょう。

 

しかし、融資やビジネスローンは有利子負債であり借入になります。借入を利用すれば、決算書のなかの貸借対照表の負債として計上されていきます。そして、この負債は多くなればなるほど、銀行が企業の財務内容を評価する際に、「財務内容が良くなく、安全性の低い会社」として評価されるようになります。

 

つまり、借入を利用すればするほど、財務内容は悪化していき、追加的な借入を利用できる余地は減少していきます。さらに、財務内容が悪化すると、借入時の金利が高くなったり、銀行から既に借入している融資の返済を求められるということもあり得ます。

 

こういった事態を避けるため、財務内容を健全なままにするためにファクタリングを利用できます。ファクタリングは借金ではありませんので、利用しても財務内容は悪化しません。そして、銀行が財務内容を評価する際でもマイナス評価になりにくいという特徴があります。

 

取引先からの回収リスクを回避

売掛金は将来の一定期日において取引先から代金を回収する権利です。しかし、この売掛金の回収期日が到来する前に、取引先の信用が悪化して、期日になっても代金を支払ってもらえないという危険性もあります。こういった危険性のことを取引先の信用リスクとか、回収リスクなどと呼びます。

 

しかし、事業を行う企業や自営業者にとって、取引先からの回収リスクが大きいと経営は安定しなくなります。取引先からの入金を資金繰りのあてにしていたにもかかわらず、入金がなされないと予想外に経営が悪化してしまうこともあり得ます。

 

こういった取引先からの回収リスクを回避するための方法としてファクタリングが利用できます。ファクタリングで売掛金を売却した場合、その後に取引先から売掛金の支払いが行われなかったとしても、回収リスクを負うのはファクタリング会社となります。例え、ファクタリング会社が代金を回収できなくても、売掛金の売却代金を返金するなどの対応は必要ありません。これをファクタリングには償還請求権が無い、もしくはノンリコースであると言います。

 

売掛金の回収リスクを回避したい経営者はファクタリングを利用すべきと言って良いでしょう

 

取引先からの回収リスクを回避

 

 

充分な金額の売掛金がある場合

ファクタリングで資金調達できる上限金額は保有している売掛金の額に制限されます。ファクタリングは売掛金の売却代金によって資金調達する方法ですので、保有する売掛金を上回る資金調達はできません。

 

一方、多額の売掛金を保有している場合、必要な額をファクタリングで調達しやすくなります。通常、ビジネスローンで融資を受ける場合、すぐに借入できるのは500万円~1,000万円程度が上限となることが多く、まとまった大きな金額を借入するのは容易ではありません。

 

しかし、ファクタリングであれば、売掛金さえあれば、1,000万円を超える金額の資金調達を行うことも可能です。急いで大きな金額を資金調達したい会社や自営業者はファクタリングを利用されてみるのが良いでしょう

 

資金調達を急いでいる

予定外に急な資金需要が発生してしまった場合や、あてにしていた銀行融資が受けられなくて慌てている場合などにはファクタリングを利用すべきです。

 

ファクタリングは対象となる売掛金を保有していれば、スピードの速い審査で資金調達ができるため、最短即日といった現金化も可能です。そのため、銀行融資やビジネスローンに比べて、素早く資金調達できるのがファクタリングの大きなメリットとなります。

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングの利用にあたってはファクタリング会社選びが重要です。ファクタリング会社のなかには優良な会社もありますが、一方、悪質なファクタリング会社も紛れています。悪質ファクタリング会社の場合、高すぎる手数料を要求したり、本来必要の無い諸費用を要求するなど問題があります。

 

ここでは、実際の利用にあたって評判の良い優良ファクタリング会社をご紹介します。これからファクタリング会社を検討される方は是非参考にしてみてください。

 

三共サービス

手数料水準でファクタリング会社を選ぶなら三共サービス

 

ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、2位のビートレーディング・3位のMSFJをご覧ください)

 

三共サービスのおすすめ度:SS+

三共サービスの調達可能額上限は1億です。

 

三共サービスの特徴

三共サービスは、業歴も19年(2020年6月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にあります。

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

 3社間ファクタリングで、1.5%~

 2社間ファクタリングでも5.0%~

 

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国どちらの企業でも相談が可能です。

 

なお、三共サービスではスピード査定が可能ですが、買い取りに要する期間は最短で2営業日です。スピードが速く、即日資金調達可能を謳うファクタリング会社に比較すると、その点のみがデメリットとも言えます。

 

三共サービスが選ばれる理由

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 

 申込・見積もり依頼などはこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

 

そして、移動後すぐに表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

 

WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

 

 ファクタリングの関連記事

 三共サービスのファクタリングの特徴

 

 

ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です

 

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

 

おすすめ度:S

ビートレーディングの調達可能額上限は非公表

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社もいます。それに対して、ビートレーディングは、大抵の企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

 

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

ビートレーディングのファクタリング実績

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

 

 申込・見積もり依頼などはこちらから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

 

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、内容に沿った担当者から折り返しの連絡がもらえます。

 

 ファクタリングの関連記事

 ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

MSFJ

手数料水準と利用しやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

おすすめ度:A

MSFGの調達可能額上限は5,000万円です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

 MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイ

 

九州、特に福岡で事業を行っている事業主におすすめなファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。トラスト・ゲートウェイをご利用出来るのは「法人企業」となります。法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

トラスト・ゲートウェイのように、ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

 

トラスト・ゲートウェイは、他のファクタリング会社と比較しても、遜色の無い、優良なファクタリング会社です。九州で事業を行っている方には企業には、是非おすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴を整理すると以下となります。

①リピート率98%の満足度

②最短1日のスピード査定

 → その後、95%が申込に至る好条件

③担保・保証人不要

④50~5,000万円までのファクタリングに対応

⑤新規契約時に3万円のキャッシュバック中

⑥九州エリアトップクラスの買取率

⑦取引先への通知不要

 

九州でファクタリング会社をお探しならトラスト・ゲートウェイがおすすめです。他のファクタリング会社と比較しても遜色なく、地域密着のファクタリング会社ですので、安心して相談できます。

 

トラスト・ゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイはスピード査定・最短1日で資金調達ができるファクタリング会社です。トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下のサイトリンクをクリックしてください。公式ホームページに移動します。

 

 申込・見積もり依頼などはこちらから

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。「相談用のフォーム」が表示されますので、入力のうえ、確認・送信を押してください。その後、しばらくすると、専門の担当者から連絡が来ます。電話での相談も可能ですが、メールで問い合わせした方が、専門の担当者から連絡がもらえますので、スムーズに話がすすみます。

 

 ファクタリングの関連記事

 トラストゲートウェイのファクタリングをもっと詳しく解説

 

 

ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメントも「おすすめ」できるファクタリング会社です。

 

 

ジャパンマネジメントの特徴

ジャパンマネジメントのファクタリングの手数料率は 3.0%~です。前述したファクタリング会社と比較すると、やや高めの手数料料率ですが、ファクタリング業界の中では、かなり低めの水準です。

 

相見積もりを行う際には、是非、加えておきたいファクタリング会社です。

 

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

① 最短即日で資金調達可能

② 全国対応(出張買取OK)

③ 保証人・担保不要

④ 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)

⑤ 個人事業主のファクタリング利用も受付中

 

ジャパンマネジメントへの相談

ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下のリンクをクリックして、公式ホームページへ移動してください。

 

こちらをクリック

 

①移動後、表示されたページにて、「ファクタリング無料診断」をクリックして下さい。

②10項目程の問い合わせ欄が表示されますので、入力して「上記内容で診断/お問合せする」をクリックします。

③その後、専門の担当者からご連絡があります。

 

お電話での問い合わせも可能ですが、「至急」で無い場合は、上記で先に連絡しておく方が無難です。専門の担当者から連絡がもらえますので、その後の相談がスムーズに行えます。

 

 ファクタリングの関連記事

 ジャパンマネジメントのファクタリングを詳しく解説

 

 

えんなび

即日資金調達ならえんなび

 

えんなびは比較的審査に通りやすく、利用しやすいファクタリング会社としてご紹介します。ファクタリング手数料率は最低5.0%~ですので、前述したファクタリング会社に比べて、少し高めなのがデメリットです。

 

但し、即日資金調達や、債務超過、赤字、税金滞納など、銀行融資が全く利用できない状態でも利用できるのが特徴です。

 

えんナビ
4.5



☆小口ファクタリングにも対応
☆24時間365日受付

適用金利・手数料など

5.0%~

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

まとめ

中小企業や小規模事業者、自営業者などの資金調達手段としてファクタリングはおすすめできる方法となっています。特に、近年は銀行融資への過度な依存を避けるための方法としてファクタリングは注目を浴びています。

 

しかし、ファクタリングにもメリット・デメリットがありますので、銀行融資やビジネスローンとファクタリングのどちらを利用すべきかは慎重に検討する必要があります。そして、今回はファクタリングを利用すべき代表的なケースをご紹介しました。

 

ファクタリングは以下のようなケースで利用すべきと言えます。

・銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた

・急いで資金調達したい

・取引先からの回収リスクを回避したい

・売掛金を多額に保有している

・財務内容を悪化させずに資金調達したい

 

以上のケースに当てはまる方は、是非ファクタリングのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 ファクタリングの関連記事

 運転資金はいくら必要?自分で簡単に計算する方法

 ファクタリングとでんさいの違いとは?

 おすすめファクタリング会社をランキングでご紹介

 審査が甘いビジネスローンの見つけ方

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG