[最短5秒]ファクタリングの売掛金仮査定で資金調達の可能性を確認する方法!

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「急いで資金調達する必要がある」、「銀行の融資審査に落ちた」といった時に、是非検討すべき資金調達方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングは、融資とは違う資金調達方法であるため、銀行の審査に落ちた方でも資金調達できる可能性があります。さらに、赤字、債務超過、税金滞納中、銀行リスケ中でも資金調達できる可能性があります。

 

「急いで資金調達したい」、「ファクタリングの利用可否を事前確認したい」方に、売掛金仮査定が可能なファクタリング会社と、その活用方法をご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?


ファクタリングとは資金調達方法の1つです。しかし、資金調達とは言っても、銀行融資のような「借入」・「借金」ではありません。ファクタリングとは、「売掛金」を活用した資金調達方法です。ファクタリングは、商取引で発生した売掛金の回収期日前(取引先の支払期日前)に、売掛金を資金化することによって資金調達する方法です。

 

ファクタリングの仕組みを簡単に言うと、売掛債権をファクタリング会社に「売却」する方法となります。ファクタリング利用者は、ファクタリング会社への売却代金により資金調達できます。

ファクタリング会社は、売掛債権の回収期日に、取引先からの支払によって、ファクタリング代金を回収します。取引先からの回収は、ファクタリング利用者を経由して行う方法と、ファクタリング会社が直接行う方法を選択することができます。

 

 

<関連記事:ファクタリングの仕組みを図解で説明>

ファクタリングとは?ファクタリングの仕組みを初心者にも解りやすく図解で説明します!

 

 

赤字・債務超過でも可能


ファクタリングを活用すれば、赤字・債務超過といった、銀行の融資審査に通過することが難しい状況でも資金調達できる可能性があります。

ファクタリングの審査基準では、売掛金を支払う取引先の信用力が重要視されます。そのため、取引先の信用力が高ければ、ファクタリング利用者が赤字や債務超過の状態であっても資金調達することができます。

 

さらに、税金滞納中や、金融機関の借入をリスケ中といった状況でも資金調達できる可能性があります。

ファクタリングと銀行融資の審査基準は大きく異なりますので、銀行の融資審査に落ちた方でも、ファクタリングであれば利用できる可能性は十分にあります。

 

 

個人事業主も利用可能


ファクタリングを利用できるのは、法人・企業だけでなく、個人事業主も利用可能です。ファクタリングを利用するために大切な条件は、「売掛金」を、資金調達が必要な額以上に保有しているということです。この条件をクリアしていれば、法人や、個人事業主に関わらず、資金調達できる可能性があります。

 

 

<関連記事:個人事業主におすすめのファクタリング会社一覧>

個人事業主が利用できるファクタリング会社と利用時のポイント!!

 

 

売掛金仮査定とは?


売掛金仮査定とは、実際にファクタリング会社に正式申込する前に、「ファクタリングが利用できそうかどうか」を事前確認してもらうための制度です。売掛金仮査定を利用しても「申込」している訳ではありませんので、利用しない場合でもキャンセルなどの申し出は不要です。(申込では無いので、正式依頼する際には、別途申込が必要です)

 

ファクタリングで資金調達する経営者の多くは、即日~翌々営業日程度という短期間での資金調達を希望することが多く、無駄にできる時間がありません。

そのため、「ファクタリングで資金調達できる可能性があるか」という結論を先に知ることが重要となります。利用できる可能性が高いなら、実際に申込するための必要書類を準備したり、ファクタリング会社との条件交渉を行い始めるという経営者は多いでしょう。

 

ファクタリングの「売掛金仮査定」とは、結果を速く知りたい経営者のために、書類提出不要で、簡単なアンケート+自己申告の情報をもとに、ファクタリングの利用可否を簡易的に判定するサービスとなります。

 

 

売掛金仮査定の活用法


まずは実際に、ファクタリングを利用して「資金調達できそうか」を確認することが大切です。

「無料で利用できる売掛金仮査定」なら、まずは査定を依頼しておいて、結果を確認しておくのが良いでしょう。売掛金仮査定を依頼して、利用可否の確認、及び条件提示を受けたうえで、希望に合わない、もしくは、「もっと良い資金調達方法」が見つかれば、ペナルティや手数料無く、売掛金仮査定を取り下げしても問題ありません。

 

ファクタリングの売掛金仮査定は、資金調達手段を確保するための「保険」、「参考」として利用できるのが特徴です。

 

 

売掛金仮査定が出来る会社


売掛金仮査定(会社によっては無料診断、簡易診断とも呼んでいます)を利用できるファクタリング会社をご紹介します。売掛金仮査定は、ファクタリング会社全てで行っている訳ではありません。

 

売掛金仮査定を利用すべき、おすすめのファクタリング会社のポイントは以下です。

①無料で査定を依頼できる

②スピード診断が可能

③口コミ、評判などでファクタリング実績が確認できるか

④条件が合わない時の取り下げが容易

⑤悪質ファクタリング業者でない

 

売掛金仮査定を依頼するのに適したファクタリング会社とは、無料で簡易査定を依頼でき、すぐに結果が解るファクタリング会社です。簡易診断の結果がすぐに解れば、ファクタリングが利用出来ない時でも、別の資金調達方法を探すことが可能です。

 

良くないのは、結果が判明するのに時間がかかってしまった挙句、資金調達にファクタリングが利用できなかったり、手数料などの条件が良くない場合です。

 

また、悪質ファクタリング業者は論外です。悪質なファクタリング業者に引っかかっては時間の無駄ですし、最悪のケースとして、高すぎるファクタリング手数料を要求されてしまうこともあります。

 

それでは実際に、「短時間」・「無料」で利用できる売掛金仮査定を行っているファクタリング会社を紹介します。

 

 

㈱サウルス(資金調達ガイド)


サウルスは、自社でファクタリングサービスを提供しながら、同時に他のビジネスローン会社から、申込人に最適な会社を紹介するサービスを行っている会社です。ビジネスローンは他社を紹介して、ファクタリングなら自社(サウルス)で行います。

 

サウルスは、全国どちらで営業されている事業者(法人企業・個人事業主)でも利用できる可能性のあるファクタリング会社です。ファクタリングによる調達可能金額は、最大3億円までとなり、取引先(売掛先)の事前同意不要のファクタリングも可能となります。

 

サウルスデータ

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(即日可) 全国 非公表 非公表 3億円

 

 

 

サウルスでは、資金調達ガイドのサイトを通じて、「5秒無料診断」を行っています。

以下のリンクから「資金調達ガイド」のサイトに移動して、以下の3つの手順で進んでください。

 

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

<5秒診断流れ>

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック
資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。
希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。
メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

5秒無料診断に回答後、回答用メールアドレスを登録すると、ファクタリングの利用可否をすぐに教えてもらうことができます。

 

 

結果を受領後、ファクタリングの利用可能となった場合には、以下の選択肢から選ぶことになります。

①そのままサウルスを利用してファクタリング

②保留したまま他のファクタリング会社も相談

③サウルスを断って他のファクタリング会社に相談

 

まずは、「調達可能はファクタリング会社」を確保しておきたいところですので、②サウルスを保留して、他のファクタリング会社の条件も確認するのがおすすめです。

 

 

ビートレーディング


ビートレーディングも「5秒無料簡易診断」が可能なファクタリング会社です。

 

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでは、規模・業歴、そしてファクタリング実績の豊富さでトップクラスに位置するファクタリング会社です。

 

<関連記事>

 

 

 

ビートレーディングは、法人企業・個人事業主のどちらも利用できるファクタリング会社であり、さらに全国どちらの事業主でも利用できます。

 

「どこのファクタリング会社を利用するのが良いのか解らない」という事業主であれば、とりあえずビートレーディングを含めて相談されておくのがおすすめです。

 

■ビートレーディングデータ

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 3億円

 

 

ビートレーディングの5秒診断


ビートレーディングの5秒診断は、以下のリンクから公式ホームページに移動して行います。

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

移動後のページを下にスクロールすると、以下の図のような「5秒診断」のページに到達しますので、こちらに入力してチェックすることが可能です。

 

<ビートレーディングの5秒診断>

 

ビートレーディングは、無料・5秒診断で条件提示を受けた後でも、利用を取り下げ出来ますので、まずは条件提示を依頼するのがおすすめです。

 

 

 

資金調達を速めるコツ


無料・簡易診断や、スピード査定が可能なファクタリング会社を利用しても、資金調達希望者側の対応が悪くても、資金調達を急ぐことはできなくなります。

ファクタリングを活用して、即日~翌々営業日程度での資金調達を可能にするためには、ファクタリング会社への提出書類を、遅滞なく準備しておく必要があります。

 

資金調達を無駄なく進めていくためには、以下の流れでファクタリング会社に相談するのが良いでしょう。

 

<申込の流れ>

ファクタリング会社に相談(売掛金仮査定/簡易診断)

仮審査結果

(複数のファクタリング会社へ依頼)

申込必要書類の準備

正式申込

正式な審査回答/ファクタリング条件の提示

複数社の条件比較/最終申込するファクタリング会社を決定

 

この中で、「必要書類の準備」を素早く行って、正式申込時期を早めることが大切です。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリングの基礎知識


そもそも「ファクタリングがどういった資金調達か良く解らない」と言う方は、以下の関連記事を、読んで頂くことをおすすめいたします。

ファクタリングは借入ではない資金調達として、近年注目度の高い資金調達方法となっています。そんなファクタリングを利用するための基礎から、知っておくべき情報まで網羅して説明しています。

 

<関連記事:ファクタリングとは?>

【保存版】注目度の高まるファクタリングとはなに?経営者が知るべき情報を網羅して解説します!

 

 

まとめ


ファクタリングは、資金調達を急ぐ事業主や、銀行融資審査に落ちて困っているという経営者におすすめの資金調達方法です。

 

ファクタリング会社のなかには、売掛金仮査定(無料/簡易審査・事前審査)を行っているファクタリング会社もいます。これらのファクタリング会社では、最短5秒の無料簡易診断など、審査に通過する可能性があるかを事前に確認してくれます。

お急ぎであれば、ファクタリング会社に正式申込、書類準備する前に、売掛金仮査定から審査結果を確認しておくのが良いでしょう。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。