ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

「中小企業でもオリックスから融資が受けれるの?」と悩まれている方に、利用できる融資の有無や、利用方法を解説します。イチロー・レンタカーなどで有名な大手ノンバンクのオリックスですが、総合金融グループとして色々なサービスを展開しています。

 

そして、中小法人・個人事業主でも、事業性資金の融資が受けやすい商品もあります。新たな資金調達先を検討している方の参考にしてください。

 

 

オリックスグループとは?

オリックスって、どんな会社なのかから解説していきましょう。オリックスは、創業当時リース業を営むノンバンク会社として事業を開始したんですが、現在に至っては銀行・信販会社・保険などの金融業から、レンタカー・不動産事業・電力会社など、様々な事業に手を広げています。

 

オリックスは幅広く事業展開しており、法人・個人事業主が資金調達するための商品も色々準備されています。しかも、オリックス銀行に限らず他のグループ会社でも取り扱いがあるんです。

 

オリックスグループで利用できる融資について、実際にいくつか紹介しましょう。

 

オーダーメイド型ファイナンス

最初に、オリックスグループのなかでも、もっとも事業融資の可能性が高そうな「オリックス銀行」の法人融資から解説していきましょう。

 

オリックス銀行とは、オリックスグループの銀行部門で支店などは持たず、今はやりのネット専業銀行の部類に含まれます。オリックス銀行の特徴として、大手都市銀行や地方銀行みたいに、たくさんの商品を展開するわけではなく、商品数やサービスを限定し、得意分野のサービスのみで勝負している点があげられます。

 

オリックス銀行は本来、信託・預金・カードローンなどを得意業務として運営していましたが、大企業であるオリックスグループのノウハウを最大限駆使し、2009年より法人向け融資事業も取り扱いを始めました。そのなかでも、特に力を入れているのが、中堅中小規模の法人に対する融資です。

 

オリックス銀行の法人向け融資は、オーダーメイド型という特徴があり、取引先法人に応じた商品を提案してくれます。ネット銀行は、基本支店持たないので、直接対面での相談ができず、意思の疎通が難しかったり、書類を郵送でやりとりするなど、時間や手間暇がかかり、利用しづらいデメリットが大きく目立ちます。

 

しかし、オリックス銀行の法人向け融資は個々に応じたオーダーメイド型商品のため、相談する会社ごとの個別の事情を配慮し柔軟に融資手続きをしてくれる可能性があります。ただ、多くの金機関が取り扱うパッケージ化された商品ではないので、ハッキリとした審査基準や商品内容などは明らかにされていません。

 

そのため、実際に相談してみないと融資してもらえるのかはもちろん、どういった条件の借入があるのかさえ分からないというデメリットがあります。こういった点は解りづらくて、少し利用しづらいとも考えられます。

 

オリックスで利用できるファイナンス商品

 

利用できる方の条件

オリックス銀行の法人向け融資は、個々の法人に応じたオーダーメイドなので、ネットからの申し込みが出来ず、直接最寄りの店舗に連絡して面談する必要があります

 

また、申込できる法人を融資希望者の所在地で制限しています。オリックス銀行に法人融資申込ができるのは、本社所在地が以下の地域内であることが条件になっています。

 

1.首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川の各都県)
2.近畿圏(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山の各府県)
3.福岡圏(福岡県とその周辺部)

 

注意:首都圏・近畿圏・福岡圏は、東京・大阪・福岡の中心部まで公共交通機関(電車・バス)を利用したときの所要時間を東京でおよそ1.5時間、大阪・福岡で1時間以内のエリアまでと限定しています。この所要時間に収まらない場合は申込対象外なので申込自体できません。

 

VIPローンカード

オリックス・クレジットの代表敵な融資商品である「VIPローンカードBUSINESS」がどういった商品かご存知でしょうか。VIPローンカードBUSINESSは、その商品名のごとくビジネスローンとして利用するカードローン型融資商品です。

 

VIPローンカードBUSINESSですが、実際に借入申込できる人は個人に限定されています。法人からの申込ができないのが、VIPローンカードBUSINESSの特徴です。そして、VIPローンカードBUSINESSで借入する場合、借入資金の使用用途は以下に限定されています。

 

<利用できる範囲>

1. 事業資金

2. プライベート(事業資金意外)

 

オリックスのVIPローンカードBUSINESSは、上記のどちらの利用目的でもOKであり、借入限度額最高500万円まで借入可能です。

 

個人が申込・契約する融資商品とは言っても、個人の生計費だけに使用するものではなく、事業資金のための融資にも使えます。利用方法はカードローンと同様なので、借入金額が借入限度額の範囲内なら、今現在借入中であっても何度でも借入・返済することが出来ます。

 

事前に審査に通過し契約しておくことで、急な資金調達に対応できるので、すぐに資金が必要でなくても、いざという事態に備えて契約しておきたい商品です。VIPローンカードBUSINESSは審査回答が最短60分なので即日での資金調達が可能です。とは言っても、急いでお金が必要な時に即日で審査通過できるとは限りませんので、急な資金が必要なった時に利用できるように事前に審査通過しておきたいですね。

 

VIPローンカードBUSINESS利用するときに適用される金利は、6.0%~17.8%(実質年率)です。(注意:借入限度額が100万円を超えるときは、上限金利は14.9%になります)。オリックスVIPローンカードBUSINESSへの申し込みはネット対応しているので手続完了までインターネットで完結することが出来ます。わざわざ店舗に行く必要がないのがメリットです。

 

VIPローンカード

 

不動産・動産担保融資

オリックス(株)は、オリックスグループの中核企業で、リース業をメーンで扱う会社です。オリックス(株)は、貸金業者としての登録もあり、一般的にノンバンクと言われる区分の会社です(ノンバンクとは、通常、融資業務を行っている事業者のうち、預金業務を扱っていない会社のことを指します)。

 

法人向け融資の申し込みで頭に浮かぶのは、名前から連想できるオリックス銀行ですがオリックス(株)にも、独自の法人向け融資商品がありますので、以下にご紹介します。

 

不動産担保融資

オリックス(株)から、法人・もしくは個人事業主が今現在既に保有している不動産や、これから取得する不動産を担保として認めてもらえれば、不動産担保融資を受けることが出来ます。不動産担保融資であれば、調達した資金の使用目的も、不動産の取得代金・開発代金・建築資金など、幅広く対応してくれていますし、無担保型の融資に比べて、大きな金額の審査にも通りやすくなります。

 

オリックス(株)は、収益を生み出す価値のある不動産(賃貸物件など)の場合は、非訴求型融資(ノンリコースローン)を利用することもできます。

 

ノンリコースローンとは?

担保の対象となる価値のある不動産から生まれる収益のみを返済に充当する融資です。借入する法人が所有している担保以外の保有資産や、担保とする不動産以外の事業収益からの借金の返済を求めない融資商品という点が特徴です。

 

ノンリコースローンのメリット

不動産の収益の悪化が原因で返済できなくなったとき、担保対象不動産のみ手放すこと以外の返済を求められることがありません。あくまでも、対象となる不動産が生み出す収益や、不動産の売却代金のみを返済原資とします。

 

オリックス以外の不動産担保融資

オリックス㈱が行う不動産担保融資はメリットが多くありますが、一方で、大手ノンバンクということもあり、担保として求める不動産の基準が厳しいというデメリットもあります。

 

特に、収益物件のように、直接的な収入が見込まれる物件は担保になりやすい一方、住宅や、事務所、工場、そして権利関係が複雑な不動産は敬遠される傾向があります。こういった不動産を担保として融資を受けたい方は、以下のような業者がおすすめです。

 

 トラスト・ファイナンスの不動産担保融資

不動産担保ローンのご相談はトラストホールディングスへ。無料相談受付中!


あらゆるニーズにお応えする、資金使途自由な不動産担保ローン。
抵当順位不問、借地権・共有持分・底地・収益物件等、どんな不動産でも対応可能。

 

 

動産担保融資

オリックス(株)は、不動産以外の資産(動産)を担保とした融資商品も取り扱っています。業歴が短い法人や、担保となる不動産を保有していない法人が融資を希望する場合、動産担保融資も有効な選択肢となりますので、検討されてみるのが良いでしょう。

 

動産とは?

工作機械・建設機械・商用車(トラック・バスなど)などで担保に出来る価値があるもののことです。こういった資産を、不動産(土地・建物など)に対して、動産と呼びます。

 

動産担保融資の特徴

担保対象となる動産の評価が難しいうえ、担保の管理や処分も容易ではないので取り扱っている銀行は限定されています。・中小法人などの場合だと、所有している不動産がなくても、町工場などの経営に使用する動産を所有しているケースは多いでしょう。

 

そのため、中小法人にとって、動産担保融資が認められて利用できると、銀行からの借入より融資が受けやすくなる可能性があります。オリックス(株)の融資商品は価値のある不動産・価値のある動産など有担保型の融資を主として取り扱っています。

 

銀行の融資と比較すると、すでに持っている不動産や動産などを担保として扱ってもらえるメリットがあるので、動産・不動産を持っている中小法人などは、一度相談してみる価値があるでしょう。

 

動産担保融資とは?

 

 

オリックス以外の資金調達先

オリックスグループから資金調達する方法をご紹介しました。オリックスグループの場合、大手ノンバンクとなり、ある程度融資を受けるための審査基準は厳しくなってしまいます。そのため、中小法人や、小規模事業主は融資を受けられないことが多くあります。

 

ここでは、オリックスグループから融資を受けられなかった法人や個人事業主が利用できる可能性のある融資商品をご紹介します。

 

ビジネスローン

オリックスと同様に、ノンバンクと呼ばれる貸金業者が取り扱っている融資商品です。そのなかでも、ビジネスローンと呼ばれるのは、パッケージ化された商品であり、小規模の法人や事業主でも比較的利用しやすい融資商品になっています。

 

アイフルファイナンス(ビジネクスト)

ビジネクストのビジネスローン

 

アイフルファイナンス(ビジネクスト)はカードローン型ビジネスローンとして利用しやすいのが特徴です。それもぞのはず、ビジネクストは大手消費者金融として有名なアイフルの子会社です。一度申込して契約しておけば、必要な時にいつでも事業資金の借入が可能になります。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

MRF

MRFは証書貸付タイプのビジネスローンとしておすすめです。比較的大きな金額を、低めの金利で借入することができます。MRFでは無担保型のビジネスローンから、不動産担保型のビジネスローンまで幅広く取り扱っています。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

 

ファクタリング

ファクタリングとは借入ではない資金調達方法です。商取引で発生した売掛金を、ファクタリング会社と呼ばれる先に売却して、回収期日前に売掛金を資金化できるのが特徴です。

 

ファクタリングは融資ではないため、審査基準が異なります。そのため、銀行やノンバンクの審査に落ちた方でも、ファクタリングなら利用できるということが多くあります。加えて、ファクタリングでは最短即日からの資金調達にも対応しています。

 

 

三共サービス

 

ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、2位のビートレーディング・3位のMSFJをご覧ください)

 

三共サービスのおすすめ度:SS+

 

 

三共サービスの特徴

三共サービスは、業歴も18年(2018年8月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にあります。

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

 

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。

 

ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国どちらの企業でも相談が可能です。

 

なお、三共サービスではスピード査定が可能ですが、買い取りに要する期間は、最短で2営業日です。スピードが速く、即日資金調達可能を謳うファクタリング会社に比較すると、その点のみがデメリットとも言えます。

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

 

そして、移動後すぐに表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

 

WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

 

<関連記事>

https://www.ozyouzumoney.online/article/factoring-6.html

 

 

ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です。

 

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

 

おすすめ度:S

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社もいます。それに対して、ビートレーディングは、大抵の企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

 

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

 

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、内容に沿った担当者から折り返しの連絡がもらえます。

 

<関連記事>

https://www.ozyouzumoney.online/article/factoring-7.html

 

 

MSFJ

手数料水準、利用しやすでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

おすすめ度:A

 

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

 

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

ファクタリングの利用可否を確認

ファクタリングは即日資金調達も可能であることが大きなメリットです。しかし、少しでも良い条件を引き出すためには、複数のファクタリング会社と条件交渉を行うのが理想です。慌てすぎると、悪質ファクタリング会社に騙されてしまうこともあります。

 

しかし、資金調達を急ぐ経営者にとって、実際に資金調達ができるかどうかの結果を素早く知りたい、まずはファクタリングの可能性があるかを確認したいという希望する経営者少なくないでしょう。そんなとき、こちらの「資金調達プロ」を相談対象に加えるのがおすすめです。

 

資金調達プロはファクタリングの一括見積サービスを提供するサービスです。資金調達プロのサイトから一度必要項目を入力すれば、条件にあったファクタリング会社から提案を受けることができます。

 

資金調達プロはこちらから

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

おすすめの利用方法

資金調達ガイドのおすすめの利用方法です。ファクタリングを利用するには、少しでも良い条件を引き出すことが大切です。そのためには、複数のファクタリング会社から条件提示を受け、相見積もりを行うことが必要です。

 

資金調達ガイドは、早い・簡単に条件提示を得られるファクタリング会社ですので、前述のファクタリング会社と並行して、条件確認を行うのがおすすめです。資金調達ガイド(サウルス)のファクタリング簡易診断は、「無料」で行なえる診断サービスですので、安心してご利用ください。

 

 

まとめ

オリックスグループは、銀行・信販会社・リースなど多様な業務を運営しています。

オリックス・クレジットの法人経営者・個人事業主を対象とするビジネスローンの “VIPローンカードBUSINESS”が有名です。

 

VIPローンカードBUSINESSだけでなくオーダーメイド型の融資や、不動産・動産担保での融資商品も取り扱っているので資金調達したい法人経営者は、オリックス(株)への相談もお勧めです。

 

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG