事業資金借入

個人事業主がすぐに借入できる方法をご紹介します!!

個人事業主や、小規模企業の場合、借入などの資金調達ができる方法の選択肢はそれほど多くありません。そのうえ、即日~数日という短期間で借入が必要な時に利用できる資金調達方法は限られてしまいます。

 

「銀行融資」をうまく活用したいところですが、銀行融資を受けるための審査は簡単ではありませんし、時間や手間暇もかかります。

 

そんな時、一時的な「つなぎ融資」など、短期間で借入できる方法を知っておくと非常に役にたちます。資金調達で不利になる個人事業主、小規模企業の経営者が、すぐに借入できる方法をご紹介します。

 

 

急ぎの資金に銀行は適さない

一般的に中小企業や、個人事業主などが資金調達を必要とする場合、最初に銀行に相談するという方が多いと思われます。

 

しかし、銀行からの融資には時間がかかります。

既に、借入の実績が何度もあって、銀行からの信用が高いという事業者は別ですが、初めて相談する銀行や、1~2度の借入を行ったことがある程度の銀行であれば、相談してから審査結果が出るまでに数週間~1ヶ月程度かかるということもあります。

 

加えて、銀行の融資は審査も厳しいのが特徴です。

中小企業や、小規模事業者の場合、銀行に相談して1ヶ月もの審査期間を待ったにも関わらず、結果的に審査に落ちてしまうということも少なくありません。

 

そのため、急いで資金調達をしなければならない事業者には銀行融資は適していません。

さらに、銀行の審査に落ちたことによって、慌てて代わりの資金調達方法が必要になるというケースもありますので、そういった資金調達に対応できる方法を知っておくのが大切です。

 

注目のファクタリング

借入とは少し違いますが、個人事業主や小規模企業が資金調達できる手段としてファクタリングをご紹介します。

ファクタリングは、最短即日で、個人事業主や中小企業が事業資金を調達できる方法として、近年、注目を集める資金調達方法です。中小企業や、個人事業主を中心としてファクタリングの利用者は増加傾向になります。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは、借入ではなくて、売掛債権の売却にあたります。銀行の手形割引を利用したことがある方であれば、非常に良く似ていますので、想像がつきやすいと思います。

手形割引では取引先から受けとった手形を銀行に売却しますが、ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却します。

 

銀行借入のうち、手形割引を、売掛債権に代えたものと考えれば理解しやすいでしょう。

しかし、手形割引とファクタリングには違いもあります。そのなかで、最も大きな違いと考えられるのは、ファクタリングは、取引先が倒産しても、売掛債権を買い戻す必要が無いことでしょう。

 

手形割引では、手形の支払人が倒産すると、借入人は、銀行から該当手形を買い戻さないといけません。

つまり、手形割引は、条件付きの手形の売却であって、不渡りリスクは借入する個人事業主や企業が負ったままになります。

それに対して、ファクタリングでは、売掛債権を売却した後の倒産リスクは、ファクタリング会社が負うことになります。そのため、取引先が倒産しても、申込人が買い戻す必要はありません。

 

ファクタリング検討中

 

さらに、ファクタリングには以下のメリットや特徴があります。

①企業・個人事業主が赤字・債務超過でも資金調達できる

②最短即日で事業資金を調達可能

③個人事業主も資金調達できる

④税金滞納中、銀行への延滞中でも調達可能

⑤倒産リスクはファクタリング業者が負担

 

ファクタリングは、正式には借入ではなく売掛債権の売却です。

そのため、売掛金の支払人である取引先の信用力が大切である反面、資金調達する個人事業主・企業の信用力は重要ではありません。

 

例え、資金調達を希望している個人事業主・企業が、赤字や、債務超過といった、信用力の悪化している状態でも、ファクタリングで資金調達することができます。

 

<ファクタリングのおすすめ記事>

 注目度の高まるファクタリングとは?基礎から利用方法まで徹底解説

 スピード審査に対応して即日資金化が可能なファクタリング会社とは?

 おすすめのファクタリング会社をランキングでご紹介

 銀行融資とファクタリングは何が違うのか?調達条件やメリット・デメリットで比較

 

 

個人事業主向けファクタリング

個人事業主でも利用できるファクタリング業者をご紹介します。

ファクタリング業者のなかでも、安全・安心して利用できるファクタリング業者で、さらに個人事業主が利用できるファクタリング業者は多くありません。

 

個人事業主が資金調達できるファクタリング業者から、2社選りすぐってご紹介しますので資金調達の参考にしていただければ幸いです。

 

1位 ビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社と言って良いでしょう。

 

ビートレーディングをご利用できる方:法人企業・個人事業主

 

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ており、さらに、個人事業主でも利用できるというメリットがあります。

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判も多く参照できますので、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングはファクタリング業界のなかでも最も安心してご利用できる知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングでは他のファクタリング会社に比較して、法人個人・事業規模に関わらず、ファクタリングを利用できるのも特徴です。

「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社が多い中で、最大手のビートレーディングがどちらでも利用できるというのは大変うれしいところです。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

①日本全国ファクタリング可能(全国対応)

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

知名度・実績のあるファクタリング会社を、1つだけあげるなら間違い無く「ビートレーディング」をあげます。

 

ビートレーディングへ申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。

もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。

相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

 

 申込・相談はこちらから

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、その後、ご相談内容に適した担当者から、電話連絡してきます。

 

 ビートレーディングのファクタリングサービスのご紹介

 

 

2位 MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

MSFJは全国対応可能、個人事業主・自営業者も利用可能なファクタリングサービスです。

 

また、MSFJの特徴は手数料体系の解りやすさと、上限手数料率が低いことです。

一般的なファクタリングサービスで、個人事業主が利用する場合、ファクタリング手数料は10%を超えることもあります。

 

しかし、MSFJの場合、ファクタリング手数料の上限は9.8%です。

さらに、審査結果によっては、手数料率の下限が1.8%になりますので、もっと低い手数料で利用できる可能性もあります。

 

MSFJの基礎データ

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(即日可)全国5,000万円

 

<MSFJの商品概要>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJではファクタリング手数料の上限範囲を公表しています。上限となるファクタリング手数料率でも10%以内であり、ファクタリング業界のなかでもトップクラスに低い水準が特徴です。

 

 申込・相談はこちらから

▼MSFJのファクタリング


*手数料の低さは業界トップクラス

 

 

3位 ジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメントも個人事業主に「おすすめ」のファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントをご利用できる方:法人企業・個人事業主

 

ジャパンマネジメントの特徴

ジャパンマネジメントのファクタリングの手数料率は 3.0%~です。

ファクタリング業界の中ではかなり低めの手数料率であり、個人事業主でも利用できるファクタリング会社です。

 

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴は以下です。

① 最短即日で資金調達可能

② 全国対応(出張買取OK)

③ 保証人・担保不要

④ 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)

⑤ 個人事業主のファクタリングも対応

 

ジャパンマネジメントへの相談

ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下のリンクをクリックして、公式ホームページへ移動してください。

 

 こちらをクリック

 

 ジャパンマネジメントのファクタリングサービスの特徴をご紹介

 

①移動後、表示されたページにて、「ファクタリング無料診断」をクリックして下さい。

②10項目程の問い合わせ欄が表示されますので、入力して「上記内容で診断/お問合せする」をクリックすれば終了です。

③その後、専門の担当者からご連絡があります。

 

 

個人事業なら消費者金融も活用

個人事業主が「低額」の事業資金を比較的簡単に借入する方法として、消費者金融の借入(カードローンや事業主向けの借入など)が利用できます。

銀行カードローンでは、個人事業主が、事業資金として使用するための借入を禁止しています。

しかし、消費者金融のカードローンは、「個人事業主」であれば、事業資金として使用することを認めているものがあります。

 

消費者金融のカードローンで借入すれば、最短即日で個人事業主が事業資金を調達できます。

 

 

プロミスのカードローン

プロミスならお得にカードローンが利用できる/きっちり30日間無利息

 

プロミスのカードローン(フリーキャッシング)は、個人事業主が、事業資金として借入できるおすすめのカードローンです。

プロミスのフリーローンなら、最短即日借入が可能であり、また、一度借入限度額を作っておけば、反復して事業資金の借入・返済が可能です。

 

借入限度額の範囲内であれば、都度の審査を受けずに借入することもできます。個人事業主であれば、いざという時のために、借入枠を作っておくのがおすすめです。(法人企業の事業資金にはご利用できません)

 

プロミスのフリーキャッシングは、個人が生計費、レジャーなどに使用して良いほか、個人事業主が事業資金として使用することも認めています。そのため、個人事業主が、急な資金が必要な際に、借入しやすい商品です。

 

但し、カードローンは総量規制の影響を受ける借入です。通常、事業性資金の借入であれば、総量規制の対象外となります。しかし、カードローンは、事業性資金に限らず、生計費としての使用を主としていますので、総量規制の範囲に含まれます。

 

そのため、年収の3分の1を超えて借入することができませんので、注意が必要です。

 

プロミスの借入条件

プロミスのカードローン(フリーキャッシング)を使用して借入する場合の、最大借入可能額は、500万円、借入金利は、4.5%~17.8%(実質年率)となります。

実際の適用金利は、審査結果によって決定されます。

あまりに高い金利が適用された場合は、事業資金としての使用には適さないものとなります。

 

そのため、プロミスでの審査結果によって、適用金利を良く確認することと、極力、一時的な「つなぎ資金」としての借入がおすすめです。

 

 プロミスへの申込

プロミス 
お申込はこちら▼








適用金利(実質年率)最大借入可能額
4.5~17.8%1~500万円

 

こちらから公式ホームページの申込ページに移動できます。24時間・365日申込を受付しています。

プロミスなら最短即日での借入も可能ですので急いでいる方にもおすすめです。

 

<関連記事>

 

 

MFクラウド会計のご案内 
▼申込はこちら▼

 

 

アコムのカードローン

アコムのカードローンも、個人事業主に限定して、事業性資金としての使用を認めるカードローンです。

 

アコムのカードローンであれば、適用金利3.0%~18.0%の範囲内で、最大800万円までの借入が可能です。

 

アコムのカードローンも、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1までの範囲内に限定して借入することができます。

 

はじめての方にアコム最短即日融資も可能
ご相談はこちら▲
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

<カードローンの関連記事>

 消費者金融アコムから借入する方法とメリット・デメリット

 アコムで即日融資を受けるための申込方法と流れ

 失敗しないために知っておきたいアコムカードローンの強みと弱み

 これだけ知っておきたいアコムカードローンの審査規準と審査に通過する方法

 

 

大きな金額ならビジネスローン

個人事業者や、小規模の企業が、急ぎで借入することのできる事業資金として、ビジネスローンがあります。ビジネスローンとは、個人事業主や、法人企業が、事業性資金を短時間で、借入することのできる融資商品です。

ビジネスローンも、金利はやや高いのですが、急ぎで事業性資金を借入する必要のある方が、短期的な「つなぎ資金」として借入するのに適した商品です。

 

スピードが速い

ビジネスローンの特徴の1つは審査スピードが速いことです。

銀行から事業性資金を借入する場合、通常は1ヶ月ほど長ければ更に1ヶ月程かかってしまうこともあります。

 

それに対し、ビジネスローンは早ければ即日で事業資金の借入が可能です。

銀行借入ができるまでや、売掛資金の回収までの短期的な「つなぎ資金」としての借入として、役立つ商品となっています。

 

資金使途が自由

ビジネスローンの資金使途は「事業性資金」であれば原則自由です。

銀行からの借入では、事業性資金であっても、さらに運転資金や、設備資金など資金使途の詳細に確認されます。

 

資金使途を詳細に確認したうえ、予定外の目的に使用していると、「資金使途違反」として、全額返済を求められることもあります。ビジネスローンでは、事業性資金の範囲内であれば、資金使途は自由です。個人事業主や小規模企業が柔軟な目的で借入できるところが魅力です。

 

総量規制の範囲外

ビジネスローンは事業性資金として使用するための借入です。

そのため、個人事業主が借入する場合でも総量規制の制限をうけません。

 

総量規制では、個人が無担保で借入する場合には、借入できる上限額を、年収の3分の1までに制限しています。

 

ビジネスローンは、総量規制の制限を受けませんので、個人事業主や、小規模企業でも、比較的大きな金額を借入できる可能性があります。

 

 消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

 

アイフルファイナンス(ビジネクスト)の事業者ローン

ビジネスローンとして個人事業主に最もおすすめの会社は「アイフルファイナンス(ビジネクスト)」です。

 

ビジネクスト

 

アイフルファイナンスは、大手消費者金融である「アイフル」の子会社であり、アイフルの事業者金融専門の会社です。大手企業の子会社であり、安心して利用することができます。また、アイフルファイナンスは以前、ビジネクストの名称で事業を行っておりましたが、2020年にアイフルファイナンスに名称変更を行いました。

 

アイフルファイナンスの事業者ローンは、「カードローン」タイプのビジネスローンであり、とりあえず申込して融資枠を作っておけば、その後は「いつでも自由に借入できる」のが魅力です。融資枠を作っておくこと自体に手数料や年会費、保証料といったものはかかりませんので、借入する必要がなくても損するということはありません。

 

さらに、担保や、第3者保証人不要で借入できるのもビジネクストのおすすめポイントです。

 

<アイフルファイナンスの借入条件>

借入可能額

1~1,000万円

申込可能な方

法人・個人事業主

業歴1年以上(確定申告1期分)

借入金利(実質年率)

限度額100万円以上:8~15%

限度額100万円未満:13~18%

年会費・保証料

無料

担保

不要

連帯保証人

第3者保証人不要/代表者の保証は必要

資金使途

自由・確認書類の提出も不要

融資までの時間

1日(申込翌日の融資可能)

 

アイフルファイナンス(ビジネクスト)の申込方法

▼以下のリンクから公式ホームページ上で行います。

事業者専用ローンなら『アイフルビジネスファイナンス』

 

「オンラインから申込」を選択して必要事項をご入力下さい。

必要書類は「郵送」・「メール」・「FAX」での提出が可能です。

 

 

個人事業主の資金調達方法

 

 

エム・アール・エフ

エム・アール・エフでは、個人事業主・小規模企業が借入できる不動産担保型のビジネスローンを取り扱っています。エム・アール・エフの営業エリアは、西日本(兵庫県以西)となります。

 

エム・アール・エフでは、短期的な「つなぎ融資」であれば、最大3億円までの金額を、5.0%~9.6%までの金利で借入可能です。もちろん、短期の「つなぎ融資」以外にも、長期間での借入も可能です。

 

エム・アール・エフへのご相談

エム・アール・エフは、以下のサイトリンクから、公式ホームページの相談用ページに移動できます。

 

画面中ほどに設置された「オンラインで申込む」を選択ください。必要事項の入力画面に移動します。

 

▼こちらをクリック▼

 

エム・アール・エフのビジネスローンは、WEBからの借入申込で、融資可否を教えてもらうことができます。エム・アール・エフのビジネスローンは、借入申込から24時間以内に審査対応してもらえ、短時間での借入も可能です。

 

 申込・相談はこちらから

楽天カードのお申込み▼


 

 

不動産担保付融資

個人事業主・中小企業で、担保提供できる資産をお持ちであれば、担保付融資を検討されるのがおすすめです。

 

担保付で借入する場合には、個人事業主や、小規模の企業でも「審査に通過しやすい」、「低金利」、「無担保に比べて大きな金額」を借入できる可能性が高くなります。

 

こちらでは、不動産担保付融資をご紹介します。不動産担保融資で借入するには、価値のある不動産を保有していることが条件となります。しかし、もし保有されているなら、個人事業主や小規模企業でも、借入の可能性が高まるうえ、無担保借入よりも大きな金額を借入できる可能性があります。

 

保有不動産の有効活用となりますので、是非、ご検討下さい。

 

不動産担保融資とは?

不動産担保付融資というのは、借入人(法人企業・個人事業主)や、その経営者・関係者が保有する不動産を担保提供して、不動産に(根)抵当権を設定して借入する方法です。

不動産担保付き融資では、担保の価値に応じて、借入できる可能性が高まります。

 

個人事業主や、法人企業の収益力などに欠点があっても、提供する担保に価値があれば、借入できる可能性は高くなります。そのうえ、無担保借入に比べ、大きな金額の借入ができる可能性もあります。

 

 

トラスト・ホールディングス

不動産担保付き借入を、専門的に行っている貸金業者に「トラスト・ホールディングス」があります。

トラスト・ホールディングスは東京都に本社を置く、正規の貸金業者です。

個人事業主・法人の事業資金借入から、個人が行う借入まで、不動産担保ローン全般を取り扱っています。

 

トラスト・ホールディングスの条件

トラスト・ホールディングスの不動産担保ローンで借入する場合の条件は以下となります。

 

最大借入可能額:100万円~10億円

適用金利:3.45~7.45%

借入期間:最長30年

担保利用できる不動産:土地、建物、マンション、アパートなど

資金使途:自由

 

ご相談方法

トラスト・ホールディングスへの借入相談は以下のサイトリンクから可能です。

▼こちらをクリック▼

 

画面中央の「お申込みはこちらへ」をクリックしてください。

必要事項をご入力のうえ、送信すれば、後程、担当から連絡が入ります。

 

 

総合マネージメントサービス

総合マネージメントサービスも不動産担保ローンを扱う貸金業者となります。

総合マネージメントサービスの不動産担保借入を行う場合の条件は以下となります。

 

最大借入可能額:30万円~5億円

適用金利:3.4~9.8%

借入期間:最長35年

担保利用できる不動産:土地、建物、マンション、アパートなど

資金使途:自由

 

総合マネージメントサービスでは、最短で3日程度での借入も可能です。

 

 

申込方法

総合マネージメントサービスへの借入相談は以下のリンクから可能です。

 

▼こちらをクリック▼

総合マネージメントサービス

 

公式ホームページ移動後、画面右端の「無料査定申込」を選択ください。

必要事項の入力画面となりますので、こちらに入力のうえ、送信すれば手続き完了です。

借入できる可能性を確認したうえで、担当者から連絡がきます。

 

 

まとめ

事業を行っていると、安定して資金調達ができるということは、死活問題ともなる重要事項です。

しかしながら、個人事業主や、小規模の法人は借入において、弱い立場にあります。

銀行借入に依存することが多くなってしまいますが、銀行は個人事業主や、小規模企業への融資に積極的とは言えず、そのうえ、借入申込から審査までに時間もかかります。

 

そのため、銀行からの借入以外にも、個人事業主や、小規模企業が借入できる手段を確保しておくのは大切です。

こちらを参考に、複数の借入手段を確保できるように取り組まれるのがおすすめです。

 

 

外部ランキング

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

やよいの青色申告オンライン
やよいの白色申告オンライン
▼申込はこちら▼




 

<事業資金調達の関連記事>

 赤字・債務超過でも銀行からお金は借入できる?審査対策と銀行との交渉方法

 ファクタリング手数料の相場はどれくらい?

 即日資金化可能なスピード審査が可能なファクタリング会社

 プロパー融資を利用するための銀行との交渉方法

 

▼事業資金のご案内 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください