住宅ローンの借り換えにこんな方法!?自己資金0円でプロに任せるサービス!!

住宅ローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「住宅ローンを借り換えすれば得になるかも」って聞いたけど、「なにをすれば良いのか解らない」、「面倒なことはしたくない」、「誰か代わりにやってくれないかな」と言う方におすすめの方法があります。
 
 
それも、「自己資金0円」で、メリットだけ受け取れる住宅ローンの借り換え方法があるなら、是非知っておきたいですよね。

 

 

住宅ローンを借り換えるメリット


住宅ローンの借り換えをおすすめする理由は、「住宅ローンの総支払額を減少」させられるかもしれないことです。
 
住宅ローンの金利は長期的に下降傾向が続いています
 

数年前に、「将来金利があがるのが不安」、「今の低金利で固定金利にすれば得」と思って、住宅ローンを借入した方の金利が、最近の住宅ローン金利に比べると、割高になっていることが多いのです。

そのため、数年(5年程度が目安です)以上前に、住宅ローンを借入して、固定金利(フラット35など)で借入している方は、住宅ローンを借り換えすると得になる可能性があります。

そういった方は、是非、借り換えを検討することがおすすめです。
 
 

本当に得になるの?


そうは言っても、「本当に得になるの?」と、疑わしいところですよね。
 
住宅ローンは、借入金額も大きいですし、借入期間も長いので、借り換えで、金利が下がると、かなり大きなメリットが生まれる可能性があります。
 
 
具体例で見てみましょう。
 
例えば、A銀行で住宅ローンを借入していて、残高3,000万円、借入金利2.0%、残期間20年であると仮定します。

これを、同額、同期間の住宅ローンで、金利0.5%で借り換えしたとします。
 
 
この時、借り換えによるメリットは、450万円(≒3,000万円×(2.0%-0.5%)×20年間÷2)ほどが期待できます。住宅ローンの借り換えで、450万円の返済が減るとなると大きくないですか?
 

450万円あれば、出来ることは多いですよね。

住宅ローンの借り換えは、本当に大きなメリットを生む可能性がありますので、是非、検討されてみることがおすすめです。

 

 

借り換えがおすすめの方


住宅ローンの借り換えがおすすめの方は以下のような特徴を持った方です。

いずれかにあてはまる方は、是非、検討してみましょう。
 

□ ローン残高が1,000万円以上ある方

□ ローンの残期間が10年以上ある方

□ 借入金利が、1.5%以上の方

5年以上前に固定金利(10年、20年、フラット35など)で借入した方

□ 住宅ローンを借入する時に、「優遇金利」が利用できなかった方
 

住宅ローンは、借入残高が大きく、借入期間も長いので、少しの金利差が大きなメリットを生むことが少なくありません。
 
上記にあてはまる方は、住宅ローンの借り換えで、メリットが生まれる可能性がありますので、検討されてみるのがおすすめです。
 
 

借り換えに必要な手数料は?


しかし、住宅ローンの借り換えには、越えなければいけないハードルもあります。

それは「手数料」、「諸費用」です。
 
住宅ローンを新規で借入する時には、銀行の事務手数料・保証料や、登記費用などが必要になりましたよね。

 

 

銀行の諸費用は、借入額の0.2%程度が必要になります。
 
借り換えでも、同様の費用が必要になります。

住宅ローンを借り換えするには、こういった諸費用を支払うことが必要になります。
 
 

 

お得な銀行探しが大変


手数料、保証料に加えて、得になる借り換えのためには、住宅ローンに関する知識(どこがお得か)が必要です。

 

 

そのうえ、銀行によっては、優遇金利の適用を受けるために、ある程度の交渉が必要になることもあります。
 
こういったことが面倒であるため、住宅ローンの借り換えに躊躇してしまっているという方も少なくないでしょう。
 
 

プロに任せる住宅ローン


こういった問題を一気に解決して、住宅ローンを借り換えするメリットを受けるおすすめの方法があります。
 
 
それは、「住宅ローンの借り換えに精通したプロ」に任せてしまうことです。

「そんなことが出来てしまうの?」、もしくは「手数料が高い」、「借り換えに至らなくても手数料がかかってしまうのが嫌」と思われた方もいますよね。
 

そんな心配のないサービスが人気を集めています

 

 

住宅ローン借り換えセンター


「住宅ローン借り換えセンター」とは、住宅ローンの借り換えに関する面倒な手続きを、代行してやってくれる、住宅ローンに精通したコンサルティング会社です。
 
 

数多くの住宅ローンの代行を手掛けており、以下のようなサービスの特徴があります。
 
 

●住宅ローンに関する知識が豊富で、最もおすすめの住宅ローンを選んでくれる

●「住宅ローンの借り換えが成約」しない限りで、手数料・報酬は発生しない(そこまでの相談は全て無料です)

●借り換えすると、どれだけの効果があるか計算してくれる

●銀行との金利交渉を代わりにやってくれる

●自己資金0円で利用できる(諸費用を含めて借り換え時に借入することが可能)

●成果報酬型の借り換えサービス(金利が下がらなければ手数料も不要)

●住宅ローンの借り換えに必要な手続きを代行でやってくれる
 
 
つまり、住宅ローンを借り換えするために、必要な手続きの大部分を代わりにやってくれて、銀行との交渉もしてくれて、そのうえ、「借り換えが成約して、金利が下がらなければ手数料も不要」というサービスです。
 
 

 

住宅ローンを借り換えする方は、結果的に、メリットだけを享受でき、浮いた支払額の一部を報酬として支払うだけで良いというメリットがあります。
 
 

ご利用方法


住宅ローン借り換えセンターは、まずは無料相談してみるのがおすすめです。
 
住宅ローンを借り換えするメリットがあるか否かを試算してくれます。

メリットを確認してみないと何も始まりません。

 

 

そのためには、

①以下から無料相談を実施

 

 

②現在の住宅ローンの返済予定表を提出
 

③借り換えを試算した結果である「借り換え診断」を受ける
 

という流れになります。
 
 
そのうえで、借り換え診断を受けて、「是非利用してみよう」となれば、その後の代行を依頼することになります。

 

 

借り換えセンターが適する人


住宅ローンの借り換えを行うには、大きく分けて2つの方法があります。
 
それは、必要な知識を得て、手続きの全てを自分でしっかりと行う「しっかりタイプ」と、面倒なことは全てプロに任せてしまって、メリットだけを享受したいという「ちゃっかりタイプ」です。
 
 
住宅ローン借り換えセンターのサービスがおすすめなのは、後者の「ちゃっかりタイプ」の方です。もしくは、自分でやりたいけど、仕事が忙しくて、その時間が無いという方にもおすすめです。
 

 

 

しっかりタイプの住宅ローン


大半を自分で出来てしまう「しっかりタイプ」の方には、こちらの住信SBIネット銀行とマネープラザがおすすめです。

 

住信SBIネット銀行は、2018年3月時点で利用できる住宅ローンのなかでも金利が最も低く、さらにいざという時にそなえた全疾病保障に無料で加入できるメリットがあります。

 

住宅ローンの借り換えは「低金利」に拘るのが原則です。インターネット上から、特に面倒な書類不要で仮申込が可能です。

 

(仮申込・仮審査通過後、正式に申込する場合は、必要書類の案内が届きますので、そちらをご準備下さい)

 

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン
団信・全疾病保障の保険料0円!繰上返済手数料0円!ネット専用住宅ローン

 

 

以下は、住信SBIネット銀行に対面で相談しながら申込できる住宅ローンです。

 

上記とは違い、WEB申込で完結する方法ではなく、店頭での対面相談による住宅ローンとなります(金利/全疾病保障などの諸条件は同一で、申込方法/相談方法などが異なります)。

 

(マネープラザの予約はこちらから)
住信SBIネット銀行「MR.住宅ローンREAL」
ネット銀行の低金利と対面の安心感
 
 
ネット専業銀行である住信SBIネット銀行の住宅ローンを対面で相談できるサービスです。
 
(そのうえ、借り換え時の金利は、マネープラザを利用した方が低金利で借り換えできます)
 
 
必要な手続きや、準備を自分で行う必要があり、少し大変ではありますが、201710月現在で、もっとも低金利と言える金利水準での借り換えが可能です。

 

 

まとめ


住宅ローンを借り換えすると、非常に大きなメリットを受けられることがあります。
 
 
そのため、一度、ご自身に住宅ローンの借り換えメリットがあるかどうかを確認することがおすすめです。
 
 
住宅ローンを借り換えしたいけど、「面倒が嫌」、「良く解らない」という方は少なくありません。そんな方には、「住宅ローン借り換えセンター」の「成果報酬型」サービスがおすすめです。
 
 
面倒な手続きを全て、専門のプロが行ってくれ、実際に金利が下がらなければ、手数料も不要です。一度、相談されてみるのがおすすです。

 

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

 

 

住宅ローン

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

住宅ローン
住宅ローンの最大借入可能額は!? 元住宅ローン担当者が銀行が使う「年収倍率」と「返済負担率」を教えます

住宅ローンでいくらまで借入ができるのかを教えます。銀行で行っている計算方法です。

住宅ローン
2018年4月 住宅ローン金利・諸費用の比較ランキング

2018年4月に借入する場合に適用される「主要行の住宅ローン金利・諸費用」など整理・比較したランキン …

住宅ローン
住宅ローンの10年固定金利の借入はおすすめ?変動金利との選択に迷ったら確認して欲しいこと

住宅ローンを借入する時、選択しないといけない重要なものに、「変動金利」と「固定金利」のどちらを利用す …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。