決算書不要のビジネスローンは存在するのか?審査の甘いビジネスローンを解説

銀行でもビジネスローンでも融資を受ける際には、ほぼ必ずと言って良いほど決算書の提出が求められます。ただし、決算書を見せるのに抵抗があるという経営者も多いのではないでしょうか。

 

決算書を見れば、その会社の経営状態が如実に読み取れますし、決算書の状態が悪ければどのみち融資を受けられない、もしかすると貸しはがしにあうのではないかと不安にもなります。

 

本記事では決算書不要でも利用できるビジネスローンは存在するのかについて説明します。

 

 

ビジネスローンと決算書

一般的に銀行融資やビジネスローンのような事業性融資の申込をすると、必ずと言って良いほど決算書の提出を求められます。まずは、なぜビジネスローンにおいて決算書が重要なのかについて説明します。

 

信用力と貸し倒れリスク

銀行やビジネスローンは融資を行います。融資したお金は必ず全額回収できるわけではありません。融資先の業績悪化や倒産によって融資したお金がきちんと回収できない場合もあります。

 

銀行はこのようなリスクを防ぐために、担保や信用保証協会の保証を利用者に求めたりしますが、このような手法を使っても貸し倒れを完全に防ぐことはできません。貸し倒れを防ぐためにはきちんと融資する前に審査する必要があります。

 

よって、ビジネスローンでも銀行でも、融資をする際はこの企業にいくらまで貸し出しても良いのかということを審査します。そのために必要なのが決算書です。

 

スコアリング審査

ビジネスローンは基本的にスコアリングという手法により融資審査を行っています。一方、銀行の融資審査は通常の場合、決算書や事業計画を見ながら、事業の成長性や社長の人柄などを銀行内部で審査して総合的に融資の可否判断をします。これらの審査は人が決算書などの情報を見ながら判断するもので、経験やノウハウといったものを重要視しています。

 

これに対して、スコアリングは簡易的な審査手法です。決算書の情報を定量的に審査して融資の可否判断を行います。その際、実際の判断はスコアリングシステムというコンピューター上のシステムで自動的に行われます。そのため、まさしく機械的に審査が行われます。

 

もちろん、ビジネスローンのスコアリングシステムは簡易的な審査なので審査の精度は銀行の融資審査よりも劣ることも多いのですが、金利を高く設定することによってこれをカバーします。

 

借り入れ金額が分からない

もう1つの問題が他社からの借入額が分からないということです。

銀行でもビジネスローンでも、事業規模によって融資できる余地があったとしても、他の金融機関からいくら借りているのかという情報がなければ、いくら貸すことができるのかを算定するのが困難です。

 

もちろん、同じような損益計算書の内容でも、他の金融機関から借り入れがない会社に融資するのと、全金融機関トータルして限度額いっぱいまで借り入れをしている会社では、融資のリスクが異なります。

 

 

決算書が無いと審査できない

以上のことからも分かるとおり、銀行でもビジネスローンでも基本的に融資審査に決算書を使っています。

帝国データバンクのような信用調査会社を使えば、企業のデータ自体はとれる場合もあるかもしれませんが、それでもその決算書の内容の精度が決して高くないと考えられます(実際、信用調査会社の調査では聞き取りだけで行っているケースもあり、精度にはムラがあります)。

 

よって、決算書の提出を求めないということは、実質的には融資の審査がほとんどできなくなってしまうのです。

 

決算書不要のローンはあるか?

では、決算書不要のビジネスローンサービスというのは存在するのでしょうか。決算書不要のビジネスローンについて解説します。

 

基本的には存在しないが…

前の章で説明した通り、銀行融資でもビジネスローンにおいても決算書は融資審査をする際にほぼ必須となっています。そして、決算書がなくては、銀行やビジネスローンを提供するノンバンクはほとんど審査することができないので、決算書不要で審査することは融資する会社にとっては極めてリスクが高くなってしまいます。

 

そのため、原則として決算書の提出が不要なビジネスローンというはほとんど存在しません。しかしながら、以下のような例外的なビジネスローンも存在します。

 

オリックスVIPローンカード

基本的には決算書の提出が不要なノンバンクは存在しませんが、例外的には決算書不要のビジネスローンサービスが存在します。法人向けのビジネスローンサービス唯一の例外が、「オリックスVIPローンカード BUSINESS」です。

 

これはオリックスが提供しているビジネスローンサービスで、本人確認資料及び収入証明書があれば、会社の決算書を提出する必要はありません。最短60分で審査可能で、担保や保証人は不要なので、お金に困っている経営者にとっては使い勝手の良いサービスです。

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSは経営者個人に融資するタイプのビジネスローンであり、会社に対して融資するものではありませんので決算書不要ということです。もちろん、借入したお金は事業資金として利用して問題ありません。

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSの実質年率は、6.0%~17.8%で融資の最大金額は500万円、ローンカードによる融資なので、あらかじめ決められた融資枠の範囲内ならすぐに融資を受けることができます。

 

注意点

し、オリックスVIPローンカード BUSINESSは経営者個人が借入しているという点には注意が必要です。そのため、法人が返済不可能となってしまった時は、経営者個人が返済義務をおっています。

 

決算書審査はある前提で考える

オリックスVIPローンカード BUSINESS以外のビジネスローンサービスは決算書の提出が必要となります。

もしかすると、この他に決算書不要で融資をしてくれるビジネスローンサービスが存在するかもしれませんが、通常のビジネスローン会社から見た時に極めてリスクが高いので、まず決算書なしでは融資しません。

 

決算書不要の対応を行っている企業は普通の企業ではない企業(闇金などの非正規業者など)も考えられますので、利用の際には注意してください。

 

決算書対策をしっかりと

以上のように、基本的に決算書はビジネスローンの審査において必要です。決算書提出による審査なしのビジネスローン会社を探そうとするよりも、今ある決算書の中身を少しでも良くして、ビジネスローン会社から融資を受けられるようにすることが建設的だと考えられます。

 

ビジネスローンは銀行融資に比べれば審査基準は緩く設定されています。そのため、銀行から融資を受けられない会社でもビジネスローンなら借入できる可能性があります。

ここでは、ビジネスローンを申込する際の決算書対策のポイントについていくつか紹介します。

 

 

自己資本比率は高く

まず、融資の審査においてポイントになるのが自己資本比率です。自己資本比率が低いということは、それだけ資産状況に対して多くの融資を受けていて経営基盤が不安定ということなので、金融機関としても融資をしにくくなります。

 

経営者個人の資金に余裕がある場合は資本金を増資しても良いですし、役員借入金のような形で会社に個人資産を提供している場合は、資本金に振り替える方法も考えられます。なお、経営者個人からの借入金は銀行やノンバンクでも自己資金の一部として見直してもらえることもあります。

 

営業利益までは黒字に

少なくとも営業利益までは黒字の状態に、赤字であったとしても一過性の赤字であることを説明できた方が良いでしょう。銀行融資だけでなく、ビジネスローンにおいても営業利益が黒字の方が借入は行いやすくなります。

 

ちなみに、営業利益や経常利益が黒字であれば税引き前利益の赤字はそれほど問題ではありません。

経常利益までが黒字で、税引き前利益が赤字になっている場合は、投資有価証券や不動産の売却損など一過性の赤字であることが多いからです。きちんと本業で黒字を生み出せる体質を作る必要があります。

 

在庫・売掛金は持ちすぎない

在庫や売掛金が多いと、損益計算書上はプラスになりやすいので、一見したところ良いのではと思われるかもしれません。しかし、在庫や売掛金を過剰に計上する方法は粉飾決算で使われやすい手法です。また、在庫評価損や売掛金貸し倒れリスクも高くなります。

 

そのため、審査する銀行やノンバンクでは在庫や売掛金が多いと審査結果が悪くなる要因になります。特に、ビジネスローンで利用されるスコアリングシステム上も点数を下げる原因になっています。

 

在庫や売掛金が多すぎる場合は、不良在庫をセールで販売したり、売掛金をファクタリングしたりして貸借対照表をスリム化させるのも良いでしょう。

 

個人資産・担保を検討する

決算書の内容が悪かったとしても担保があれば銀行も貸し倒れリスクを軽減することができます。また、ビジネスローンのなかには、不動産担保型のビジネスローンも存在しますので、担保があった方が借入しやすくなります。

 

いざとなったら担保にできるような不動産や役員の個人資産が存在する場合は、それを担保にいれて融資交渉をするのも良いでしょう。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

 

ビジネスローンならこちら

「決算書不要で借入できる」とはなりませんが、比較的審査に通りやすく、安心して利用できるファクタリング会社は存在します。これからビジネスローンの借入を検討されているならこちらの会社がおすすめです。

 

ビジネクスト

ビジネクストはカードローン型ビジネスローンとして利用しやすいのが特徴です。それもぞのはず、ビジネクストは大手消費者金融として有名なアイフルの子会社です。一度申込して契約しておけば、必要な時にいつでも事業資金の借入が可能になります。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

MRF

MRFは証書貸付タイプのビジネスローンとしておすすめです。比較的大きな金額を、低めの金利で借入することができます。MRFでは無担保型のビジネスローンから、不動産担保型のビジネスローンまで幅広く取り扱っています。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

 

おすすめのファクタリング会社

中小企業や個人事業主が資金調達を行う場合、銀行融資やビジネスローンの審査に通らない時にはファクタリングは有効です。ファクタリングなら1週間程度で資金調達が可能であるため、緊急の資金調達にも対応可能です(最短なら即日でも調達可能)。

 

また、ファクタリングであれば、ビジネスローンなどに比べても審査基準は緩いため、決算書の内容が良くなくても資金調達できる可能性は高くなります。

 

以下、おすすめのファクタリング会社です。

 

三共サービス

三共サービスの対象業種

 

三共サービスは法人向けのファクタリングサービスを提供している会社であり、ファクタリング手数料率が業界トップクラスに低いことで有名な会社です。もちろん、取引先への通知なしでファクタリングを利用できます。
ファクタリングの利用を検討中なら、必ず相談の対象先に加えておきたい1社です。

 

 申込・相談はこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

ビートレーディングはファクタリング会社のなかでも最も知名度の高い、大手のファクタリング会社となります。
ビートレーディングなら医療ファクタリングなどもご利用可能です。

 

 申込・相談はこちらから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

エルネスト

エルネストファクタリングでは10秒無料簡易診断が利用できるファクタリング会社です。自社でもファクタリングの審査に通過できるかどうかが不安な方は、一度、エルネストの10秒無料簡易診断をご利用されてみるのがおすすめです(以下のリンクからすぐにご利用可能です)。

 

 申込・相談はこちらから

▼エルネストファクタリング
まずは10秒簡易の無料診断を確認

 

まとめ

以上のように、決算書不要のビジネスローンは存在するのかについて説明してきました。

決算書はビジネスローン会社が貸し倒れリスクを算定する際に必須の書類なので基本的に決算書の提出不要で融資をしてくれるビジネスローン会社は存在しません。ただし、唯一の例外として、オリックスVIPローンカード BUSINESSは決算書不要でも融資を受けられることができます。

 

この他にローカルでマイナーな金融業者が決算書提出不要のビジネスローンサービスを勧誘している場合もあるかもしれませんが、ビジネスローン会社にとってリスクが高すぎるので、わざわざこのようなサービスをしている会社は疑った方が良いでしょう。

 

決算書不要のビジネスローンや近業業者を探すよりも、現状の決算書をいかによく見せて融資を受けられるようにするのかを考えた方が生産的です。また、どうしても決算内容が良くないという方はファクタリングを検討してみるのも良いでしょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG