リソースプロのファクタリングを徹底解剖!?初心者でもおすすめのファクタリング会社!

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

リソースプロは歴史の浅いファクタリング業界の中でも、新興企業と言って良い業歴の浅いファクタリング会社です。リソースプロは、まだまだ若いファクタリング会社ですが、近年、急速に成長を続けて、知名度を高めています。その秘密は、「ファクタリング初心者」でも利用しやすい細かな説明や、丁寧な対応にあります。

 

ファクタリングに慣れていなくて、「納得するまで十分に説明を受けたい」、「しっかりと話を聞いて」から利用するかどうかを決めたいという方に、リソースプロはおすすめのファクタリング会社です。

 

 

リソースプロはどんな会社?


リソースプロは東京に拠点を置く、ファクタリング会社です。

リソースプロの企業情報は以下の通り、整理してみました。

 

<リソースプロ基本データ/2018年4月時点>

会社名 株式会社 リソースプロ
本社所在地 東京都新宿区西新宿7-7-28
設立 2017年1月
受付時間 平日 9:30~19:30
(インターネットからの相談は24時間受付)
業務内容 ファクタリング事業
公式HP ▼公式ホームページへのリンク
 
▼リソースプロのファクタリング
早期の資金調達なら≪リソースプロへ≫


資金調達・全国対応、個人事業主様大歓迎

 

リソースプロの創業は非公開ですので、正確な業歴は不明です。

しかし、法人としての登記が2017年1月であり、ファクタリングを個人で行うことは難しいので、業歴1年と考えて良いでしょう。

「ファクタリング業界はそもそも業歴の浅い会社がほとんど」ですので、業歴が浅いこと自体は、大きなデメリットにはなりませんが、業歴が浅い分、口コミ・評判の確認できる数が少ないのは残念なところです。

 

 

全国対応・出張対応可能


リソースプロは全国対応可能なファクタリング会社です。

そのうえ、遠方のファクタリング希望者に対しては、出張対応も可能です。

 

但し、リソースプロ含め、ファクタリング業界は、出張査定・出張買取りを依頼した場合の交通費など、費用実費はファクタリング利用者負担となります。

交通費を負担する必要があるのは、ファクタリング業界の慣例と思って、諦める必要があります。

 

なお、地方の企業、個人事業主でファクタリングの利用を考えている場合、お近くに営業所を持っているファクタリング会社に相談するのが、最も費用を抑えられ、時間もかかりません。

以下、地域別に相談が適するファクタリング会社の参考事例です。

 

<東京で相談可能なファクタリング会社>

 

<大阪で相談可能なファクタリング会社>

 

<愛知県で相談可能なファクタリング会社>

 

<福岡で相談可能なファクタリング会社>

 

 

リソースプロのファクタリング特徴


リソースプロのファクタリングには様々な特徴や、メリット・デメリットがあります。リソースプロの特徴を整理します。

 

<リソースプロの特徴>

利用できる方 法人企業・個人事業主(年商2,000万円以上)
赤字・債務超過 利用可能
税金滞納中 利用可能
対応地域 全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間 最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注) 通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人 不要
買取可能金額 2社間ファクタリング:1,000万円まで
3社間ファクタリング:3,000万円まで
ファクタリング手数料 最低3.0%~
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

(注)2社間ファクタリングに関する詳細は以下をご確認下さい

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは何が違うの?図解で仕組みを解りやすく説明

 

 

個人事業主が利用可能


ファクタリング会社の多くは、法人企業からの利用のみを可能としていて、個人事業主からの申込を受けていません。

しかし、リソースプロは個人事業主からの利用も受け付けしています。

但し、リソースプロにファクタリングを依頼できる個人事業主は「年商2,000万円以上」の条件が付きます。

個人事業主で年商2,000万円となると、小規模事業主には利用できない可能性があります。この規模に満たない個人事業主の方は、以下の「ビートレーディング」であれば、規模に関わりなく申込できますので、こちらを検討されるのがお勧めです。

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事:ビートレーディングのご紹介>

ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!使えるファクタリング会社か調査!

 

 

丁寧な対応・細かな説明


リソースプロは、公式ホームページ上での「ファクタリング」の解説や、注意点に加え、直接相談した時の親切な対応に定評があります。

そのため、ファクタリングを始めて利用する方にも、比較的利用しやすいのが特徴です。

 

 

ファクタリング利用の注意点


リソースプロでファクタリングを利用するうえでは、以下の点を注意しておく必要があります。

 

①売掛金を持っていること

②法人企業向け売掛金が必要

③信用力の低い売掛金は売却できない

 

①ファクタリングとは売掛金を回収期日前に資金化するものです。

そのため、売掛金を持っていないとファクタリングを利用することはできません。通常、ファクタリングを利用するためには、保有する売掛金を全額資金化するものでは無いため(掛け目)、「調達希望金額」の1.3~1.5倍程度の売掛金が必要となります。

資金化の対象にならなかった部分は、もちろん売掛金からの回収を、ファクタリング利用者が受け取ります。

 

 

②法人企業向け売掛金が必要

リソースプロのファクタリングで、売却の対象となるのは、「法人企業向けの売掛金」です。

一般個人や、個人事業主向けの売掛金は対象となりません。

 

 

②信用力の低い売掛金も駄目

ファクタリングでは、売却後の売掛金の支払い先が倒産した場合、リスクを負うのは、ファクタリング会社です。

銀行の手形割引のように資金調達者が、買い戻す必要はありません。

そのため、既に入金が遅れていたり、直近6ヶ月内に、入金が遅れている先のファクタリグはリスクが高くなるため、こういった売掛金は、ファクタリングで売却する対象にはなりません。

 

ファクタリング会社が、リスクを負い、資金調達者は、取引先の倒産リスクから解放されることになります。

 

 

<関連記事:ファクタリングと手形割引の違い>

ファクタリングと手形割引の違いは?

 

 

スピード査定・即日買取


リソースプロのファクタリングは、2社間ファクタリングでも、最大で1,000万円までの即日資金化が可能です。

3社間ファクタリング(取引先に通知・事前同意を取得)であれば、最大3,000万円までの即日買取りが可能です。

急な資金需要で利用することの多いファクタリングですので、最短即日で資金が出来るというのは、大きなメリットとなります。

 

<その他のスピード査定可能が会社>

スピード査定・急な資金調達が可能な優良ファクタリング業者を探しました!!

 

 

 

赤字・債務超過・税金滞納中も可


リソースプロに関わらず、ファクタリングは、銀行融資における審査とは全く別の観点から審査が行われます。

そのため、銀行融資の審査に落ちたという方でも、ファクタリングであれば、資金調達できる可能性があります。

 

さらに、銀行融資では、赤字・債務超過・税金滞納中だと、借入の審査に通過できる可能性は大幅に低くなります。特に、税金滞納中の場合は、「ほぼ不可能」と言って良いでしょう。銀行融資を受けるためにも、税金の滞納は解消しておく必要があります。

それに対して、リソースプロは、赤字・債務超過、税金滞納中でも資金調達できる可能性があります。

 

<関連記事:赤字・債務超過でもファクタリングできる>

赤字・債務超過・税金滞納があってもファクタリングできる?

 

 

取引先の同意不要


ファクタリングには、売掛金を売却することを取引先に知らせて、承諾を得る方式と、知らせない方式があります。

そして、知らせる方式を3社間ファクタリング、知らせない方式を2社間ファクタリングと言い、2社間ファクタリングを取り扱っていないファクタリング会社もあります。

しかし、リソースプロは、2社間ファクタリングが可能ですので、取引先に通知・承諾を得ていなくてもファクタリングを行うことができます。

 

 

ファクタリング手数料


リソースプロのファクタリング手数料は、3.0%~に設定されています。

「3.0%~」のファクタリング手数料は、ファクタリング業界のなかでは、手数料率の低い範囲に位置します。

(ファクタリング手数料は、業界で最も低い水準で1%台、高いもので10%以上のものもあります)

但し、実際に適用されるファクタリング手数料は、ファクタリングの方式(2社間ファクタリング or 3社間ファクタリング、売却対象となる売掛金の信用度など)で変化します。

 

<関連記事>

 

 

リソースプロがおすすめの方


以上の結果から、リソースプロのファクタリングが適する、おすすめの方をまとめると以下となります。

以下の項目にあてはまる方はリソースプロのファクタリングにメリットがあります。あてはまる項目数が多いほど、リソースプロとの相性が良くなります。

 

①東京都内、もしくは関東圏で事業を行っている方

②年商2,000万円以上ある中小企業・個人事業主

③銀行融資以外の資金調達方法を探している

④銀行の審査に落ちた

⑤(回収が遅れていない・法人企業向けの)売掛金がある

⑥利用中のファクタリング会社に不満

⑦資金必要額が1,000万円以内

⑧資金調達を急いでいる

 

 

リソースプロへの相談・申込


リソースプロに相談・申込するには、以下のリンクから行って下さい。

 

▼こちらをクリック

▼リソースプロのファクタリング
早期の資金調達なら≪リソースプロへ≫


資金調達・全国対応、個人事業主様大歓迎

 

 

 

公式ホームページに移動後、ページ中ほどにある以下のマークをクリックしてください。

 

リソースプロへのご相談は、365日24時間受付している「インターネット相談」がおすすめです。必要項目を入力して送信すると、後程、内容に応じた担当者から連絡があります。

(この時点では書類提出も不要ですので、急ぎの場合は、先に送信したうえで、必要書類を準備しましょう)

 

 

ファクタリングの手順


リソースプロでファクタリングを実施する場合の、基本的な流れは以下の「5ステップ」です。

 

1 ステップ 相談

 インターネットから相談可能です。24時間受付しています。

 必要な期日や、金額、売掛金の保有状況などを伝えます。

 

2 ステップ 申込

 リソースプロの担当から連絡があり、サービス内容などの説明が行われます。内容に納得すると申込に進みます。

 

3 ステップ 必要書類提出

 審査に必要となる書類を準備して、郵送・FAX・持参などで提出します。

 資金化を急ぐ場合は、こちらがポイントとなります(詳細後述)。

 

4 ステップ 審査

 リソースプロでの審査です。終了後連絡がきます。

 

5 ステップ 契約・資金化

 契約後、ファクタリング代金が入金されます。

 

 

<関連記事:ファクタリングを利用するまでの手順>

【保存版】知っておきたいファクタリングで資金調達する全手順!!

 

 

リソースプロの必要書類


リソースプロに正式に申込して、審査を受けるためには、以下の書類を提出する必要があります。資金調達を急ぐ場合には、申込書類を、素早く準備して、早期に提出することが大切です。以下の書類を先に準備しておくと時間が短縮できます。

 

<必要書類の一覧>

  書類名 補足
1 決算書のコピー(2期分)  
2 試算表(今期半期以上経過の時)  
3 直近6か月分の取引、入出金履歴が確認できる書類(通帳コピーなど) 売掛金の入金履歴が記載
4 売掛先に宛てた書類
(発注書、納品書、請求書など)
 
5 会社の商業登記簿謄本・印鑑証明書 3通ほど準備
6 売掛先との取引基本契約書 無い場合は要相談
7 代表者・事業主の身分証明書  

 

 

ファクタリングとは?


最後に、ファクタリングについて簡易的に説明しておきます。

ファクタリングのことを、既に良く理解しているという方は、読み飛ばして頂いて問題ありません。

ファクタリングとは、近年、注目が高まる資金調達の方法です。

借入ではない資金調達、銀行に依存しない資金調達として注目を受けています。また、政府も、中小企業や、個人事業主の資金調達が、銀行融資に依存しすぎであることから、売掛金を活用した資金調達を推奨しています。

ファクタリングは、政府が推奨する資金調達方法にも合致しており、今後益々、重要性を高めていくことが期待されている資金調達方法です。

 

ファクタリングについて詳細をお知りになりたい方は、以下をご確認頂くのがおすすめです。

 

<関連記事>

 

 

まとめ


リソースプロは個人事業主でも利用できるファクタリング会社です。

ファクタリング業界のなかでは、業歴の浅い新興企業ですが、丁寧な対応、解りやすさを強みとして、注目度が高まっています。

 

ファクタリング手数料率は、3.0%~であり、ファクタリング業界のなかでは、比較的低めの水準と言えます。

個人事業主が利用できるファクタリング会社は少ないので、個人事業主で資金調達を希望されている方、ファクタリング初心者の中小企業におすすめのファクタリング会社と言えます。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。