事業資金の借入は銀行だけではない!?意外と使えるノンバンクをうまく活用する方法

事業性資金を借入する相手が、銀行だけと思っていませんか。確かに銀行融資は重要ですが、審査が厳しかったり、業歴が短いと相手にしてもらえなかったりと、融資を受けることは簡単ではありません。
 
 銀行融資の審査基準を解説
 
事業性資金の調達であれば、銀行以外にも借入先として活用できる金融機関(ノンバンク)があり、ノンバンクは柔軟な資金調達に対応しているため、意外と活用できます。ノンバンクから借入する場合の、メリット・デメリットをご説明しますので、有効活用されてみてはいかがでしょうか。
 

 

ノンバンクってなに?

まず、最初に、ノンバンクがどういった金融機関を指すのかをご説明しましょう。
言葉通りの単純な意味から(「ノン」)、銀行では無いという意味が伝わります。
ノンバンクの定義は、預金の預け入れや、為替(決済)といった、一般的な銀行の決済業務を行わずに、融資業務を主として行う金融機関を指す言葉となります。
 
誤解されている方もいるかもしれませんが、ノンバンクは非正規の貸金業者というわけではありません。
ノンバンクは銀行法という法律ではなく、「貸金業法」という法律に基づいて融資業務を行っています。
しっかりと法律に基づき、免許を受けて融資を行っています。具体例をあげれば、信販会社、クレジット会社、消費者金融、リース会社などがノンバンクと定義される会社となります。
 
有名なノンバンク企業としては、クレディセゾン(セゾンカード)、オリエントコーポレーション(オリコ)などの信販会社や、オリックスといった、既に地方銀行よりも規模の大きいリース会社などが含まれます。
こういった例から解る通り、ノンバンクは、街金などの、やや借入するのが不安な企業とは大幅に違い、安心して借入できる金融機関となっています。

ノンバンクの借入制度

ノンバンクから借入できる融資商品にどういったものがあるのかをご説明します。実際に利用できる融資商品などの具体例があった方が解りやすいですよね。
 

主力商品はビジネスローン

ノンバンクから借入できる主力商品に、「ビジネスローン」があります。ビジネスローンには、一般的な銀行融資に近い「証書貸付」によるものと、個人が借入できるカードローンの法人版といった商品の2種類があります。
 
証書貸付型のビジネスローンであれば、比較的大きな金額を借入することができます。
一方、カードローン型のビジネスローンの場合、金利は高めになりますが、一度契約しておけば、その後の借入はいつでも自由にできるようになります。
そのため、すぐに利用目的がなくても、とりあえず契約しておいて、緊急の資金が必要になった時に利用するという経営者に人気があります。
 
最初に、カードローン型ビジネスローンの例として、「ビジネクスト㈱」が行っている「ビジネスローン」を見てみましょう。

 

アイフルファイナンス(ビジネクスト)

ビジネクストのビジネスローン

アイフルファイナンスは以前「ビジネクスト」の名称でビジネスローンを融資していた会社です。

2020年に社名を変更してビジネクストからアイフルファイナンスに変更となりました。

 

アイフルファイナンスからは、無担保で、最大で1,000万円までの借入が可能です。

そして、通常のカードローンと同様に、第三者保証不要で借入できるところが特徴です(法人借入の際は、代表者の連帯保証は必要です)。

また、一度審査に通過して契約しておけば、その後はいつでも自由に借入可能です。借入限度額を確保しておくことに手数料は必要ありません。

いざという時に備えて、自由に借入できる借入枠を持っておくのがおすすめです。

 

なお、ビジネスローンの資金使途は、原則自由となります。銀行融資のように、借入の都度資金使途が解る資料を提出したり、実際に支払った後の領収証を提出するといった必要はありません。

ビジネスローンと銀行からの借入を比較した場合の違いとして、最も大きいものは「金利」でしょう。

ビジネスローンの場合、利用限度額100万円以上の金利は、8%15%で、一般的な銀行の事業性借入に比べれば、金利はやや高くなってしまいます。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンス

その他の例として、ユニーファイナンスの無担保ビジネスローンがあります。
ユニーファイナンスは証書貸付型のビジネスローンで無担保・第三者保証人無のビジネスローンを取り扱っています。
ユニーファイナンスの無担保ビジネスローンでは、最大1,000万円までの金額を、適用金利(実質年率)12.0%~17.95%の範囲内で借入することができます。
 
ユニーファイナンスでは、申込から即日での審査対応も行っていますので、緊急の資金調達を希望されている方にも対応可能です。
ユニーファイナンスは大きな金額を利用したいという場合には、非常に利便性の高いビジネスローンとなっています。

 

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

 融資の関連記事

 ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておきたい基礎知識

 

不動産担保付き借入

担保提供可能な不動産をお持ちであれば、不動産担保借入を利用することを検討されるのも良いでしょう。
一般的な「無担保型のビジネスローン」に比べ、不動産担保がある分、審査に通りやすかったり、金利が低くなったりといったメリットがあります。
 
不動産を保有していることが条件になりますので、誰でも利用できるという訳にはいきませんが、不動産を保有されているなら検討されてみるのも良いでしょう。
なお、多くの不動産担保型ビジネスローンでは、必ずしも第一順位の抵当権は必要ありません。
無担保の不動産を持っているなら銀行融資でも借入できますよね。後順位の抵当権や、銀行が担保不適格として判定した不動産でも借入できる可能性があります。

 

MRF

MRFは無担保型のビジネスローンに加えて、不動産担保型ビジネスローンも取り扱っています。

不動産担保型のビジネスローンには複数の種類がありますが、元金据え置き型のビジネスローンなども行っています。

 

元金据え置き型の不動産担保ビジネスローンの場合、最大3億円という金額を、適用金利(契約年率)4.0%~9.9%の範囲で借入可能です。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

トラストホールディングス

不動産担保借入の1例として、「トラストホールディングス」をご紹介しましょう。
不動産担保借入では、担保不動産の価値が重要です。トラストホールディングスでは、最大で、10億円までの借入が可能です。
金利は3.45%~7.45%の範囲内での適用であり、実際の金利は審査結果や、不動産担保の評価額などで決定されます。借入期間は、最長で30年間となります。
 
無担保のビジネスローンに比べれば、不動産担保の方が、借入可能額、金利など、それぞれの条件は有利になります。
また、不動産担保借入であれば、個人事業主が借入を行うとしても、総量規制の対象外であるため、総量規制の制限を受けずに借入することができます。

 

不動産担保ローンのご相談はトラストホールディングスへ。無料相談受付中!


あらゆるニーズにお応えする、資金使途自由な不動産担保ローン。
抵当順位不問、借地権・共有持分・底地・収益物件等、どんな不動産でも対応可能。

 

不動産担保ローン・担保融資のご相談ならつばさコーポレーション


 

 融資の関連記事

 不動産担保融資のご案内

 

ノンバンク借入のメリット

銀行と比べて、ノンバンクから借入するメリットには、どのようなものがあるでしょうか。メリットについて、いくつか解説いたします。

 

融通がきくのはノンバンク!

銀行から、事業性資金を借入するのは、審査や、書類準備など、かなり大変です。
借入審査では、資金使途の確認や、返済能力に対する審査などを判定されることになり、簡単に借入できるわけではない。また、銀行から借入が難しい業種というのもあります。
 
一概には言えませんが、パチンコ、ラブホテル、風営法に関連する飲食店などは銀行から借入するのが難しかったりします。
銀行から借入できるためには、返済能力があると認められることが最低条件です。しかし、返済能力があるからいって、必ず借入出来るわけではありません。

 

対して、ノンバンクは返済余力や、担保の価値が認められれば、借入できる可能性が高くなります。
ノンバンクからの借入審査では、業種や、対面などよりも、返済余力や、担保価値が重要となり、その点を満たせば、比較的簡単に借入が可能となります。
 
MFクラウド会計のご案内 
▼申込はこちら▼

 

審査のスピードの速さ

審査のスピードや、柔軟性など、使い勝手は、ノンバンクの方がよくなります。

銀行からの借入審査は、かなり細かい内容を詳細に確認しながら行われるため、審査の結果が出るまでに時間がかかります。

 

一方で、ノンバンクは、返済能力や、担保資産の価値があれば、柔軟に借入することが可能となります。

そのため、借入までの期間を短縮したい場合や、面倒な審査が苦手という方には、ノンバンクの手続きが向いていると言えます。

 

 スピード重視ならファクタリングも可能!即日対応可能なファクタリング会社

 
三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

ノンバンク借入のデメリット

ノンバンクからの借入はメリットばかりではありません。もちろん、デメリットもあるので、注意が必要です。
 

ノンバンクは金利が高い

ノンバンクのデメリットで最も大きいのは、金利の高さです。
ノンバンクは、銀行と違い、預金の取り扱いを行っていません。銀行のように、低金利の資金調達ができず、銀行借入で資金調達を行っていることもあります。そのため、借入金利はノンバンクの方が高くなってしまう傾向にあります。
 
低利預金で資金を集められる銀行と違い、ノンバンクは自分達の調達金利が高いことから、貸出金利も高くなってしまうのです。
また、ノンバンクの方が、総じて、リスクの高い貸出先へ貸付を行うことが多くなってしまうため、さらに、ノンバンクの金利は、銀行に比べて、高くなってしまうのです。

 

ノンバンク審査を通過するポイント

ノンバンクの借入融資を通過するには、いくつかのポイントがありますので、ポイントを理解して備えておくことが必要です。
一言で言えば、ノンバンクの借入審査で重視するポイントは、担保や、返済能力といった、貸付金の貸倒リスクを減らすための要素と言えます。
 
もちろん、銀行の借入審査でも、同様に返済能力や、担保評価を確認します。
しかし、銀行では、それに加えて、建前(その借入で地域の雇用創出につながる、地域経済の活性化など)も重要となります。
 
また、銀行では、借入金をどういう使い途にするかという、「資金使途」が重要になります。
それに対して、ノンバンクでは、返済能力や、担保評価額など、借入した資金を、間違いなく返済できますという根拠を重視していますので、この点を満たせば、建前などは特に確認されません。ノンバンクからの借入審査で重要なのは、返済能力があるかどうかと、担保不動産の価値と言えます。

 

ファクタリングも活用

ビジネスローンよりも更に審査スピードが速く、審査に通る可能性の高い資金調達方法として「ファクタリング」もおすすめです。

ファクタリングの利用には「売掛金」が必須の条件となりますが、売掛金を保有されている中小企業や、個人事業主なら、高い確率で資金調達が可能です。即日から2~3営業日程度での資金調達も可能です。

 

売掛金をお持ちの場合は、ファクタリングも並行して検討されることをおすすめいたします。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 おすすめファクタリング会社をランキングでご紹介

 

まとめ

借入条件を比較すると、ノンバンクから借入するよりも、銀行融資の方が金利が低いなどのメリットは大きいと言えます。
 
しかし、銀行融資は誰でも利用できるわけではないことや、緊急の資金調達に対応できないといったデメリットがあります。
そのため、銀行の融資審査に落ちた場合や、銀行融資を受けれるまでの「つなぎ資金」として、ノンバンクのビジネスローンを活用するのがおすすめです。
 
ノンバンクのメリットは、スピードの速さや、審査を柔軟に対応してもらえる点、返済能力が認められたり、担保評価があれば、資金使途の詳細を問わず、借入できる可能性が高い点があげられます。
 
 

 
 
 関連記事
 
ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 
 
▼事業資金のご案内 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG