スピード査定・急な資金調達が可能な優良ファクタリング業者を探しました!!

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

個人事業主や、企業の資金調達の銀行以外に借入できる手段として「ファクタリング」が注目を浴びています。

ファクタリングは、銀行に依存しない事業資金の借入手段であり、資金調達の多様化につながります。

個人事業主や、中小企業にとって、安定した資金調達は、非常に重要で、生命線にもなります。そのうえ、ファクタリングは銀行融資よりも審査、査定のスピードが速く、急な資金調達にも対応可能です。

 

今回は、数あるファクタリング業者の中でも「スピード査定」、「スピード対応」、「即日・短期間での資金調達」ができる優良なファクタリング業者を厳選してご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?


最初に、ファクタリングについて簡単に説明しておきましょう。

ファクタリングとは、事業性資金の調達方法の1つです。しかし、ファクタリングは資金調達手段ではありますが、「借入」、「借金」ではありません。借入とファクタリングは全くの別物です。

 

ファクタリングとは、借入ではなくて、「売掛金の売却」にあたりますファクタリングは売掛金の売却によって、売却代金を受領することによる資金調達です。

商取引で発生して、取引先の支払期日前にある売掛金を、資金化することによる資金調達方法になります。銀行からの資金調達に「手形割引」がありますよね。ファクタリングは借入よりも、「手形割引」に近い取引です。

 

通常の売掛債権の入金期日前に、売掛債権を売却することによって、早めに現金化することで資金調達するのが、ファクタリングです。売掛金の売却ですので、借金を増やすことなく、運転資金を減らして資金繰りに充てることができますので、資産の効率性が高まります。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリングと手形割引の違い


銀行で手形割引を利用されたり、手形割引について聞いたことのある方は多いと思います。

ファクタリングは手形割引に良く似ていて、手形の代わりに、売掛金を流動化する資金調達と考えると理解しやすくなります。

 

ただ、手形割引とファクタリングにも大きな違いがあります。

それは、取引先が倒産した場合のリスクを誰が負うかです。

手形割引の場合は、借入をする申込人が負いますので、手形割引後に取引先が倒産して不渡りになると、既に売却した手形であっても、銀行から買い戻す必要があります。

それに対して、ファクタリングは、ファクタリング業者が取引先の倒産リスクを負いますので、売掛金を買い戻す必要はありません。これをファクタリングには償還請求権が無いと言います。

 

つまり、ファクタリングを活用すれば、資金調達できるだけでなく、取引先の倒産リスクから解放されることができます。

 

 

 

借入残高が増えない


企業にとって、銀行取引を維持し、銀行から融資を受けるためには、財務内容が重要です

ファクタリングが資金調達の多様化につながると言っても、銀行融資を安定的に受けられるようにしておくことは、中小企業経営者や、個人事業主にとって大切です。あくまで、ファクタリングは資金調達の補助と考えておいた方が良いでしょう。

 

銀行融資を受けやすくするためには、財務内容な重要です。ファクタリングで財務内容を悪化させないためには、借入残高が増えないこともポイントになります。

企業の有利子負債(銀行などからの借入)残高が大きくなりすぎると、銀行の借入審査に通過するのが難しくなってしまいます。

 

その点、ファクタリングは、売掛金の売却であり、借入ではありません。

そのため、ファクタリングで資金調達しても、当然、決算書において、借入金残高は増加しませんので、財務内容を悪化させる懸念は少なくて済みます。

 

 

 

むしろ、ファクタリングを活用すると、売掛金が減少し、その分、現預金が増加しますので、資金効率が良くなります。借入金は増減させずに、現預金残高を増加させます。増えた現預金で、借入金を減少させることも可能です。

つまり、ファクタリングには財務内容を健全化させる効果があるのです

 

ファクタリングを利用しても、借入残高は増加せず、むしろ減少させることも出来、かつ財務内容が健全化することで、銀行の融資審査にプラスの影響を与え、借入余力を高めることにもつながります。

 

なお、ファクタリングでは、売却後の売掛金の倒産・遅延リスクはファクタリング業者が負うことになります。ファクタリング後に売掛先が倒産しても、企業は買い戻しなど、倒産リスクを負担する必要がありません。

売掛金を売却する企業はリスクを分離(オフバランス)でき、想定外の取引先の破たんによる影響を受けないよう、完全に、リスクを切り離せるメリットを受けることができます。

 

 

<関連記事:銀行融資との違い>

銀行融資とファクタリングは何が違うの?良くある疑問にお答えします!!

 

 

赤字でも調達可能


ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の売却です。そのため、ファクタリング業者には、売掛債権を売却する相手(申込人)の信用はほとんど関係ありません。ファクタリング業者が重視するのは、購入する売掛債権の信用力です。

 

売掛債権の信用力が高ければ、申込人が赤字でも、債務超過でも、ファクタリングで資金調達が可能です。

税金を滞納中、銀行からの借入を延滞しているといった事業主や、企業でも調達できます。

赤字や、債務超過が原因で、銀行からの融資を受けられないとお困りの方でも、ファクタリングを活用すると資金調達ができます。

銀行融資と、ファクタリングの審査、査定の基準は全くの別物だということを覚えておきましょう。

なお、ファクタリング審査に通りにくい「信用力が低い売掛金」とは以下のような売掛金になります。

 

<ファクタリングに利用できない売掛金>

・入金が遅れている売掛金

・個人事業主向け売掛金

・既にファクタリングで売却した売掛金

・その他入金に懸念がある売掛金

 

赤字・債務超過・税金滞納があってもファクタリングできる?

 

 

担保・保証人不要


銀行からの借入では、通常、担保や連帯保証人が必要となります。

これは、借入申込人の信用不足を埋めるために求められますが、中小企業や個人事業主は、そもそも信用力が低いと判断されるため、必要となることが多いのです。

しかし、ファクタリングでは申込人の信用は関係ありませんので、担保・連帯保証人も必要ありません。

 

赤字の企業でも、担保・連帯保証人を用意せずに、資金調達できるのがファクタリングの大きなメリットとなります。

 

 

ファクタリング業者が重要


ファクタリングで資金調達するには、ファクタリング業者の選び方がとても重要です。

銀行からの借入では、「銀行は大企業であり、地名度も高く」、そのうえ、どこで借入申込しても、それほど条件に差はありません。銀行は「横並び」なんて言葉もある位です。

 

信用保証協会の保証付き融資を活用して借入する中小企業であれば、なおさら、どの銀行を使用しても大きな差はありません。

 

しかし、ファクタリングの場合、ファクタリング業者は「ピンからキリ」まで存在します。

そのうえ、「誰もが知っている知名度の高い」ファクタリング業者というのも存在しません。

ファクタリング業者選びでは、少ない情報から、優良・安全で、そのうえ、条件の良いファクタリング業者を見つけることが、非常に重要です。

 

「スピード査定が可能」を謳うファクタリング業者を見つけても、悪質なファクタリング業者を使ってしまうと、高すぎる手数料率を要求されてしまって大損することもあります。そのため、スピード査定、急な資金調達に対応可能なファクタリング業者を選ぶ際には、細心の注意を払う必要があります。

 

もちろん、ファクタリング業者によって、スピード査定の可否や、手数料率といった重要な要素も大きく異なります。

 

MFクラウド会計のご案内
▼申込はこちら▼

 

 

スピード査定が可能な業者


今回は、数多いファクタリング業者のなかでも、スピード査定が可能であり、かつ、実績・評判が良く、安心して相談することのできるファクタリング業者に注目します。

 

 

 

是非、いざという時の資金調達のために、スピード査定を行ってもらえるファクタリング業者を押さえておきましょう。ファクタリングをご検討される事業主の方に、参考にしていただければ幸いです。

 

 

1位 JTCのファクタリング


最初にご紹介するのは「JTC」のファクタリングです。

JTCのファクタリングをご利用できるのは、法人企業となります(個人事業主は不可)。

 

 

 

JTCのファクタリングは、以下のサイトから、無料でスピード査定が可能です。

最短、即日の資金調達も可能です。

 

▼ JTCへのご相談はこちらをクリック

最短1日で入金可能!【JTCのファクタリング】

業界トップクラスの好条件!【JTCのファクタリング】

 

公式ホームページに移動すると、画面下に「電話で相談する」・「メールでのお問い合わせ」が表記されます。

● 「メールでのお問い合わせ」で必要事項を入力して送信すれば、適した担当者から連絡が来ます。

● その後、お急ぎの場合、もしくは翌日に連絡が来ない場合は、上記リンク内容に表示される番号に電話するのが良いでしょう。

 

 

JTCの評判・口コミ


JTCのファクタリングは、実際に利用した人からの評判・口コミが良く、リピート率も高いという特徴もあります。

 

JTCのファクタリングのその他の特徴をまとめると、以下となります。

①2016年の年間実績リピート率98.3% ⇒ 満足度が高い

②北海道から沖縄まで全国対応可能

③スピード査定可能/最短即日買取

④手数料率は業界最低水準

(手数料率2%~ /相見積もりにも積極参加)

⑤売掛先への通知不要

 

 

JTCを利用できる条件


JTCのファクタリングは、最もおすすめできるファクタリング業者ですが、JTCには、利用できる方の条件として以下の要件があります。

 

①法人企業

②年商7千万円以上

③買い取り金額は100万円~

特に、法人企業で年商7千万円以上という点が重要です。

 

なお、JTCのファクタリングは、スピード査定での見積もりや、相談は無料です。

実際にファクタリングを依頼された場合にだけ、手数料が必要です。

 

ファクタリングは、利用するファクタリング業者との相性や、条件が非常に重要です。

まずは、無料のスピード査定から、条件を交渉を始めてみるのがおすすめです。

 

<関連記事>

 

 

2位 ビートレーディング


ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング業者です。

そのうえ、法人企業だけでなく、個人事業主もファクタリング利用できるのが魅力です。

 

 

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。

ビートレーディングは、もちろん、スピード査定・見積もりを無料でできるファクタリング業者です。

ビートレーディングからの見積もり内容(手数料など)が不満であれば、利用する必要もありません。

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」を選択します。

 

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、その後、ご相談内容に適した担当者から、電話連絡してきます。その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が来ない場合は、電話して確認されるのが良いでしょう。

 

 

ビートレーディングの入力項目


ビートレーディングのファクタリング相談・無料スピード査定では、以下のような入力項目を埋めます。

①希望調達金額

②翌月の売掛金総額

③売掛先への通知可否

④法人OR個人

⑤会社名・氏名(担当)

の項目を入力すれば、スピード査定が可能です。

 

 

ビートレーディングのメリット


お急ぎなら、ビートレーディングのスピード査定を利用するのがおすすめです。

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、スピード査定が可能で、知名度の高い優良業者です。良質なファクタリング業者を探せば、常に上位に名前の挙がるファクタリング業者です。

 

ビートレーディングのファクタリングには、以下のような特徴があります。

 

①日本全国ファクタリング対応可能

②無料で、スピード査定可能

③ファクタリング業際での認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦取引先に同意を得ない(知らせない)ファクタリングも可能

 

知名度・実績のあるファクタリング業者で、スピード査定、急ぎの資金調達をご希望なら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

<関連記事>

 

 

3位 トラスト・ゲートウェイ


こちらは九州で事業を行っている事業主様におすすめのファクタリング業者です。

トラスト・ゲートウェイに申込可能なのは、法人企業のみとなります(個人事業主は不可)。

 

 

ファクタリング業者では、九州に地盤を持っている業者は少なく、関東圏に本社を置くファクタリング業者を利用することが少なくありません。

 

しかし、やはり九州の事業主ならお近くの業者が利用しやすいものです。

トラスト・ゲートウェイは九州で数少ない、おすすめ・優良なファクタリング業者です

スピード重視のファクタリング相談なら、なおさら、お近くのファクタリング業者で相談するほうが、可能性も高くなります。

 

もちろん、トラスト・ゲートウェイのファクタリングなら、スピード査定が可能で、最短1日で資金調達することも可能です。

 

 

トラスト・ゲートウェイへのご相談


トラスト・ゲートウェイのファクタリングをご利用・相談するなら、以下のリンクから移動します。

 

▼スピード査定はこちらをクリック

【PR】借入れが出来ない…明日まで300万必要…など急な事業資金にお困りの方。トラストゲートウェイまで

 

*ご相談、見積もりは無料です

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

「相談用のフォーム」が表示されますので、入力のうえ、確認・送信を押してください。

 

その後、追って、専門の担当者から連絡が来ます。電話での相談も可能ですが、メールで問い合わせした方が、専門の担当者から連絡がもらえますので、スムーズに話がすすみます。

 

 

トラスト・ゲートウェイのメリット


トラスト・ゲートウェイのファクタリングを活用するメリットは以下となります。

 

①リピート率98%の満足度

②最短1日のスピード査定→ その後、95%が申込に至る好条件

③担保・保証人不要

④50~5,000万円までのファクタリングに対応

⑤新規契約時に3万円のキャッシュバック中

⑥九州エリアトップクラスの買取率

⑦取引先への通知不要

 

九州でファクタリング業者をお探しの方、急な資金調達が必要で、ファクタリングのスピード査定がご希望の方は、是非、トラスト・ゲートウェイに相談されてみてください。

 

<関連記事>

 

 

4位 三共サービス


 

ファクタリング手数料が最も安く、スピード査定が可能なファクタリング業者として、必ず含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。

 

三共サービスを利用できる条件:法人企業

*個人事業主は、三共サービスの利用対象外となります。

 

 

三共サービスの特徴


三共サービスのファクタリングは、業歴も17年(2017年12月時点)と長く、ファクタリング専門会社のなかで安心感・信頼感のある企業です。

 

さらに、三共サービスのファクタリング手数料は、ファクタリング業界のなかで最安水準です。

3社間ファクタリングで、 1.5%~

2社間ファクタリングでも  5.0%~

 

三共サービスのファクタリング手数料は、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準です。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取り可能なファクタリング会社です。

地域を限定せず、全国どちらの企業でも相談・ご利用が可能です。

最大調達額も1億円まで可能です。

 

なお、三共サービスでは、スピード査定が可能で、買い取りに要する期間は、最短で2営業日です。

即日対応はできませんが、2営業日でファクタリングが可能というメリットがあります。

もちろん、相談・見積もりは無料です。

 

 

三共サービスへのご相談・申込


三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

(三共サービスは無料相談・無料見積もりが可能です)

 

移動後、表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

三共サービスには、電話での相談も可能ですが、「至急を要する」必要がなければ「WEB申込」がおすすめです。ご希望の相談内容に適した担当者から連絡してもらえ、スムーズな相談が可能です。

 

お電話の際は、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

 

<関連記事>

 

MFクラウド会計のご案内
▼申込はこちら▼

 

 

ファクタリング可否を急ぐ確認


スピード対応してくれるファクタリング会社で条件交渉を進めながらも、急を要する場合には、「本当にファクタリングを利用できるか?」を確認したり、利用できそうなファクタリング会社を先に確保しておきたいところです。

 

そんな時、ファクタリングの売掛金仮査定がおすすめです。

ファクタリングの売掛金仮査定とは、必要書類を準備して、正式に申込する前に、提出書類なしで簡単にファクタリングの利用可否を確認してもらえます。

それも、必要項目を入力して、わずか数分で利用可否を診断してくれるサービスもあります。

 

売掛金の仮査定なら「資金調達ガイド(サウルス)」がおすすめです。

 

 

▼資金調達ガイド(㈱サウルス)/ 以下の手順をご参考下さい

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

 

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

<5秒診断 手順>

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック
資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。
希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。
メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

5秒無料診断に回答後、回答用メールアドレスを登録すると、ファクタリングの利用可否をすぐに教えてもらうことができます。

 

 

[最短5秒]ファクタリングの売掛金仮査定で調達可否を確認する!!

 

 

 まとめ


ファクタリングのスピード査定はこちらで紹介したファクタリング業者がおすすめです。

ファクタリングで資金調達するには、ファクタリング業者をしっかりと選定することが非常に重要です。

ファクタリング業者の質は、正直「ピンからキリ」まで様々であり、誤った業者を選んでしまうと、スピードは速いけど、内容がいまいち(手数料が高いなど)と言うことが少なくありません。

 

優良なファクタリング業者で、さらに、スピード査定が可能なファクタリング業者を探すならこちらを、是非、参考にされてください。

 

 

<関連記事>

プロパー融資を借りるのに大切なこと!!

口コミ・評判の良いファクタリング会社

ファクタリングの手数料相場と安く抑える交渉術

出張査定が可能なファクタリング業者はこちら

個人事業主がすぐに借入できる方法!!

 

 

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

MFクラウド会計のご案内
▼申込はこちら▼

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。