事業資金借入

ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておくべきメリット・デメリット

中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金繰りは生命線とも言える最重要の経営課題です。銀行融資は中小企業や自営業者にとって重要ですがデメリットもあります。

 

銀行の融資姿勢は安定しておらず、以前に借入できたからと言って、次に融資を受けられるとは限らないのです。おまけに、中小企業や個人事業主の業況が不安定だと、さらに銀行融資を受けるのは難しくなるという大きなデメリットがあります。

 

そのため、銀行融資以外に、資金調達方法を確保しておきたい中小企業経営者や、個人事業主は少なくありません。そんな時に役立つおすすめ商品が「ビジネスローン(事業者ローン)」です。今回は、経営者や個人事業主の資金調達に役立つ「ビジネスローンとは?」・「ビジネスローンを借りるポイント」・「メリット・デメリット」を説明します。

 

 

 

ビジネスローンとは?

個人が利用できる借入商品にカードローン(キャッシング)があります。

カードローンは最初に契約しておけば「すぐに借入できる」、「何度でも借入できる」、「利用目的が原則自由」、「銀行融資のような面倒な書類が不要」、「好きな時に借入できる」というメリットがあることで人気のある商品です。

 

カードローンは使い勝手が良いですし、限度額の範囲なら「いつでも自由に借入して、自由に返済できる」のが非常に便利です。必要な時だけ借入できるので、上手に使えば利息の負担を減らすこともできます。そのため、カードローンを事業用に使いたいという経営者や個人事業主は多くいます。

 

しかし、カードローンの中には「事業資金としての使用」を、明確に禁止しているものがあります(特に銀行系カードローンは原則禁止)。そのうえ、カードローンは、個人の生計費を目的としているので、借入限度額も、大きくありません。

 

<関連記事>

 

プロミス 
お申込はこちら▼








適用金利(実質年率)最大借入可能額
4.5~17.8%1~500万円

 

 

個人用のカードローンに対する商品として、事業主向けにビジネスローン(事業者ローン)があります。ビジネスローン(事業者ローン)とは、中小企業経営者や、個人事業主を対象とした借入用商品のことを意味しています。

 

広い意味でとらえれば、事業用資金としての借入全般をビジネスローン(事業者ローン)と呼ぶことができます。しかし、一般的には、「中小企業」や、「個人事業主」向けに、カードローンのように比較的簡易な審査で貸し出す商品のことをビジネスローン(事業者ローン)と呼んでいます。

事業資金の借入は「銀行融資」という印象が強いですが、ノンバンクでも事業資金の融資は行っています。

 

今回は、銀行融資と、ノンバンクの使い分けとして、銀行が行う事業資金融資を「銀行融資」、ノンバンクが行う事業資金融資を「ビジネスローン(事業者ローン)」と呼びます。

 

ビジネスローンとは?

 

ビジネスローンの特徴

次に、通常の銀行融資と比較しながら、ビジネスローン(事業者ローン)の特徴(メリット・デメリット)を整理・解説していきましょう。

 

 

審査はスコアリングシステム

一般的に、銀行から事業資金の融資を受けるには、たくさんの資料が必要となります。

そのうえ、提出した資料をもとに、銀行との面談などを経て融資可否の判断がなされます。これらの判断を審査と呼びます。

 

ビジネスローン(事業者ローン)でも、もちろん融資可否を判断する審査は必要です。

しかし、銀行融資のように、細かい書類を求めたり、多岐に渡る調査を行うような審査までは、行われていないのが通常です。

ビジネスローン(事業者ローン)の審査方法として多いのは、「スコアリングシステム」による審査です。

 

 

スコアリングシステムとは?

スコアリングシステムとは、「統計的データに基づいて、融資希望者の信用度をスコア化することによって融資の可否を決定する方法」です。しかし、これだけでは、ちょっと意味が解り辛いと思われるので、もう少し補足しましょう。

 

ビジネスローン(事業者ローン)を行うノンバンクなどは、過去の実績や経験などのノウハウを基にして作った「スコアリングシステム」を使用して審査します。スコアリングシステムというのは、簡単に言えば、自動採点機です。

 

スコアリングシステムに、融資希望者から受領する決算書などの情報を流し込むと、自動的に融資希望者を採点して、得点化します。その得点によって、ビジネスローンの融資可否や、金額、適用金利などが決定されます。

 

スコアリングシステムは、各金融機関それぞれが、過去の経験や実績をもとに作成しているため、それぞれの金融機関で審査基準は異なります。しかし、投入する情報としては、「決算報告書」、「申告書」を主とするものが多いようです。

 

 

融資までの時間が短い

ビジネスローン(事業者ローン)の多くは、相談・申込から実際の融資まで、非常に短い期間で対応してもらえるメリットがあります。

 

最短で申込から1~2日程度で借入できるビジネスローンもあります。

前述の通り、ビジネスローン(事業者ローン)の審査は、スコアリングモデルで行われます。そのため、経営者や個人事業主から受領した情報から、自動で融資結果がでます。そのため、一般的な銀行などと比べて審査スピードが速いのです。

 

銀行融資では、新規の相談であれば、1ヶ月以上かかることも珍しくありません。

既存取引行であっても、審査用に追加書類を求められたり、質問、面談の対応などを行っていると、2~3週間かかってしまうことも多くあります。

 

短期間で融資を受けることができるのは、銀行融資に比べ、ビジネスローン(事業者ローン)の大きなメリットです。

 

 

担保や保証人不要

ビジネスローン(事業者ローン)には、担保・連帯保証人不要の無担保ローンと、担保や保証人が必要な有担保ローンの2種類があります。ここで言う連帯保証人とは経営者保証というより、経営者以外の保証人が必要となる「第三者連帯保証人」のことです。

 

無担保のビジネスローンは、不動産などの担保がない中小企業や、個人事業主でも融資を受けることができます。

 

創業後間もなく、資産をそれほど持っていない中小企業や個人事業主にビジネスローンは非常に助かります。また、連帯保証人、特に第3者保証人を求められるのも経営者や、個人事業主には大きな負担となります。「連帯保証人なし」で借入できるのは、ビジネスローン(事業者ローン)の大きなメリットです。

 

<関連記事>

 

 

ただし、無担保・無保証で融資を受けられるということは、融資する側のノンバンクが負うリスクも高くなります。

そのため、有担保のビジネスローンや、銀行融資よりも、金利が高く設定されたり、融資額が少なく抑えられたりするのが一般的です(ここがデメリットと言えます)。

 

ビジネスローンなら担保や第三者保証人不要でも借入できる

 

有担保型のビジネスローン

有担保のビジネスローンというものもあります。一般的には、不動産担保ローンなどとも呼ばれています。不動産担保ローンは、法人や、経営者、個人事業主が「不動産」などの資産を保有している時に活用することができます。

 

無担保のビジネスローンと比べ、不動産担保ローンには、「多額の事業資金」を「低金利」で借入できるメリットがあります。

不動産などの担保がある分、ノンバンクは低いリスクで融資を行うことができます。そのため、無担保のビジネスローンよりも、「借入限度額が大きくなり」、「返済期間も長く設定」することもできます。そのうえ、融資審査にも通りやすくなります。

 

ただし、不動産担保付きのビジネスローンを借入する場合には、審査時に不動産担保の評価を行ったり、抵当権の設定が必要になるなど、審査期間は長くなってしまう可能性が高くなります。そのため、急を要する資金調達には間に合わないこともあります。

 

一時的に、無担保のビジネスローンや、ファクタリングなどで資金調達(つなぎ)しておいて、その後、金利の低い不動産担保型のビジネスローンで借り換えするということも可能です。

 

<関連記事>

 

 

また、不動産に抵当権を設定するには登記費用が必要になりますので、初期費用がかかります。少額、もしくは一時的な資金調達が目的であれば、無担保のビジネスローンを利用した方が、トータルではコストを低く抑えられることもあります。

不動産担保型のビジネスローンは、大規模な金額で、長期的に借入を希望する場合に、メリットが大きくなる借入です。

 

 

総量規制の対象外

総量規制とは、貸金業法という法律の一部で、個人が借入できる総額を年収の3分の1に制限する制度のことです。個人事業主も個人である以上、借入する際には、総量規制の制限を受けてしまします。

 

<関連記事>

 

 

しかし、ビジネスローン(事業者ローン)であれば、個人が借入する場合でも、総量規制の対象外で借入することができます。

総量規制では、「事業資金」を目的とする借入れは、「総量規制の対象外」と定められています。ビジネスローン(事業者ローン)は事業資金を目的とする借入にあたり、総量規制の対象外として、年収に関わらず、借入することができます。

総量規制の例外として借入できるのは、ビジネスローンのメリットと言って良いでしょう。

 

 

資金使途が原則自由

ビジネスローンは事業資金としての目的なら使い途は原則自由です。

そのため、通常、審査でも使い途を証明する資料は求められません。

 

それに対して、銀行融資では、「資金使途」は重要です。銀行に対して借入申込する場合には、「何に」、「なぜ」、「いくら」必要なのかを説明し、その金額を証明する資料(見積もり書や、事業計画など)を提出する必要があります。

 

もし、銀行融資で目的外に借入を使用してしまうと、「資金使途違反」として、全額を一括返済するように求められてしまうこともあります。ビジネスローンは、資金使途が自由なため、こういった面倒な対応が不要であるというメリットがあります。

 

ビジネスローンは資金使途自由

 

メリット・デメリット

ここまでの説明の整理も兼ねて、ビジネスローン(事業者ローン)のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

<メリット・デメリット>

メリットデメリット
・融資までのスピードが速い
 (即日融資可能なことも)
・銀行に比べ審査通過率が高い
・担保・保証人不要
・総量規制の対象外
・資金使途は原則自由
・金利が高い
・限度額が低い
・稀に悪徳業者が存在する

 

 

ビジネスローン・メリット

ビジネスローン(事業者ローン)のメリットは、審査に通過しやすくて、すぐに借入できることです。

そのため、急な資金調達が必要となった時や、銀行融資を断られてしまった時に、大いに役にたちます。更に、担保・保証人が不要で借入できるビジネスローン(事業者ローン)もあります。

 

審査に通りやすく、緊急の資金調達にも利用できるのがビジネスローンのメリットです。

 

 

ビジネスローン・デメリット

やはりビジネスローン(事業者ローン)の最大のデメリットは、「金利の高さ」です。

ビジネスローン(事業者ローン)は、貸主となるノンバンクにとっても、「リスクの高い」融資となります。そのため、銀行融資や、公的融資に比べれば金利は高くなります。

 

銀行融資を受けられる余地があるのであれば、銀行融資を最大限活用し、ビジネスローンは「つなぎ融資」として利用するのがおすすめです。

 

 

ビジネスローンの注意点

ビジネスローン(事業者ローン)の借入をする場合には、最低限、「正規の貸金業者」であることを確認してください。

残念ながら、ビジネスローンを融資するノンバンクには、「悪質な業者」もいます。

もちろん、悪質な業者から借入をすることは避けるべきです。金利以外に必要以上に手数料・諸費用として支払を求められたり、借入期間を延ばして、余分に利息を求められたりします。

 

悪質な業者に騙されないためには、最低限、貸金業登録を行っている「正規の貸金業者」から、ビジネスローンを借入するようにしてください。正規の貸金業者であれば、「法定利息」を守っているはずです。

 

また、ビジネスローンの借入金利は、銀行融資や、公的融資に比べれば、「金利」が高くなってしまうデメリットがあります。そのため、ビジネスローンに過度に依存してしまうことは望ましくありません。

 

極力、銀行融資や、公的融資を優先的に活用し、「急な資金」、「つなぎ資金」、「銀行審査に落ちた場合」などにビジネスローンを活用するのが良いでしょう。

 

ビジネスローンを利用する際の注意点

 

おすすめのビジネスローン

実際にビジネスローン(事業者ローン)を取り扱っているノンバンクをご紹介します。審査スピードが速く、審査に通りやすい、そして当然ながら「正規の貸金業者」であるノンバンクからご紹介します。

 

アイフルファイナンス(旧ビジネクスト)

ビジネクストのビジネスローン

 

アイフルファイナンス(旧ビジネクスト)というのは大手消費者金融であるアイフルの子会社で、中小企業や個人事業主向けの事業資金を融資している会社です。ビジネクストのおすすめは「カードローンタイプ」のビジネスローンです。

 

アイフルファイナンスでは、アイフルの子会社というだけあり、個人が利用できるカードローンと同じような利用方法ができるビジネスローンをおこなっています。そのため、最初に審査に通って契約しておけば、好きな時に、いつでも自由に借入ができるようになります。もちろん、ビジネスローンですので、事業資金として利用することができます。

 

カードローンの契約やカードローンを持っておくことには費用がかかりませんので、いざという時の備えに申込されておくこともおすすめです。

 

 ビジネクストの申込

事業者専用ローンなら『アイフルビジネスファイナンス』

 

 

エム・アール・エフ(MRF)

不動産担保型のビジネスローン、西日本(兵庫県より西側)に拠点がある方なら、エム・アール・エフ(MRF)がおすすめです。

 

エム・アール・エフは、個人事業主・小規模企業ともに借入できる不動産担保型のビジネスローンです。エム・アール・エフは、短期的な「つなぎ融資」の目的なら、最大3億円までの金額を、5.0%~9.6%の適用金利(年率)で借入可能です。

 

もちろん、短期の「つなぎ融資」以外にも、長期間のビジネスローンも借入可能です。

なお、エム・アール・エフも正規の貸金業者ですのでご安心ください。

 

<エム・アール・エフ(MRF)>

会社名株式会社 エム・アール・エフ
代表取締役宮本 達也
資本金7,500万円
所在地福岡市中央区渡辺通5丁目23番8号
対応可能エリア西日本(兵庫県以西)
登録番号(貸金業)福岡財務支局長(2)第00173号
日本貸金業協会会員第005731号

 

 

エム・アール・エフの条件

エム・アール・エフの不動産担保型の「ビジネスローン」で借入する場合の条件を確認しましょう。エム・アール・エフのビジネスローンは、最大3億円までを、適用金利4.0%~9.9%(長期間元金据え置きプラン利用時)の金利で借入可能です。

 

個人事業主や、中小企業が借入できる不動産担保型のビジネスローンですので、最大3億円までの規模の大きい金額を、比較的低金利で借入できるメリットがあります。

 

<長期間元金据え置きプラン>

借入できる方法人代表者・個人事業主
借入可能地域西日本(兵庫県以西)
借入金額100万円~3億円
金利(年率)4.0%~9.9%
借入期間最長3年
保証人原則不要

 

 

<ブリッジプラン>

借入できる方法人代表者・個人事業主
借入可能地域西日本(兵庫県以西)
借入金額100万円~3億円
金利(年率)5.0%~9.6%
借入期間1年以内
保証人原則不要

 

 

エム・アール・エフへのご相談

エム・アール・エフは、以下のサイトリンクから、公式ホームページの相談用ページに移動できます。

画面中ほどに設置された「オンラインで申し込む」を選択ください。必要事項の入力画面に移動します。

 

 こちらをクリック

 

エム・アール・エフのビジネスローンは、来店不要で、WEBからの借入申込できます。

エム・アール・エフのビジネスローンは、借入申込から24時間以内に審査対応してもらえますので、短時間での借入可否の確認が可能というメリットのある事業者です。

 

 

ファクタリングもある

法人向けの売掛金をお持ちの中小企業・個人事業主なら、ファクタリングで資金調達するという方法もあります。

ファクタリングとは、取引先に対してお持ちの売掛金を、回収期日前に前倒しで現金化する資金調達方法です。売掛金をお持ちであれば、ビジネスローンよりも、「素早く」、「審査に通りやすい」方法として、資金調達することができます。

 

事業資金の調達をご希望の中小企業・個人事業主であれば、ビジネスローンに加えて、ファクタリングによる資金調達も検討されてみるのがおすすめです。ファクタリングは短期間での資金調達ができるうえ、「借入」ではありませんので、銀行融資を補完する資金調達方法として利用することができます。

 

1位 三共サービス

 手数料が業界トップクラスに低い三共サービスのご案内

 

ファクタリング手数料で特におすすめなファクタリング会社は「三共サービス」です(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、後述するビートレーディングをご覧ください)。

 

三共サービスの特徴?

三共サービスは、業歴も18年(2019年1月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にあります。

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

 

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国の企業の相談が可能です。

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 

 ご相談・申込はこちら

▼三共サービス
 




売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

 

そして、移動後すぐに表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

 

WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

 

<関連:三共サービスのご紹介>

 

2位 ビートレーディング

ビートレーディングは知名度が業界トップのファクタリング会社

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い有名なファクタリング会社です。

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。さらに、個人事業主/自営業の方も利用できるファクタリング会社です。

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、トップクラスに知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

 

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談は以下のリンクから、公式ホームページに移動して行ってください。

 

 ご相談・申込はこちら

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

 

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、内容に沿った担当者から折り返しの連絡がもらえます。

 

 

<関連記事>

 

 ご相談・申込はこちら

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

 

3位 MSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

 MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

▼MSFJのファクタリング


*手数料の低さは業界トップクラス

 

 

4位 トラスト・ゲートウェイ

九州でファクタリング会社を探すならトラスト・ゲートウェイ

 

九州、特に福岡で事業を行っている事業主におすすめなファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。トラスト・ゲートウェイをご利用出来るのは「法人企業」となります。法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

トラスト・ゲートウェイのように、ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

 

トラスト・ゲートウェイは、他のファクタリング会社と比較しても、遜色の無い、優良なファクタリング会社です。九州で事業を行っている方には企業には、是非おすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴を整理すると以下となります。

①リピート率98%の満足度

②最短1日のスピード査定

 → その後、95%が申込に至る好条件

③担保・保証人不要

④50~5,000万円までのファクタリングに対応

⑤新規契約時に3万円のキャッシュバック中

⑥九州エリアトップクラスの買取率

⑦取引先への通知不要

 

九州でファクタリング会社をお探しならトラスト・ゲートウェイがおすすめです。他のファクタリング会社と比較しても遜色なく、地域密着のファクタリング会社ですので、安心して相談できます。

 

トラスト・ゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイはスピード査定・最短1日で資金調達ができるファクタリング会社です。トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下のサイトリンクをクリックしてください。公式ホームページに移動します。

 

 ご相談・申込はこちら

▼トラストゲートウェイ


【PR】福岡県九州エリアで事業資金でお困りの方、トラストゲートウェイまで

 

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。「相談用のフォーム」が表示されますので、入力のうえ、確認・送信を押してください。その後、しばらくすると、専門の担当者から連絡が来ます。電話での相談も可能ですが、メールで問い合わせした方が、専門の担当者から連絡がもらえますので、スムーズに話がすすみます。

 

<関連記事>

 

 

 

まとめ

銀行融資以外の資金調達方法を確保したい方には、ビジネスローンがおすすめです。

ビジネスローンの審査は、スコアリングシステムで行いますので、短時間で、必要書類も銀行融資ほどに求められずに借入できるメリットがあります。

 

中小企業・個人事業主にとって、銀行融資だけでは不安な資金調達を、ビジネスローンは補完してくれます。

ビジネスローンには、無担保・無保証人で、数日で借入できるというメリットもあります。急な資金調達に対応するならビジネスローンはおすすめです。

 

ビジネスローンの知識を持っておけば、経営の安定化につながりますので、資金調達が必要な時に、是非、参考にしてください。

 

 

外部ランキング

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

弥生会計ソフトのご案内 
▼申込はこちら▼

 

<関連記事>

 

▼事業資金のご案内 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください