トラスト・ゲートウェイのファクタリングを完全解説!!

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングを利用する際におすすめできるファクタリング会社をご紹介いたします。

今回ご紹介するファクタリング会社は「トラスト・ゲートウェイ」です。

トラスト・ゲートウェイのファクタリングの特徴を、メリットもデメリットも含めて、どこよりも詳しくご紹介します。

 

 

 

トラスト・ゲートウェイはどんな会社?


トラスト・ゲートウェイは福岡県に本店を置くファクタリング会社です。

全国的なファクタリング対応も可能ですが、原則、「九州」に注力しており、九州エリアに特化したファクタリング会社として営業しています。そのため、営業所も福岡のみに置いています。

 

 

<トラスト・ゲートウェイ基本データ/2017年12月時点>

会社名 株式会社 トラストゲートウェイ
本社所在地 福岡県福岡市中央区大名2丁目2番42号
設立 平成29年2月
受付時間 平日 10:00~18:00 土・日・祝・当社休業日を除く
業務内容 1 ファクタリング事業
2 経営コンサルティング事業
3 古物営業法に基づく古物営業
4 前各号に附帯関連する一切の業務

 

 

九州エリアならトラスト・ゲートウェイ


トラスト・ゲートウェイのファクタリングは九州エリアに特に力を入れており、九州内の案件であれば、他のファクタリング会社に「負けない」という強い想いを持って営業しています。

そのため、九州エリアで事業をされている方なら、是非、トラスト・ゲートウェイに相談されてみるのがおすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイでは、交通費は資金調達者側負担となりますが、九州エリア内の資金調達者の事業所へ、出張査定・出張買取りも行ってくれます。そのため、ファクタリングを活用したいが、ファクタリング会社に出向けないと言う多忙な事業主もファクタリングを利用できます。

 

 

活用できるのは法人企業


トラスト・ゲートウェイのファクタリングサービスを利用できるのは、「売掛金を保有する」、「法人企業」となります。

ファクタリングは売掛金を期日前に資金化する方法ですので、売掛金をお持ちでない方は対象になりません。

 

<関連記事>

 

 

また、ファクタリングの対象となる売掛金は、「法人企業」向けの売掛債権であり、かつ、「支払いの遅延が起きていない」ものが対象となります。既に、入金が遅れてしまっているものや、個人(個人事業主)に販売した売掛金は対象となりません。

 

残念ながら、トラスト・ゲートウェイでは、個人事業主のファクタリングは、積極的には取扱っていません。

法人企業であれば、まだ決算書を作成していない、設立1期目の企業であっても利用できます。

 

<関連記事>

 

 

トラスト・ゲートウェイの特徴


トラスト・ゲートウェイのファクタリングにはメリット・デメリットがありますので、相談・申込前に、良く理解しておくのが良いでしょう。

 

<トラスト・ゲートウェイの特徴>

利用できる方 法人企業
赤字・債務超過 利用可能
対応地域 九州エリア
買取期間 最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注) 無しも可能(2社間ファクタリング)
債権譲渡登記(注) 2社間ファクタリングでは原則必要
担保・連帯保証人 不要
買取金額 50万円~5,000万円(初回は1,000万円まで)
ファクタリング手数料 最低3.0%~
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)
諸費用 売掛金1社につき5,000円の審査料
登記費用、交通費、印紙代など実費請求

 

(注)2社間ファクタリング・債権譲渡登記に関する詳細は以下をご確認下さい。

 

 

リピート率98%


トラスト・ゲートウェイのファクタリングサービスを利用された方が、再度、トラスト・ゲートウェイを利用する確率は98%です(トラスト・ゲートウェイ公表数値)。

リピート率は、実際にトラスト・ゲートウェイを利用された方の、満足度の高さを表す数値です。98%というのは、他のファクタリング会社と比較してもかなり高い数値です。

 

 

九州エリアトップクラス


トラスト・ゲートウェイは九州エリア内のファクタリングでは、トップクラスの買い取り実績を有しています。

トラスト・ゲートウェイに申込されてから、条件提示を受けて、実際にファクタリングに至る割合は95%以上と言われています(トラスト・ゲートウェイ公表数値)。

契約率の高さは、トラスト・ゲートウェイから提示される条件に対する納得感の高さ、競争力を示しています。

 

 

スピード査定・即日買取


トラスト・ゲートウェイのファクタリングは、50万円~5,000万円までの範囲なら、最短即日での資金化も可能です。

始めて、トラスト・ゲートウェイを利用する方でも、最大1,000万円までのファクタリングを行うことができます。

トラスト・ゲートウェイの平均的な所要期間としては、申込~資金化までで3営業日程度でファクタリングが行われているようです。トラスト・ゲートウェイの申込の流れは、インターネット経由から「事前査定」を行い、事前査定を通過すると、正式書類を提出して、正式審査が行われます。

 

なお、トラスト・ゲートウェイでは、事前査定は無料ですが、正式審査を行う場合には、審査料が必要となります(売掛金1社あたり5,000円)。

 

 

2社間ファクタリング可能


ファクタリングには2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つの方法があります。簡単に言えば、2社間ファクタリングは、売掛先に、売掛金の売却を通知しないファクタリング方法です。

取引先に事前同意を得て行うファクタリングは、3社間ファクタリングと呼ばれます。

売掛先に知らせることなくファクタリングを利用したいという方が多いのですが、トラスト・ゲートウェイでは「2社間ファクタリング」も取り扱い可能です。

 

トラスト・ゲートウェイは2社間ファクタリングの取り扱いが可能ですが、一般的に、ファクタリング手数料は3社間ファクタリングより、2社間ファクタリングが高くなります。

そのため、取引先への通知・事前同意に問題無いなら、3社間ファクタリングの利用も検討されてみるのが良いでしょう。

 

<関連記事>

 

 

買取り可能金額


トラスト・ゲートウェイのファクタリングでは、50万円から、最大5,000万円までの買い取りが可能です。ファクタリング会社のなかでは、中程度の規模のファクタリングに対応する会社です。

(トラスト・ゲートウェイでの初回ファクタリング利用時は1,000万円までとなります)

但し、50万円の小口でもファクタリグ対応できるのは、中小企業など企業規模の大きくない希望者でも、使いやすいメリットとなります。

トラスト・ゲートウェイでファクタリング実績を積んでいくことで、最大5,000万円までのファクタリングに対応可能となります。

 

 

ファクタリング手数料


トラスト・ゲートウェイのファクタリング手数料は、3.0%~と公表されています。3社間ファクタリングを利用する場合の平均的な相場は、3~6%のようです。

トラスト・ゲートウェイでの取引実績がない方、2社間ファクタリングを利用する場合がファクタリング手数料も高くなってしまい、この時には10%~になることもあります。ファクタリング手数料を低く抑えるのであれば、3社間ファクタリングを活用したり、少額からファクタリング実績を作っておくことが大切です。

(売掛先の信用力でもファクタリング手数料は異なります)。

 

「ファクタリング手数料3.0%~」とは、ファクタリング業界全体の中でも、低めの水準にあたります。トラスト・ゲートウェイのファクタリング手数料は、他社に比べても低めですので、上手く活用しましょう。

 

<関連記事>

 

 

赤字・債務超過も可能


さらに、トラスト・ゲートウェイでは、赤字・債務超過・税金滞納・リスケ中の方でもファクタリング申込可能です。

トラスト・ゲートウェイのファクタリング審査では、売掛先の信用力が重要です。そのため、売掛先の信用力が高ければ、資金調達希望者自体は赤字・債務超過でも利用可能です。

トラスト・ゲートウェイは、ファクタリングを利用できる方の範囲が広いというメリットがあります。

 

 

業歴が短い


トラスト・ゲートウェイの設立は、平成29年2月です。

トラスト・ゲートウェイは、設立から、まだ1年程度しか経ていません。ファクタリング業界は、そもそも業歴の短い会社が多く、最も長い企業でも5~6年程度となります。

そのなかでも、トラスト・ゲートウェイの業歴は、短い方にあります。やはり、業歴の短さはデメリットと言えるでしょう。

トラスト・ゲートウェイは、業歴は短いのですが、九州エリアを主として積極的な営業を行っていることから、相応に知名度は高くなっています。

 

 

ファクタリング対応エリア


トラスト・ゲートウェイのファクタリングは九州特化です。

九州以外のファクタリング希望者にはあまりメリットはありません。

一方、九州で事業を行う方には、トラスト・ゲートウェイにメリットがあります。

 

ファクタリングでは、正式審査の過程で、「面談」が必要となります。

遠方にあるファクタリング会社を利用すると、わざわざ出向く必要があったり、出張対応してもらっても、交通費の負担が必要になったりします。そのため、九州で事業を行っている方なら、「近く」でファクタリングしてもらえる「トラスト・ゲートウェイ」に大きなメリットがあります。

 

 

新規契約キャンペーン


トラスト・ゲートウェイでは新規契約者限定で、3万円のキャッシュバックを実施中です!!

ほんの少しのキャッシュバックですが、あると嬉しいですよね。

諸費用の足しにもなります。

 

 

相談は無料


トラスト・ゲートウェイにファクタリングの相談・事前査定依頼するのは無料です。トラスト・ゲートウェイでは正式な申込を行って、正式審査してもらうと、売掛先1社につき、5,000円の審査料が必要となります。

無料でできるトラスト・ゲートウェイへの相談を有効活用しましょう。

 

 

トラスト・ゲートウェイがおすすめの方


以上の結果を整理して、トラスト・ゲートウェイのファクタリングが適する、おすすめの方をまとめてみました。

以下の項目にあてはまる方はトラスト・ゲートウェイのファクタリングにメリットがあります。あてはまる項目数が多いほど、トラスト・ゲートウェイとの相性が良くなります。

 

①九州で営業する法人企業

②銀行融資以外の資金調達方法を確保したい

③現在の資金調達方法だけでは不安

④(遅延の無い・法人企業向けの)売掛金がある

⑤利用中のファクタリング会社の条件(手数料など)に不満

⑥必要な資金調達は50~5,000万円

⑦急いで資金調達したい

 

 

トラスト・ゲートウェイへの相談・申込


トラスト・ゲートウェイに相談・申込するには、以下のリンクから行って下さい。

 

▼こちらをクリック

 

公式ホームページに移動後、画面中央の「メールでのお問合せはこちら」を選択して、必要事項を入力してください。

まずは、簡単な「事前査定」が行われ、そのうえで専門の担当者から連絡がきます。「至急」の必要がないなら、WEBから必要情報を入力するのが良いでしょう。内容に応じた担当者から連絡がもらえ、相談がしやすくなります。

 

なお、トラスト・ゲートウェイへの相談・事前査定は無料です。

 

弥生会計ソフトのご案内
▼申込はこちら▼

 

 

ファクタリングの手順


トラスト・ゲートウェイでファクタリングを実施する場合の、基本的な流れは以下の「5ステップ」です。

 

1 ステップ 相談

 インターネットからご相談で必要な情報を伝えます。

 必要な期日や、金額、売掛金の保有状況などを伝えます。

 

2 ステップ 申込

 トラスト・ゲートウェイの担当から連絡があり、サービス内容などの説明が行われます。内容に納得すると申込に進みます。

 

3 ステップ 必要書類提出

 審査に必要となる書類を準備して、郵送・FAX・持参などで提出します。

 資金化を急ぐ場合は、こちらがポイントとなります(詳細後述します)。

 

4 ステップ 正式審査

 トラスト・ゲートウェイでの審査です。終了後連絡がきます。

 

5 ステップ 契約

 契約後、ファクタリング代金が入金されます。

 

 

<関連記事>

 

 

トラスト・ゲートウェイで必要な書類


トラスト・ゲートウェイにファクタリングで、申込後、正式審査・条件提示を行ってもらうために必要な書類は以下となります。

急を要する場合には、申込書類を素早く準備することが必須条件となります。以下の書類を先に準備しておくと時間が短縮できます。

 

<必要書類の一覧>

  書類名 補足
1 決算書のコピー(3期分)  
2 試算表(今期半期以上経過の時)  
3 直近6か月分の取引、入出金履歴が確認できる書類(通帳コピーなど) 売掛金の入金履歴が記載
4 売掛先に宛てた書類
(発注書、納品書、請求書など)
 
5 会社の商業登記簿謄本・印鑑証明書 3通ほど準備
6 売掛先との取引基本契約書
(無い場合は要相談)
 

 

 

ファクタリングとは?


最後に、ファクタリングに関する基本情報をご説明します。

ファクタリングなら、既に良く知っているという方は、飛ばして頂いて問題ありません。

ファクタリングは、近年、注目度が高まっている資金調達方法です。

しかし、ファクタリングは借入とは違います。

ファクタリングは、「売掛債権の売却」になります。

 

ファクタリングは、回収期日前の売掛債権を、先に資金化する方法です。資金調達日から売掛債権の回収までの期間は、ファクタリング会社が立て替えることになります。

ファクタリングは銀行などが行う手形割引に、非常に似ていますので、銀行の手形割引と対比して考えると理解しやすくなります。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリングと手形割引は良く似ていますが大きな違いもあります。

ファクタリングと手形割引の最も大きな違いは「償還請求権」の有無です。

手形割引は、取引先が倒産して支払いが出来なくなった時に、資金調達者が銀行から手形を買い戻さなくてはいけません。

それに対して、ファクタリングでは、ファクタリング会社がリスクを負いますので、買い戻す必要はありません。

 

<関連記事>

 

 

まとめ


トラスト・ゲートウェイは、九州に特化したファクタリング会社として、近年、知名度を高めているファクタリング会社です。

営業拠点は福岡にありますので、九州で事業を行っている方には、申込・相談・面談が行いやすく、交通費などの費用を削減できるのも特徴です。

 

トラスト・ゲートウェイは出張査定・スピード査定も可能です。

初回利用時でも1,000万円までのファクタリングが可能ですので、九州でファクタリングをお考えなら、トラスト・ゲートウェイに相談してみましょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

事業資金借入
銀行から運転資金融資を確実に受ける方法!銀行の融資担当者が教える審査のポイント

運転資金融資の審査は、銀行からお金を借入する際の基本です。中小企業の経営者や個人事業主にとって、「運 …

事業資金借入
赤字でも銀行からお金は借入できる!!元融資担当者が教える事業資金調達方法

赤字となってしまった会社でも銀行から借入できる可能性はあります。その方法をご説明します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。