審査が甘いビジネスローンの見つけ方&審査に通すための準備方法

ビジネスローンはノンバンクなどの金融機関が取り扱っている融資商品であり、一般的にビジネスローンは銀行融資よりも審査が甘いと言われます。

 

しかし、ビジネスローンだからと言って、誰でも審査に通るわけではありません。

審査に通らず、困っている経営者も多くいます。

 

今回は審査が甘く借入しやすいビジネスローンを探すとともに、審査を通して安心、安全に利用するための申込方法を解説します。

 

 

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、一般的に「ノンバンク」と呼ばれる貸金業者などが事業資金を融資するための商品です。

 

主に中小企業や、自営業者などが利用することの多い借入商品です。

 

一般的に企業が借入で利用するものとしては「銀行融資」が有名です。それでは、銀行融資などの「融資」と、ビジネスローンはどのように使い分けされているのでしょうか?

 

ビジネスローンは比較的簡易な審査方法と定型化された商品内容が特徴の融資商品です。

 

銀行融資のように、綿密な審査を行ってオーダーメイドで融資を行うのではなく、パッケージ化された商品によってスピーディーに融資を行うのがビジネスローンの特徴です。

 

なお、ビジネスローンは主としてノンバンクが取り扱う融資商品ですが、「ノンバンク=危険」と不安に思われた方もいるかもしれません。

 

しかしながら、こういった不安は必要ないでしょう。

ノンバンクとは言っても、貸金業者として正規の登録を受けている金融機関であれば安全です。

 

日常的に利用されている「クレジットカード会社」や「リース会社」などもノンバンクの一種ですので、ノンバンク=危険、違法という不安は必要ありません。

 

 

ビジネスローンは審査が甘い?

まず、なぜビジネスローンの審査は甘いと言われるのかを確認します。

 

ビジネスローンの審査が甘いと言われるのは、ビジネスローンの審査方法に原因があります。

 

以下では、ビジネスローンの審査方法である「スコアリングシステム」について解説します。

 

 

ビジネスローンの審査方法

ビジネスローンではスコアリングという審査方式で融資の可否を判断をします。

 

スコアリングとはコンピューターなどのシステムによって自動的に融資の可否や、金利などの融資条件を決定する方法です。

 

スコアリングシステムにより、企業の決算書から機械的に審査結果を導き出せる評価方法で、審査の手続きは簡略的です。

 

一方で、銀行融資の審査では、定性的な項目も調査しますし、審査に当たっては行内で稟議を行います。

つまり、銀行融資は担当者や決裁者の人の判断を重視する審査方法と言えます。

 

よって、銀行審査の方が原価としての人件費は大きくなるので、大きな利益を出す取引をしなければ採算に合わないと考えられています。

 

そのため、銀行では、大きな融資金額になる取引が好まれ、小規模の融資をいちいち行なうことが敬遠されます。

 

実はスコアリングシステムによって融資審査を簡略化したビジネスローンの手法は、銀行が通常の融資の手続きでは審査できないような中小零細企業に対する融資手法として開発しました。つまり、ビジネスローンとは、本来、ノンバンクではなく、銀行が行っていた融資商品なのです。

 

その後、銀行のビジネスローンは目立った成果を上げることができます、銀行はビジネスローンをあまり使わなくなりました。どうしても、「低金利」の融資が前提となる銀行では、リスクを許容するタイプの融資であるビジネスローンは馴染みにくいのです。しかしながら、今でもビジネスローンを行っている銀行もあります。

 

 

金利を高くしてリスクを取る

もう1つビジネスローンの審査が他の融資商品よりも甘い理由が、金利の高さにあります。

 

一般的に、金利はビジネスローン>銀行融資となります。

 

金利が低ければ低いほど、金融機関にとって融資はリスクが高くなります。

なぜなら、金利が低いということは、いくらたくさん融資を行っても、1件貸し倒れになれば損失になる可能性が高くなるということです。

 

銀行やノンバンクにとって低金利の融資を行う金融機関ほど、貸し倒れリスクを少なくする必要があり、審査基準も厳しくしなければいけないのです。

 

銀行融資は一般的に金利が低いため、貸し倒れリスクを小さくするために審査を厳しくします。

 

一方、ビジネスローンは金利を高くする代わりに、銀行よりも大きな貸し倒れリスクを許容することができます。

 

そのため、ビジネスローンは、審査基準を甘くして、銀行の審査を通過しない企業に対しても融資を行っているのです。融資を受ける側にとって、審査が甘いということはそれだけ、高い金利を支払わなければならないことの裏返しであることに注意してください。

 

 

審査の甘いビジネスローンの特徴

では、審査の甘いビジネスローンはどのように見つければよいのでしょうか。

 

審査が甘いビジネスローンの特徴を整理すると以下となります。

  • ノンバンクのビジネスローン
  • 上限金利の設定が高い
  • 即日融資にも対応可能
  • 有担保型ビジネスローン
  • カードローン型ビジネスローン

以上のようなビジネスローンの特徴を詳しく説明します。

 

ノンバンクのビジネスローン

まず、前述のとおり、審査の仕組みが簡易的、金利が高いノンバンクのビジネスローンの方が、審査が甘い傾向があります。

 

銀行のビジネスローンは簡易的に審査すると言っても、やはり銀行の性質上、通常の銀行融資の審査方式を活用してしまい、審査は厳しくなりがちです。

 

一方、ノンバンクの場合、事業資金の融資をビジネスローンに特化させていることが多く、かなり割り切った、審査に通りやすい(つまり審査が甘い)ビジネスローンとなります。

 

よって、銀行融資よりもビジネスローンの方が審査は甘くなりますし、ビジネスローンの中でもノンバンクのビジネスローンがおすすめです。

 

上限金利が高めのビジネスローン

加えて、金利が安めの銀行系ビジネスローンや、大手ノンバンク(オリックスなど)のビジネスローンではなく、ノンバンクが行っている金利が高めのビジネスローンの方が、審査が甘い傾向があります。

 

前述の通り、金利水準と審査の甘さには関連があります。

金利が高いということはビジネスローン選びでマイナスの材料と思いがちですが、審査の甘さとして考える場合にはプラスの材料となるのです。

 

以下は、ビジネスローンとして有名な商品と金利水準をまとめた一覧表です。

 

<主要ビジネスローン(無担保型)比較>

種類会社名金利水準借入可能額(上限)
ノンバンクビジネクスト3.1%~18.0%1,000万円
ノンバンクユニーファイナンス12.00%~17.95%1,000万円
ノンバンクオリックス6.0%~14.9%200万円
銀行みずほ銀行1%台~14.0%1,000万円
銀行りそな銀行~14.0%500万円

 

上記の表を見れば、一見して銀行のビジネスローン金利が低いことが解るでしょう。

銀行のビジネスローンは金利が低く、魅力的に感じるかもしれませんが、この金利を維持するために審査基準は厳しく設定し、綿密な審査を行うようになっています。

 

審査スピードが速い方が審査甘い傾向にある

 

即日対応可能なビジネスローン

審査甘め、借りやすいビジネスローンを探すなら審査スピードの速いビジネスローンがおすすめです。

 

ビジネスローンの広告として、「最短即日」、「2~3営業日での融資」などと謳われているものが対象になります。

 

即日融資可能なビジネスローンが良いのは、こういったビジネスローンが「スコアリングシステム」を採用していることと、さらに、ある程度のリスクを許容して融資を行っているビジネスローンだからです。

 

ノンバンクとしても即日融資を行うためには、多少のリスクは織り込まざるを得ませんし、審査スピードを速めるためにはスコアリングによる審査が必須です。そのため、即日融資可能なビジネスローンであれば、審査に通りやすく、甘いと考えることができます。

 

銀行のビジネスローンの場合、ビジネスローンとは言いつつも、審査基準は厳しめですし、審査に時間がかかり、申込から融資までには2~3週間程度の時間が必要となることもあります。

 

そのため、審査期間も短い方が良いという方には銀行系ビジネスローンはあいません

 

 

有担保型のビジネスローン

ビジネスローンには無担保型と有担保型の商品があります。

 

有担保型ビジネスローンとは不動産などの担保を差し出すことで、審査に通りやすくする反面、不動産などの資産を保有していることが条件になります。

 

不動産を所有していれば、審査に通りやすくなりますので、有担保型ビジネスローンがおすすめです。

 

▼不動産担保型ビジネスローンの例(MRF)

 

一般的な中小企業、自営業者が審査に通りやすく、利用しやすいという点では無担保型のビジネスローンがおすすめです。

 

 

カードローン型ビジネスローン

また、都度申込して、都度の審査を経て借りるタイプのビジネスローンよりも、カードローンタイプのビジネスローンの方が融資を受けやすいでしょう。

 

カードローンとはあらかじめ決められた与信額の範囲内で、ローンカードを使って何度でも自由に融資を受けられるローンのことです。

 

最初の申込時に審査さえ通過して契約しておけば、後での借り入れについて、与信額の範囲内で、審査不要ですばやく融資を受けることができます。さらに、何度も反復して借入ができますので、限度額に余裕があったり、限度額まで借入しても返済が進めば、再度借入することもできます。

 

つまり、一度審査に通過しておけば、その後は審査不要(審査甘い)のビジネスローンとなります。

 

▼カードローン型ビジネスローンの例(ビジネクスト)

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ビジネスローンのチェックポイント

 

利用してはいけないビジネスローンの特徴

ここまで、審査が甘く、利用しやすいビジネスローンの特徴を説明してきました。

 

そして、金利が高めのビジネスローンであれば、比較的審査は甘めであり、与信の状態が悪い企業でも融資を受けられる可能性があるということが解りました。

 

しかし、審査の甘すぎる、金利が相当に高いビジネスローンには注意も必要です。

 

審査の甘いビジネスローンは魅力的ですが、安全・安心に借入できることが大前提です。

 

金利を高くすれば融資を受けられる可能性があるといっても、返済できる見込みが全くない企業などであれば、ノンバンクのビジネスローンでもなかなか融資を受けることは困難です。このような企業の足元を見て、違法な金利で貸し付けを行う違法な金融業者も存在します。こういった違法な金融業者を「闇金(ヤミキン)」と呼びます。

 

法律の改正や取り締まりの強化などにより、このような悪質な金融業者は激減しましたが、今でも電柱の貼り紙やインターネットなどの手法を使っていくつかの業者は活動を続けていると考えられています。

 

適法な金融業者は金融庁に銀行業か貸金業者として登録されているはずなので、危険だと思ったら許認可が降りているかを確認して、怪しければ避けた方が良いでしょう。

 

以下のようなビジネスローンは利用にあたって注意した方が良いビジネスローンとなります。

  • ホームページが無いノンバンク
  • 貸金業登録番号が確認できない
  • 登録住所に営業所を確認できない
  • 電柱ビラ、チラシなど主体で広告している
  • 第3者の連帯保証が必要
  • 上限金利が18.0%(年率)を超えている

 

ホームページが無いノンバンク

事業資金融資を行うノンバンクというのは、比較的小規模な会社であっても、一般的な企業と比較すれば、資金規模はかなり大きくなります。

 

そのようなノンバンクでホームページを用意していないというのは通常考えられません。

 

特に、ビジネスローンを取り扱うノンバンクであれば、ホームページ上で会社の情報や、融資条件、申込方法、貸金業登録番号などを表記しているはずです。

 

こういったホームページが用意されていないノンバンクのビジネスローンは利用すべきではありません。

 

貸金業登録が確認できない

ビジネスローンのような融資を事業として行うには免許が必要です。

 

正規の免許を受けずに融資業務を行う貸金業者は「闇金」と呼ばれ、違法な水準の利息を要求したり、返済ができない時に違法な取り立てを行う危険があります。

 

ビジネスローンを利用するノンバンクのホームページには、かならず「貸金業登録番号」が明記されているはずです。

この貸金業登録番号を確認できないノンバンクは利用すべきではありません。

 

なお、確認したノンバンクの貸金業登録番号は、以下の金融庁が提供する検索サイトから実際に認められた貸金業者であるかを確認することができます。

 

>>貸金業登録番号の検索サイト(金融庁)

 

 

登録住所に営業所を確認できない

ホームページの存在が確認でき、会社情報の記載があったとしても安心できません。

 

記載されている営業所に行ってみると、雑居ビルであり、「会社の看板が無い」、「営業している店舗・事務所が見当たらない」ということもあります。

 

営業の実態が不明なノンバンクは闇金の可能性がありますので、極力利用は避けた方が良いでしょう。

 

利用しない方が良いビジネスローン

 

第3者の連帯保証が必要

現在のビジネスローンや、銀行融資の場合、代表者である社長の連帯保証が必要となるのは一般的です。

 

また、会社経営に直接関与していないとしても、重要な影響を持つ方(元社長、会長など)が連帯保証人になることもあります。

 

しかし、会社に関係の無い方の連帯保証(第3者保証)を求めることはほぼ無くなっています。

 

また、金融庁から各金融機関に対しても、第3者保証を求める融資は原則行わないように指導が行われています。

 

それにもかかわらず、引き続き第3者保証を求めるビジネスローンは危険と考えた方が良いでしょう。

 

 

上限金利が18.0%を超えている

一般的なビジネスローンは借入金額の最小が50万円、もしくは100万円に設定されています。

 

正規の貸金業者の場合、融資金額が10万円を超えた時の上限金利は法律で18.0%と定められていますので、この金利水準を超えて要求することはありません。

 

また、融資金額が100万円以上となる場合には上限金利は15.0%になります。

 

▼貸金業法の金利規制

融資金額上限金利
10万円未満20.0%
10万円以上、100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

 

貸金業法の法律で定められた上限金利を超えて要求してくる業者は違法な闇金業者であると考えられます。

 

高すぎる金利を要求するビジネスローンには注意が必要です。

 

審査が甘くても違法な貸金業者は利用してはいけない

 

ビジネスローン審査の対処法

審査の厳しさで並べるなら以下のようになります。

銀行融資>銀行系ビジネスローン>ノンバンクビジネスローン

 

つまり、審査の甘いビジネスローンなら、ノンバンクが行っているビジネスローンがおすすめです。

 

しかし、それだけでは、審査に必ず通すという意味では不十分です。

審査に通すための対応方法も心がけておくべきです。

 

ここでは以下のような申込時の注意点をご説明します。

  • 返済できる金額で申込する
  • 担保提供できるものがないか
  • 事業計画書を提出する
  • 必要書類を漏れなく準備する

 

以下では、ビジネスローンの審査に通すためのポイントを解説します。

 

返済できる金額で申込する

ビジネスローンは金利が高めであると言っても、全く返済できる見込みのない方に融資はできません。

 

あくまでも返済できる見込みのある事業者であることを確認して融資を行います。

 

そのため、返済が十分可能である金額で申込することが大切です。

 

仮に、年間で100万円の利益を出している会社が、5年間の返済で1億円の借入を申込して、返済が可能であると思えるでしょうか?

 

年間100万円の利益であれば、5年間で返済できる金額は500万円(=100万円×5年間)であると推定されるため、1億円という融資額は過大であると判断されるでしょう。

 

ビジネスローンの申込金額は返済可能な金額で行う必要があります。

 

 

担保提供できるものがないか?

ビジネスローンには、無担保型と有担保型の2種類があります。

 

有担保型のビジネスローンとは、不動産や有価証券などを担保として差し出して融資を受けるものであり、担保がある分、審査にも通りやすくなります。

 

不動産や有価証券などをお持ちの経営者は、有担保型のビジネスローンも検討されてみるのが良いでしょう。

 

>>有担保型のビジネスローンとは?おすすめのノンバンクもご紹介

 

 

事業計画書を提出する

仮に、今現在、赤字や債務超過の状況にあるなら、ビジネスローンの審査にも厳しい条件となります。

 

しかし、赤字、債務超過だからと言って、すぐに諦める必要はありません。

 

こういった場合、ビジネスローン会社に事業計画書も提出することをおすすめいたします。

 

実現可能性が高く、合理的であると考えられる事業計画に基づいて、借入後の返済計画が示されれば、その分ノンバンクとしても融資を行いやすくなります。事業計画書の作成時には以下の点が伝わるように作成することが大切です。

 

  • 返済原資がある
  • 赤字→黒字に転換する
  • コスト削減などの努力
  • 一過性要因の赤字ならその内容

 

>>融資審査を通すための事業計画書の作り方

 

 

必要書類を漏れなく準備する

ビジネスローンの申込にあたっては必要書類を漏れなく準備しておくことが大切です。

 

書類不足は審査結果の遅滞になるだけでなく、重要な書類が不足していると、それだけで審査に落ちてしまう原因にもなります。

 

前もって必要書類を確認したうえで事前準備しておくなど、必要書類はしっかりと準備しておくようにしましょう。

 

▼ビジネスローンの必要書類の例(法人)

書類名備考
代表者の本人確認資料運転免許証(写)
決算書過去2期分
履歴事項全部証明書 
申込書など申込先の所定の用紙

 

▼ビジネスローンの必要書類の例(個人)

書類名備考
本人確認資料運転免許証(写)
確定申告書過去2期分
申込書など申込先の所定の用紙

 

おすすめビジネスローン

ここでは安全に利用可能で、比較的審査にも通りやすい考えられるビジネスローンをご紹介します。審査の甘すぎるビジネスローンは危険ですし、金利も高くなりますので、ここでは、審査の甘すぎるビジネスローンはおすすめしません。

 

むしろ、利便性の高く、利用しやすいビジネスローンをご紹介いたします。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

 

ビジネクストは消費者金融大手であるアイフルの子会社であり、事業性融資を専門とする正規の貸金業者です。

 

大手金融機関であるアイフルの子会社であることから、「悪質」・「違法」と言った危険性は極めて低い、安心して利用できるノンバンクと言えます。

 

また、ビジネクストは、カードローンタイプのビジネスローンを利用できるのが特徴です。

そのため、一旦審査に通過して契約しておけば、いつでも好きな時に、自由に借入が可能です。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスの無担保型ビジネスローン

 

ユニーファイナンスは無担保で利用できるビジネスローンです。

無担保でも最大1,000万円までの資金調達が可能です。

 

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

ユニーファイナンスも正規の貸金業免許を持ったノンバンクです。

政府に認められた貸金業免許を取得していますので、安心して利用できるビジネスローンと考えて良いでしょう。

 

 

エム・アール・エフ(MRF)

エム・アール・エフも安心して利用できるビジネスローンを提供しています。

 

エム・アール・エフのビジネスローンは、証書貸付タイプであり、比較的大きな金額を、低金利で借入できるのが特徴です。銀行融資に比べれば審査は甘いと考えられますので、銀行から融資を受けられなかった中小企業にもおすすめです

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

 

いざとなったらファクタリング

会社の資金調達方法として、まずは銀行融資、そして融資を断られればビジネスローンというのが多くの経営者や、経理担当者が思いつく方法かもしれません。

 

ただし、ビジネスローンがいくら銀行融資と比較して審査が甘いといっても、ビジネスローン業者もリスクが著しく高い事業者には融資をしませんし、ビジネスローンだけで調達できる資金額も限られています。

 

ビジネスローンでの融資も少し厳しいという場合にセットで考えたいのがファクタリングによる資金調達です。ファクタリングとは売掛金を売却することによって代金を得る資金調達手法です。銀行やビジネスローンは融資を受けたい申込者の与信状態に基づく融資の可否判断を行うのに対して、ファクタリングの場合は、売却する売掛金の量や質に基づいて審査を行います。

 

よって、債務超過に陥っていたり、税金などの各種支払いを滞納していたりする審査が甘めのビジネスローン会社でも融資を行わないような企業に対しても、良い相手先に売掛金を持っているのならば資金調達ができる可能性があります。また、売掛金の相手先と金額に応じて大量の資金調達も可能です。

 

ただし、ファクタリングの欠点としてファクタリングで受け取ったお金は返済の必要はありませんが、未来に入ってくるはずの売掛金はなくなってしまいますし、手数料も高めで場合によってはビジネスローンよりも高金利になることがあります。

 

ビジネスローン・ファクタリングいずれの方法で資金調達するにしても、その後の資金繰りについてしっかりと計画を立てた上で利用した方が良いでしょう。

 

▼ビートレーディング
▼三共サービス
▼エルネストファクタリング




 
当サイトの一番人気
資金運営でお悩みの経営者様へ
10秒簡易審査で条件確認
つなぎ資金の御相談
業界最安水準の手数料

 

>>当サイト厳選!おすすめのファクタリング会社をご紹介

 

 

ビジネスローンは運転資金にも使える

ビジネスローンで利用されることの多い資金使途は「運転資金」や「つなぎ資金」でしょう。

 

運転資金とは、日々の事業活動で発生する資金不足(売上回収前の仕入れ代金の支払いなど)に対応するための資金などが該当します。

 

売上の回収サイトが長い事業であれば、運転資金も多くかかりがちです。

 

ビジネスローンはある程度まとまった資金を、素早く借入することもできますので、これらの運転資金需要に対応するためにも利用できます。

 

なお、運転資金としてビジネスローンを活用するなら、ビジネクストなどのカードローン型ビジネスローンがおすすめです。

 

カードローン型ビジネスローンなら借入が必要な期間だけを限定して借入し、資金の余裕がでれば完済して、後日もう一度借入するということもできます。

 

つまり、必要な期間だけを限定して何度でも反復して借入することができます。

 

>>必要運転資金の額を自分で計算する方法

 

 

まとめ

以上のようにビジネスローンは審査が甘いのか、利用にあたって注意すべき点はなにかについて説明してきました。

 

ビジネスローンは銀行融資よりも審査を簡略化して、金利を高くして貸し倒れリスクに備えることによって、銀行融資を受けられないような企業に対しても融資を行うために発明された手法です。よって、ただ銀行融資よりも審査が甘いというだけではなく、その分金利が高くなるのです。

 

また、お金に困ると判断能力が鈍りがちになりますが、ビジネスローンを謳っている会社の中には高金利で貸し付ける闇金業者のような存在も未だにあると考えられます。利用にあたってはビジネスローン業者を厳選した方が良いでしょう。

 

ビジネスローンで資金調達できなかったとしても、ファクタリングなら資金調達できる可能性があります。ただし、いずれの方法を利用しても資金調達コストが高くなることに変わりはないので、後の資金繰りのことをきちんと考えた上で計画的に利用する必要があります。

 

 

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG