企業・個人事業主の資金調達方法と言えば銀行融資が王道であって、ファクタリングによる資金調達は銀行融資を断られた会社が行う最後の手段だと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、ケースバイケースで銀行融資以上に便利なのがファクタリングです。

 

本記事では主に中小企業や個人事業主を対象としてファクタリングの効果的な活用方法を解説します。ファクタリングが適するケースや、ファクタリングのメリットが最大限発揮される事例などをご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?

そもそもの話ですが、ファクタリングという資金調達方法をご存知でしょうか?

 

近年、注目の資金調達方法ではありますが、まだまだ馴染みの薄い方法でもあります。ファクタリングというのは借入では無い資金調達方法です。ファクタリングは商取引で発生した売掛金をファクタリング会社の売却することによる資金調達方法であって、銀行などで利用できる手形割引に良く似ています。

 

「ファクタリングってなに?」という中小企業経営者や、個人事業主の方は、まず以下の関連記事から参考にして頂ければと思います。

 

 ファクタリングとは?ファクタリングの基礎から活用法

 

 

融資無理でもファクタリング可能

まずは資金調達の期限までに融資では間に合わないという急ぎのケースや、赤字、すでに借入が多くて銀行の審査に通らなくなってしまった場合など、追加融資を期待できないという時でもファクタリングなら資金調達できる余地があります

 

ファクタリングの審査基準は銀行融資とは異なります。そのため、銀行の審査に通らないからと資金調達を諦める必要はありません。ファクタリングなら、融資を受けられない法人経営者や、個人事業主でも資金調達できる可能性があります。

 

融資よりスピードが早い

ファクタリングの優れている点として挙げられるのが、資金調達スピードが早いことです。もちろん、銀行融資の場合でも、どこの金融機関に申し込むのか、どのような手続きになるのか、信用保証協会をつけるのかなどによって申し込みから入金のスピードは変わります。ただし、一般論として最低半月から1か月は余裕を持って申し込んだ方が良いでしょう。

 

さらに、それまで取引のなかった銀行に融資申込する場合、もっと時間がかかることもあります。銀行融資は、非常に多くのポイントについて審査を行うため、「急な資金需要」に対応しにくいのです。

 

一方で、ファクタリングは早ければ即日、遅くとも数営業日~10日位で申し込みから入金まで完了します。この資金調達のスピード感は大きなメリットです。資金がすぐに必要で銀行融資では間に合わないという場合はファクタリングの利用を検討しても良いでしょう。

 

銀行の融資枠に関係ない

「保証協会付融資」の利用がメインという中小企業や、個人事業主の場合、いくら取引銀行を増やしても融資を受けられる限度額は増えません。保証協会の利用可能枠は、窓口となる銀行に関わらず、企業・個人事業主毎に一定です。

 

会社がどの金融機関からどの位の融資を受けているかは、保証協会を介して、金融機関同士で共有されます。融資枠ギリギリまでお金を借りている場合は、どこの金融機関に行っても新規の融資を受けることは困難です。よって融資以外の手段を考えなければなりません。

 

一方でファクタリングは債権の売買なので、銀行の融資枠とは無関係です。また債権の質が重要なので、普通の銀行であれば融資を渋るような債務超過、法人税を滞納しているような企業でも資金調達ができる余地があります。銀行に断られた場合でも、ファクタリングならばまだ資金調達できる可能性が残されています。

 

銀行の融資審査に落ちてもファクタリングなら利用できる可能性がある

 

ファクタリングのメリット

銀行融資の審査に通らない方でもファクタリングなら利用できる可能性があります。

 

しかし、銀行の審査に問題なく、「融資を受けられる経営者」でも、あえてファクタリングを利用した方が良いケースもあります。ファクタリングの活用方法やメリットについて説明しましょう。

 

個人保証や担保がなくてよい

中小・零細企業が銀行融資を申し込むと、ほぼ例外なく、個人保証や担保を求められます。少なくとも、経営者の連帯保証は必要になるでしょう。中小企業・自営業者などの小規模事業者にとって、担保・連帯保証人のどちらも無しで融資を受けるのは、かなり難しいのです。

 

仮に会社の財務状況が悪化したり倒産したりして、返済不能となれば経営者が代わりに会社の借金を返済しなければなりません。これは経営者が再起することに大きな足かせになりますし、問題なく会社が返済できている場合でも経営者にとってかなり大きなストレスとなります。

 

一方で、ファクタリングによる資金調達方法であれば、個人保証や担保を必要としません。そもそも調達した現金は返済の必要がないので返済不能になることもありません。高い手数料を払っても個人保証や担保をつけたくないというのであればファクタリングの方が良いでしょう。

 

貸借対照表をスリム化できる

また、貸借対照表をスリム化して、銀行からの財務評価を高めたい場合もファクタリングが有効です。銀行から融資を受けると資産に現金が加わる代わりに、負債に同額の借入金が発生します。負債を増やすと、自己資本比率が少なくなりますし財務評価が低くなってしまいます。

 

借入が過大な会社は、銀行の審査からは「危険な会社」と見なされることもあります

 

一方で、ファクタリングを利用すると売掛金が現金に代わるだけなので、負債が増えることがありません。また現預金比率が高まるので財務の安全性に関する評価が良くなります。つまり、ファクタリングには、財務内容を良くして、銀行からの評価を高める可能性があります。

 

もちろん、ファクタリングの手数料がキャッシュフローや損益計算書の内容を悪化させるならトータルでの財務評価は悪くなる可能性がありますが、総合的に財務状態の見栄えがよくなって銀行の融資を引き出せるようになるのならばファクタリングを利用しても良いでしょう。

 

資金繰りが良くなる

また、資金繰りを良くしたい場合にもファクタリングは有効活用できる方法となります。

売掛金の回収期間が長ければ長いほど、大量の運転資金が必要になります。そのうえ、回収期間が長いと、売掛先の会社の財務状態が悪化したりして不払いの可能性が高まることがあります。運転資金を融資で賄っていれば、未収となっても銀行への返済は続けなければならないので、財務状態・資金繰りは一気に悪化します

 

一方で、ファクタリングは手数料がかかりますが、仮に売掛先から代金を回収できなくてもファクタリング会社の負担となるので、利用者に負担はありません。ファクタリングを利用すると、取引先の倒産リスクはファクタリング会社に移転されるのです。

 

また、売掛金を現金化するサイクルが早まるので、少ない運転資金で経営できるのでリスクも低くなります。ファクタリングを有効活用すると、財務の効率化を図ることが出来るのです。資金繰り改善は、ファクタリングの活用方法の重要な目的となります。

 

ファクタリングで資金繰りを改善

 

ファクタリングすべきでない場合

ファクタリングにはメリットばかりでなく、もちろん、ファクタリングを活用しない方が良い場合というのも存在します。ファクタリングを活用しない方が良いケースについていくつか紹介します。

 

資金繰りを立て直すプランが無い

資金調達全般に言えることですが、資金調達して資金繰りを立て直すプランが無い場合は、資金調達をせずに、先に事業の縮小や経費削減を行った方が良いかもしれません。事業が不調な中で、無理に資金調達すると、逆効果になることもあるためです。

 

特にファクタリングは、一度使い始めるとそのままズルズルと利用しかねません。ファクタリングを利用すると、直近で必要なお金は手に入りますが、未来に入ってくる売掛先からの入金が無くなってしまいます。

 

そして、きちんと対策していないと、本来売掛金が入金されるはずだったタイミングでまた資金が不足するので、更にファクタリングによって直近の資金を賄うというように、ファクタリングを利用しなければ資金繰りが回らないという状態になりかねません。

 

よって資金繰りを立て直すプランが無いまま、ファクタリングを利用するとファクタリングが無いと資金繰りが回らないという泥沼に入ってしまうことがあります。例えば、銀行融資や、ビジネスローンなど、中長期の期間借入できる融資に相談しながら、その間の「つなぎ資金」として利用されるのが理想です。

 

ファクタリングを利用する際には、きちんと資金繰りを立て直すプランを立てた上で、ファクタリング依存にならないように注意する必要があります。

 

過度な2社間ファクタリング

中小企業の資金繰りの立て直しという観点から考えれば、2社間ファクタリングの利用が主となります。3社間ファクタリングに比べ、2社間ファクタリングの手数料率は高くなるため、過度に利用することは得策ではありません。

 

後で大口のキャッシュインの予定がある、銀行やビジネスローンでの資金調達可能性があるといったケースでない限り、大幅な2社間ファクタリングへの依存は、資金繰りを立て直すのが困難となる可能性があります。

 

2社間ファクタリングを使ってまで資金を工面するのならば、恥を忍んで取引先に3社間ファクタリングについて理解してもらうか、リストラなどを含めて徹底的な事業縮小を行うかを含めて検討した方が良いでしょう。

 

 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング

 

 

活用したいおすすめの会社

2020年現在、是非利用したい、おすすめのファクタリング会社をご紹介します。特に、知名度が高く、ファクタリング手数料の水準が低めなど、安心して利用できる可能性の高いファクタリング会社になります。

 

1位 三共サービス

 三共サービスのご案内

 

ファクタリング手数料で特におすすめなファクタリング会社は「三共サービス」です(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、後述するビートレーディングをご覧ください)。

 

三共サービスの特徴?

三共サービスは、業歴も19年(2019年10月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にあります。

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

 

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国の企業の相談が可能です。

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

 

そして、移動後すぐに表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

 

WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

 

<関連:三共サービスのご紹介>

三共サービスのファクタリングを調査!業界最安水準の手数料は本当?

 

2位 ビートレーディング

ビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です。

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。さらに、個人事業主/自営業の方も利用できるファクタリング会社です。

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、トップクラスに知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

 

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談は以下のリンクから、公式ホームページに移動して行ってください。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

 

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、内容に沿った担当者から折り返しの連絡がもらえます。

 

<関連:ビートレーディングのご案内>

ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!使えるファクタリング会社か調査!

 

 

3位 MSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

4位 トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイ

 

九州、特に福岡で事業を行っている事業主におすすめなファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。トラスト・ゲートウェイをご利用出来るのは「法人企業」のみとなります。法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。

やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

 

トラスト・ゲートウェイは、他のファクタリング会社と比較しても、遜色の無い、優良なファクタリング会社です。九州で事業を行っている方には企業には、是非おすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴を整理すると以下となります。

①リピート率98%の満足度

②最短1日のスピード査定

 → その後、95%が申込に至る好条件

③担保・保証人不要

④50~5,000万円までのファクタリングに対応

⑤新規契約時に3万円のキャッシュバック中

⑥九州エリアトップクラスの買取率

⑦取引先への通知不要

 

九州でファクタリング会社をお探しならトラスト・ゲートウェイがおすすめです。他のファクタリング会社と比較しても遜色なく、地域密着のファクタリング会社ですので、安心して相談できます。

 

トラスト・ゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイはスピード査定・最短1日で資金調達ができるファクタリング会社です。トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下のサイトリンクをクリックしてください。公式ホームページに移動します。

 

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。「相談用のフォーム」が表示されますので、入力のうえ、確認・送信を押してください。

 

追って、専門の担当者から連絡が来ます。電話での相談も可能ですが、メールで問い合わせした方が、専門の担当者から連絡がもらえますので、スムーズに話がすすみます。

 

<関連:トラスト・ゲートウェイのご案内>

https://www.ozyouzumoney.online/article/trustgateway.html

 

 

利用可否をすぐに知る方法

ファクタリングは即日資金調達も可能であることが大きなメリットです。しかし、少しでも良い条件を引き出すには、複数のファクタリング会社と条件交渉を行う「相見積もり」が理想です。慌てると、悪質ファクタリング会社に騙されてしまうこともあります。

 

しかし、資金調達を急ぐ経営者にとって、実際に資金調達ができるかどうかの結果を素早く知りたい、まずはファクタリングの可能性があるかを確認したいという希望する経営者少なくないでしょう。

 

そんなとき、こちらの「資金調達ガイド」を相談対象に加えるのがおすすめです。資金調達ガイドは、㈱サウルスが運営するファクタリングサービスです。

 

資金調達ガイドの特徴は、以下のリンクから「5秒でできるファクタリング診断」が利用できることです。メールアドレスを登録すればすぐに「資金調達ガイド」を経由してファクタリングが活用できるかどうかの簡易診断できます。

 

▼ 資金調達ガイドへのリンク

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック

資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。

希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択して、メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

まとめ

以上の通り、ファクタリングの有効な活用方法について紹介してきました。

 

ファクタリングには貸借対照表のスリム化、資金繰りの改善など、銀行融資にはない良い効果もあります。重要なのは、ファクタリングのメリット・デメリットをきちんと見極めた上で、適切なタイミングでファクタリングを利用することです。

 

特に、銀行に融資を断られて資金調達の当てがない場合は、急場の資金繰りを凌ぐためにファクタリングを利用したいと考えるかも知れませんが、申し込む前に、今後の資金計画や、事業の見込みについて考え直す必要があります。

 

ファクタリングを利用して一時しのぎをしても、経営状態が変わらないのならば、おそらく売掛金が入金されるはずだったタイミングで再び資金繰りに困窮してしまいます。重要なのはファクタリングで一時的に資金繰りを凌いで、その期間のうちに会社に残るキャッシュを増やすことです。

 

ファクタリングに限らず、資金調達全般に言えることですが、資金調達をする場合はそれによってどのように会社の経営状態を良くするのかを考えてから申し込みをした方が良いでしょう。

 

 

<関連記事>

中小法人や個人事業主/自営業者が利用できる融資商品を金利や商品内容などで比較してご紹介

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG