ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

いちど審査に通過してしまえば、借入限度額範囲内で何度でも借入できるカードローンは人気の借入商品です。なのに、自営業だとカードロ―ンを利用したくても審査が厳しくて通過しづらいと言われることがあります。

 

オリックス銀行のカードローンなら自営業者でも利用しやすいと言われることがありますが本当でしょうか。オリックス銀行の商品概要と、自営業者がカードローンを利用する方法を解説します。

 

 

自営業者の審査が厳しい理由

自営業者のカードローン審査では、収入の安定性があるかどうかがポイントになります。以降で、もう少し詳しく審査のポイントを解説します。

 

収入の安定性が大切

カードローンは無担保・無保証人の借入商品です。このように、担保なしで借り入れ申し込みするということは、今現在の収入こそが返済のカギとなります。

 

銀行や、消費者金融にとって、借入人の収入が安定していないと生活費は別で必要なわけですから、返済をしてもらえなくなる可能性が高まります。会社員だと、就業先の業績により、多少収入が上限するものの最低限の安定した収入が見込めます。

 

しかし、自営業の場合は、年俸が決まっているわけでもなく、業績によって収入は増減します。事業が低調になれば収入が無くなるということもあります。そのため、自営業者は、会社員よりもリスクが高いと考えられことが多く、借入時の審査が厳しくなってしまいます。

 

加えて、カードローンは借入限度額範囲内であれば、何度でも追加で借入できる融資商品ですので、銀行にとってはリスクの高い融資商品になります。もちろん会社員であっても収入の安定性がない人に融資すると、リストラや希望退職したときに生活費が必要だからと返済の目途もないのに借入されてしまい、返済してもらえないリスクがあります。

 

銀行や、消費者金融は、こういったリスクを回避するため、申込人の収入が安定しているということを重視して審査します。

 

カードローン申込には収入の安定性が大切

 

自営業者の収入は不安定?

銀行のカードローンの審査では、自営業者の収入は安定していないと判断されることが多いです。

 

なぜなら、自営業者は、会社の業績が経営者本人の収入に直結するため、安定性の判断が厳しくなるのです。さらに、自営業者の大半は、事業規模もさほど大きくなく、収益も大きくないので第三者からみて事業基盤も弱いと考えられてしまいます。

 

自営業者の審査が不利な理由はそれだけではありません。

 

自営業者の節税が不利な原因となることもあります。

自営業者のなかには、所得税を低く抑えるために、確定申告時に経費を増やし、所得を低く抑える方がいます。

 

節税は大切なことですが、そのために「所得」を低く抑えると借入時の審査には不利になります。

 

銀行や消費者金融の審査において、カードローンの借入可能額は収入規模の影響を大きく受けます。所得が低いと借入限度額が低くなるどころか、借入自体難しくなります。

 

なお、所得と借入可能額の関係として、「総量規制」も影響しますので、基本的な知識は知っておいた方が良いでしょう。貸金業法という法律上のなかの「総量規制」によって、個人は年収の1/3を超える金額の借入ができません。

 

正確には、銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の制限を受けません。

 

しかし、銀行業界も自主規制として総量規制に準じた審査を行うようになってきています。

そのため、銀行カードローンであっても、実質的には総量規制の制限があると考えておいた方が良いでしょう。銀行や消費者金融では、自営業者の年収は「所得」で計算しますので、所得を低く抑えていると、総量規制の制限上、そもそも借入が出来ないということにもなります。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行とは、リース・保険・レンタカーなどの様々な業界で有名なオリックスグループの会社であり、有人店舗を持たないネット専業銀行と言われる形態の銀行になります。

 

オリックス銀行のカードローンで適用される金利は(実質年率)1.7%~17.8%の範囲内で決定され、借入限度額は最大800万円までです。

 

オリックス銀行カードローンの特徴といえば、他の金融機関カードローンの金利と比べて、金利の適用範囲が大きいことがあげられます。

 

銀行トップクラスの低金利から、消費者金融なみの上限金利まで、金利の適用範囲は幅広く、審査結果によってご自身の金利は決定される仕組みです。なお、オリックス銀行のカードローンの実質的な審査を担当する保証会社は、以下の2社となっています。

 

1. オリックス・クレジット㈱

2. 新生フィナンシャル㈱)

上記2社で、どちらの会社から保証を得られるかで、金利などの利用条件が大きく違ってきます。

 

例えば、100万円未満の借入をしたとき、適用金利は(実質年率)12.0%~17.8%の範囲内までとなり、金利の幅は上下で5.8%の差があります。

 

一番低金利(割安)の12.0%で適用されれば、一般的な銀行系カードローン商品の中でも最高水準の低金利商品となりますが、最高金利(割高)の17.8%で適用されると、消費者金融系のカードローンと同様の高金利商品となります。

 

オリックス銀行カードローンの特徴

 

自営業者でも借入できる?

まずはオリックス銀行の申込要件から確認しておきましょう。

 

オリックス銀行では、借入申込できる人を以下の通りと定めています。「原則、毎月安定した収入のある人で、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の人でかつ日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)」

 

毎月安定した収入があるなら、雇用形態で限定せず、非正規社員でも自営業でも借入申し込みが可能です。つまり、オリックス銀行のカードローンは自営業者でも借入可能なカードローンとなります。

 

必要書類の確認

なお、自営業者がオリックス銀行に借入申込するときは、所得証明書として以下の書類を準備しておく必要があります。

 

1. 住民税決定通知書または課税証明書

2. 納税証明書(その2)

3. 税務書の受領印がある確定申告書(付表含む)

上記うち、いずれかひとつの提出が必要なので準備しておくのが良いでしょう。

 

なお、オリックス銀行カードローンは自営業者でも借入可能なカードローンです。

 

しかし、それでも必ず審査に通るというわけではありません。自営業者の方が審査に通るためには審査基準を理解した準備が大切です。以下では、自営業者が審査に通るためのポイントを解説していきます。

 

自営業者の注意点

自営業者がオリックス銀行カードローンに借入申込するときの注意点について整理しておきます。

 

既存借入の注意点

注意しておきたいポイントの1つ目は、既存借入と、既存借入に関する申告です。オリックス銀行カードローンに借入申込するときも、今現在の既存借入状況(現在の借入残高や資金の使用目的など)についての申告が必要です。

 

自営業者の場合、生計費や住宅購入などの目的で借入する以外に、事業用資金として借入していることも考えられます。しかし、これらの借入については、明確に区別して申告しておく必要があります。

 

事業性資金として借入しているものは、総量規制の対象に含まれません。

 

個人で事業資金を借入している場合、既存借入額を申告するとともに、事業資金であることを明確に申告しておくことが大切です。事業資金であることを伝え忘れると個人利用目的の借入が多すぎると判断されてしまい審査の時不利です。

 

資金使途に関する注意点

オリックス銀行のカードローンに借入申込を希望する事業者の中には、カードローンで借入する資金を生計費として利用するだけでなく、事業性資金としても活用したいと考えている方もいるでしょう。

 

実際、カードローンタイプの借入は大変便利に利用できます。銀行の「当座貸越」などのように、都度の審査なく、必要な時に必要な金額を借入できるメリットがありますので事業に使えれば非常に便利です(但し、契約時の借入限度額の範囲内)。

 

しかし、残念ながらオリックス銀行のカードローンを事業性資金のために利用することはできません。

 

資金使途は原則自由なのですが、事業性資金のみ使用を禁止されています。

 

カードローンの借入は、都度資金使途を証明する資料を提出する必要がありませんので、仮に事業性資金に使用したとしても、ばれる可能性はかなり低いでしょう。

 

しかし、それでも、ばれる可能性がゼロにはなりません。

 

万一の場合として、禁止されている事業資金に使用したことがばれてしまうと、カードローンの契約を解除されてしまったり、借入残高の一括返済を求められてしまうこともあります。そうなってしまっては、以後の借入もできなくなってしまいますので注意しましょう。

 

カードローンは事業用資金には使用できません

 

事業性資金を借入できる商品

オリックス銀行のカードローンは事業性資金としての利用はできません。

 

しかしながら、カードローンのなかには事業資金の借入を目的として利用できるものもあります。以下では、事業資金として利用できるおすすめのカードローン商品をご紹介します。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

 

ビジネクストは事業資金として利用できるカードローン商品のなかで最もおすすめの会社です。

 

ビジネクストは大手消費者金融であるアイフルの子会社です。

 

アイフルは消費者金融のなかでも上位に入る大手であり、さらにテレビコマーシャルも頻繁に流れていますので、「ビジネクスト」という会社名を聞いたことが無い方でも、アイフルなら知っているという方は多いでしょう。

 

アイフルはそれだけ知名度の高い消費者金融であり、銀行以外からの借入は不安という経営者でも、比較的安心して利用できるのが大きなメリットとなります。また、ビジネクストへの申込はインターネット経由で完結できますので、店舗への来店は不要です。そのため、日本全国どちらの事業者でもご利用可能です。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 

東京スター銀行

次にご紹介するのは、東京スター銀行の「スタービジネスカードローン」です。

スタービジネスローンカードローンなら、会社の所在地を問わず、全国の経営者・自営業者の利用を対象とした事業性資金として利用できる融資商品です。

 

申込要件は、1年を超えた営業実績のみです。なお、スタービジネスカードローンは、適用される金利(実質年率)6.5%~14.5%の範囲内で、借入限度額は最大500万円までと定められています。なお、実際に適用される金利や、借入可能額は審査結果に応じて決定されます。

 

 

アイフル自営業者向けカードローン

アイフルが事業性資金の利用目的を対象として取り扱っているカードローン商品として、事業サポートプランがあります。事業サポートプランの適用金利は(実質年率)3.0%~18.0%の範囲内で、借入限度額500万円です。

 

その他のおすすめカードローン

最後にオリックス銀行以外のカードローン商品のうち特におすすめのものをご紹介します。オリックス銀行カードローンでも審査に落ちてしまうなど、借入できないケースもあるでしょう。そんな時には、以下のカードローン商品がおすすめです。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

楽天銀行カードローンは銀行カードローンのなかで最もおすすめの商品です。

 

適用金利の低さ、借入限度額の大きさともにカードローン業界でトップクラスです。なお、借入申込はインターネット経由で完結できますので、店頭に来店することなく、日本全国から申込可能です。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融です。

 

そのため、消費者金融は不安と言う方でも安心して利用できます。さらに、SMBCモビットでは、WEB完結申込の制度があり、職場や自宅への電話連絡なし、郵送物なしでの申込が可能です。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

まとめ

オリックス銀行カードローンには、以下のメリットがあります。

1. 借入可能額が800万円と他社と比較しても金額が大きい
2. 審査結果がいいと、他社に比べて低金利で借入ができる可能性がある
3. 自営業の人でも借入申し込みが可能

 

一方、以下のデメリットもあります。

1.節税目的のために所得を低く申告していると、審査が厳しく通過できない可能性が出てきます。

2.オリックス銀行カードローンでは事業性資金としての利用は禁止されている

 

オリックス銀行のカードローンは銀行カードローンと消費者金融カードローンの両方の特性を併せ持つカードローンと言って良いでしょう。審査結果が良ければ低金利となりますが、悪ければ金利は高くなります。そのため、審査結果に自信がある方にはメリットが大きくなります。

 

なお、オリックス銀行カードローンは自営業者の申込も可能ですが、事業資金としての利用はできません。事業資金としての利用を希望している経営者は、他の銀行・消費者金融では、事業性資金の利用を許可している商品もあるので、そちらの利用をお勧めします。

 

 

おまとめローンの審査に通過するポイント!!借入できる条件を理解しておこう

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG