ファクタリング会社に払えない・返せない時の対処法とは?ファクタリングは延滞して放置してはいけない!

ファクタリングは、売掛債権を売却することでの資金調達方法です。しかし、契約内容によっては、資金調達後に『ファクタリング会社への支払い』が必要となることがあります。ファクタリング会社に払えない・返せないままで延滞してしまった時には、どのようなペナルティーが科せられるのでしょうか?

 

支払いが発生するシチュエーションから、支払えない時の対処法までを分かりやすく解説していきます。

 

 

ファクタリングで支払いが発生するケースとは?

銀行や消費者金融などが提供しているローン商品は“融資”と呼ばれ、お金を『借りる』という形で資金を調達します。もちろん無償で貸してくれるボランティアのような金融機関はありませんので、利息という名の借り賃を上乗せして返済していきます。

 

一方で、ファクタリングは売掛債権を『売却する』という形での資金調達方法です。自分の持っている売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうという仕組みですので、お金を借りる融資とは性質が異なります。所持している売掛債権の価値が100だとすると、ファクタリング手数料を差し引いて大体80~95の価値で売却することができます。

 

ここまでの説明ですと、『ファクタリングは売掛債権を売却しているだけなのに、何故「払う」、「返済する」というワードが出てくるのか』と疑問に感じることでしょう。実はファクタリング契約においても、「契約内容によっては、ファクタリング業者にお金を支払うというシチュエーションが起こり得る」のです。

 

ファクタリング会社に対してお金を払う、返済するケースについて、具体的にどのようなものなのかを見ていきましょう。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング…売掛先にファクタリング利用を通知しない、ファクタリング利用会社とファクタリング会社の2社間で結ばれる契約

 

2社間ファクタリングの仕組と特徴

 

例)売掛先A社 ファクタリング利用会社B社

2社間ファクタリングとは、ファクタリングの利用を売掛先に知らせずに行う取引方法です。

そのため、売掛先A社は、自分の売掛債権がファクタリング契約において売却されていることは知らされていませんので、売掛金の支払日にはいつも通り、ファクタリング利用要会社であるB社の口座に資金を支払うことになります。

 

この場合、ファクタリング利用会社のB社は、売掛先A社から受け取ったお金をそのままファクタリング会社に払う、返済する必要があります。

 

これが2社間ファクタリングの特徴です。

 

<関連:2社間ファクタリングの特徴>

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いと選び方のご紹介

 

 

リコース契約のファクタリング

リコース契約…売却した売掛債権の売掛先が不渡りを起こした場合、ファクタリング利用会社が責任を持って補填するという内容で結ばれたファクタリング契約のこと
反対語として、『ノンリコース契約・償還請求権の付かない契約』がある

例)売掛先A社 ファクタリング利用会社B社

「A社が期日までにファクタリング会社に売掛金を支払わない」「A社が倒産してしまい資金の回収ができない」などの事態が発生した場合に、ファクタリング利用会社であるB社がその責任を負って支払を肩代わりしなければならないのがこのリコース契約というものです。

 

リコース契約では、売掛先からの回収リスクを、ファクタリング利用者が負うことになります

この場合、A社が支払いを怠ったり、A社からの資金回収が困難と判断された場合、B社に“支払い”義務が生じます。B社にとって非常に不利な契約であることが分かるでしょう。

 

なお、一般的なファクタリングはノンリコース契約です。

ノンリコース契約であれば、売掛先が倒産したとしても、ファクタリング利用会社に支払いの義務は発生しません。ですので、ファクタリング会社に払う、返すという義務はありません。

 

ファクタリングで支払い義務が発生するケース

 

ファクタリング会社に払えないとどうなるの?

2社間ファクタリングにて、売掛金の回収金をファクタリング会社に払えないと、横領罪として裁判沙汰になってしまうこともあるでしょう。そのため、払えずに延滞したままにしておくことは危険です。

 

2社間ファクタリングであれば、売掛債権はすでにファクタリング会社に売却済みであり、売掛金の回収金の権利者もファクタリング会社になります。

 

あくまで、売掛先からの回収はファクタリング会社の代理として行っているにすぎず、受け取った代金はファクタリング会社の所有物です。そのため、売掛先から入金されたお金を使いこんでしまうことは、他人のお金を使いこんだことと見なされて横領罪や詐欺罪といった刑事罰が適用されるのです。

 

資金繰りに困っている所に、まとまった入金があるとつい他の支払いに回してしまいたくなるという気持ちが生まれることもあるでしょう。また、これまで売掛金を回収したものが自社のお金であったことから、ファクタリング後の回収金も自社の資金であるような錯覚を抱いてしまう可能性もあるでしょう。

 

しかし、ファクタリング後の売掛債権の回収金はファクタリング会社のものであると認識しておく必要があります。

 

また、そもそも売掛先からの入金が成されないという可能性もあります。リコース契約のファクタリングの場合は、売掛先が未払いを起こした場合の対応をしなければなりません。まずはファクタリング会社から売掛先の状況についての連絡があり、肩代わりの必要が発生した場合、支払いを要求してくることでしょう。

 

ファクタリングは融資ではありませんので、「利息を払うから分割払いで返済させてくれ」という要望は叶いません。他人にお金を貸して利息を徴収するという行為を生業とする為には、貸金業者としての登録をする必要があります。銀行や消費者金融などの金融機関は貸金業者として、金融庁や地域の管轄に登録をしているため、ローンを提供することができるのです。

 

しかし、ファクタリング会社は貸金業者ではありません。そのため、利息をとって分割払いとしてお金を貸すことは法律違反となってしまうため不可能なのです。

 

ファクタリング契約書の内容を確認しよう

ファクタリング会社への支払ができない、延滞してしまった場合、具体的にどのような事体が発生するのかという例をまとめてみました。

<払えない・延對寺のリスク>
・電話や郵送による支払い依頼
・売掛先に債権譲渡に関する内容が通知される(2社間ファクタリングの場合)
・民事上の損害賠償請求が行われる
・横領罪、窃盗罪、詐欺罪として告訴される
・ファクタリング会社の担当者が会社に来る

以上の結果から、ファクタリング会社へ支払えない時に必要となる対応方法には、様々なパターンが想定されます。

 

これはファクタリング会社の経営方針や、優良会社か悪徳会社かによっても変わってきます。悪徳会社の場合は、過剰な取り立て行為が問題となるケースも多く聞かれます。

 

いずれにしても、契約内容を今一度しっかりと確認してみることが推奨されます。

 

支払いに遅れが出た場合の対応や遅延損害金などについても、契約書に記載があるはずです。また、リコース契約での肩代わりを依頼されている場合は、本当にリコース契約になっているかどうかの確認もしておきましょう。

 

ファクタリング会社に払えないと困っているなら契約書をチェック

 

金融契約は信頼が大切

ファクタリング会社に払えないからといって、ファクタリング会社からの連絡を無視するなどの不誠実な対応を取るのはNGです。遅延損害金がどんどんとかさんでいくことや、社会的な信用の低下に繋がります。さらには、回収金の横領や詐欺として訴えられてしまう可能性もあります。

 

どのような請求だとしても、契約書にて交わされた真っ当な請求であれば支払いを踏み倒すことはできません。

 

支払日に払えない、返済できない状況が分かった時点で、すぐにファクタリング会社に相談して指示を仰ぎましょう。よほど行き過ぎた取り立て行為や暴利ということでなければ、自社にてなんとか都合を付けて支払いにこぎつけなければなりません。

《ファクタリングの支払に困った時の7つの選択肢》
・ビジネスローンや消費者金融による借入をして、返済する
・加入している共済などがあれば、制度を利用できるか相談する
・自身の持っているクレジットカードなどのキャッシング機能を利用する
・売却できる資産をすべて売却する
・まだ残っている売掛金があれば、売却して資金を作る
・弁護士に相談する
・公的機関に相談する

まずは、誠実な態度でファクタリング会社に相談してみる所から始めましょう。何故払うことができなくなってしまったのか・この先どうしていく予定なのかを話します。数日であれば猶予をくれるファクタリング会社もあるようです。

 

 

おすすめのファクタリング会社

以下、おすすめのファクタリング会社です。ファクタリング会社に支払う代金を使ってしまってお急ぎという場合には、以下のファクタリング会社で新たにファクタリングを行うことも可能です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

三共サービスのファクタリング特徴

最大買取可能額:1億円” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

2社間ファクタリングで取引先に知られず資金化可能” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

ファクタリング手数料は業界最低水準” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

口コミ・評判の良い大手人気ファクタリング会社” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

 

▼お問合せ・相談はこちら

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

三共サービスが選ばれる理由

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

ビートレーディングのファクタリング特徴

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

債権譲渡登記が不要で利用しやすい” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

即日での現金化も可能” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

 

▼お問合せ・相談はこちら

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMO BtoB 早払いサービスの特徴” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

一部上場企業が行うファクタリングサービス(GMOグループ)

ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~

2社間ファクタリングにも対応可能

2営業日での資金化が可能

 

▼ご相談・問い合わせはこちらから

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)は一部上場企業であるGMOインターネットグループの会社です。大手企業のグループ会社ですので安心・安全に利用できるメリットがあります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

▼公式ホームページはこちらから

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

MSFJのファクタリング特徴

最大買取可能額:5,000万円” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

スピード審査・即対応で即日資金調達できる” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

ファクタリング手数料の設定が明確で解りやすい” icon=”icon: check” icon_color=”#361fda” size=”20″]

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

<MSFJの手数料特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

弁護士に相談

もし、既にファクタリング後の売掛金の回収資金を使い込んでしまって、ファクタリング会社に払えないという場合には、弁護士に相談してみるのも大切です。

 

ただ、払えないままでに放置しておくと、横領罪、詐欺罪などで訴えられてしまう可能性があります。こんな場合には、その後のどのように払っていくつもりなのかなど、具体的にファクタリング会社と相談していく必要がありますが、専門家である弁護士に相談していくと、円滑に交渉を進められる可能性が高くなります。

 

債務整理などに詳しい弁護士として以下ご参考ください。

 

アヴァンス法律事務所

自己破産などの債務整理を相談するならアヴァンス法律事務所がおすすめです。アヴァンス法律事務所は債務整理に強い法律事務所として実績が豊富です。知名度も高く、最も有名な法律事務所の1つと言って良いでしょう。

 

アヴァンス法務事務所 債務整理

 

アース司法書士事務所

債務整理・個人再生ならアース司法書士事務所。個人再生を得意にしていますので、住宅を残すための住宅ローン特例や、借金減額の交渉などを依頼することができます。

 

個人再生の相談窓口

 

日本法規情報

債務整理ができる弁護士などの専門家を紹介してくれるサービスです。無料で相談者にあった専門家を紹介してくれます。どのように専門家を探して良いか解らないという方は、こちらで相談されてみるのがおすすめです。

 

日本法規情報「債務整理サポート」

 

まとめ

ファクタリング契約を結んだ以上、売掛金を受け取る権利はファクタリング会社にあります。そのため、『例え売掛先に問題があって売掛金が振り込まれない・売掛金が振り込まれたものの使ってしまった』という事態は契約違反です。

 

ファクタリング会社に支払わなくてはならない売掛金を何らかの理由で用意できないという事態に陥ってしまった場合、一刻も早くファクタリング会社に連絡をしましょう。今回ご紹介した『ファクタリングの支払に困った時の7つの選択肢』を参考に、できるだけ早く資金調達できるよう努力しましょう。

 

 

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG