NO IMAGE

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは何が違うの?図解で仕組みを解りやすく説明

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2つの方式があります。それぞれのファクタリング方式はなにが違うのでしょうか?

 

今回は、それぞれのファクタリング取引を図解で解りやすく説明したうえで、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いや、利用するときのメリット・デメリットなど、疑問にお答えします。

今回ご紹介する内容

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

それぞれのメリット・デメリット

2社間ファクタリングが適する会社

3社間ファクタリングが適する会社

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは中小企業や小規模事業者に利用されることの多い資金調達方法の1つです。

しかし、資金調達と言っても、ファクタリングは借入ではありません。

 

ファクタリングは借入ではない

ファクタリングというのは「売掛債権の売却」にあたります。

 

資金調達したい企業や個人事業主が、商取引で発生して保有している売掛金を、売掛金の期日前に売却して、売却代金によって資金調達するという取り組みになります。そのため、ファクタリングとは売掛債権の前倒しでの現金化という効果が期待できます。

 

勘違いされる方がいますが、ファクタリングは「借入」ではありません。売掛債権を担保とした借入でもありません。ファクタリングは売掛債権の売却であるという点が重要です。単に資産を売却するだけですので、担保や連帯保証人なしで利用できます。

 

審査に通りやすい

さらに、ファクタリングの特徴として、銀行融資に比べて審査に通りやすく、利用しやすいという点があげられます。

 

一般的な銀行融資の場合、借入人の返済能力を重視して審査が行われます。銀行としても、融資したお金の返済が受けられなければ損することになりますので、間違いなく返済できる相手にしか融資はできません。そのため、赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中といった信用状況に問題のある相手には融資ができないのです。

 

一方、ファクタリングでは売掛債権を支払う取引先の信用力が重要です。取引先が売掛金を支払ってくれれば、ファクタリング会社としても買取代金の回収ができる可能性が高いからです。

 

そのため、ファクタリング利用者自体が赤字、債務超過、税金滞納中、リスケ中といった状況でも、ファクタリングであれば利用できる可能性は高いのです。

 

資金調達までの時間が速い

さらに、ファクタリングには資金調達までの時間が非常に短く、早ければ即日~数日で資金調達できるという特徴があります。

 

銀行融資の場合、申込から実際に融資を受けるまで、早くても数週間、長ければ1ヶ月以上もかかることがあります。銀行融資に比べ、ファクタリングの資金調達は速いので、緊急の資金調達や、つなぎ資金といった活用も可能です。

 

以下では、ファクタリングについてもっと詳しく解説しています。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリングの仕組みや利用方法の完全ガイド

>>ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2つの方式があり、ファクタリングを利用する時には、必ずどちらかの方式を選択する必要があります。

 

ファクタリング方式の違いは、簡単に言えば、「取引先(売掛先)」をファクタリング取引のなかでどのように扱うかで変わってきます。ファクタリング前に、事前に取引先に通知、同意を得るのが「3社間ファクタリング」、取引先に伏せた状態で売掛金を売却するのが「2社間ファクタリング」です。

 

以降では、もう少しそれぞれのファクタリング方式の特徴や、メリット・デメリットについて説明します。

 

ファクタリング方式を理解するポイント取引先(売掛先)に売掛金の売却を通知・承諾を得るかどうかの違い

 

3社間ファクタリング仕組み

最初に、3社間ファクタリングの仕組みから確認しましょう。3社間ファクタリングの仕組みを図解したものが以下になります。

3社間ファクタリング (1)

 

 

3社間ファクタリングでは、資金調達したい方、ファクタリング会社、売掛先(取引先)の3社が相互に関係します。この3社が仕組みに含まれ、3社間で取引を行う仕組みであることから3社間ファクタリングと呼ばれます。

 

3社間ファクタリングの特徴は、売掛金を譲渡する前に、資金調達の希望者(ファクタリング利用者)から、売掛先に対し、売掛金を売却することを通知するか、もしくは売掛先から承諾してもらう点にあります。つまり、売掛先としても売掛金を譲渡されたことを認識します。

 

ファクタリング会社は、売掛債権を買い取りますので、以降の売掛金を受け取る権利者はファクタリング会社に移ります。3社間ファクタリングというのは、その期日においての売掛金回収を、ファクタリング会社が、売掛先から直接行うことになるというのがポイントになります。

 

2社間ファクタリング仕組み

次に、2社間ファクタリングの仕組みを確認しましょう。2社間ファクタリングの仕組みを図解したものが以下になります。

2社間ファクタリング(ビートレーディング) (1)

 

前述した3社間ファクタリングと違い、2社間ファクタリングでは、売掛先と、ファクタリング会社との間に矢印がありません。このファクタリング会社と売掛先との間に接点がないところが、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの最大の違いになります。

 

2社間ファクタリングでは、資金調達したい企業や、個人事業主から、売掛先に対して、売掛債権を譲渡したことを通知しません。つまり、売掛先には売掛金を譲渡することを黙って、伏せた状態でファクタリングを行います。そのため、売掛先は、ファクタリング会社に売掛債権を売却されていることに気付きません。

 

売掛先を契約、仕組みに含めず、ファクタリング会社と利用者の2社間で行うことから「2社間ファクタリング」と呼ぶわけです。

 

2社間ファクタリングでは、売掛先は債権譲渡の事実を知りませんので、売掛債権の期日には、一旦、資金調達希望者が、従前どおりに、売掛先からの代金回収を行います。そして、回収した売掛金を、そのままファクタリング会社に支払います。

 

売掛金の権利者は既にファクタリング会社に移っていますが、ファクタリング利用者はファクタリング会社の代理として受け取ることになります。2社間ファクタリングの契約時には、ファクタリング会社の代理で資金を受領することの受託に関する契約も行うことになります。

 

そのため、売掛先は、ファクタリングしたことによる影響を受けず、従前どおりの取引が継続されます。整理すると、2社間ファクタリングでは、売掛先に通知しない代金の回収を資金調達者が行うという点が、3社間ファクタリングとの違いであり、重要なポイントになります。

 

もちろん使いこみは犯罪

念のためですが、2社間ファクタリングを利用した方が、回収した売掛金を、ファクタリング会社に支払わずに、自分で使い込んでしまった場合には犯罪になります。

 

ファクタリング後の売掛金はファクタリング会社のものです。3社間ファクタリングでは、引き続きファクタリング利用者が代金を受け取りますが、これはファクタリング会社に委託され、代理で受け取っているにすぎません。

 

ファクタリング会社に支払うべき売掛金の回収代金を使い込むと、業務上横領になる可能性があります。もし、2社間ファクタリングを利用して、売却代金と、売掛債権の回収の2重取りを考えているのなら、絶対にしてはいけません。

 

<3社間ファクタリング・2社間ファクタリングの特徴整理>

 2社間ファクタリング3社間ファクタリング
売掛先への通知不要必要
譲渡禁止特約の売掛金利用可能利用不可
ファクタリング手数料高い低い
スピード速い時間がかかる
赤字・債務超過利用できる利用でき

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

2社間ファクタリングを利用するメリット

中小企業、小規模事業者がファクタリングを利用する場合、利用されるのはほとんどが「2社間ファクタリング」です。2社間ファクタリングが利用されることの多い理由として、メリット・デメリットを確認しておきましょう。

 

売掛先に黙って売却できる

2社間ファクタリングの特徴でもあり、大きなメリットともなるのが「売掛先に知られずに売却できる」ことです。

 

資金調達を希望する方のなかには、売掛債権を売却することについて、取引先に通知したく無いという方が多くいます。それは、「売掛債権の売却」を通知すると、取引先から「資金繰りが悪化している」、「お金に困っている」、そしてもっとひどい時には、「倒産するのでは?」といった疑いを持たれないか心配になってしまうためです。

 

コミュニケーションの良くとれていて信頼関係が出来ている売掛先であれば問題ないでしょうが、元請けなど、直接的なコミュニケーションの少ない先が相手だと、誤解されてしまう可能性があります。

 

そういった信用不安に関する懸念を払しょくするために、2社間ファクタリングが活用されています。

 

 

2社間ファクタリングは速い

ファクタリングのメリットの1つに、短時間で資金調達ができるというものがあります。

スピード査定が可能なファクタリング業者であれば、即日~2営業日程度で、ファクタリングを実行することが可能です。但し、このスピードは2社間ファクタリングのメリットとなります。

 

しかし、この資金調達スピードが速いというのは2社間ファクタリングの特徴です。

 

3社間ファクタリングの場合、売掛先に対して、通知、もしくは承諾を得る必要があります。重要な取引先であれば、急に通知だけするというのは難しいでしょうから、各社に説明して、承諾を得る必要がでてきます。そのため、その対応分、2社間ファクタリングに比べて、時間がかかってしまいます。

 

譲渡対象となる売掛金の取引先が複数であれば、その分、通知・承諾の時間も余計にかかります。

 

資金調達スピードが速いことが2社間ファクタリングのメリットになります。

 

ファクタリングの関連記事

>>スピード査定、即日調達可能なファクタリング会社

 

手続きが楽

2社間ファクタリングの方が売掛金の売却手続きが簡素化されていて、手間がかからないのもメリットです。

 

そもそも、2社間ファクタリングでは売掛先を契約に含める必要がありません。その分、契約当時者を減らすことができますし、売掛先に説明する手間暇もかかりません。手間暇がかからないのが2社間ファクタリングのメリットとなります。

 

 

2社間ファクタリング利用時のデメリット

一方、2社間ファクタリングにはデメリットもあります。デメリットも確認して、ご自身にあったファクタリング方式を確認しましょう。

 

ファクタリング手数料は高め

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いとして無視できないことに、ファクタリング手数料の違いがあります。

 

簡単に言えば、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなります。3社間ファクタリングの手数料相場は、優良なファクタリング業者を利用すれば、1.0~5.0%程度で利用できる可能性が高いでしょう。

 

それに対して、2社間ファクタリングは、3社間ファクタリングに比べて、10%程度手数料が高くなることもあると言われています(もちろん、もっと低く利用できるファクタリング会社もあります)。

 

■ファクタリング手数料目安

 2社間ファクタリング3社間ファクタリング
手数料水準の目安5.0%~15.0%1.5%~5.0%

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリング手数料の相場はどれくらい?

>>ファクタリング手数料を下げるための交渉術

 

では、なぜ、2社間ファクタリングの手数料は、そんなにも高くなってしまうのでしょうか。それは、2社間ファクタリングは、ファクタリング会社にとってリスクの高い取引だからです。

 

2社間ファクタリングのリスク

2社間ファクタリングでは、売掛先から回収した資金が、一旦資金調達希望者に入ります。逆に、3社間ファクタリングでは、売掛先から直接ファクタリング会社に支払われます。ここが大きな違いであり、ファクタリング手数料が高くなる要因です。

 

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社にとっては、売掛先が支払うリスク(倒産リスク)に加えて、資金調達希望者が支払うリスクも負ってしまうことになります。

 

ファクタリング会社からすれば、資金調達希望者が「持ち逃げ」してしまうリスクがあるわけです。持ち逃げだけでなく、お金に困って、使いこんでしまう可能性もあります。

 

2社間ファクタリングでは、売掛債権の買い取り後は、ファクタリング会社が負うリスクは、売掛先が支払うかどうかだけで済みます。資金調達希望者の資金繰りが悪くても、関係無くなります。この違いが、ファクタリング手数料に大きく影響するのです。

 

債権譲渡登記が必要になることもある

3社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記を必須とするファクタリング会社もいます。

 

債権譲渡登記とは、売掛金の正しい権利者がファクタリング会社であるということを法的に証明するための手続きです。不動産の所有者が「登記簿謄本」で示されるように、売掛金についても登記によって権利者を証明することが可能です。

 

しかし、2社間ファクタリングの場合、売掛先に対して、通知・承諾を得る手続きを行いますので、こういった債権譲渡登記は必要ありません。登記を行わなくても、売掛先の承諾によって、ファクタリング会社の法的な権利は守られます。そのため、債権譲渡登記が必要なるのは3社間ファクタリングのみです。

 

債権譲渡登記を行う場合、手続きにかかる費用はファクタリング利用者の負担となります。債権譲渡登記には数万円程度の費用がかかってしまい、その分、資金調達できる金額が減ってしまうのがデメリットです。

 

ただい、3社間ファクタリングであっても、債権譲渡登記の必要なしというファクタリング会社も存在します。ファクタリング会社選びでは、債権譲渡登記の要否も含めて確認するようにしましょう。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリングの債権譲渡登記とは?

 

2社間ファクタリングのメリット・デメリット

 

3社間ファクタリングのメリット

続いて、3社間ファクタリングのメリット・デメリットの確認です。最初に3社間ファクタリングのメリットから説明します。

 

ファクタリング手数料が低い

2社間ファクタリングのデメリットがそのまま、3社間ファクタリングのメリットととなります。

 

3社間ファクタリングのメリットは、ファクタリング手数料の低さにあります。

 

3社間ファクタリングでは、売掛金の回収は、売掛先から直接ファクタリング会社が支払いを受けます。間に、ファクタリング利用者が入ることはありません。この点が大きなポイントになります。

 

3社間ファクタリングの場合、売掛先が代金を支払ってくれれば、ファクタリング会社は損をすることがありません。その分、リスクの低いファクタリング取引となり、ファクタリング手数料は大幅に低くなります。

 

3社間ファクタリングのデメリット

次に、3社間ファクタリングのデメリットを確認します。

 

信用不安の懸念がある

3社間ファクタリングの最大のデメリットは信用不安への懸念です。

ファクタリングは、まだまだ知名度の低い資金調達方法であるため、ファクタリング取引を良く理解していない企業もたくさんあります。

 

そのため、「資金調達のために売掛金を売却する」と通知された売掛先のなかには、「銀行融資を利用できない」、「資金調達に売掛金を売却しないといけない」、「資金繰りが相当に悪化している」などと、ファクタリング利用者の信用に不安を抱いてしまうケースがあります。

 

継続的に商取引を行う取引先の場合、こういった信用不安は避けたいものです。信用不安をきっかけとして、以降の商取引が出来なくなることもあり得ます。

 

資金調達までに時間がかかる

2社間ファクタリングでは、即日~数営業日程度での現金化が可能です。

 

一方、3社間ファクタリングには1~2週間程度の時間がかかります。3社間ファクタリングでは売掛先に事前通知、承諾を得る手間暇が必要です。そのための書類や手続きなどに時間がかかったり、取引先に対して説明する時間を設ける必要もあるでしょう。

 

また、取引先に説明したからと言って、理解を得られない可能性もあります。時間や、手間暇がかかってしまうのが3社間ファクタリングのデメリットとなります。

 

譲渡禁止特約付き債権には利用できない

売掛先が大手企業などの場合、契約内容に「債権譲渡を禁止する特約」が設けられていることが少なくありません。

こういった特約があると、3社間ファクタリングは利用できません。

 

売掛先に、売掛債権を売却する通知や、承諾を求めると、そもそも契約違反となってしまい、取引を打ち切られてしまう可能性も出てしまいます。

 

そのため、3社間ファクタリングを利用する際には、売掛先との契約内容を確認する必要があります。

 

メリット・デメリット

最後に2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングのメリット・デメリットについて整理しておきましょう。

 

■2社間ファクタリング・3社間ファクタリングのメリット・デメリット

 メリットデメリット
2社間ファクタリング

・取引先への通知不要

・資金調達スピードが速い

・手続きが楽

・ファクタリング手数料は速め

・諸費用が多くかかることもある

3社間ファクタリング・ファクタリング手数料が低め

・取引先への通知必要

・資金調達に時間がかかる

・譲渡禁止特約付き債権は売却できない

 

 

 

銀行系は3社間ファクタリングのみ

ファクタリング会社を選ぶ際に、銀行系列のファクタリング会社も含めて検討されることが多いと思います。大手銀行の一部には、子会社を通じて、ファクタリングを取り扱っているところがあります。

 

しかし、銀行系列のファクタリング会社には注意が必要です。銀行系ファクタリング会社では、通常、3社間ファクタリングのみを行っており、2社間ファクタリングの取扱いがありません。そのため、取引先に知らせずに、伏せた状態でファクタリングを行うということができません。また、急ぎで資金調達したいという方にも、銀行系ファクタリング会社は利用できないのです。

 

よく、「銀行系ファクタリング会社の方が手数料が低い」と言われることがありますが、この手数料の低さは、「ファクタリング会社の違い」というよりも、「3社間ファクタリング」だからという点の方が要因になります。実際、銀行系列以外の独立系ファクタリング会社であっても、3社間ファクタリングなら手数料はかなり低くなります。

 

2社間ファクタリングの方が手数料は高い

 

おすすめファクタリング会社

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの両方を選べる、おすすめのファクタリング会社です。

ご希望に沿ったファクタリング方法を、メリット・デメリットを比較しながら、相談して決められるファクタリング会社です。

 

 

ビートレーディング

知名度・実績がNO1のファクタリング会社はビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です

ビートレーディングのポイント

ビートレーディングのおすすめ度:S

知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

法人企業・個人事業主のどちらも利用可能

全国対応可能 / 全国4ヶ所に営業所

2社間ファクタリング利用可能

赤字・債務超過でも利用可能

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

ビートレーディングが選ばれる3つの理由 

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

▼2020年3月時点、ビートレーディングのファクタリング実績

ビートレーディングのファクタリング実績

 

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

 

三共サービス

業界トップクラスの手数料率の低さなら三共サービス

 

ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。

三共サービスのポイント

三共サービスのおすすめ度:SS+

最大買取可能額:1億円

業界トップクラスに低い手数料水準

日本全国対応可能

ファクタリング業界の老舗!安心・安全の会社

2社間ファクタリング利用可能

赤字・債務超過・リスケ中も利用可能

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

三共サービス(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

▼三共サービスが選ばれる4つの特徴

三共サービスが選ばれる理由

 

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

<三共サービスの料金水準>

3社間ファクタリングで、1.5%~” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

2社間ファクタリングでも5.0%~” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

三共サービス(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

 

MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

 

MI Visionのポイント

MI Visionのおすすめ度:A+

最長3ヶ月までの将来債権ファクタリング可能” size=”20″]

他社に比べて大きな金額のファクタリングが利用できる” size=”20″]

2社間ファクタリング利用可能

赤字・債務超過でも利用可能

 

MI Vision(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。

 

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

MI Visionへの申込

MI Vision(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

OLTA

ファクタリングのOLTA

OLTAのポイント

OLTAのおすすめ度:A+

急成長中のファクタリング会社” size=”20″]

大手金融機関と業務提携” size=”20″]

ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内” size=”20″]

信頼性が高く、安心して利用できる” size=”20″]

日経新聞などのメディアでも紹介多数” size=”20″]

個人事業主も利用可能” size=”20″]

2社間ファクタリング利用可能

赤字・債務超過でも利用可能

 

 

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

 

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方

法人企業/個人事業主

赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

OLTAへの申込

 

 

 

トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイは九州メインのファクタリング会社

 

トラストゲートウェイのポイント

九州の事業者におすすめのファクタリング

創業1年目でも利用可能

解りやすい手数料体系で安心!

50万円~の小口ファクタリングも利用可能

2社間ファクタリング利用可能

赤字・債務超過でも利用可能

 

トラスト・ゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイはスピード査定・最短1日で資金調達ができるファクタリング会社です。トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下のサイトリンクをクリックしてください。公式ホームページに移動します。

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

トラスト・ゲートウェイのように、ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。やはり、関東圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談もしやすいものです。

 

ファクタリングの関連記事

>>トラストゲートウェイのファクタリングをもっと詳しく解説

 

 

2社間と3社間のどちらを選ぶのが良い?

ここまで2社間、3社間のそれぞれのファクタリング方式について解説してきました。それでは、実際、どちらのファクタリング方式を利用するのが良いのでしょうか。結論を言えば、どちらのファクタリング方式が良いかは、利用する事業者ごとに異なります。

 

それぞれの事業者ごとの状況に合わせたファクタリング方式を利用することが大切です。ここでは、ファクタリング方式ごとに利用が適する事業者のタイプを整理したいと思います。

 

3社間ファクタリングが適する事業者

大手企業、上場企業などの売掛金がある事業者

急ぎで資金調達する事業者

債権譲渡禁止特約付きの売掛金を保有している事業者

信用に不安を抱かれると取引継続が難しくなる場合

小口、少額の売掛金をファクタリングする事業者

 

2社間ファクタリングでも、優良企業と評価される上場企業や大手企業、公的な機関に準ずるような売掛先であれば、ファクタリング手数料はかなり低くなります。こういった売掛金であれば、2社間ファクタリングでもほぼデメリットを感じません。

 

また、急いで資金調達したいと言う場合や、保有している売掛金が譲渡禁止特約付きの売掛金なら、そもそも3社間ファクタリングしか利用できません。

 

なお、売却する売掛金が少額の場合、ファクタリング手数料率が高いといっても、ファクタリング手数料の金額はそれほど高くなりません。

 

2社間ファクタリングが適する事業者

売掛先からの信用が厚く、信用不安の心配がない会社

公的機関向けの売掛金がある事業者

 

診療報酬債権、介護報酬債権など、公的機関に売掛金を持つ事業者は3社間ファクタリングが利用できます。公的機関に対しては、債権譲渡時の通知を送付しても、信用不安が起きるという懸念はほとんどありません。

 

また、そもそも、売掛先からの信頼が厚く、ファクタリングを利用しても信用不安を抱かせる懸念が無いのであれば、3社間ファクタリングを利用しても問題はありません。

 

 

継続利用すればファクタリング手数料は下がる

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング手数料が高めであることがデメリットとなっていました。

 

しかし、覚えておきたいのは、ファクタリング会社を継続的に利用していれば、ファクタリング手数料は徐々に下がってくるということです。

 

ファクタリング会社としても、初めて売掛金を買い取る利用者にはリスクが高くなってしまい、高めのファクタリング手数料を設定してしまいます。例えば、売掛先から回収した代金を横領してしまって支払ってくれなかったり、存在しない架空の売掛金を譲渡して騙すような行為をするケースも見られます。

 

こういったファクタリング会社のリスクは、継続してファクタリング会社を利用することが解消されていきます。そのため、最初はファクタリング手数料が高めだと感じても、少しづつ下がっていきますので、継続して利用することが大切です。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリングの利用が適する業種と利用方法とは?

 

まとめ

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みの違いは、「売掛先」に通知するかどうかです。

売掛先との契約内容に「譲渡禁止特約」がなく、売掛先からの了解が得られるのであれば、3社間ファクタリングを利用するのが良いでしょう。

 

その方が、手数料も少なくて済みます。

逆に、取引先に対して知られたくない時には、2社間ファクタリングを利用することになります。

両社の違いを理解して、上手に使いこなしましょう。

 

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリング後の取引先倒産リスクは誰が負う?

>>悪質ファクタリング会社に騙されないための方法

>>口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

>>サイト厳選、おすすめファクタリング会社の一覧

 

▼事業資金のご案内 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG