【簡単5秒診断】資金調達ガイド (㈱サウルス)のファクタリングサービスをご紹介します

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングをご検討中の方におすすめできるファクタリング会社をご紹介します。

 

今回ご紹介するファクタリング会社は「資金調達ガイド (サウルス)」です。

資金調達ガイド (サウルス)のファクタリングサービスの特徴を、メリットもデメリットも含めて、どこよりも詳しくご紹介します。

 

 

資金調達ガイド(サウルス)とは?


資金調達ガイドは東京都に本社を置く㈱サウルスが運営する事業性資金調達専門の総合紹介サイトです。

資金調達ガイド内では、ファクタリングだけでなく、ビジネスローンなど幅広く資金調達可能な貸金業者などを紹介しています。

 

自社で行うファクタリングだけでなく、幅広く貸金業者を紹介して仲介してくれますので、単独のファクタリング会社1社毎に相談するよりも、資金調達可能な先を見つけられる可能性は高くなります。

 

 

サウルスの企業データ


資金調達ガイドを運営する㈱サウルスの企業データを確認しておきましょう。

 

<㈱サウルス基本データ/2018年3月時点>

屋号 資金調達ガイド
会社名 株式会社サウルス
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビル7F
設立 2017年3月
資本金 5百万円
業務内容 webサイト制作
webサイト運営・運用
webコンサルティング

 

 

資金調達ガイドとは?


資金調達ガイド、及び㈱サウルスのファクタリングサービスの特徴についてご紹介していきましょう。資金調達ガイドは、他のファクタリング専門会社とは、少し違ったサービスを行っている会社になります。

 

 

資金調達ガイドのサービス内容


サウルスは東京都に本社を置く企業です。また、「資金調達ガイド」というのは、㈱サウルスが運営する「総合紹介サービス」のサイト名のことです。

 

サウルスが行うファクタリングサービスの特徴は、「事業性資金に関する総合紹介サービス」です。

ファクタリングだけでなく、ビジネスローンなど、中小企業や、個人事業主などが希望する資金調達にマッチする貸金業者などを紹介するサービスを行っています。

 

そのため、資金調達ガイドというのは、直接ファクタリングを行うファクタリング事業者というよりも、複数のファクタリング会社、ノンバンクなどを紹介する仲介的なサービスを主としている会社と言えます。

 

 

<資金調達ガイド (サウルス)の特徴>

利用できる方 法人企業・個人事業主
対応地域 全国対応可能(出張可能)
買取期間 最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知/同意要否 通知・同意不要
債権譲渡登記 非公開
担保・連帯保証人 原則不要
買取金額 10万円~3億円
ファクタリング手数料 非公開

 

 

資金調達ガイド(サウルス)は資金調達に関する総合紹介サイトを運営しています。

そのため、最終的に資金調達を利用するファクタリング会社は、サウルスだけでなく、他のファクタリング会社となることもあります。

 

資金調達希望者の条件を確認したうえで、最適だと思われる事業者を紹介してくれるのが、資金調達ガイド・サウルスの特徴となります。

 

 

 

全国対応可能な会社


サウルス自体は東京都に本社を置く企業ですが、サウルス(資金調達ガイド)では、最適なファクタリング会社を紹介してくれます。

 

そのため、全国どちらの地域からでも、インターネットを経由して、ファクタリングの相談・申込が可能です。地域別などでファクタリング会社を探すのが面倒という方には、資金調達ガイドのファクタリング会社紹介サービスはメリットのあるものとなるでしょう。

 

 

5秒診断サービス


資金調達ガイドのサイト内では、「5秒診断サービス」を無料で行っています。

5秒診断サービスでは、基本的な項目(希望調達額、会社情報など)を入力することで、ファクタリングの利用可否を簡易診断してもらうことができます。

 

もちろん、5秒診断サービス自体は「ファクタリングの正式申込」ではありませんので、診断サービスを利用したからといってファクタリングの申込にはなりません。

 

利用可否や、適切と思われるファクタリング会社を紹介してもらえますので、提案内容を見て、申込するかどうかを検討することになります。

 

▼5秒診断サービスの利用方法

以下のリンクから公式ホームページに移動します。その後、以下の手順に従って、「5秒診断」を進めていきます。

資金調達ガイド

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック
資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。
希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。
メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

 

個人事業主も利用可能


ファクタリング会社のなかには、中小企業などの法人企業からの申込しか受け付けてしていないところも多くあります。法人企業のみにサービスを限定しているということです。

 

一般的には、個人事業主は、法人企業よりも社会的信用力が劣ることや、個人事業主の場合、ファクタリング利用額も小口となることが多く、大口のファクタリングを希望するファクタリング会社にとって、割にあわないと考えられるためです。

 

資金調達ガイドの場合、相談者の希望に応じたファクタリング会社を紹介してもらえますので、個人事業主や、小口の資金調達を希望している方にも、比較的容易に相談申込ができるのが特徴です。

 

 

取扱金額は最大3億円


資金調達ガイドのファクタリングサービスでは最大3億円までの資金調達が可能とされています。3億円という金額は、ファクタリングを利用できる会社のなかでは、かなり大きな金額の調達規模と言えます。

 

さらに、ファクタリングによる調達金額の下限は10万円です。大きな金額だけでなく、小口のファクタリングにも対応できるのは、資金調達ガイドのメリットと言えるでしょう。

 

 

即日資金調達可能!?


資金調達ガイド(サウルス)は、最短で即日の資金調達対応を行うことも可能です。但し、資金調達ガイドの場合、直接、サイト利用者(資金調達希望者)と、ファクタリング会社がやり取りする訳でなく、最初は、資金調達ガイドを経由してファクタリング会社を探すことになります。

 

そのため、ファクタリング会社を特定して相談する場合に比べ、時間的なロスは否めません。もし、即日、もしくは翌日といった短期間での資金調達を希望する場合、以下のようなファクタリング会社に相談するのが良いでしょう。

 

▼ビートレーディング

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事:即日資金調達可能なファクタリング会社>

即日資金調達できるファクタリング会社はこちら!!

 

 

取引先の同意不要


ファクタリングには、取引先の同意を得て行うファクタリング(3社間ファクタリング)と、同意を得ずに、伏せた状態で行うファクタリング(2社間ファクタリング)の2種類があります。

 

一般的に、3社間ファクタリングの方が、ファクタリング手数料は低く抑えることができますが、取引先にファクタリングの利用が判明するため、「信用不安」を起す可能性があります。

 

そのため、3社間ファクタリングを利用する場合には、「取引先」に丁寧な説明を行うことが必要であり、「短期間」で利用するというのは難しいでしょう。

 

2社間ファクタリングが最短即日で資金調達できる反面、3社間ファクタリングの場合は、1~2週間程度の余裕は最低限必要となります。さらに、対象となる売掛金が、取引先との契約で「譲渡禁止特約」が付いている場合には、そもそも3社間ファクタリングを利用できません。

 

資金調達ガイドの場合、取引先の同意を得ない、2社間ファクタリングも利用可能です。これは資金調達ガイドのメリットと言って良いでしょう。

 

 

ファクタリング手数料


資金調達ガイド (サウルス)のファクタリング手数料水準は「非公表」です。

そのため、資金調達ガイドのファクタリング手数料水準の詳細は解りません。

 

ファクタリング手数料水準は、「非公表」というより、資金調達ガイドでファクタリングを利用する場合、相談者に最適なファクタリング会社を探して紹介するサービスですので、どのファクタリング会社を紹介するかでファクタリング手数料も大きく変わってしまいます。

 

ファクタリングの利用希望者の状況(個人/法人、取引先の同意を得るかどうか、希望金額、リスケ・金融事故の有無など)に応じて、紹介するファクタリング会社が異なり、ファクタリング手数料は大幅に異なってくると考えられます。

 

一旦、相談して、ファクタリング会社を紹介されてからでないと、ファクタリング手数料の水準・範囲が解らないというのは、資金調達ガイドのデメリットとも言えるでしょう。

 

もし、「ファクタリング手数料は低くないと利用者しない」、「ファクタリング手数料にこだわって会社を選びたい」場合には以下のファクタリング会社がおすすめです。

 

▼法人企業の場合

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

▼個人事業主の場合

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事:ファクタリング手数料の低い会社>

ファクタリング手数料の安いお得な業者を特集!!おすすめのファクタリング業者はどこ?

 

 

業歴が短く不安?


㈱サウルスの設立は2017年3月であり、業歴は1年程度とかなり短くなってしまいます。

そのため、資金調達ガイドを利用したファクタリング実績というのも正直まだ少ないと考えられます。

 

ファクタリング会社を選ぶ際には、「業歴の長い」会社が良いという経営者や、個人事業主は少なくないでしょう。業歴の短さは、資金調達ガイド・サウルスのデメリットと言えます。

 

但し、資金調達ガイドの場合、主業務はサイトを通じた「ファクタリング会社の紹介」になります。そのため、実際に利用するファクタリング会社は、サウルスだけでなく、別のファクタリング会社になる可能性が高く、「利用するファクタリング会社の業績」は紹介先次第とも言えます。

 

 

資金調達ガイドの知名度は低い


資金調達ガイド、もしくは㈱サウルスの知名度はまだまだ低いと言えます。

前述の通り、資金調達ガイドを運営するサウルスの設立は2017年3月であり、新興企業と言って良い会社です。

 

そのため、実際に資金調達ガイドを活用して資金調達したという方の口コミ・評判は、少ないと言うデメリットがあります。但し、前述の通り、資金調達ガイドを通じたファクタリングは、紹介されるファクタリング会社次第です。

 

一旦、5秒簡易診断を利用して、紹介されるファクタリング会社次第といったところでしょう。

 

なお、口コミ・評判実績の良い、人気のファクタリング会社のなかから選んで相談したいという方は、以下の関連記事を参照いただきたいと思います。

 

<関連記事:口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社>

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高い会社4選をご紹介

 

 

相見積もりによる比較


ファクタリング会社選びでは、「相見積もり」によるファクタリング会社の比較が必要です。

ファクタリング会社のなかには、残念ながら悪質なファクタリング会社も存在しており、騙されないためには、相見積もりによる比較が必要です。

 

更に、例え優良なファクタリング会社に相談したとしても、1社だけのファクタリング会社に相談するより、2~3社を比較して相談した方が、ファクタリング手数料は低く抑えることができると言われています。

 

インターネット上からの相談や、正式な査定依頼時の必要書類の準備など、手間暇は多くかかってしまいますが、ファクタリング手数料に与える影響が大きいため、2~3社での相見積もりをおすすめいたします。

 

なお、資金調達ガイドは、相談者の状況に応じた「適切なファクタリング会社」を自動で選んで紹介してくれるサービスです。相談者が単独で探す以外に、ファクタリングに精通したプロの目線からファクタリング会社を紹介してくれますので、相見積もりにも適している会社と言えるでしょう。

 

 

資金調達ガイドがおすすめの方


以上の結果を整理して、資金調達ガイド (サウルス)のファクタリングが適する、おすすめの方をまとめてみました。

以下の項目にあてはまる方は資金調達ガイド (サウルス)のファクタリングにメリットがあります。あてはまる項目数が多いほど、資金調達ガイド (サウルス)との相性が良くなります。

 

<資金調達ガイドに適する方>

①ファクタリング会社探しの時間が無い方

②ファクタリング会社選びが面倒臭い

③先にファクタリングの利用可否を確認したい

④個人事業主でファクタリングを利用したい方

⑤相見積もりを実施したい

 

以上のような希望をお持ちの経営者や、個人事業主の方は資金調達ガイドがご利用されてみるのがおすすめです。

 

 

 

資金調達ガイド(サウルス)への相談・申込


資金調達ガイド (サウルス)に相談・申込するには、前述の「5秒無料診断」から行います。5秒無料診断後、利用可否の診断に加えて、資金調達ガイドが適当と判断するファクタリング会社から提案を受けることができます。

 

そのうえで、紹介されたファクタリング会社と相談して、利用するかどうかを決定することになります。もちろん、条件を確認したうえで、利用しないことも可能です。

 

 

ファクタリングに必要な書類


資金調達ガイド (サウルス)を通じてファクタリングを利用する場合の必要書類は不明です。紹介されるファクタリング会社毎に、必要書類は異なると考えられますので、まずは紹介を受けてから、案内をもらうことになります。

 

以下は、一般的なファクタリング会社で求められる必要書類の一覧です。事前に準備されておくとスムーズに利用することができるでしょう。

 

<必要書類の一覧>

  書類名 補足
1 決算書のコピー(2期分)  
2 試算表(今期半期以上経過の時)  
3 直近6か月分の取引、入出金履歴が確認できる書類(通帳コピーなど) 売掛金の入金履歴が記載
4 売掛先に宛てた書類
(発注書、納品書、請求書など)
 
5 会社の商業登記簿謄本 3通/法務局
6 売掛先との取引基本契約書
(無い場合も可)
 
7 実印、ゴム印  
8 法人各種納税証明書(その3の3) ※未納時は未納額証明書/税務署

 

 

資金調達ガイドの提携先


資金調達ガイドで紹介している「ファクタリング会社」は以下となります。

資金調達ガイドに相談すると、こちらの一覧に掲載されているファクタリング会社のなかから、もっとも相談者に適すると思われるファクタリング会社が抽出されて、提案・利用可否を確認してもらうことになると思われます。

 

<掲載企業一覧>

株式会社 Mentor Capital
株式会社 ビートレーディング
株式会社Frontierfort「FACTORING JAPAN」
株式会社 No.1
株式会社ACE
株式会社アレシア「Best Factor」
株式会社 フィンカ「NEXT FUNDING」
株式会社ワイズコーポレーション「FACTER PLAN」
一般社団法人 財務会計支援機構
株式会社 トップ・マネジメント
株式会社 一福

 

掲載企業の一覧としては、ビートレーディングのような大手・有名ファクタリング会社も含まれていますが、大部分は知名度のあまり高くないファクタリング会社が多いと言えます。

 

 

まとめ


資金調達ガイド (サウルス)のファクタリングについて徹底的に調べてみました。

資金調達ガイド (サウルス)は法人企業だけでなく、個人事業主も最低10万円から、最大3億円まで相談できるファクタリングサービスを行っています。

 

資金調達ガイドは、「紹介」・「仲介」サービスをメインにしています。

そのため、実際に利用するファクタリング会社は、紹介を受けてみないと解りません。あまり知名度の高い、大手ファクタリング会社より、知名度の低いファクタリング会社がメインのようですので、単独で資金調達ガイドだけを利用するよりは、複数社の相見積もりに含めて相談するのが適していると考えられます。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

「大手ファクタリング会社」の一覧を公開!どこが良いかをお探しならどうぞ!

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。