NO IMAGE

銀行融資以外の資金調達手段を増やしたくてファクタリングを検討されている方に役立つ情報をお届けします。

ファクタリングを利用したいけど、どのファクタリング会社を利用すれば良いのかと悩まれる方は多いでしょう。

相談するべきファクタリング会社に悩まれた時、参考になるのは「大手ファクタリング会社の一覧」です。

どの業界でも似ていますが、迷ったときは「大手企業」、「業界の上位企業」から選ぶのも有効な手段です。

大手ファクタリング会社の一覧を「主要なポイント」で比較してご紹介します。

 

ファクタリングとは?

そもそも「ファクタリングってなに?」や、聞いたことはあるけど、ファクタリングがどんな資金調達方法か良く解らないという方は、ファクタリングの基本から確認しておきましょう。既に、ファクタリングについて十分理解しているという方は先に進んでください。

 

ファクタリングは借入ではない

ファクタリングは中小企業や、小規模事業者、個人事業主などが利用することのできる資金調達方法です。しかし、資金調達と言っても、ファクタリングは借入ではありません。

ファクタリングは保有する売掛金を売却することによる資金調達方法です。

通常、商取引で発生した売掛金に対して、取引先から代金を入金してもらうまでには数ヶ月の時間がかかります。

そのため、売掛金が現金化されるまでの期間、資金繰りにつまらないように運転資金を準備しておく必要があります。

しかし、ファクタリングで売掛金を回収期日前に現金化できれば、こういった必要運転資金は減少します。

 

赤字でも審査に通りやすい

銀行融資や、ビジネスローンなどで審査に落ちてしまっていると、資金調達できる手段がもうないのだと感じる経営者もいるでしょう。

しかし、ファクタリングは融資やビジネスローンと異なる審査基準で行われますので、例え、銀行やノンバンクで資金調達できなかった事業者でもファクタリングを利用できる可能性は十分にあります。

例えば、融資、ビジネスローンの場合、審査で最も重要視されるのは、お金を借りる事業者の返済能力です。

黒字で利益が出ている、財務内容が良くて追加的な借入もできるといった事業者であれば、銀行の審査にも通りやすく、お金を借りやすくなります。

 

一方、ファクタリングで最も重要視されるのは、売掛金を支払う取引先です。

ファクタリング会社は、取引先が支払ってくれれば、売掛金の回収リスクは低くなります。

そのため、ファクタリング利用者の返済能力が低くても、取引先が支払ってくれる能力が高ければ、ファクタリングを利用できる可能性は高くなります。

例え、ファクタリング利用者が赤字や債務超過、リスケ中、税金滞納中といった状況でも、ファクタリングなら利用できるかもしれません。

 

一方、ファクタリング利用者の財務内容がどれだけ良くても、売掛先の返済能力が低ければファクタリングは利用できません

一般的なファクタリングはノンリコース契約のため、売掛先が支払いできなかった場合でも、ファクタリング会社はファクタリング利用者に売掛金の買戻しを請求したり、代わりに代金を支払うこを求められません。つまり、売掛先が支払ってくれないと、ファクタリング会社は買い取り代金を回収できなくなります。

ファクタリングなら赤字、債務超過、リスケ中でも審査に通る

売掛金を持っていれば利用できる

ファクタリングを利用できるための条件は商取引で発生した売掛金があることです。

もちろん、実際には存在しない架空の売掛金などではファクタリングは利用できません。

実際に商取引で発生した売掛金である必要があります。加えて、ファクタリングを利用できる売掛金には、以下のような特徴があります。

《ファクタリングに使える売掛金》

  • 法人向けの売掛金
  • 過去に入金遅延が無い取引先(最低6ケ月)
  • 請求書、契約書などの裏付け資料がある
  • 取引先から支払いを拒絶されていない

 

ファクタリングで利用できる売掛金は原則として法人向けの売掛金です。

個人事業主は法人に比べて信用力が低く、さらに情報の取得が難しいため、ファクタリング会社としても審査が難しいのです。

また、ファクタリング会社は売掛金から回収できることが重要ですので、入金遅延があるものや、取引先から支払いを拒否されている売掛金は譲渡の対象になりません。

以下では、ファクタリングの概要や、ファクタリングを利用するのが適している方、利用時のポイントを初歩から解りやすく解説しています。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには大きく分けて2つの方式があり、必ずどちらかのファクタリング方式を利用することになります。

ファクタリングの2つの方式とは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは、売掛先(取引先)に対して、売掛金を譲渡することの通知を行い、承諾を得るかどうかの違いにあります。

ファクタリングを利用する時には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらかを選択する必要があります。

 

2社間ファクタリング

通常、中小企業や、小規模事業者がファクタリングを利用する時に選択されることが多いのが2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングの仕組みは以下の通りであり、売掛先に対して、売掛金の譲渡を伏せた状態で売掛金を売却するのが特徴です。

2社間ファクタリング(ビートレーディング) (1)

売掛先は売掛金の権利者がファクタリング会社に変わったことを知りませんので、従来通り、ファクタリング利用者に対して代金を支払います。

ファクタリング利用者は、ファクタリング会社の代理として代金を受領し、そのままファクタリング会社に受け取った代金を支払いいます。

2社間ファクタリングのポイント

  • 短期間(即日など)で売掛金の現金化が可能
  • 取引先に知られることなく利用できる
  • 信用不安が起こりにくい
  • ファクタリング手数料は3社間に比べて高い
  • 債権譲渡禁止特約付きの売掛金でも売却できる
  • 銀行系ファクタリング会社では取り扱いがない

 

3社間ファクタリング

一方、3社間ファクタリングとは、売掛先に対して事前に売掛金の譲渡を通知し、承諾を得るファクタリング方式です。

3社間ファクタリング (1)

3社間ファクタリングでは、売掛先は売掛金が譲渡されたことを認識していますので、売掛金の期日には、代金をファクタリング会社に直接支払います。

3社間ファクタリングのポイント

  • 2社間に比べて現金化までに時間がかかる
  • 売掛金譲渡を知られることで信用不安が起こりやすい
  • ファクタリング手数料は低め
  • 独立系、銀行系のどちらでも利用可能

 

独立系と銀行系のファクタリング会社がある

ファクタリング会社を選ぶ場合、最初に「独立系ファクタリング会社」と「銀行系ファクタリング会社」のどちらかを選択する必要があります

2つのファクタリング会社の種類の違いを確認しておきましょう。

 

独立系ファクタリング会社

独立系ファクタリング会社というのは、銀行やノンバンクなど、その他の金融機関の系列でなく、独立して営業しているファクタリング会社です。

そして、一般的に中小企業や、小規模事業者がファクタリングを利用する場合、利用されるファクタリング会社はこちらの独立系ファクタリング会社が一般的です。

中小企業がファクタリングを利用する場合、取引先に信用不安を抱かれにくく、現金化までのスピードが速い「2社間ファクタリング」を利用するのが一般的です。

そして、この2社間ファクタリングを取り扱っているのは「独立系ファクタリング会社」のみです。

銀行系ファクタリング会社は3社間ファクタリングしか取り扱っていません

 

独立系ファクタリングの特徴

  • 中小企業が利用することの多いファクタリング会社
  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらも利用可能
  • 審査に通りやすくて利用しやすい
  • 資金化までのスピードが速い

 

銀行系ファクタリング会社

対して、銀行系ファクタリング会社とは、大手銀行系列のファクタリング会社です。

「みずほファクター」「三菱UFJファクター」など、それと見て解る銀行名がファクタリング会社名に付いているのが特徴です。

銀行系ファクタリングは「審査に厳しく」、「3社間ファクタリング」しか取り扱っていないという制限がある反面、ファクタリング手数料率は低く、大手銀行系列ということで安心して利用できるのが特徴です。

 

銀行系ファクタリングの特徴

  • 大手銀行系列のファクタリング会社
  • 審査は厳しい
  • 現金化までの時間がかかる
  • ファクタリング手数料は低め

 

独立系の大手ファクタリング会社一覧

まずは大手ファクタリング会社7社の一覧を掲載いたします。この大手ファクタリング会社の一覧をもとに、ファクタリング会社選びのポイント毎の特徴を補足説明いたします。

 

<独立系大手ファクタリング会社の一覧>

 おすすめ度手数料率対応速度最大調達額エリア対象者
三共サービスSS1.5%~最短2日1億円全国法人
ビートレーディングS+3.0%~即日可定めなし全国法人
個人事業主
GMO PAYMENT GATEWAYS+1.0%~2営業日1億円全国法人
MSFJS1.8%~即日可5,000万円全国法人
個人事業主
OLTAA2.0%~即日可最大1憶円全国法人
個人事業主
ジャパンマネジメントA3.0%~即日可5,000万円全国法人
個人事業主
トラストゲートウェイA3.0%~翌日可5,000万円九州法人
西日本ファクター

B

2.8%~即日可3,000万円九州/中国法人
個人事業主

*2020年6月時点データをもとに作成

 

上記が代表的な大手ファクタリング会社7社の一覧です。

特に、三共サービス、ビートレーディング、MSFJ、そしてOLTAの4社が最大手ファクタリング会社と言って良いでしょう。

こちらの大手ファクタリング会社の一覧以外にも、銀行系のファクタリング会社が存在しますが、銀行系ファクタリング会社は「時間がかかる」、「短期間での資金調達が出来ない」、「審査が厳しい」、「取引先への通知必須」などの点があり、ファクタリング専門会社とは「全く別の会社」と言えます。

そのため、中小企業や個人事業主には利用しにくいのが正直なところです。

 

ここでは中小企業や、個人事業主が利用しやすい大手ファクタリング会社をご紹介することを目的としていますので、銀行系ファクタリング会社は含めないこととします。

 

ファクタリングの関連記事

 銀行融資とファクタリングの違いを解りやすく説明

 

大手ファクタリング会社の紹介

一覧でご紹介した大手ファクタリング会社について、以下でそれぞれの詳細な条件や特徴をご紹介します。

一覧で比較したファクタリングの会社の詳細を確認して、是非、ご相談の対象となるファクタリング会社を見つけて頂ければ嬉しく思います。

 

三共サービス

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

大手ファクタリング会社として最も最初にご紹介するのが三共サービスです。

三共サービスはファクタリング業界の老舗企業であり、手数料水準も業界トップクラスの低さが特徴です。

 

三共サービスの特徴

ファクタリング業界トップレベルの手数料水準の低さ

三共サービスと他社比較

 

ビートレーディング

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

次にご紹介するのが、ファクタリング業界で最も有名なビートレーディングです。大手ファクタリング会社として忘れてはいけない有名な会社です。

 

ビートレーディングの特徴

知名度・契約件数(実績)はファクタリング業界のトップクラス!

ビートレーディングのファクタリング実績

 

GMO PAYMENT GATEWAY

 

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMO BtoB 早払い

  • 一部上場企業が行うファクタリングサービス
  • GMOグループのGMOペイメント
  • ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~
  • 2社間ファクタリングにも対応可能

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業であるということです。

これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。

しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

GMOペイメントの選ばれる理由

 

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

 

MSFJ

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの手数料体系

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

 

スピード査定対応地域出張査定手数料水準取引先への通知最大買取額
〇(即日可)全国低い不要5,000万円

 

 

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイ

<トラストゲートウェイの特徴>

九州でファクタリング業者をお探しならトラストゲートウェイがおすすめです。九州NO.1の買取率を誇る大手ファクタリング会社です。

トラストゲートウェイは、リピート率98%、スピード査定後の申込率95%と、利用者の満足度が高いのが特徴です。今なら、新規契約時に3万円のキャッシュバックキャンペーンも実施中!!

 

スピード査定対応地域出張査定手数料水準取引先への通知最大買取額
〇(即日可)九州全域低い5,000万円

 

 無料・スピード査定はこちら

*トラストゲートウェイは法人向けのサービスです。

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

「相談用のフォーム」が表示されます。入力のうえ、確認・送信を押してください。

その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

 ファクタリングの関連記事

 トラストゲートウェイのファクタリングの特徴

 

ジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ジャパンマネジメントは個人事業主も利用できるファクタリング会社です。もちろん、ジャパンマネジメントでは最短即日での資金調達もできます。

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴は以下となります。

ジャパンマネジメントの特徴

  1. 最短即日でファクタリング可能
  2. 全国対応(出張買取OK)
  3. 保証人・担保不要
  4. 高い顧客満足度(的確な経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)
  5. 個人事業主もご利用できます

 

大手銀行系ファクタリングの一覧

次に大手銀行系ファクタリング会社の一覧です。

銀行系ファクタリング会社は中小企業、小規模事業者の利用はなかなか難しいのが実情ですが、特に有名な大手銀行系ファクタリング会社をご紹介します。

 

みずほファクター

みずほファクター

その名の通り、みずほ銀行グループのファクタング会社です。

 

みずほファクターの特徴

2社間ファクタリング取扱いなし
3社間ファクタリング取扱い可能
ファクタリング手数料公表なし
現金化までの期間1週間~
その他ファクタリング回収保証ファクタリングの取扱い有
買取金額最低200万円~

 

三菱UFJファクター

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターの特徴

2社間ファクタリング取扱いなし
3社間ファクタリング取扱い可能
ファクタリング手数料公表なし
現金化までの期間2週間~
その他ファクタリング代金回収ファクタリング、でんさい
買取金額最低1億円~

 

銀行系ファクタリング会社は取り扱い金額がかなり大きい金額であり、時間的な余裕がある事業者でないと利用しにくいのが特徴です。

 

大手ファクタリング会社から選ぶ理由

今回は大手ファクタリング会社を対象としてご紹介しています。

しかし、ご覧になられている方のなかには、特に大手ファクタリング会社に限定することなく、ファクタリング会社全般から探せば良いのではないかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、大手ファクタリング会社の中から選定することには意味があります。

それは、優良、安全なファクタリングを見つけるには、大手ファクタリング会社を対象として選定する方が効率が良いためです

 

日本国内のファクタリング業界は歴史が浅く、まだまだ成長段階にあります。

そのため、知名度が高く、ファクタリングと言えばここというファクタリング会社は存在していません。そのため、ファクタリング会社と言っても、様々な会社が存在しています。

なかには、ファクタリング利用者を騙すような、悪質な会社なども存在しています。

こういった悪質ファクタリング会社に騙されず、安全、安心にファクタリングを利用するためには、利用する会社を良く選ぶ必要があります。

 

しかし、ファクタリングの経験が浅い事業者にとって、どの会社を対象として比較、分析して選べば良いのかは難しいものです。そういった時に、大手ファクタリング会社のなかから選ぶというのは良い手段となります。

大手ファクタリング会社は、実際に利用されている実績が豊富であり、安心して利用することができます。

大手ファクタリング会社で選ぶのが良い理由

取引先への通知

なお、こちらでご紹介した大手ファクタリング会社7社は、いずれも「取引先への通知不要」でファクタリングが利用できる会社です。

ファクタリングは、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2種類に分けることができます。

2社間ファクタリングとは、売掛先である取引先に、売掛金を売却することについて、事前の同意・承認を必要としないファクタリングです。

 

取引先に事前同意を求めると信用不安の問題が起きたり、そもそも取引先との契約で「売掛金の譲渡禁止特約」が設けられていることもあり、3社間ファクタリングを利用できないことも少なくありません。

そのため、資金調達を希望する方の多くは、2社間ファクタリングを希望するのが、ファクタリングの特徴です。

今回は、ファクタリングの利用状況を考えて、2社間ファクタリングが利用できる(もちろん3社間ファクタリングも可能)大手ファクタリング会社を対象としてご紹介します。

 

ファクタリング手数料

ファクタリング利用時の手数料率です。ここでは、3社間ファクタリング利用時の最低手数料を記載しています。

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が負うリスクが「かなり大きくなってしまうため」、ファクタリング手数料は3社間ファクタリングに比べて、5~10%程度高くなります。

ファクタリング手数料を出来るだけ下げたい方は、信用力の高い売掛金を売却の対象にしたり、3社間ファクタリングを利用するほか、「相見積もり」による条件交渉を行うのが良いでしょう。

「相見積もり」とは、複数のファクタリング会社に対して、同時進行で条件交渉して、ファクタリング手数料や費用が低くて済むところを使用する方法です。

 

ファクタリング会社1社だけ相談して決めることに比べて、大幅に条件を良くする効果が期待できます。

JTCや三共サービス、ビートレーディングなどの最大手ファクタリング会社は、相見積もりによる条件交渉にも積極的です。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料を低く抑えるコツ

 

資金化するまでの速度

大手ファクタリング会社は、いずれもスピード査定が可能です

即日~3営業日内での資金調達が可能なのが、大手ファクタリング会社の特徴です。

ただし、ファクタリング手数料に関する条件交渉や、各社とも「審査が必要」で、利用できない可能性があることを考え、数日程度の時間的余裕を持って、相談するのが理想です。

 

どうしても「即日での資金調達が必要」という場合は、「ビートレーディング」や「MSFJ」、「OLTA」がおすすめです。どちらも即日審査、即日資金に対応してくれます。

ビートレーディング、MSFJのどちらも法人だけでなく、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

 

ファクタリング対応地域

大手ファクタリング各社にも得意とする地域があります。「全国対応可能」としているファクタリング会社でも、近くに営業所が無いファクタリング会社も少なくありません。

近くに営業所のあるファクタリング会社の方が、交通費を低く抑えることができたり、相談しやすい、対応が早くなるというメリットもあります。

以下に地域別の大手ファクタリング会社の一覧を記載します。

 

<地域別ファクタリング得意地域の一覧>

得意地域ファクタリング会社名個人事業主可否
関東圏三共サービス×
関東圏MSFJ
関東圏ビートレーディング
関東圏リソースプロ
中京JTC×
関西ビートレーディング
中国西日本ファクター
九州ビートレーディング
九州トラストゲートウェイ×
九州ジャパンマネジメント
九州西日本ファクター

*得意地域は営業所の有無をもとに判断しています。

 

個人事業主の利用可否

大手ファクタリング会社のなかには、「個人事業主」からのファクタリング申込を断っている会社も多くあります。

一般的には、個人事業主は法人企業に比べて、信用力が低いとされています。

ファクタリングにおいても、銀行融資ほどではありませんが、資金調達希望者の信用力も審査されます。そのため、個人事業主が利用できないファクタリング会社も少なくありません。

個人事業主が大手ファクタリング会社を利用する場合には、先ほどの大手ファクタリング会社一覧のうち、ビートレーディングや、OLTAがおすすめです。

 

悪質ファクタリング会社に騙されにくい

大手ファクタリング会社から利用することのメリットの1つは、悪質ファクタリング会社に騙されにくくなることです。

ファクタリング会社には、銀行や貸金業者などのように、事業者を規制したり、監督するような法律や規制がありません。

そのため、ファクタリング会社のなかには、利用者を騙して高すぎる手数料を要求するような悪質ファクタリング会社も存在します。

 

ファクタリングを利用する時には、こういった悪質ファクタリング会社に騙されないことが大切です。

悪質ファクタリング会社に騙されないためには、大手ファクタリング会社から厳選して利用するのもポイントです。

大手ファクタリング会社は実際に利用された方の口コミ・評判も豊富にありますし、何より、業歴長く営業していることは信頼できる材料にもなります。

 

ファクタリングの関連記事

 口コミ・評判で選ぶファクタリング会社の一覧

個人事業主が利用できる大手ファクタリング会社

相見積もりを必ず実施

ファクタリング会社を選ぶ際には、必ず相見積もりを行うようにしましょう。

相見積もりとは、複数のファクタリング会社に同時に見積もり依頼を行って、それぞれのファクタリング会社の取引条件を比較、検討しながら選ぶことです。

ファクタリング会社選びでは、この相見積もりが非常に重要となります。

それは、ファクタリング会社を相見積もりで選ぶことには、以下のようなメリットが期待できるためです。

  • ファクタリング手数料が低くなる
  • 手数料相場を理解できる
  • 悪質ファクタリング会社に騙されにくい
  • 1社に断られても慌てなくて済む

 

相見積もりを行う最大の効果は、ファクタリング手数料を下げられることと、悪質ファクタリング会社に騙されにくくなることです。

相見積もりによって各ファクタリング会社を比較することで、ファクタリング会社は勝手に条件を競ってくれますので、自然とファクタリング手数料は低くなっていきます。そのため、自社にとって、最も適正な手数料水準でファクタリングを利用できる可能性が高くなります。

加えて、契約条件や、ファクタリング会社の対応を比較して確認することができますので、悪質なファクタリング会社に騙されにくくなります。

 

まとめ

これからファクタリングを始めて利用する方や、いま使用しているファクタリング会社に不満がある方は、こちらの「大手ファクタリング会社の一覧」を参考にして、ファクタリング会社を探してみてはいかがでしょうか。

やはり、どこに相談すれば良いかに迷った時は、ファクタリング業界のなかの「大手」が参考になりますよね。いずれのファクタリング会社も実績豊富な会社です。

 

ファクタリングの関連記事

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG