ファクタリングで資金調達するには、「ファクタリング会社」選びが何より重要と言って良いでしょう。ファクタリング会社には、安心・安全に利用できる優良な会社から、悪質なファクタリング会社まで「ピンからキリ」までの多くの会社が混在しています。

 

悪質ファクタリング会社に相談・申込してしまうと、本来不要な費用を請求されたり、高すぎる手数料を要求されるなど、大損、失敗を犯す危険性があります。

 

今回は失敗しないためのファクタリング会社の選び方・探し方をご紹介します。こちらの記事を実践いただければ悪質ファクタリング会社に騙されず、好条件での資金調達ができるようになります。

今回ご紹介する内容

ファクタリングの注意点

ファクタリング会社選びの注意点

優良ファクタリング会社の選び方

悪質ファクタリング会社に騙されないための注意点

優良なファクタリング会社の例

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛金・売掛債権を譲渡することによる資金調達方法です。売掛金とは、将来に現金を得られる権利ですが、受取期日までは権利に過ぎず、資金として資金繰りに活用することはできません。

ファクタリングを活用すると取引先の支払期日前の売掛金を前倒しで資金化することができます

 

ファクタリングは、借入・借金ではありませんので、「銀行融資」とは全く異なる審査基準で、資金調達を行うことができます。つまり、借入ではないため、赤字や、債務超過、税金滞納、リスケ中といった、銀行融資の審査では通過が難しい状況であっても、ファクタリングなら資金調達できる可能性があります。

 

さらに、ファクタリングは、借金ではありませんので、原則、担保・連帯保証人が不要で資金調達できるメリットがあります。これまで資金調達と言えば、銀行融資に依存していた中小企業経営者、個人事業主にとって、ファクタリングはあらたな資金調達手段となる可能性があります。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>ファクタリングとは?仕組みや利用方法を解説

 

 

ファクタリングが利用できる方

ファクタリングによる資金調達を行うには、最低限、必要な資金調達額以上の「売掛金」を保有していることが必要です。売掛金を資金化することによる資金調達方法ですので、売掛金がなければファクタリングは利用できません。

 

また、売掛金を保有していても、個人向けの売掛金や、支払いが遅延している売掛金(滞留債権など)は、ファクタリングの対象となりません。こういった売掛金は回収に問題があったり、問題が起こる可能性が高いため、ファクタリング会社が買い取り対象から除外するためです。そのため、ファクタリングを利用できる売掛金とは法人向けの売掛金であり、入金の遅延が起こったことの無いものとなります。

 

売掛金を保有していない、もしくは対象となる売掛金が無い方は、ファクタリングを利用できませんので、こういった経営者、個人事業主には「ビジネスローン」がおすすめです。ビジネスローンは借入ですが、銀行融資よりも「審査に通りやすく」、「即日の資金調達も可能」というメリットがあります。

 

ファクタリングの対象とならない方は、是非、以下の関連記事をご参照ください。

 

ビジネスローンの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>ビジネスローンとは?失敗しない利用方法

 

▼ビジネスローンのビジネクスト

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 

 

悪質なファクタリング会社も存在

ファクタリング会社のなかには、優良なファクタリング会社がいる反面、残念ながら悪質ファクタリング会社も多く存在します。

 

ファクタリングは許可・免許不要

ファクタリング会社には「免許」・「営業許可」というものが存在しないため、悪質なファクタリング会社が紛れ込みやすいのが実情です。

 

通常、融資をする銀行や、貸金業者であれば、銀行免許や、貸金業免許があり、一定の規制があるだけでなく、「監督官庁」が営業状況や取引内容に問題がないかを確認しています。そのため、「正規の免許」、「貸金業登録」がある会社を利用すれば、最低限度の対応や、違法な行為がないということの安心につながります。

 

また、貸金業者のなかにも、「闇金業者」などの違法な取引を行うものは存在していますが、こういった違法な業者に騙されないためにも「免許」「許可」が判断基準になります。

 

しかし、ファクタリング会社に関しては、規制する免許や、資格というものが存在しません。これは、ファクタリング取引は、取引先の支払い期日前に、売掛金を売却することによる資金調達であり、通常の資産売却と区別しにくいことも要因となります。

 

ファクタリング会社に対する規制、免許がないということは、貸金業者で考えれば、正規の業者(適正な事業や取引を行ってくれる会社)と違法な業者が混在してしまっているということを示します。会社名などの外見だけでは、こういった適正な優良ファクタリング会社と悪質ファクタリング会社の違いを見分けることは簡単ではありません。

 

悪質ファクタリング会社による被害

ファクタリング業界は明確な免許・営業許可がない業界ですので、優良なファクタリング会社が存在する一方、悪質なファクタリング会社も容易に参入できてしまいます。ファクタリング業界を取り締まる監督官庁もまだありません。

 

そんな悪質ファクタリング会社に騙されるとファクタリング利用者は大損する可能性があります。悪質なファクタリング会社は、業界の相場や、適正な手数料水準を上回る費用・手数料を要求してくることもあります。また、本来ファクタリング利用者に請求することが妥当でない費用を請求することもあります。

 

さらに悪質なファクタリング業者になると、詐欺まがいの手口により、お金をだまし取ろうとする業者も存在します。そのため、ファクタリングを利用する経営者は、悪質なファクタリング会社に騙されたり、引っかからないように、優良ファクタリング会社を探しだし、選ぶ必要があります。

 

悪質ファクタリング会社は見抜くことができる

悪質ファクタリング会社に騙されてしまっては高すぎる手数料や、不利な契約内容を押し付けられてしまって損をする可能性が高いでしょう。しかし、ポイントを知っておけば悪質ファクタリング会社を見抜くことは十分に可能です。

 

悪質ファクタリング会社が利用する手口には特徴があります。以下の関連記事にて悪質ファクタリング会社の特徴を整理してご紹介していますので、是非、こちらも参考にしてください。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>悪質ファクタリング会社に騙されないための確認点

 

 

事前準備が重要/前もって対応

ファクタリングを利用する中小企業や、個人事業主には、「時間が無い」ことが多いので注意が必要です。

 

相談した相手が、悪質ファクタリング会社であっても、資金調達を要する期日までの時間がなく、断れなくなってしまうことがあります。また、悪質ファクタリング会社でも、期日までに時間がないことを利用して、騙そうとすることがあります。

 

こういった悪質ファクタリング会社に騙されないためには、前もって「利用できるファクタリング会社」のあてを付けておくことが大切です。資金的に余裕があるうちに、少額のファクタリングを利用しておくというのも有効です。

 

準備を整えて悪質ファクタリング会社に騙されないようにする

 

ファクタリング会社の選び方

それでは今回のメインテーマである悪質ファクタリング会社に騙されず、優良なファクタリング会社を探すためのファクタリング会社の選び方を説明していきましょう。

 

但し、資金調達を急いでいる経営者にとって、会社選びが重要とは言っても、無駄な時間を使っているだけの余裕はありません。そのため、最短、最速で、使える・優良なファクタリング会社に到達する必要があります

 

上記から、今回は、失敗せずにファクタリング会社を選ぶ方、ファクタリング会社を探す方法を解説しています。こちらでご紹介するポイント・注意点を意識したうえで、ファクタリング会社を選別すれば、優良なファクタリングは見つけられるはずです。

 

ファクタリング内容・契約に注意

「ファクタリング」を取り扱っている会社は非常にたくさんあるのですが、「ファクタリング」という言葉を、本来の意味を超えて、広く使いすぎているファクタリング会社もいます。

 

本来、「ファクタリング」とは、「売掛債権の回収期日前の資金化(売却)」を意味するのですが、もっと範囲を広げて、前述のような資金調達方法とは別の手段に対して「ファクタリング」と紹介している会社もいます。

「ファクタリング」という言葉につられて申込してみると、期待していたのと全く違う資金調達を案内されてしまい、困ってしまった経験のある経営者も存在するでしょう。

 

例えば、以下のような例があげられます。

売掛債権担保融資” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

売掛金の期日回収を保証” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

 

以上のようなものまで「ファクタリング」として紹介している会社がいます。

つまり、「売掛金の売却」だけでなく、売掛金を活用した資金調達方法全てを、「ファクタリング」と表現しているわけです。しかし、ファクタリングとしての資金調達メリットが大きいのは、あくまでも「売掛金を売却する」方法のファクタリングです。

 

ファクタリング会社を選ぶにあたっては、各社のサービス内容を確認して、ファクタリングによる資金調達方法を確認する必要があります。ファクタリング会社の取り扱い内容を確認するのが、ファクタリング会社選びの第1段階となります。

 

対応スピードを確認

ファクタリングによる資金調達を考えている中小企業経営者や、個人事業主の多くは資金調達を急いでいます。急な事業性資金の調達に対応できるのが、ファクタリングの大きなメリットです。

 

但し、相談してから、実際に資金調達ができるまでにかかる時間は、ファクタリング会社によって大きく異なります。そのため、ファクタリング会社選びでは、対応可能速度を確認しておく必要があります。

 

対応の早いファクタリング会社であれば、即日~数日(翌々日程度)での資金調達も可能です。ご自身の資金調達が必要な期間をもとに、間に合う速度で対応してくれるファクタリング会社を選ぶ必要があります。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>スピード審査、即日調達可能なファクタリング会社

 

 

取引先の同意要否(2社間と3社間の違い)

ファクタリングによって売掛債権を売却する場合、売掛債権の支払を行う取引先に対して、事前に同意を得るか、売却自体を伏せて同意を得ずに行うかの2種類の方法から選ぶことになります。

 

同意を得ることに問題がなければ、取引先に説明したうえで、承諾を得てファクタリングを利用する方法を選ぶのが良いでしょう。しかし、取引先に対して、売掛金の売却を説明すると、「信用不安」が発生する可能性がありますので、同意・説明を行うかどうかは慎重に選ぶ必要があります。

 

資金繰りに窮している会社と見なされると、取引に悪影響が出ることも懸念されるため、取引先に同意を得ずにファクタリグを行うことも多々あります。この取引先に対して同意を得る方法を「3社間ファクタリング」、同意を得ずに伏せた状態で行う方法を「2社間ファクタリング」と呼びます。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

 

ファクタリング会社選びにおいては、「2社間ファクタリング」に対応してくれる会社かどうかがポイントとなります。ファクタリング会社にとって、もっとも心配するのは、買い取った売掛金の期日回収を、問題無く出来るかということです。

 

そして、ファクタリング会社にとってリスクが高いのは、「2社間ファクタリング」であるため、「2社間ファクタリング」は行っていないというファクタリング会社も多数存在します。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、「2社間ファクタリング」(取引先の事前同意不要)が出来る会社かどうかを確認することが大切です。

 

買取対象の売掛金に注意

悪質ファクタリング会社を見抜くという点とは異なりますが、ファクタリング会社選びでは「買取対象となる売掛金の種類」にも注意しましょう。ファクタリング会社のなかには、買取できる売掛金を限定していることもあります。

 

例えば、診療報酬債権、介護報酬債権に限定して買い取るといったファクタリング会社も存在します。これらの診療報酬、介護報酬というのは、病院やクリニック、診療所、介護施設などの施設が保有するもので、一般的な事業者がもつ売掛金とは異なります。

 

ご自身がもつ売掛金を買い取ってくれるファクタリング会社であるかを確認しましょう。

 

買取可能額の規模を確認(小口・大口)

ファクタリング会社選びでは、買い取ってくれる売掛金の規模にも注意が必要です。ファクタリング会社にも小口ファクタリングを得意とする会社から、大口・大規模の売掛金を好むファクタリング会社など様々です。

 

良い条件を受けて、安心してファクタリングを利用するためにはご自身の希望する規模にあったファクタリング会社を選ぶのが良いでしょう。

 

ファクタリング会社の選び方

 

債権譲渡登記の要否

「債権譲渡登記」を必要とするファクタリング会社かどうかを確認することも、ファクタリング会社を選ぶ重要なポイントとなります。但し、一般的には、債権譲渡登記が必要なファクタリング会社が多くなりますので、少しでも費用を抑えたい時に、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を探すのが現実的な対応となります。

 

不動産担保で融資を受ける場合や、住宅ローンで借入する場合には、不動産に対して抵当権の登記を行いますよね。これと同様に、ファクタリングを行う場合にも、債権譲渡登記を行うことがあります。ファクタリング会社にとって、売掛金からの回収リスクを抑えるための手続きとなります。

 

債権譲渡登記を行うことによって、「取引先に債権譲渡がばれる」危険性は低いのですが、登記費用が掛かってしまうのがデメリットとなります。費用は、ファクタリング利用者が負担することになりますので、余計な費用がかからないに越したことがありません。ファクタリング会社選びでは、「債権譲渡登記の要否」も確認するようにしましょう。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>債権譲渡登記が不要なファクタリング会社

 

 

ファクタリング条件・手数料水準を確認

もちろんファクタリング会社選びでは、諸条件を確認する必要があります。銀行や、日本政策金融公庫からの融資であっても、金利や、諸費用などの条件を確認しますよね。同様に、ファクタリングにおいても、ファクタリング手数料(金利に相当)や、諸費用などの条件を確認する必要があります。

 

ファクタリングを利用するにあたって注目したい手数料、費用には以下のようなものがあります。

 

<ファクタリングの手数料/費用種類>

項目相場
ファクタリング手数料2社間ファクタリング 2.0%~5.0%
3社間ファクタリング 5.0%~15.0%
審査料/事務手数料取引先1社毎に5千円程度/必要ないファクタリング会社もある
登記費用10万円程度/必要ない会社もある
交通費出張査定などの交通費/実費精算

 

もちろん、ファクタリングに関する手数料や、諸費用は少ない方が良いでしょう。少しでも手数料や、費用を抑え、資金調達時の手取額を増やした方が良いに決まっています。ファクタリング会社を選ぶ際には、手数料や、諸費用などの条件を良く確認する必要があります。

 

ファクタリング手数料を低く抑える方法やコツ、ファクタリング手数料の低い会社は、以下の関連記事でご紹介していますのでご確認下さい。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>ファクタリング手数料で選ぶお得会社の一覧

 

 

情報開示/透明性は十分か?

ファクタリング会社の多くは、銀行のような大企業ではありません。そのため、ファクタリング会社自体の情報を集めようとしても、一般に公開されている情報は多くありません。

しかし、ファクタリング利用者にとって、悪質ファクタリング会社に騙されないためには、取引相手となるファクタリング会社を選ぶための情報が必要です。それにも関わらず、情報開示が不十分なファクタリング会社には注意が必要です。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、以下のような点に注意する必要があります。

<情報開示>

・ファクタリング会社のホームページの有無

・ホームページ内での公開内容(会社情報/手数料相場/サービス内容など)

 

さらに、ファクタリング会社に相談すると、ファクタリングの条件を提示されることになります。ファクタリング条件からも、ファクタリング会社を選ぶポイントがあります。

<提案内容の確認>

・書面でファクタリング条件を提示しているか

・ファクタリング条件が明確に記載されているか

・諸費用に関する説明が曖昧でないか(後から別途請求などになっていないか)

・ファクタリング実施前に費用請求されないか

・ファクタリング契約書の事前確認が可能か

 

悪質ファクタリング会社の場合、ファクタリング条件や、諸費用について「曖昧」な状態のままにしたり、説明を十分に行わないことが多くあります。また、書面で条件を提示しないこともあります。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、以上のような点に注意しておくようにしましょう。

 

利用者の評判・口コミに注意

ファクタリング会社選びにあたっては実際に利用した方の口コミ・評判にも注意する必要があります。

 

ファクタリング会社に対する評判や、実際に利用した方の感想・口コミといった情報はホームページなどを検索することで見つけられるケースもあります。WEB上で見つけられる口コミ・評判が必ずしも正しいわけではありません。そのため、そういった口コミ・評判を鵜呑みすることは危険です。

 

しかし、完全に鵜呑みには出来ないとしても、WEB上の感想にも参考にできる部分はたくさんあります。特に、悪質なファクタリング会社に関する情報や、詐欺まがいの手口でファクタリング利用者を騙す業者に関する情報は重要です。

 

「100%信用できる情報ではない」可能性があるが、参考にはなる情報として口コミ・評判については是非確認するようにしましょう。

 

事務所のない会社に注意

ファクタリング会社に限定せず、悪質な貸金業者にも多い注意です。ファクタリング会社選びでは、「事務所」の無い会社は利用してはいけません。ホームページ上で、事務所所在地を記載していても、実際に訪問すると営業実態が無いという場合もありますので、注意が必要です。

 

事務所が無いファクタリング会社、貸金業者というのは、悪質な営業を行った後、事務所や、屋号を転々と変えたり、そもそも「詐欺」で、営業していないということもあります。事務所のないファクタリング会社は選ばないようにしましょう。

 

 

優良ファクタリング会社の例

こちらでご紹介したファクタリング会社選びのポイント、探し方に適応する優良ファクタリング会社の一部をご紹介します。今回は特に安全・安心・好条件で利用できる「知名度の高い」ファクタリング会社3社をご紹介いたします。

 

ビートレーディング

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

知名度・契約件数(実績)ともに業界トップクラス!”]

申込から2~3日でのスピード対応も可能”]

債権譲渡登記、連帯保証人、担保、全て不要”]

法人・個人事業主のどちらも相談・申込が可能”]

 

特に、ビートレーディングのファクタリング実績は業界トップクラスです。

ビートレーディングのファクタリング実績

 

知名度、実績で選ぶならビートレーディングが最適です。

 

■ビートレーディングデータ

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(即日可)全国低い3億円

 

▼ 無料・5秒スピード査定はこちら ▼

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」を選択。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信して下さい。その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

 

三共サービス

手数料の低さで選ぶなら三共サービス

 

当サイトで選ばれるファクタリング会社実績NO1”]

業界トップレベルの手数料率の低さ”]

三共サービスのご利用は「法人企業」”]

手数料の低さ、スピード査定、全国対応”]

最大1億円までの買い取りが可能応”]

 

三共サービスが選ばれる理由

 

■三共サービスデータ

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(2営業日)全国最安1億円

 

▼ 三共サービスの無料査定はこちら ▼

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

*三共サービスは法人企業向けのサービスとなります

 

移動後したページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

相談内容に応じた担当者から連絡がきます。お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

 

GMO PAYMENT GATEWAY

GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMO PAYMENT GATEWAY (GMOペイメントゲートウェイ、GMOペイメントなどとも呼ばれます)は、ファクタリング会社のなかでは珍しく、東証一部に上場する大手企業が扱うファクタリングサービスです。そして、この上場会社が行うファクタリングという点が安心につながります。

 

一部上場企業のファクタリング会社

GMOグループのファクタリング会社

GMO BtoB 早払い (サービス名)

1.0%~の業界トップクラスの低水準(手数料)

2社間ファクタリング・2営業日での現金化

 

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

■GMO PAYMENT GATEWAYのファクタリングサービス

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(2営業日)全国最安1億円

 

▼GMOペイメントのファクタリングサービスの流れ

GMO ペイメントのご入金の流れ

 

WEBからの申込可能

最短2営業日での現金化可能

 

▼買取査定、ご相談はこちら

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

 

MSFJ

手数料が業界最安水準のMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

 

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

OLTA(オルタのファクタリング)

ファクタリングのOLTA

OLTA(オルタ)は新興のファクタリング会社ですが、大手金融機関などとの提携を進め、急激に拡大しているファクタリング会社です。大手金融機関は取引先選びも厳格で厳しいものです。そのなかで金融機関が認めて、提携しているというのはOLTAの安全性、優良性の証となります。

 

大手金融機関との提携多数

オンラインで手続き完結(対面相談・来店不要)

手数料率は業界トップクラスの低水準(2.0~9.0%)

24時間で現金化可能

法人・個人企業のどちらも利用可能(小口ファクタリングも可能)

2社間ファクタリングに対応(取引先への通知不要、債権譲渡登記不要)

 

▼OLTAのオンライン相談、買取査定はこちら

 

 

OLTAはファクタリング手数料が最大でも9.0%(2社間ファクタリング利用時、各種手数料・諸費用も含む)です。一般的な2社間ファクタリングの手数料は5.0%~15.0%程度が相場だと言われていますので、OLTAのこのファクタリング手数料は相当に低く、間違いなく業界トップクラスの手数料だと言えます。

 

また、OLTAでは継続利用による割引制度も採用されています。

そもそもの基準手数料率も業界トップクラスですが、加えて、継続的にOLTAを利用することで、さらにファクタリング手数料は割引になっていきます。

 

OLTAの手数料優遇システム

 

安心して利用できるファクタリング会社、優良ファクタリング会社で簡単に取引できるという点で、OLTAはかなりおすすめの優良ファクタリング会社と言えます。

 

▼OLTAのオンライン相談、買取査定はこちら

 

 

 

もっと他のファクタリング会社も確認して選ぶのが良い方は、以下の関連記事もご確認ください。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>当サイト厳選!おすすめファクタリング会社の比較

>>口コミ・評判から選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

>>大手ファクタリング会社の一覧

 

 

ファクタリングの簡易審査

それでも「自社、もしくは自分は本当にファクタリングを利用できる?」と心配な経営者は多いでしょう。そういった方には、「ファクタリングの簡易・無料診断」がおすすめです。

 

簡易審査・簡易診断を活用すればファクタリングの利用可否を数分で確認することができます。

ファクタリングの簡易・無料診断とは、ファクタリング審査のポイントから、実際に資金調達できる可能性があるかを、簡易で診断してもらうことができるサービスです。調達できる可能性を確認したうえで、ファクタリング会社選びを始めるのも有効な方法です。

 

ファクタリングの簡易・無料診断は「資金調達ガイド」がおすすめです。

 

■ 資金調達ガイド(サウルス)データ

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(即日可)全国非公表非公表3億円

 

<簡易無料診断はこちらから>

▼ 資金調達ガイドへのリンク

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック 資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。 希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。

メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

相見積もりは必ず実施する

ファクタリング会社の選び方では必ず相見積もりを行うようにしましょう。

相見積もりとは、複数のファクタリング会社に同時に相談し、それぞれから条件提示を受けて、比較して検討する選び方です。悪質ファクタリング会社を見抜き、優良ファクタリング会社を選ぶうえでは、この相見積もりという比較方法が非常に大切です。

 

相見積もりで複数のファクタリング会社を比較することで、悪質な条件が含まれていたり、他社と異なる契約内容があると見抜きやすくもなります。

 

また、相見積もりは優良ファクタリング会社を見抜く選び方というだけでなく、ファクタリング条件を良くすることにも役立ちます。相見積もりでファクタリング会社を比較することで、少しでも良い条件のファクタリング会社が解りますし、加えて、競争意識を持つことでファクタリング会社も条件を見直してくれることもあります。

 

ファクタリング会社を選ぶ際には、かならず3~4社程度の相見積もりを取るようにしましょう。

 

ファクタリング契約書を事前に確認

また、ファクタリング会社選びでは、いくら現金化を急いでいるといってもすぐに契約するのではなく、事前に契約内容を確認するようにしましょう。

 

悪質ファクタリング会社の場合、条件提示した内容と、実際のファクタリング契約書の内容が異なっていたという事例もあります。契約を締結すると、後から聞いていた条件と異なると文句を言っても取り返えしがつきません。

 

ファクタリング契約前に契約書をしっかりと確認しましょう。

 

地域を限定してファクタリング会社を探すのも良い

悪質ファクタリング会社に騙されず、優良ファクタリング会社を探すための選び方としては地域を特定して探すのも有効です。

 

悪質ファクタリング会社を見抜くうえでは事務所チェックも有効です。住所として記載されている場所に実際に行ってみて、営業状況を確認してみると、実は雑居ビルの1室で看板もなかったという事例もあります。こういったファクタリング会社は利用しないのが無難です。

 

そのため、出来るだけ近隣のファクタリング会社を利用するというのも有効です。

ファクタリング会社選びでは以下の地域別ファクタリング会社も参考にしてみてください。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

>>関東・東京圏でおすすめのファクタリング会社

>>近畿・中部地方でおすすめのファクタリグ会社

>>九州でおすすめのファクタリング会社

 

 

まとめ

今回は、「失敗しない」・「資金調達に成功する」ためのファクタリング会社の選び方や探し方についてご紹介しました。

 

ファクタリング業界はまだまだ成長中の業界ではありますが、銀行融資だけに依存しないための有力な資金調達方法となっています。そんなファクタリングを有効に活用するためには、ファクタリング会社選びが非常に重要です。

 

悪質ファクタリング会社に騙されていては高すぎる手数料を請求されるなど問題がたくさんあります。ファクタリングを利用するにあたっては安心・安全に利用できるファクタリング会社を探す必要があります。これからファクタリング会社を探す方は、失敗しないためのファクタリング会社選びを心がけて頂ければ幸いです。

 

 

▼事業資金のご案内 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG