優良ファクタリング会社の探し方・選び方 / 成功するファクタリングの極意

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングで資金調達するには、「ファクタリング会社」選びが何より重要と言って良いでしょう。ファクタリング会社には、安全・優良な会社から、悪質なファクタリング会社まで、「ピンからキリ」の多くの会社が混在しています。

 

悪質ファクタリング会社に相談してしまうと、本来不要な費用を請求されたり、高すぎる手数料を要求されるなど、大損、失敗を犯す危険性があります。

失敗しないためのファクタリング会社の選び方・探し方をご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?


ファクタリングとは、売掛金・売掛債権を譲渡することによる資金調達方法です。ファクタリングを活用すると、取引先の支払期日前の売掛金を資金化することができます。

 

ファクタリングは、借入・借金ではありませんので、「銀行融資」とは全く異なる基準で、資金調達を行うことができます。つまり、借入ではないため、赤字や、債務超過、税金滞納、リスケ中といった状況であっても、資金調達できる可能性があります。

 

さらに、ファクタリングは、借金ではありませんので、原則、担保・連帯保証人が不要で資金調達できるメリットがあります。

これまで資金調達と言えば、銀行融資に依存していた中小企業経営者、個人事業主にとって、ファクタリングはあらたな資金調達手段となる可能性があります。

 

<ファクタリングとは?さらに詳細に説明>

【保存版】注目度の高まるファクタリングとはなに?経営者が知るべき情報を網羅して解説します!

 

 

ファクタリングが利用できる方


ファクタリングによる資金調達を行うには、最低限、必要な資金調達額以上の「売掛金」を保有していることが必要です。

売掛金を資金化することによる資金調達方法ですので、売掛金がなければ利用できません。

 

また、売掛金を保有していても、個人向けの売掛金や、支払いが遅延している売掛金(滞留債権など)は、ファクタリングの対象となりません。

 

売掛金を保有していない、もしくは対象となる売掛金が無い方は、ファクタリングを利用できませんので、こういった経営者、個人事業主には「ビジネスローン」がおすすめです。

ビジネスローンは借入ですが、銀行融資よりも「審査に通りやすく」、「即日の資金調達も可能」というメリットがあります。

 

ファクタリングの対象とならない方は、是非、以下の関連記事をご参照ください。

<ビジネスローンのご案内>

ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておくべきメリット・デメリット

 

▼ビジネスローンのビジネクスト

 

 

ファクタリングの簡易審査


それでも「自社、もしくは自分は本当にファクタリングを利用できる?」と心配な経営者は多いでしょう。そういった方には、「ファクタリングの簡易・無料診断」がおすすめです。

 

ファクタリングの利用可否を数分で確認することができます。

ファクタリングの簡易・無料診断とは、ファクタリング審査のポイントから、実際に資金調達できる可能性があるかを、簡易で診断してもらうことができるサービスです。

調達できる可能性を確認したうえで、ファクタリング会社選びを始めるのも有効な方法です。

 

ファクタリングの簡易・無料診断は「資金調達ガイド」がおすすめです。

 

資金調達ガイド(サウルス)データ

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(即日可) 全国 非公表 非公表 3億円

 

<簡易無料診断はこちらから>

資金調達ガイドへのリンク

資金調達ガイド

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック
資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。
希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。
メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

 

ファクタリングは許可・免許不要


ファクタリング会社のなかには、残念ながら悪質ファクタリング会社が多くいます。ファクタリング会社には、「免許」・「営業許可」といものがありません。

 

通常、融資をする銀行や、貸金業者であれば、銀行免許や、貸金業免許があり、一定の規制があるだけでなく、「監督官庁」が営業状況や、取引内容に問題がないかを確認しています。

しかし、ファクタリング会社に関しては、規制する免許や、資格というものが存在しません。これは、ファクタリング取引は、取引先の支払い期日前に、売掛金を売却することによる資金調達であり、通常の資産売却と区別しにくいことも要因となります。

 

ファクタリング業界は、明確な免許、営業許可がない業界ですので、優良なファクタリング会社が存在する一方、悪質なファクタリング会社も容易に参入できてしまいます。ファクタリング業界を取り締まる監督官庁も無いので、悪質なファクタリング会社は、相場や、適正な手数料水準を大幅に上回る費用・手数料を要求してくることもあります。

それだけでなく、詐欺手法により、お金をだまし取ろうとする業者も存在します。

 

そのため、ファクタリングを利用する経営者は、悪質なファクタリング会社に騙されたり、引っかからないように、優良ファクタリング会社を探しだし、選ぶ必要があります。

 

 

事前準備が重要/前もって対応


ファクタリングを利用する中小企業や、個人事業主には、「時間が無い」ことが多いので注意が必要です。相談した相手が、悪質ファクタリング会社であっても、資金調達を要する期日までの時間がなく、断れなくなってしまうことがあります。

また、悪質ファクタリング会社でも、期日までに時間がないことを利用して、騙そうとすることがあります。

 

こういった悪質ファクタリング会社に騙されないためには、前もって「利用できるファクタリング会社」のあてを付けておくことが大切です。資金的に余裕があるうちに、少額のファクタリングを利用しておくというのも有効です。

 

 

ファクタリング会社の選び方


資金調達を急いでいる経営者にとって、無駄な時間を使っている余裕はありません。

最短、最速で、使える・優良なファクタリング会社に到達する必要があります。

 

そのために、失敗せずにファクタリング会社を選ぶ方、ファクタリング会社を探す方法を解説しています。こちらでご紹介するポイント・注意点を意識したうえで、ファクタリング会社を選別すれば、優良なファクタリングは見つけられるはずです。

 

 

ファクタリング内容に注意


「ファクタリング」を取り扱っている会社は非常にたくさんあるのですが、「ファクタリング」という言葉を広く使いすぎているファクタリング会社もいます。

 

本来、「ファクタリング」とは、「売掛債権の回収期日前の資金化(売却)」を意味するのですが、もっと範囲を広げて、「ファクタリング」と紹介している会社もいます。「ファクタリング」という言葉につられて申込してみると、期待していたのと全く違う資金調達を案内されてしまうことがあります。

 

例えば、

・売掛債権担保融資

・売掛金の期日回収を保証

 

といったものまで「ファクタリング」として紹介している会社がいます。

 

つまり、「売掛金の売却」だけでなく、売掛金を活用した資金調達方法全てを、「ファクタリング」と表現しているわけです。しかし、ファクタリングとしての資金調達メリットが大きいのは、あくまでも「売掛金を売却する」方法のファクタリングです。

 

ファクタリング会社を選ぶにあたっては、各社のサービス内容を確認して、ファクタリングによる資金調達方法を確認する必要があります。ファクタリング会社の取り扱い内容を確認するのが、ファクタリング会社選びの第1段階となります。

 

 

対応スピードを確認


ファクタリングによる資金調達を考えている中小企業経営者や、個人事業主の多くは、資金調達を急いでいます。

急な事業性資金の調達に対応できるのが、ファクタリングの大きなメリットです。

 

但し、相談してから、実際に資金調達ができるまでにかかる時間は、ファクタリング会社によって大きく異なります。そのため、ファクタリング会社選びでは、対応可能速度を確認しておく必要があります。

 

対応の早いファクタリング会社であれば、即日~数日(翌々日程度)での資金調達も可能です。ご自身の資金調達が必要な期間をもとに、間に合う速度で対応してくれるファクタリング会社を選ぶ必要があります。

 

<即日資金調達可能なファクタリング会社>

即日資金調達できるファクタリング会社はこちら!!

 

 

取引先の同意要否


ファクタリングによって売掛債権を売却する場合、売掛債権の支払を行う取引先に対して、事前に同意を得るか、売却自体を伏せて同意を得ずに行うかの2種類の方法から選ぶことになります。

 

同意を得ることに問題がなければ、取引先に説明したうえで、承諾を得てファクタリングを利用する方法を選ぶのが良いでしょう。しかし、取引先に対して、売掛金の売却を説明すると、「信用不安」が発生する可能性がありますので、同意・説明を行うかどうかは慎重に選ぶ必要があります。

 

資金繰りに窮している会社と見なされると、取引に悪影響が出ることも懸念されるため、取引先に同意を得ずにファクタリグを行うことも多々あります。この取引先に対して同意を得る方法を「3社間ファクタリング」、同意を得ずに伏せた状態で行う方法を「2社間ファクタリング」と呼びます。

 

<2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い>

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは何が違うの?図解で仕組みを解りやすく説明

 

 

ファクタリング会社選びにおいては、「2社間ファクタリング」に対応してくれる会社かどうかがポイントとなります。ファクタリング会社にとって、もっとも心配するのは、買い取った売掛金の期日回収を、問題無く出来るかということです。

そして、ファクタリング会社にとってリスクが高いのは、「2社間ファクタリング」であるため、「2社間ファクタリング」は行っていないというファクタリング会社も多数存在します。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、「2社間ファクタリング」(取引先の事前同意不要)が出来る会社かどうかを確認することが大切です。

 

 

債権譲渡登記の要否


「債権譲渡登記」を必要とするファクタリング会社かどうかを確認することも、ファクタリング会社を選ぶ重要なポイントとなります。但し、一般的には、債権譲渡登記が必要なファクタリング会社が多くなりますので、少しでも費用を抑えたい時に、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社を探すのが現実的な対応となります。

 

不動産担保で融資を受ける場合や、住宅ローンで借入する場合には、不動産に対して抵当権の登記を行いますよね。これと同様に、ファクタリングを行う場合にも、債権譲渡登記を行うことがあります。ファクタリング会社にとって、売掛金からの回収リスクを抑えるための手続きとなります。

 

債権譲渡登記を行うことによって、「取引先に債権譲渡がばれる」危険性は低いのですが、登記費用が掛かってしまうのがデメリットとなります。費用は、ファクタリング利用者が負担することになりますので、余計な費用がかからないに越したことがありません。

ファクタリング会社選びでは、「債権譲渡登記の要否」も確認するようにしましょう。

 

<債権譲渡登記が不要なファクタリング会社>

ファクタリングの債権譲渡登記とは?債権譲渡登記なしでファクタリング可能な会社は?

 

 

ファクタリング条件を確認


もちろんファクタリング会社選びでは、諸条件を確認する必要があります。

銀行や、日本政策金融公庫からの融資であっても、金利や、諸費用などの条件を確認しますよね。同様に、ファクタリングにおいても、ファクタリング手数料(金利に相当)や、諸費用などの条件を確認する必要があります。

 

ファクタリングを利用するにあたって注目したい手数料、費用には以下のようなものがあります。

 

<ファクタリングの手数料/費用種類>

項目 相場
ファクタリング手数料 2社間ファクタリング 2.0%~5.0%
3社間ファクタリング 5.0%~15.0%
審査料/事務手数料 取引先1社毎に5千円程度/必要ないファクタリング会社もある
登記費用 10万円程度/必要ない会社もある
交通費 出張査定などの交通費/実費精算

 

 

もちろん、ファクタリングに関する手数料や、諸費用は少ない方が良いでしょう。少しでも手数料や、費用を抑え、資金調達時の手取額を増やした方が良いに決まっています。ファクタリング会社を選ぶ際には、手数料や、諸費用などの条件を良く確認する必要があります。

 

ファクタリング手数料を低く抑える方法やコツ、ファクタリング手数料の低い会社は、以下の関連記事でご紹介していますのでご確認下さい。

 

<関連記事:ファクタリング手数料のポイント>

ファクタリング手数料の安いお得な業者を特集!!おすすめのファクタリング業者はどこ?

 

 

情報開示/透明性は十分か?


ファクタリング会社の多くは、銀行のような大企業ではありません。そのため、ファクタリング会社自体の情報を集めようとしても、一般に公開されている情報は多くありません。

 

しかし、ファクタリング利用者にとって、悪質ファクタリング会社に騙されないためには、取引相手となるファクタリング会社を選ぶための情報が必要です。それにも関わらず、情報開示が不十分なファクタリング会社には注意が必要です。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、以下のような点に注意する必要があります。

 

<情報開示/第3者からの情報>

・ファクタリング会社のホームページの有無

・ホームページ内での公開内容(会社情報/手数料相場/サービス内容など)

・口コミ/評判に関する情報

 

 

さらに、ファクタリング会社に相談すると、ファクタリングの条件を提示されることになります。ファクタリング条件からも、ファクタリング会社を選ぶポイントがあります。

 

<提案内容の確認>

・書面でファクタリング条件を提示しているか

・ファクタリング条件が明確に記載されているか

・諸費用に関する説明が曖昧でないか(後から別途請求などになっていないか)

・ファクタリング実施前に費用請求されないか

・ファクタリング契約書の事前確認が可能か

 

悪質ファクタリング会社の場合、ファクタリング条件や、諸費用について「曖昧」な状態のままにしたり、説明を十分に行わないことが多くあります。また、書面で条件を提示しないこともあります。

 

ファクタリング会社選びにあたっては、以上のような点に注意しておくようにしましょう。

 

 

事務所のない会社に注意


ファクタリング会社に限定せず、悪質な貸金業者にも多い注意です。

ファクタリング会社選びでは、「事務所」の無い会社は利用してはいけません。ホームページ上で、事務所所在地を記載していても、実際に訪問すると営業実態が無いという場合もありますので、注意が必要です。

 

事務所が無いファクタリング会社、貸金業者というのは、悪質な営業を行った後、事務所や、屋号を転々と変えたり、そもそも「詐欺」で、営業していないということもあります。

事務所のないファクタリング会社は選ばないようにしましょう。

 

 

優良ファクタリング会社の例


こちらでご紹介したファクタリング会社選びのポイント、探し方に適応する優良ファクタリング会社の一部をご紹介します。今回は特に安全・安心・好条件で利用できる「知名度の高い」ファクタリング会社3社をご紹介いたします。

 

ビートレーディング

 

知名度・契約件数(実績)ともに業界トップクラス!!

申込から2~3日でのスピード対応も可能

債権譲渡登記、連帯保証人、担保、全て不要です!!

ビートレーディングは法人・個人事業主のどちらも相談・申込が可能です。

 

■ビートレーディングデータ

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 3億円

 

▼ 無料・5秒スピード査定はこちら ▼
▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」を選択。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信して下さい。その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

 

 

 


三共サービス

 

 

当サイトでの人気急上昇中!!

業界トップレベルの手数料率の低さが特徴です!

三共サービスのご利用は「法人企業」のみとなります。

手数料の低さ、スピード査定、全国対応の三共サービス!!

最大1億円までの買い取りが可能

 

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(2営業日) 全国 最安 1億

 

 

▼ 三共サービスの無料査定はこちら ▼

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!


*三共サービスは法人企業向けのサービスとなります

 

移動後したページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

相談内容に応じた担当者から連絡がきます。お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

 

 


JTCのファクタリング

 

 

JTCのファクタリングは、年商7千万円以上の企業向け、規模の大きいファクタリングを、低い手数料率で対応できるのが特徴です。

 

  • リピート率98.3%(2016年の年間実績)
  • 買取率業界トップクラス
  • 北海道から沖縄まで全国対応
  • 最大1億円までの買い取りが可能

 

顧客満足度、買い取り実績で選ぶならJTCがお勧めです!!

 

JTCの基礎データ

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間ファクタリング 最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 1億円

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

▼JTCのファクタリング
急な資金、まとまった資金の調達はJTCのファクタリング

 

*JTCは年商7,000万円以上の法人が対象です。 

 

公式ホームページに移動すると、画面下の「メールでのお問い合わせ」をクリックしてください。

その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

 

もっと他のファクタリング会社も確認して選ぶのが良い方は、以下の関連記事もご確認ください。

 

<おすすめファクタリング会社の比較>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

 

<口コミ・評判から選ぶ・探す>

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高い会社4選をご紹介

 

 

<大手ファクタリング会社から探す・選ぶ>

「大手ファクタリング会社」の一覧を公開!どこが良いかをお探しならどうぞ!

 

<地域別に探す・選ぶ>

 

 

まとめ


今回は、「失敗しない」・「資金調達に成功する」ためのファクタリング会社の選び方や、探し方についてご紹介しました。

 

ファクタリング業界は、まだまだ成長中の業界ではありますが、銀行融資だけに依存しないための有力な資金調達方法となっています。そんなファクタリングを有効に活用するためには、ファクタリング会社選びが非常に重要です。

 

これからファクタリング会社を探す方は、失敗しないためのファクタリング会社選びを心がけて頂ければ幸いです。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。