ファクタリング手数料の安いお得な業者を特集!!おすすめのファクタリング業者はどこ?

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

近年、注目を浴び、利用が急増している資金調達に「ファクタリング」があります。

ファクタリングを取り扱う業者には、知名度が高くないところが多く、歴史も浅いことから手数料の相場も解りにくいのが正直なところです。

 

中には、手数料が高すぎる、「悪質な」ファクタリング業者も存在しています。

悪質なファクタリング業者に騙されず、注目のファクタリングを有効活用するために、手数料の低い業者をご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?


今回はファクタリングの手数料に着目して、手数料の安いファクタリング業者をご紹介します。

そもそも「ファクタリング取引とは?」と言う方には、まず、以下の関連サイトから一読頂くことをおすすめいたします。

 

<関連記事>

 

 

業者選びの注意


ファクタリングは、まだまだ歴史の浅い資金調達のため、「知名度の高い」ファクタリング業者は多くありません。

そのため、良く知らずにファクタリング業者を選んでしまうと、手数料が「安い」どころか、不当に高い、悪質な業者に引っかかってしまうことも少なくありません。

ファクタリング業者を選ぶ際には、優良な業者を対象にして探すことが非常に重要です。

 

 

相見積もりは必須


また、安いファクタリング手数料を実現するためには、「相見積もり」の取得は必須です。

相見積もりとは、特定のファクタリング業者1社にのみ相談するのではなく、複数のファクタリング業者に査定を依頼し、それぞれからファクタリング手数料の見積もりを取得することが重要です。

 

そして、取得したファクタリング手数料の見積もりと、詳細な条件を確認したうえで、最も安いファクタリング業者を利用することが重要です。

 

 

手数料を決める要素


同時に、ファクタリング手数料を決定する要素を理解しておいた方が良いでしょう。

ファクタリング手数料の「高い」、「安い」を左右する、主な要素には、以下の3つがあります。

 

①売掛債権の資金化までの期間

②売掛先の信用力

③債権売却を売掛先に通知するか否か

 

このファクタリング手数料を左右する要素について、順を追って、ご説明しましょう。

 

 

売掛債権の期間


ファクタリングは、借入ではなくて、売掛債権の売却です。

しかし、ファクタリングの手数料に影響する項目として、借入金の利息に近い要素があります。

 

それは、売掛債権の売却時から、売掛債権の回収日までの日数に応じて、手数料が変わるということです。

借入日数に応じて、利息が変わるのと同様です。

当然、売掛期間が短い方が、ファクタリング手数料も安いものとなります。

 

 

売掛債権の信用力


ファクタリングは、銀行の手形割引と違い、売掛先が倒産して支払われなくても、買い戻す必要がありません。

つまり、ファクタリングによる債権の売却で、取引先の信用リスクを回避することができます。

 

そのリスクは、ファクタリング業者が負うことになります。

そのため、売掛先の信用力に応じて、手数料の高い、安いは上下することになります。

 

 

 

債権売却を通知するか?


ファクタリングを利用する事業主の多くは、「売掛債権を売却する」ということを、その売掛先に知られたくないと思っています。

まだまだ、ファクタリングという取引自体の知名度は低く、相手の会社次第ですが、「売掛債権を売却」(ファクタリング)して、資金調達する相手は、「資金繰りに困窮していて危険」という印象を持つ方が少なくありません。

 

そのため、売掛先にファクタリングが知られると、信用不安が起きて、取引を解消されてしまうと不安になる方もいます。また、そもそも、売掛先との契約書にて、債権売却を禁止しているという方もいます。

相手に通知することなく、ファクタリングすることを「2社間ファクタリング」といい、売掛先に通知することを、「3社間ファクタリング」と言いまます。

 

①自社、②ファクタリング業者、③売掛先のうち、何社を取引に含めるかという意味です。

ファクタリング手数料を左右する要素として、3社間(通知必要)なのか、2社間(通知不要)なのかが重要です。

2社間ファクタリングよりも、3社間ファクタリングの方が、手数料も安いものとなります。

 

なお、「2社間ファクタリング」、「3社間ファクタリング」という言葉は、ファクタリングを活用するにあたって、最低知っておきたい言葉です。

是非、この機会に覚えておいてください。

 

<関連記事>

 

 

自社の信用力は関係ない?


一方、資金調達のためにファクタリングを利用しようとしている会社の信用力はあまり関係ありません。

ファクタリングは借入ではなく、資産の売却です。

そのため、ファクタリング業者として重要なのは、購入する売掛債権の信用力です。

売り主の状況は、ファクタリング手数料を安いものにするのに、あまり関係ありません。

例え、赤字でも、債務超過でも、リスケ中でも、担保や保証人が無くても、資金調達ができるのが、ファクタリングのメリットです。

 

 

ファクタリング手数料の安い業者


では、ここから実際に、ファクタリング手数料の安い優良な業者をご紹介いたします。

それぞれの業者では、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのそれぞれが利用可能です。

 

しかし、2社間ファクタリングに比べて、3社社間ファクタリングの方が「ファクタリング手数料は安い」ということは意識しておいてください。

 

 

1位 三共サービス


 

ファクタリング手数料が、業界で最も安いと評判なのは、「三共サービス」です。

三共サービスの手数料は、

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングで、5.0%~ です。

 

三共サービスの特徴は、業界トップクラスの安い手数料、スピード査定、全国対応が可能であることです。

三共サービスでは、スピード査定が可能ですので、ご相談から1~2日程度の、短期間での資金調達も可能です。

 

なお、三共サービスのファクタリングは、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも、赤字、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

全国対応のサポート体制も、とても充実していますので、全国どこからでもご相談可能です。

 

▼ 三共サービスの無料査定はこちらから ▼



<関連記事>

 

 

2位 JTCのファクタリング


 

JTCのファクタリングも、業界トップクラスの安い手数料率で、評判のファクタリング業者です。

JTCのファクタリングの手数料率は、2.0%~ です。

 

JTCのファクタリングの特徴は、

  • リピート率 98.3%(2016年の年間実績)
  • 買取率業界トップクラス
  • 北海道から沖縄まで全国対応

 

特に、リピート率98.3%というファクタリング実績は必見です。

ただし、JTCのファクタリングにお申込みが可能な、年商7,000万円以上の、法人企業となります。

年商7,000万円未満、もしくは個人事業主は、JTCのファクタリングをご利用できませんので、注意してください。

 

顧客満足度、買い取り実績で選ぶならJTCがお勧めです!!

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

 

<関連記事>

 

 

3位 ジャパン・マネージメント


 

ジャパン・マネージメントのファクタリングの手数料率は、

3.0%~です。

前述の2社に比べるとやや劣りますが、それでもファクタリング業界の中では、かなり安い水準と言えます。

是非、相見積もり先として、対象に加えておきたいファクタリング業者です。

 

ジャパン・マネージメントのファクタリングの特徴は以下です。

1.最短即日で資金をご用意

2.全国対応(出張買取OK)

3.返済不要(ファクタリング利用企業に売掛先からの集金業務を代行して頂きます)

4.保証人・担保不要5.顧客満足度に自信あり(顧客に的確な経営アドバイス、

  アフターフォローも欠かしません。高い成約率を誇り、業界ナンバー1を目指しています)

5.個人事業主から買取もOKです

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

 

<関連記事>

 

 

4位 ビートレーディング


最後に、知名度・契約件数で選ぶ、業界トップクラスの規模を誇るファクタリング業者、ビートレーディングもご紹介しておきます。

 

 

ビートレーディングの手数料率の詳細は公表されていないので、詳細は残念ながら不明です。

しかし、ファクタリング実績や、知名度から、相見積もりには是非加えておきたい1社です。

 

なお、ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

 

1.申込から即日回答のスピード査定が可能

2.申込から2~3日でのスピード買い取り

3.個人事業主のファクタリングも対応

4.全国からのファクタリングに対応

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

 

<関連記事>

 

 

まとめ


優良で、手数料の安い、優良なファクタリング業者を探すのは簡単ではありません。

 

ファクタリング手数料を低く抑え、安い手数を実現するために重要なのは、①ファクタリング業者を選定すること、②相見積もりを取得することです。

 

こちらでご紹介した優良なファクタリング業者を活用して、是非、手数料を安いものとして、資金調達してください。

 

 

 

おすすめの関連記事です

スピード査定が可能なファクタリング業者はここ!!

ファクタリング手数料を低く抑えるポイント

プロパー融資を受けるこつ

中小企業が利用できる小口融資制度!!

 

 

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。