ファクタリング手数料の安いお得な業者を特集!!おすすめのファクタリング業者はどこ?

近年、注目を浴び、中小企業経営者や個人事業主の間で利用が急増している資金調達方法に「ファクタリング」があります。しかし、ファクタリングを取り扱う業者には、知名度が高くないところが多く、歴史も浅いことから手数料の相場も解りにくいのが正直なところです。

 

中には、手数料が高すぎる、「悪質な」ファクタリング業者も存在しています。悪質なファクタリング業者に騙されず、注目のファクタリングを有効活用するために、手数料の低い業者をご紹介します。

今回ご紹介する内容

ファクタリング手数料の低い業者

ファクタリング手数料を下げる交渉方法

ファクタリング手数料を下げるためのコツ

ファクタリング手数料に影響する要素

 

 

ファクタリングとは?

今回はファクタリングの手数料に着目して、手数料の安いお得なファクタリング業者をご紹介します。

しかし、そもそもファクタリングとはどんな資金調達方法かをご存知でしょうか。ファクタリングというのは近年、中小企業や小規模事業者に注目されている資金調達方法ですが、銀行融資やビジネスローンと異なり、借入ではない資金調達方法になります。

 

ファクタリングとは商取引によって発生した売掛金をファクタリング会社に売却することで資金調達する方法です。売掛金は本来、回収期日が到来して、現金が入金されるまで資金繰りに活用できません。ファクタリングでは、この回収期日到来前の売掛金を前倒しで資金化できるようにするのです。

 

ファクタリングは借入ではありませんので銀行融資やビジネスローンと審査基準も異なります。借入人の信用力が重視される融資と違い、ファクタリングでは売却対象となる売掛金の支払人(取引先)の信用力が重視されます。そのため、ファクタリング利用者が赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中といった状況であっても、ファクタリングできる可能性は十分にあります。

 

「ファクタリング取引とは?」と言う方で先にファクタリングについてもっと詳しく知っておきたい方には、まず、以下の関連サイトから一読頂くことをおすすめいたします。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みや利用方法を網羅して解説

 

 

業者選びの注意

ファクタリングは、まだまだ歴史の浅い資金調達のため、「知名度の高い」ファクタリング業者は多くありません。そのため、少ない情報で良く解らないままにファクタリング業者を選んでしまうと、手数料が「安い」どころか、不当に高い、悪質な業者に引っかかってしまうことも少なくありません。

 

ファクタリング業者を選ぶ際には、悪質業者を見分けるチェックポイントを良く確認したうえで、優良業者のなかから相談先を選ぶことが非常に重要です。なお、悪質ファクタリング会社を見分けるための確認項目は以下で詳しくご紹介しています。

 

 悪質ファクタリング会社を見分けるポイント

 悪質ファクタリング会社の手口を知って騙されないようにする

 

 

ファクタリング手数料の安い業者

では、ここから実際に、ファクタリング手数料の安い優良な業者をご紹介いたします。それぞれのファクタリング業者では、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのそれぞれを利用できます。

 

しかし、2社間ファクタリングに比べて、3社社間ファクタリングの方が「ファクタリング手数料は安い」ということは意識しておいてください。

 

1位 三共サービス

手数料の低さで選ぶなら三共サービス

 

ファクタリング手数料がファクタリング業界で最も安いと評判なのは「三共サービス」です。

三共サービスの手数料は以下です。

三共サービスの手数料水準

3社間ファクタリングで1.5%~

2社間ファクタリングで5.0%~

 

三共サービスの特徴は、業界トップクラスの安い手数料、スピード査定、全国対応が可能であることです。

三共サービスでは、スピード査定が可能ですので、ご相談から1~2日程度の、短期間での資金調達も可能です。

 

なお、三共サービスのファクタリングは、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも、赤字、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

全国対応のサポート体制も、とても充実していますので、全国どこからでもご相談可能です。

 

三共サービスが選ばれる理由

 

 三共サービスの無料査定はこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 三共サービスのファクタリングの特徴、メリット・デメリット

 

 

2位 MSFJ

手数料が業界最安水準のMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

 

そして、ファクタリング手数料が業界トップクラスに低いことに加え、ファクタリング手数料の範囲も明確であり、安心して利用できるファクタリング会社となっています。

 

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFGの調達可能額上限は5,000万円です。

 

<

p id=”original_heading_002″>MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 無料・スピード査定はこちら

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

3位 ビートレーディング

知名度・契約件数で選ぶ、業界トップクラスの規模を誇るファクタリング業者として、ビートレーディングもご紹介しておきます。

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

ビートレーディングの手数料率の詳細は公表されていないので、詳細は残念ながら不明です。

しかし、ファクタリング実績や、知名度から、相見積もりには是非加えておきたい1社です。

 

なお、ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

1.申込から即日回答のスピード査定が可能

2.申込から2~3日でのスピード買い取り

3.個人事業主のファクタリングも対応

4.全国からのファクタリングに対応

 

 無料・スピード査定はこちら

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

▼ビートレーディングはファクタリングの取扱い実績NO1

ビートレーディングのファクタリング実績

 

 ビートレーディングのファクタリング特徴

 

 

4位 MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

 

MI Visionは「将来債権ファクタリング」を掲げるファクタリング会社です。

 

MI Visionのおすすめ度:A+

 

<

p id=”original_heading_005″> MI Visionへの申込・ご相談

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。

 

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

 

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

<

p id=”original_heading_005″> MI Visionへの申込・ご相談

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

5位 OLTA

ファクタリングのOLTA

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

 

OLTAのおすすめ度:A+

 

 ご相談・申込はこちら

 

 

 

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

 

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

 

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方

法人企業/個人事業主

赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

<

p id=”original_heading_005″>OLTAへの申込

 

 

 

6位 ジャパン・マネージメント

 

ジャパン・マネージメントのファクタリングの手数料率は、

3.0%~です。

前述の2社に比べるとやや劣りますが、それでもファクタリング業界の中では、かなり安い水準と言えます。

是非、相見積もり先として、対象に加えておきたいファクタリング業者です。

 

ジャパン・マネージメントのファクタリングの特徴は以下です。

1.最短即日で資金をご用意

2.全国対応(出張買取OK)

3.返済不要(ファクタリング利用企業に売掛先からの集金業務を代行して頂きます)

4.保証人・担保不要5.顧客満足度に自信あり(顧客に的確な経営アドバイス、

  アフターフォローも欠かしません。高い成約率を誇り、業界ナンバー1を目指しています)

5.個人事業主から買取もOKです

 

 無料・スピード査定はこちら

 

 ジャパンマネジメントのファクタリングサービス

 

交渉すればファクタリング手数料は低くなるのか?

ファクタリングを利用する場合に気になるのはファクタリング手数料です。せっかくなら少しでもファクタリング手数料は低くさげて、コストを減らして利用したいものです。

 

それでは、ファクタリング会社と交渉すれば、ファクタリング手数料は下げることができるのでしょうか。答えは、”YES”ですが、ただ闇雲に交渉すれば良いと言うわけではありません。例えば、ファクタリング手数料が高いから下げてというだけでは効果は低いでしょう。

 

ファクタリング手数料を下げる方法

ファクタリング手数料を低く抑えるためには会社選びが大切です。そもそも手数料の低いファクタリング会社を選べば、良い条件を得やすくなります。

 

しかし、手数料の低い会社を選ぶだけでは不十分です。

さらに、ファクタリング手数料を下げるための交渉術や、ファクタリングの利用方法を知っておくことが大切です。

 

以下に、ファクタリング手数料を下げるためのポイントを解説していきましょう。

 

相見積もりは必須

ファクタリング手数料を下げて、よりお得にファクタリングを利用するためには「相見積もり」の取得が必須です。

 

相見積もりとは、特定のファクタリング業者1社とだけ相談するのではなく、複数のファクタリング業者に同時に査定を依頼し、それぞれからファクタリング手数料の見積もりを取得する方法です。この複数のファクタリング会社と同時に相談して、複数の見積もりを取得するということがファクタリング手数料を下げるためには重要です。

 

複数のファクタリング会社を比較することで手数料は下げられる

 

ファクタリング会社としても他社と比較されたほうがより低い条件を提示するモチベーションが生まれます。さらに、信用力の高い売掛金など、ファクタリング会社が買取たいと希望する売掛金であればなおさらです。

 

また、ファクタリング会社ごとに審査内容や、売掛金の評価方法などの社内基準も異なります。同じ売掛金であっても、高く評価するファクタリング会社もあれば、低く評価するファクタリング会社もあります。そのため、複数のファクタリング会社で評価してもらうことが大切です。1社だけに査定してもらっても、売掛金の最も高い評価を得られるとは限らないのです。

 

そして、それぞれのファクタリング会社から取得したファクタリング手数料の見積もりと、詳細な条件を比較して確認したうえで、条件交渉を行ったり、最も安い見積を提示したファクタリング業者を利用することが重要となります。

 

 

 ファクタリングで相見積もりを行う手順

 ファクタリングで相見積もりを活用する方法

 

 

自社にあったファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社選びでは、自社にあったファクタリング会社を選ぶことが大切です。

 

1言でファクタリング会社と言っても、ファクタリング会社ごとに様々な特徴があります。例えば、以下のような点でファクタリング会社を分けることができます。

ファクタリング会社は特徴で分けることができる

大口ファクタリングと小口ファクタリング

対面での面談必須と非対面型ファクタリング

ファクタリング会社の営業エリア

法人企業と個人事業主

 

ファクタリング会社によっては、ある程度まとまった金額の大口ファクタリングを好む会社もあれば、小口で少額なファクタリングを好む会社もあります。どちらも得意とするファクタリングに特徴がありますので、大口を好むファクタリング会社に小口ファクタリングを依頼しても良い評価は得られにくいですし、逆のパターンも同様です。

 

ファクタリングの関連記事

 小口ファクタリングの「ウィット」基本情報から、気になる手数料・審査難易度・口コミ・評判まで徹底解説!

 

また、ファクタリング会社には営業エリアによる得意地域と苦手地域というものもあります。ホームページ上で「全国対応可能」と謳っていても、東京にしか支店がないファクタリング会社に、九州の事業者が申込しても、交通費などの実費が高くかかったり、そもそも対応スピードが悪くなったり、高めの手数料を要求されてしまうということもありえます。

 

また、ファクタリング会社の営業エリア外から申込しても、うまく手続きが進まず、断られてしまったり、時間が無駄にしてしまうこともありえます。

 

ファクタリングの関連記事

 【地域別・関東】東京都内にあるファクタリング会社の一覧

 【地域別・近畿/中部】大阪府・愛知県にあるファクタリング会社の一覧

 【地域別・九州/中国】九州・福岡にあるファクタリング会社の一覧

 

ファクタリング会社ごとの特徴をおさえて、ご自身の状況や希望にあったファクタリング会社を選ぶことが手数料を下げるためには大切です。

 

 

継続利用でもファクタリング手数料は下がる

また、ファクタリング会社は自社にあった良いファクタリング会社を選べば、継続的に利用することで手数料も下がっていく傾向にあります。

 

これはファクタリング会社としても初めての利用者の方がリスクが高く、取引実績が蓄積されていくことでリスクが低下していくと考えるためです。そのため、初めて利用するファクタリング会社は少し手数料が高くなってしまいますが、継続的に利用していくことで、ファクタリング手数料を下げることができます。

 

最初は小口のファクタリングから利用して、取引実績ができてから大口のファクタリングを利用するということも考えられます。

 

 

手数料を決める要素

同時に、ファクタリング手数料を決定する要素を理解しておいた方が良いでしょう。ファクタリング手数料の「高い」、「安い」を左右する、主な要素には、以下の3つがあります。

①売掛債権の資金化までの期間

②売掛先の信用力

③ファクタリング方式の選択(2社間・3社間ファクタリングの選択)

 

このファクタリング手数料を左右する要素について、以降で順を追って説明しましょう。

 

<

p id=”original_heading_002″>売掛債権の期間

ファクタリングは、借入ではなくて売掛債権の売却です。借入ではありません。しかし、ファクタリングの手数料に影響する項目として、借入金の利息に近い要素があります。

 

それは、売掛債権の売却時から、売掛債権の回収日までの日数に応じて、ファクタリング手数料が変わるということです。ファクタリング会社が売掛金を買い取った場合、実質的に売掛金回収日まで資金を立て替えることになります。これは実質的な融資に近い状態になります。

 

銀行融資が借入日数に応じて利息が変わるのと同様で、ファクタリングも売掛債権の回収までの期間が長い方がファクタリング会社の立替期間が長くなり、さらに売掛金の回収リスクも高くなってしまいますのでファクタリング手数料も高くなっていきます。

 

当然、売掛金のサイトが短かく、売掛期間が短い方が、ファクタリング手数料も安いものとなります。

 

売掛債権の信用力

銀行で手形割引を利用した後、いざ手形の振出人が破綻してしまうなどで手形が不渡りになることもあります。こういった時、手形割引では、銀行から割り引いた後の手形を買い戻すように求められます。手形割引では手形の不渡りリスクは、手形割引の利用者が負うことになっているためです。

 

しかし、ファクタリングは銀行の手形割引と違い、売掛先が倒産して代金が支払われなくても、ファクタリング利用者はファクタリング会社から売掛債権を買い戻す必要がありません。これをファクタリングには、償還請求権が無いと言います。

 

つまり、ファクタリングでは取引先の破綻リスクはファクタリング会社が負担しています。経営者の視点から言えば、ファクタリングによる債権の売却で、取引先の信用リスクを回避することができます。

 

一方、取引先が倒産して、売掛金の代金を回収できなくなるリスクは、ファクタリング業者が負うことになりますので、そのリスクをファクタリング手数料に加味する必要がでてきます。そのため、売掛先の信用力に応じて、手数料の高い、安いは上下することになります。

 

 

 

ファクタリング方式の選択

ファクタリングを利用する事業主の多くは、「売掛債権を売却する」ということを、その売掛先に知られたくない(通知したくない)と思っています。

 

まだまだ、ファクタリングという取引自体の知名度は低いのが実際です。そのため、取引先のなかには「売掛債権を売却」(ファクタリング)して資金調達すると聞いた時に、ファクタリング利用者のことを「資金繰りに困窮していて危険な状況にある」という印象を持ってしまうことがあります。

 

そのため、売掛先にファクタリング利用が知られると、信用不安が起きて、取引を解消されてしまうと不安を感じる経営者も多くいます。また、そもそも、売掛先との契約書にて、債権売却を禁止しているという方もいるでしょう。

 

こういった時に相手に通知することなくファクタリングを行うことも可能です。この取引先に通知しないタイプのファクタリングを「2社間ファクタリング」といい、売掛先に通知する方式を「3社間ファクタリング」と言いまます。

 

2社間ファクタリングの仕組み

 

3社間ファクタリング (1)

2社間、3社間という言葉の意味は、①自社、②ファクタリング業者、③売掛先のうち、何社を取引に含めるかという意味になります。取引先を含めなければ2社間ファクタリング、含めれば3社間ファクタリングとなります。

 

そして、ファクタリング手数料を左右する要素として、3社間(通知必要)なのか、2社間(通知不要)なのかが重要です。2社間ファクタリングよりも、3社間ファクタリングの方が、ファクタリング手数料は安いものとなります。

 

なお、「2社間ファクタリング」、「3社間ファクタリング」という言葉は、ファクタリングを活用するにあたって、最低知っておきたい言葉です。是非、この機会に覚えておいてください。

 

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは?

 

 

自社の信用力は関係ない?

一方、ファクタリング手数料の決定要素として、資金調達のためにファクタリングを利用しようとしている会社の信用力はあまり関係ありません。

 

ファクタリングは借入ではなく売掛金という資産の売却にあたります。そのため、ファクタリング手数料を決定する要素として、売掛金を売却する方(ファクタリング利用者)の信用力よりも、売却の対象となる売掛金の信用力の方が重要となります。

 

ファクタリング業者として重要なのは購入する売掛債権の信用力です。売り主の状況は、ファクタリング手数料を安いものにするのにあまり関係ありません。

例え、赤字でも、債務超過でも、リスケ中でも、担保や保証人が無くても、資金調達ができるのが、ファクタリングのメリットです。

 

 

ファクタリングの諸費用も確認する

せっかくファクタリング手数料を低く下げても、ファクタリング時の諸費用を多額に請求されてしまっては意味がありません。

 

悪質なファクタリング業者の場合、ファクタリング手数料を低く見せて、その分を諸費用・実費などと偽って請求しようとする会社もいます。そのため、ファクタリングの全体的なコストを意識してファクタリングを利用する必要があります。

 

ファクタリング時に気を付けておきたい費用には以下のようなものがあります。

ファクタリング会社の取扱い手数料

債権譲渡登記費用

交通費などの実費

 

それぞれの費用について確認しておくことが大切になります。

 

ファクタリング会社の取扱い手数料

ファクタリング会社ごとに個別に設定する費用です。もちろん、全く必要しないファクタリング会社もあります。

 

取扱い手数料を必要とするファクタリング会社の場合、一回のファクタリング契約で一律の手数料(~数万円程度)を受領する場合や、売掛先企業の数に応じて、一取引先ごとに数千円(=対象となる売掛先企業数×数千円)で手数料を請求する場合があります。

 

小口の売掛金を大量に売却する場合、取り扱い手数料も高額になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

債権譲渡登記費用

債権譲渡登記とは、2社間ファクタリングを利用する時に、ファクタリング会社の保全策として行う手続きです。債権譲渡登記を行うと、公的に売掛金の所有者がファクタリング会社であると証明できるようになります。

 

しかしながら、債権譲渡登記まで行うかどうかはファクタリング会社ごとに異なります。そのため、同様に2社間ファクタリングを利用しても債権譲渡登記不要というファクタリング会社も存在します。

 

債権譲渡登記の費用は主に司法書士に対する手数料となり、数万円程度の費用が必要になります。

 

 債権譲渡登記不要な会社の例

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

交通費などの実費

その他、実費の費用も請求されることになります。

例えば、地方の会社がファクタリングを利用する際に、ファクタリング会社の担当者に出張してもらって面談する場合の交通費などが該当します。

 

 

まとめ

優良で、手数料の安い、優良なファクタリング業者を探すのは簡単ではありません。ファクタリング手数料を低く抑え、安い手数を実現するために重要なのは、①ファクタリング業者を選定すること、②相見積もりを取得することです。

 

こちらでご紹介した優良なファクタリング業者を活用して、是非、手数料を安いものとして、資金調達してください。

 

ファクタリングの関連記事

 当サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

 

おすすめの関連記事です

 スピード査定が可能なファクタリング業者はここ!!

 ファクタリング手数料を低く抑えるポイント

 プロパー融資を受けるこつ

 中小企業が利用できる小口融資制度!!

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG