ファクタリングとビジネスローンはどちらを利用すべき!?メリット・デメリットを比較して解説

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

中小企業経営者や、個人事業主が資金調達するのに有効な方法として、ファクタリングとビジネスローンがあります。どちらも、「急な資金調達で銀行が間に合わない」、「銀行の審査に通らなかった」という経営者におすすめの資金調達方法です。

 

いざ資金調達の必要がある際に、ファクタリングとビジネスローンのどちらを利用するのが良いかで迷ってしまうことがあります。

「ファクタリングとビジネスローンはどちらがおすすめ?」という疑問をお持ちの経営者、財務・経理担当などに、ファクタリングとビジネスローンの特徴や、メリット・デメリットを比較して解りやすくご説明します。

 

 

ファクタリングとは?


最初にファクタリング、ビジネスローンの簡単な概要や特徴をご説明しましょう。

ファクタリングとは、借金・借入金ではない資金調達方法です。

 

事業性資金を調達するというと、銀行からの融資しか思い浮かばないという経営者の方はいませんか? 銀行融資は重要ですが、資金調達を銀行融資だけに依存していては、中小企業、個人事業主の経営は安定しません。銀行融資を重視しながらも、いざという時に調達できる「資金調達手段」を確保しておくことが重要です。

 

ファクタリングは、借金・借入ではなく、銀行融資とは全く別の審査基準で資金調達できる方法です。ファクタリングは売掛金の売却による資金調達方法です。

商取引で発生した売掛金を、取引先の支払期日前に資金化することによって、資金調達するのがファクタリングとなります。

 

銀行取引のなかに「手形割引」があります。受取手形の期日まえに、銀行でお金に換えてもらう融資を指しますが、ファクタリングは手形割引に非常に良く似ています。

しかし、ファクタリングは借金・借入ではないため、銀行の融資審査とは全く違った基準で審査されます。そのため、赤字・債務超過・リスケ中、税金滞納中の中小企業経営者や、個人事業主であっても資金調達できる可能性があります。

 

<関連記事:ファクタリングとは?>

【保存版】注目度の高まるファクタリングとはなに?経営者が知るべき情報を網羅して解説します!

 

 

ビジネスローンとは?


ビジネスローンとは、事業者ローンとも呼ばれ、中小企業経営者や、個人事業主を対象とした借入用の商品となります。広義で言えば、事業者が借入する商品を全て「ビジネスローン(事業者ローン)」と呼ぶことができますが、一般的には、「中小企業」、「個人事業主」向けに、簡略化した審査で貸し出す商品のことをビジネスローンと呼んでいます。

 

ビジネスローンの審査は「スコアリング方式」と呼ばれる方法を用いられていることが多く、「決算書」・「企業情報」・「納税証明書」といった基本的な資料があれば、短期間で審査結果が判明するのが特徴です。

もちろん、ビジネスローンの場合には、最短で即日という借入も可能です。

 

 

ファクタリングとビジネスローンの比較


ファクタリング、ビジネスローンともに、個人事業主、中小企業経営者が利用できる資金調達方法となります。以下では、ファクタリングとビジネスローンを「資金調達の重要なポイント」毎に比較・分析して、それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

<ポイント毎のメリット・デメリット比較>

比較ポイント ファクタリング ビジネスローン
資金調達可能額(最大) 5,000万円~1億円
*売掛金の範囲内
1,000万円
担保 不要 不要
連帯保証人 不要 第3者保証人不要
金利・手数料 ファクタリング手数料
幅が広い(2%~20%程度)
金利負担
5~15%程度
調達期間/返済期間 売掛金のサイト 最高10年
審査のポイント 売掛金/取引先の信用力
利用者の短期的な安全性
資金調達者の返済能力
調達までの時間 最短即日 最短即日
利用できないケース
(一例)
売掛金が無い
個人向けの売掛金
売掛金のサイトが3ヶ月以上
債務超過
税金未納/税金滞納

 

重要なポイントを一覧にして、メリット・デメリットを比較すると上記のようになります。以降では、それぞれのポイントのうち、特に重要なファクタリングとビジネスローンの比較結果について、詳しく解説しています。

 

 

資金調達可能額が大きいのは?


ファクタリングとビジネスローンを比べれば、ファクタリングの方が大きな金額を資金調達できる可能性が高いというメリットがあります。

 

あくまで、ファクタリングの場合は、必要調達額以上の売掛金を保有している必要がありますが、最大で5,000千万円~1億円程度の資金調達を行うことも可能です。

 

ビジネスローンの場合、最大で5,000千万円程度の資金調達が可能ですが、無担保・第3者保証なしでの資金調達の場合、あまり大きな金額での借入は難しくなってしまいます。

個人事業主、中小企業経営者がビジネスローンで借入する場合、数百万円~1,000千万円程度を資金調達できれば、かなり良いと考えられます。

 

ファクタリングは、売掛金をもとにした資金調達である分、かなり大きな金額を調達できる可能性が高くなります。

 

 

利息・手数料はビジネスローン


やはり資金調達する際には、対価として必要なコストが気になります。もちろん、利息・手数料の低い、お得に資金調達できる方法が望ましいでしょう

ビジネスローンであれば利息がかかりますし、ファクタリングであれば利息に相当するファクタリング手数料が必要になります。

 

コストで比べれば、ビジネスローンの方が費用は少なく、メリットは大きいと言って良いでしょう。

 

ビジネスローンの場合、通常、利息は年率15.0%以内となります(利息制限法の上限金利が15.0%)。1,000万円の借入を行った場合には、1年間で150万円の利息を超えるということはありません。

 

一方、ファクタリング手数料の相場は、2~20%程度と幅広くなります。

通常、2社間ファクタリング(取引先の同意/通知不要)は、3社間ファクタリング(取引先の同意必要)に比べて、手数料が高くなってしまいます。

2社間ファクリングを利用して、信用力の低い売掛金を売却するとなれば、10%を超えるファクタリング手数料が必要になる場合もあります。

 

仮に、ファクタリング手数料が15%になった場合で、1,000万円の売掛金を売却すると、150万円が差し引かれて、850万円が入金されます。

ファクタリングの資金調達期間は、通常1~3ヶ月程度ですので、短期間の資金調達で150万円の手数料を差し引かれるとなれば、やはりファクタリングのコストは高いと言わざるを得ないでしょう。

 

なお、ファクタリングでも、売却する売掛金の信用力が高い場合や、3社間ファクタリングを活用する場合には、2~5%程度でのファクタリング手数料で資金調達できることもあります。まずは、ファクタリング会社に相談のうえ、ファクタリング手数料を仮査定してもらうのが良いでしょう。

 

手数料率の低いファクタリング業者

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

<関連記事:ファクタリング手数料を低く抑える方法>

ファクタリングの手数料相場と手数料を低く抑える方法!!

 

総じて言えば、ファクタリングよりもビジネスローンの方が、資金調達コストは低く、メリットは大きいと言って良いでしょう。

 

 

資金調達しやすいのは?


利息・手数料の次に気になるのは、どちらが資金調達できる可能性が高いかということでしょう。いくら金利・手数料率が低くても、「審査が厳しい」ために、資金調達できなければ意味がありません。

 

そもそも、金利・手数料の低いものだけで言えば、銀行融資が望ましいですが、時間的に間に合わない場合や、審査に落ちてしまって利用できない場合には、調達できる手段の中から選ぶしかありません。

 

個人事業主や、中小企業経営者にとって、資金調達できる可能性が高い、審査に通りやすい方法は、「ファクタリング」となります。

 

ファクタリングでは、売却する「売掛金」の信用力が高い(売掛金の期日回収の懸念が低い)のなら、ファクタリング利用者自体が赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中など、通常の融資を受けられない状態であっても、ファクタリングで資金調達できる可能性は高くなります。

 

ファクタリングを利用して資金調達したい方の信用力と、ファクタリング審査が主に対象とする信用力が別であることがポイントとなります。

 

<関連記事:ファクタリングの利用可否を短時間で確認する方法>

[最短5秒]ファクタリングの売掛金仮査定で資金調達の可能性を確認する方法!

 

 

それに対してビジネスローンの場合、特に担保や、第3者保証が不要なビジネスローンの場合、個人事業主や中小企業経営者が、融資したお金を返済できそうかどうかが審査されます。

 

決算書などの確定申告書や、営業状況、返済状況、税金の支払い状況などが審査され、ビジネスローンの返済が可能と判断されなければ融資は得られません。

銀行融資ほどに審査は厳しくありませんが、それでも、赤字、債務超過、税金滞納があっても、ビジネスローンの審査に通るかと言えば、かなり厳しくなります。

 

やなり、中小企業経営者や、個人事業主にとって、赤字、債務超過、税金滞納、リスケ中など、審査に通りにくい状況にある場合、資金調達できる可能性が高いのはファクタリングとなります。

 

 

銀行融資への影響は?


資金調達を銀行だけに依存するのではなく、資金調達手段、選択肢を広げることは非常に重要です。しかし、銀行融資の利用を辞めるということではなく、あくまでも、メインを銀行融資として、補助的にファクタリングや、ビジネスローンを活用することが大切です。

 

そのため、個人事業主や、中小企業経営者にとって、ファクタリング・ビジネスローンを利用したことで、その後の銀行融資が利用できなくなっては本末転倒になります。

銀行融資にマイナスの影響を与えず、補助的な資金調達手段として利用できる方法が望ましいことは間違いないでしょう。

 

銀行融資に対するマイナスの影響が少ないのは、「ファクタリング」と言って良いでしょう。ビジネスローンの場合、借入すると決算書の「借入金」に計上されますし、付属明細書のなかに、借入先名も記載されます。

 

銀行の融資審査においては、少なくとも、「借入金が多い」中小企業や個人事業主の評価はその分下がります。また、銀行によっては、「ノンバンク」からの借入を、低く評価してしまうこともあります。つまり、借金としての借入額が増加すること、ノンバンクからの借入があることが「ばれること」が銀行の審査にマイナスとなる可能性があります。

 

それに対して、ファクタリングの場合、借入金ではありませんので、個人事業主や、中小企業経営者の決算書上の借入金を増加させることはありません。決算書の別紙、付属明細書にも、借入先としてファクタリング会社名が記載されることはありません。

 

つまり、ファクタリングを利用すれば、表面上、ファクタリングを利用したことがばれにくいですし、決算書内にファクタリングを利用したということを記載する必要もありません。

 

個人事業主や、中小企業経営者が資金調達する場合には、銀行に「ばれてしまう」危険性が低く、決算書上の借入額を増加させない、「ファクタリング」の方が、以降の銀行融資に対する悪影響が少なく、メリットは大きいと言って良いでしょう。

 

 

ファクタリング会社の例


ファクタリングは上手に活用するためには、利用するファクタリング会社の選別が非常に重要です。

 

ファクタリング会社には、優良な会社から、悪質な会社までピンからキリまで存在しています。以下は、口コミ・評判などから選出した、人気の高い優良ファクタリング会社をご紹介する関連記事となります。

 

ファクタリング会社の公表情報だけでなく、実際にファクタリング会社を利用した方の意見、評価など、客観的な意見をもとにご紹介しています。是非、ファクタリング会社選びで、参考にしていただければ幸いです。

 

<関連記事:口コミ・評判の良い優良ファクタリング会社>

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高い会社4選をご紹介

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

ビジネスローンの例


前述のファクタリング会社のご紹介と同様に、おすすめのビジネスローン会社をご紹介しています。

ビジネスローンの申込にあたっては、是非、参考にしていただければ幸いです。

 

<関連記事:ビジネスローンのご紹介>

ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておくべきメリット・デメリット

 

 

▼エス・ジー・ファイナンスへのご相談▼

急な運転資金には SGファイナンス【ビジネスローン】  

 

 

まとめ


個人事業主・中小企業経営者が利用する場合の、ファクタリング・ビジネスローンのメリット・デメリットを比較してご紹介しました。

 

「利息・手数料」といった調達コストの観点では、ビジネスローンにメリットがありますが、審査の難易度、調達金額、銀行融資への影響などはファクタリングにメリットが大きいと考えられます。

 

ファクタリング・ビジネスローンともに、それぞれのメリット・デメリットを良く比較、理解してご自身にあった方法を選んでいただければと思います。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

即日資金調達できるファクタリング会社はこちら!!

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。