ファクタリングとビジネスローンはどちらを利用すべき!?メリット・デメリットを比較して解説

中小企業経営者や、個人事業主が資金調達するのに有効な方法としてファクタリングとビジネスローンがあります。どちらも、「急な資金調達で銀行が間に合わない」、「銀行の審査に通らなかった」という経営者におすすめの資金調達方法です。

 

いざ資金調達の必要がある際に、ファクタリングとビジネスローンのどちらを利用するのが良いかで迷ってしまうことがあります。

 

「ファクタリングとビジネスローンはどちらがおすすめ?」という疑問をお持ちの経営者、財務・経理担当などに、ファクタリングとビジネスローンの特徴や、メリット・デメリットを比較して解りやすくご説明します

 

 

ファクタリングとは?

最初にファクタリング、ビジネスローンの簡単な概要や特徴をご説明しましょう。

 

ファクタリングとは借金・借入金ではない資金調達方法です

 

事業性資金を調達すると言うと銀行からの融資しか思い浮かばないという経営者の方も多いでしょう。しかし、銀行融資以外にも事業資金を調達する方法はあります。 

 

銀行融資は重要ですが、資金調達を銀行融資だけに依存していては、中小企業、個人事業主の経営は安定しません。銀行融資を重視しながらも、いざという時に調達できる「資金調達手段」を確保しておくことが重要です。

 

ファクタリングは、借金・借入ではなく、銀行融資とは全く別の審査基準で資金調達できる方法です。

 

それでは、ファクタリングはどのようにして資金調達する方法なのでしょうか。結論を言えば、ファクタリングとは「売掛金の売却」による資金調達方法です。

 

商取引で発生した売掛金を、取引先の支払期日前に資金化することによって、前倒しで現金化することによって資金調達するのがファクタリングです。

 

ファクタリングの仕組を図解

 

銀行取引のなかに「手形割引」があります。受取手形の期日まえに、銀行でお金に換えてもらう融資を指しますが、ファクタリングは手形割引に非常に良く似ています。

 

しかし、ファクタリングは借金・借入ではないため、銀行の融資審査とは全く違った基準で審査されます。そのため、赤字・債務超過・リスケ中、税金滞納中の中小企業経営者や、個人事業主であっても資金調達できる可能性があります

 

 ファクタリングとは?仕組みや概要を解りやすく解説

 

 

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、事業者ローンとも呼ばれ、中小企業経営者や、個人事業主を対象とした借入用の商品となります。

 

広義で言えば、事業者が借入する商品を全て「ビジネスローン(事業者ローン)」と呼ぶことができますが、一般的には、「中小企業」、「個人事業主」向けに、簡略化した審査で貸し出す融資商品のことをビジネスローンと呼んでいます。

 

ビジネスローンの審査は「スコアリング方式」と呼ばれる方法を用いられているのが通常です。

 

ビジネスローンのスコアリング方式の審査とは、簡単に言えば、システムによる自動審査のことです。

 

借入希望者の「決算書」・「企業情報」・「納税証明書」といった基本的な資料があれば、これらの情報をシステムに入力するだけで審査結果や、金利などの借入条件が自動で計算されます。

 

そのため、短期間で審査結果が判明するのがビジネスローンの特徴です。

 

もちろん、ビジネスローンの場合には、最短で即日という借入も可能です。銀行融資の審査には3~4週間、新規取引行であれば1~2ヶ月程度かかることがあるのに比較して、極めてスピードの速い審査と言えるでしょう。

 

なお、ビジネスローンのスコアリングシステムは利用する貸金業者ごとに基準が異なります。

 

貸金業者ごとに過去の融資取引で蓄積したノウハウなどで、それぞれの判断基準にもとづいてスコアリングシステムの基準を作っているためです。そのため、1社のビジネスローンに審査落ちしたからと言って、他社に相談しても同じ結果になるとは限りません。

 

 ビジネスローンとは?仕組みや概要を解りやすく解説

 

ファクタリングとビジネスローンを比較

 

 

ファクタリングとビジネスローンの比較

ファクタリング、ビジネスローンともに、個人事業主、中小企業経営者が利用できる資金調達方法となります。

 

以下では、ファクタリングとビジネスローンを「資金調達の重要なポイント」毎に比較・分析して、それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

<ポイント毎のメリット・デメリット比較>

比較ポイント

ファクタリング

ビジネスローン

資金調達可能額(最大)

5,000万円~1億円

*売掛金の範囲内

1,000万円

担保

不要

不要

連帯保証人

不要

第3者保証人不要

金利・手数料

ファクタリング手数料

幅が広い(2%~20%程度)

金利負担

5~15%程度

調達期間/返済期間

売掛金のサイト

最高10年

審査のポイント

売掛金/取引先の信用力

利用者の短期的な安全性

資金調達者の返済能力

調達までの時間

最短即日

最短即日

利用できないケース

(一例)

売掛金が無い

個人向けの売掛金

売掛金のサイトが3ヶ月以上

債務超過

税金未納/税金滞納

 

重要なポイントを一覧にして、メリット・デメリットを比較すると上記のようになります。

 

以降では、それぞれのポイントのうち、特に重要なファクタリングとビジネスローンの比較結果について、詳しく解説しています。

 

 

資金調達可能額が大きいのは?

ファクタリングとビジネスローンを比べれば、ファクタリングの方が大きな金額を資金調達できる可能性が高いというメリットがあります。

 

あくまで、ファクタリングの場合は、必要調達額以上の売掛金を保有している必要がありますが、最大で5,000千万円~3億円程度の資金調達を行うことも可能です。

 

ビジネスローンの場合、最大で5,000千万円程度の資金調達が可能ですが、無担保・第3者保証なしでの資金調達の場合、実際に審査に通るかどうかという観点から、あまり大きな金額での借入は難しくなってしまいます

 

個人事業主、中小企業経営者がビジネスローンで借入する場合、数百万円~1,000千万円程度を資金調達できれば、かなり良いと考えられます。

 

ファクタリングは、売掛金をもとにした資金調達である分、かなり大きな金額を調達できる可能性が高くなります。

 

資金調達額が大きいのはビジネスローン

 

 

利息・手数料はビジネスローン

やはり資金調達する際には、対価として必要なコストが気になります。もちろん、利息・手数料の低い、お得に資金調達できる方法が望ましいでしょう

 

ビジネスローンであれば利息がかかりますし、ファクタリングであれば利息に相当するファクタリング手数料が必要になります。それぞれ、資金調達に費用がかかりますが、それではどちらの資金調達がコスト的に有利なのでしょうか。

 

コストで比較すると、ビジネスローンの方が費用は少なく、メリットは大きくなります

 

ビジネスローンの場合、通常、利息は年率15.0%以内となります(利息制限法の上限金利が15.0%)。1,000万円の借入を行った場合には、1年間で150万円の利息を超えるということはありません。

 

一方、ファクタリング手数料の相場は、2~20%程度と幅広くなります。

 

通常、2社間ファクタリング(取引先の同意/通知不要)は、3社間ファクタリング(取引先の同意必要)に比べて、手数料が高くなってしまいます。2社間ファクリングを利用して、信用力の低い売掛金を売却するとなれば、10%を超えるファクタリング手数料が必要になる場合もあります。

 

仮に、ファクタリング手数料が15%になった場合で、1,000万円の売掛金を売却すると、150万円が差し引かれて、850万円が入金されます

 

ファクタリングの資金調達期間は、通常1~3ヶ月程度ですので、短期間の資金調達で150万円の手数料を差し引かれるとなれば、やはりファクタリングのコストは高いと言わざるを得ないでしょう。

 

なお、ファクタリングでも、売却する売掛金の信用力が高い場合や、3社間ファクタリングを活用する場合には、2~5%程度でのファクタリング手数料で資金調達できることもあります。まずは、ファクタリング会社に相談のうえ、ファクタリング手数料を仮査定してもらうのが良いでしょう。

 

 手数料率の低いファクタリング業者

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

 ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

 

総じて言えば、ファクタリングよりもビジネスローンの方が、資金調達コストは低く、メリットは大きいと言って良いでしょう。

 

 

資金調達しやすいのは?

利息・手数料の次に気になるのは、どちらが資金調達できる可能性が高いかということでしょう。いくら金利・手数料率が低くても、「審査が厳しい」ために、資金調達できなければ意味がありません。

 

そもそも、金利・手数料の低いものだけで言えば、銀行融資が望ましいですが、時間的に間に合わない場合や、審査に落ちてしまって利用できない場合には、調達できる手段の中から選ぶしかありません。

 

個人事業主や、中小企業経営者にとって、

資金調達できる可能性が高い、審査に通りやすい方法はファクタリングです

 

ファクタリングでは、売却する「売掛金」の信用力が高い(売掛金の期日回収の懸念が低い)のなら、ファクタリング利用者自体が赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中など、通常の融資を受けられない状態であっても、ファクタリングで資金調達できる可能性は高くなります。

 

ファクタリングを利用して資金調達したい方の信用力と、ファクタリング審査が主に対象とする信用力が別であることがポイントとなります。

 

 ファクタリングの利用可否を短時間で確認する方法

 

 

それに対してビジネスローンの場合、特に担保や、第3者保証が不要なビジネスローンの場合、個人事業主や中小企業経営者が、融資したお金を返済できそうかどうかが審査されます。

 

決算書などの確定申告書や、営業状況、返済状況、税金の支払い状況などが審査され、ビジネスローンの返済が可能と判断されなければ融資は得られません。

 

銀行融資ほどに審査は厳しくありませんが、それでも、赤字、債務超過、税金滞納があっても、ビジネスローンの審査に通るかと言えば、かなり厳しくなります

 

やなり、中小企業経営者や、個人事業主にとって、赤字、債務超過、税金滞納、リスケ中など、審査に通りにくい状況にある場合、資金調達できる可能性が高いのはファクタリングとなります。

 

審査に通りやすいのはファクタリング

 

銀行融資への影響は?

資金調達を銀行だけに依存せず、資金調達手段、選択肢を広げることは重要です。

 

しかし、銀行融資の利用を辞めるということではなく、あくまでも、メインを銀行融資として、補助的にファクタリングや、ビジネスローンを活用することが大切です。

 

そのため、個人事業主や、中小企業経営者にとって、ファクタリング・ビジネスローンを利用したことで、その後の銀行融資が利用できなくなっては本末転倒になります。

 

銀行融資にマイナスの影響を与えず、補助的な資金調達手段として利用できる方法が望ましいことは間違いないでしょう。

 

銀行融資に対するマイナスの影響が少ないのはファクタリングです。

 

ビジネスローンの場合、借入すると決算書の「借入金」に計上されますし、決算書の付属明細書のなかに、借入先名も記載されます。そのため、銀行の審査で決算書を見ればビジネスローンを借入していることが解ります。

 

銀行の融資審査においては、少なくとも、「借入金が多い」中小企業や個人事業主の評価はその分下がります。また、銀行によっては、「ノンバンク」からの借入を、低く評価してしまうこともあります。つまり、借金としての借入額が増加すること、ノンバンクからの借入があることが「ばれること」が銀行の審査にマイナスとなる可能性があります。

 

それに対して、ファクタリングの場合、借入金ではありませんので、個人事業主や、中小企業経営者の決算書上の借入金を増加させることはありません。決算書の別紙、付属明細書にも、借入先としてファクタリング会社名が記載されることはありません。

 

つまり、ファクタリングを利用すれば、表面上、ファクタリングを利用したことがばれにくいですし、決算書内にファクタリングを利用したということを記載する必要もありません。

 

個人事業主や、中小企業経営者が資金調達する場合には、銀行に「ばれてしまう」危険性が低く、決算書上の借入額を増加させない、「ファクタリング」の方が、以降の銀行融資に対する悪影響が少なく、メリットは大きいと言って良いでしょう。

 

ファクタリング会社の例

ファクタリングは上手に活用するためには、利用するファクタリング会社の選別が非常に重要です。

 

ファクタリング会社には、優良な会社から、悪質な会社までピンからキリまで存在しています。以下は、口コミ・評判などから選出した、人気の高い優良ファクタリング会社をご紹介する関連記事となります。

 

ファクタリング会社の公表情報だけでなく、実際にファクタリング会社を利用した方の意見、評価など、客観的な意見をもとにご紹介しています。是非、ファクタリング会社選びで、参考にしていただければ幸いです。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングは手数料が安い

 

 最大買取可能額:1億円

 三共サービスは手数料が業界トップクラスに低い

 大手ファクタリング会社・業歴の長い老舗企業

 2社間ファクタリング・3社間ファクタリング利用可能

 最短翌営業日での資金化可能

 

 申込・相談はこちらのリンクから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 三共サービスのもっと詳しいご紹介はこちら

 

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 

 最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

 ビートレーディングは知名度・口コミ評価でNo.1

 

ビートレーディングのファクタリング実績

 

 利用実績の豊富な人気ファクタリング会社

 法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能

 債権譲渡登記が不要

 

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 

 申込・相談はこちらのリンクから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 ビートレーディングのもっと詳しいご紹介はこちら

 

 

MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

 

 MI Visionは将来債権ファクタリングが可能会社

 一般的なファクタリング会社より買取可能額が大きいのが特徴

一般的なファクタリング会社は回収期間1~2ヶ月程度の売掛金が買取対象になります。既に役務の提供が終了した売掛金だけですので、売却できる売掛金の金額もそれほど大きくならないことがあります。

 

一方、MI Visionは最大3ヶ月の将来債権ファクタリングを売却できます。

そのため、他のファクタリング会社に比べて、かなり大きな金額を現金化できる可能性があるのです。

 

 おすすめ度:S

 最大:7,000万円までのファクタリング可

 

 MI Visionへの申込・相談はこちら

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 MI Visionのもっと詳しいご紹介はこちら

 

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

 最大買取可能額:5,000万円

 MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

 100万円未満の小口ファクタリングにも積極対応

 100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応可能

 即日資金調達できる可能性も高いのが特徴

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

 

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 

 申込・相談はこちらのリンクから

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

 口コミ・評判の良い優良ファクタリング会社

 

 

ビジネスローンの例

前述のファクタリング会社のご紹介と同様に、おすすめのビジネスローン会社をご紹介しています。

ビジネスローンの申込にあたっては、是非、参考にしていただければ幸いです。

 

 ビジネスローンとは?特徴やメリット・デメリット

 

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

 

ビジネクストはビジネスローン業界トップクラスの規模と知名度を誇る会社です。

ビジネクストの特徴はカードローンのタイプのビジネスローンを取り扱っていることです。カードローンタイプですので、一旦契約しておきば、その後はいつでも自由に借入を行うことができます。

 

もちろん、契約は借入枠を持っておくことにはお金がかかりません。

 

 申込・相談はこちらのリンクから

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

 

まとめ

個人事業主・中小企業経営者が利用する場合の、ファクタリング・ビジネスローンのメリット・デメリットを比較してご紹介しました。

 

「利息・手数料」といった調達コストの観点では、ビジネスローンにメリットがありますが、審査の難易度、調達金額、銀行融資への影響などはファクタリングにメリットが大きいと考えられます。

 

ファクタリング・ビジネスローンともに、それぞれのメリット・デメリットを良く比較、理解してご自身にあった方法を選んでいただければと思います。

 

 

 ファクタリングの関連記事

 サイト厳選のおすすめファクタリング会社のご紹介

 即日資金調達に利用できるファクタリング会社

 必要な運転資金の金額はいくら?所要運転資金の額を自分で計算する方法

 

▼事業資金のご案内 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG