知らないと危険!?ファクタリングで絶対にやってはいけない4つの行為!

ファクタリング利用時には絶対やってはいけない禁止行為があります。

もちろん、知らなかったでは済まされません。

 

ファクタリングする際に危険な業者を避けたいと利用者の方は思うかも知れませんが、実はファクタリング会社も同等に危険な利用者を避けたいと考えています。

むしろ、ファクタリングという契約は利用者よりもファクタリング会社の方が大きなリスクを負っている場合もあります。

利用者のなかにはファクタリング会社を騙して不正にお金を儲けようとする人たちがいるからです。

もちろん、ファクタリング会社を騙して不正にお金を得るのは、詐欺にあたり最悪の場合は刑事訴訟のリスクもあります。

本記事ではファクタリング利用者側が絶対にやってはいけない4つの禁止行為について説明します。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛金を売却して資金調達する方法を指します。

資金調達を希望するファクタリング利用者は、商取引で発生した売掛金をファクタリング会社に売却し、いくらかの手数料を支払うことで、本来の回収期日前に売掛金を現金化することができます。

 

ファクタリングは売掛金の売却であって、銀行融資などのような借入ではありません。

そのため、ファクタリングの審査も銀行融資などの審査基準とは異なり、違った観点から審査が行われます。

審査基準が異なりますので、銀行融資の審査に落ちた方でも利用できる可能性は高くなります。

 

例えば、赤字、債務超過、リスケ中といった状況でも、ファクタリングであれば利用できる可能性は十分にあります。

ファクタリングでは売掛金の代金を払ってくれる取引先の信用力が最も重要で、ファクタリング利用者自体の信用力は重要度が低くなるのです。

 

資金調達の必要があるが、銀行融資の審査に落ちてしまった方や、事業開始後間もない方、担保・連帯保証人を提供したくない方などにとってはファクタリングが非常に重要で使いやすいものとなるでしょう。

 

ファクタリングで絶対やってはいけない禁止行為

それでは今回の本題であるファクタリング利用時に絶対やってはいけない禁止行為をご紹介します。

禁止行為を行うとファクタリングによる資金調達ができなくなるだけでなく、罪になるなどの危険性もありますので注意が必要です。

 

架空売掛債権の譲渡

まず、ファクタリングでやってはいけない禁止行為の1つ目が架空債権(売掛金)の譲渡です。

売掛債権と言っても固定資産などと異なり、具体的に形があるものではありません。

偽の契約書などを作成すればあたかも債権が存在するかのようにファクタリング会社を欺くことができます。

そのため、安易に架空債権の譲渡を考えてしまう利用者が存在します。

 

3社間ファクタリングなら、取引先に通知が行くので騙せないと思うかも知れませんが、利用者と取引先が共謀していたら、ファクタリング会社はほぼ存在しない債権だとは気づきません。

また、2社間ファクタリングの場合は、債権譲渡登記だけで取引先に通知は行かないので確認するすべもありません。

 

このような理由からファクタリング会社も、継続的に発生している売掛債権か、利用者や売掛先の信用力についてもきちんと調査を行います。

もちろん、架空債権を販売すると実際に売掛金を回収できないわけですから、ファクタリング会社はすぐに架空債権であったと気付きます。

 

架空債権は故意にファクタリング会社を騙してお金を奪おうとする行為ですので詐欺などの罪になる可能性が高いです。

 

ファクタリング利用者としても架空債権の販売はついうっかりのミスなどと言い訳のしようもありません。

明確にファクタリング会社を騙す行為ですので、詐欺で訴えられる可能性があります。

架空売掛債権の譲渡は、いくらお金に困っていたとしてもすぐにばれますし、その後のリスクも高いのでやめておいた方が良いでしょう。

ちなみに、ファクタリング会社に対して稀に発生するのが計画倒産詐欺です。

 

ファクタリング利用者と売掛先がグルになって、架空の債権を発生させて、ファクタリング会社で少額から少しずつファクタリングします。

そして、ファクタリング会社が信頼して大口のファクタリングが可能になった段階で、大口の売掛債権(架空)のファクタリングをして、売掛先を計画倒産させて債権を回収できなくするという手法です。

 

計画倒産詐欺は架空売掛債権の販売でも特に悪質なパターンで詐欺になる可能性があります。

資金調達が出来たとしても、詐欺で捕まっていては事業継続も出来なくなってしまう非常に危険性の高い行為であると言えます。

 

架空の売掛債権を譲渡するファクタリング詐欺

 

二重に譲渡する行為(二重譲渡)

2つ目のファクタリングでやってはいけない禁止行為が債権の二重譲渡です。

債権の二重譲渡とは、ファクタリング会社Aに対して売却した同じ債権を、その後、ファクタリング会社Bにも売却することを指します。

つまり、1つの売掛債権を2つのファクタリング会社に売却する行為が二重譲渡です。

 

先ほど説明した通り、売掛債権は形のあるものではないので、書類を偽造し、ファクタリング会社に既に売却している債権であることを隠しておけば、二重譲渡が成立する可能性もあります。

特に、2社間ファクタリングのようにファクタリング利用者とファクタリング会社のみで契約する場合に起こりうる詐欺行為です。

 

ただし、売掛債権の二重譲渡も比較的簡単にばれてしまいます。

 

まず、3社間ファクタリングの場合は取引先に通知が行くのでその段階でファクタリング会社は気づきますし、取引先からの信用も無くしてしまうでしょう。

また2社間ファクタリングの場合でも、債権譲渡登記を確認すれば比較的簡単に判明します。

 

稀にうっかりして一度ファクタリングした債権を別会社にファクタリングしようとしてしまうかもしれませんが、後に大きなトラブルになる可能性が高いです。

故意に二重譲渡を行ったとなれば詐欺などになる危険性もあり、リスクの高い行為と言えます。ファクタリングをしようとしている債権について売却する前に今一度確認した方が良いでしょう。

 

債権内容の虚偽申告

3つ目のやってはいけない禁止行為が売掛債権の内容の虚偽申告です。

例えば、少し多めにお金が欲しいので、保有している売掛債権の金額を少し多めに申告したり、自社の経営状況を少し良く申告したりするなどの行為が考えられます。

また、売掛先の信用状況について良くない事実があるにも関わらず、それを隠して売却するということもあります。

 

どの程度虚偽申告するとばれやすくなるのかはその内容によって異なります。

売掛金の額を多めに申請するのは、もちろん取引先に債権譲渡通知を送ったり、各種証憑をチェックしたりすればすぐばれます。

 

また、ファクタリング会社もプロですので、会社の経営状況などについても決算書を見れば、すぐに実際の経営状況がわかります。

まだ決算書化していない期中の営業状況なら多少良く言うことはできるかもしれませんが、良く見せるメリットもあまりありません。

 

どのような虚偽申告であったとしても多かれ少なかれ会社の信用を失墜してしまうので、ファクタリングをする際はできるだけ状況を正確に申告した方が良いでしょう

 

債権内容の虚偽申告もファクタリングの禁止行為

 

回収資金の流用

4つ目のファクタリング利用時の禁止行為は売掛金回収後の流用です。

2社間ファクタリングを利用する場合、売掛金からの代金回収はファクタリング利用者が代理で行います。

売掛先にはファクタリングの利用を伏せた状態にしていますので、ファクタリング会社が直接接触することはできないのです。

そして、ファクタリング利用者は回収した売掛代金をファクタリング会社に支払う必要があります。

 

これは、2社間ファクタリングが売掛先に対して売掛債権を譲渡した事実を伝えないための対応であり、ファクタリング会社と利用者は、2社間ファクタリングの契約時に、代金回収に関する契約も締結します。

 

しかし、2社間ファクタリングでは、ファクタリング利用者が資金に困って回収した売掛代金をファクタリング会社に支払わずに、自社の資金繰りに流用してしまうことがあります。

もちろん、こういった売掛代金の流用は行ってはいけません。

銀行などの借入を利用していると、約定弁済日に支払いができず、資金に余裕ができるまで待ってもらうことがありますが、同じ感覚で流用すると大きな問題になる危険性があります。

 

ファクタリング利用者とファクタリング契約者の間では、2社間ファクタリングの際に、代金回収に関する業務委託契約を締結します。

そして、業務委託契約に基づいて、ファクタリング利用者は売掛金を代理回収するのです。

この時、売掛代金を流用して、ファクタリング会社に支払えないと、「横領」の罪に問われる可能性があります。

 

そのため、2社間ファクタリング利用者の回収資金に関しては、遅らせることなくファクタリング会社に支払う必要があります。

 

うっかりでは済まされない?

上記の4つのファクタリング利用時にやってはいけない行為をした場合、どのようなペナルティが考えられるのでしょうか。

まず、もちろんそのファクタリング会社とのその後の取引には支障が出るでしょう。

 

申告内容が多少間違っていて、故意ではないのなら継続的に取引できるかもしれませんが、架空債権の売却や二重譲渡は悪質なのでおそらく今後ファクタリングに応じて貰えないでしょうし、同業者のネットワークを通じて情報が拡散し、他のファクタリング会社も取引に応じてくれなくなることも考えられます。

 

また、ファクタリングを利用できないだけではなく、悪質な場合は刑事訴訟や民事訴訟の対象になることも考えられます。

考えられる刑事罰としては、相手を騙して利益を得た場合は詐欺罪、相手を騙すために契約書などを偽造していた場合は私有文書偽造罪、偽造私文書等行使罪になる可能性も考えられます。

 

民事訴訟の可能性もあり、ファクタリングによって不当に得た利益を返還するだけではなく、損害に応じた賠償も請求される可能性もあります。

上記のようなファクタリングでやってはいけない4つの行為は、知らなかったでは済まされない可能性が大いにあるので注意してください。

 

ファクタリングの禁止行為を行ってしまうとうっかりではすまされない

 

詐欺行為をしないために

説明したような4つの詐欺行為は大抵の場合は故意で発生すると考えられますが、不注意から二重譲渡や虚偽申告を行ってしまう場合がないとも言えません。

このような状態を発生させないためにも、経営者は自分を戒めつつ、売掛金の状態をきちんと管理する必要があります。

 

そもそもファクタリングにおいては、自社の経営状態が良く見えるように虚偽申告をする必要はほとんどありません

ファクタリングにおいて、利用者の経営状態はほとんど関係ないからです。

 

また、多くの詐欺行為はファクタリング会社にばれています。ファクタリング会社も詐欺に合わないように注意して利用者や債権についてチェックをしていますし、手続き上、利用者と売掛先がグルになってよほど悪質にしなければ大抵の嘘は手続きのなかでばれてしまうからです。

 

ファクタリングを利用する会社の中には資金繰りに切羽詰まっていて、不正をしてでもちょっとでも多くの資金を確保したいと考える企業も中には存在するかもしれませんが、成功率が低くリスクが高すぎるのでやめておいたほうが良いでしょう。

 

おすすめファクタリング会社

以下はご参考として、これからファクタリング会社をお探しの方におすすめの会社をご紹介します。

いずれも、安心・安全に利用できる評判の良いファクタリング会社となります。

 

三共サービス

三共サービスは、ファクタリング業界のなかでもトップクラスに手数料率が低いファクタリング会社です。

2社間ファクタリングで3.0%~、3者間ファクタリングなら1.5%~という水準です。

少しでも手数料を低く抑えてファクタリングを利用するなら三共サービスがおすすめです。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 


 

ビートレーディング

ファクタリング業界のなかで知名度が高く、口コミ・評判の良い会社がビートレーディングです。

東京、大阪、福岡の支店があり、出張対応・出張査定も行ってくれますので、全国から利用可能です。

また、ビートレーディングでは、自営業者の申込や、小口のファクタリングも利用可能なのもメリットと言えます。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 


 

MSFJ

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 


 

GMO PAYMENT GATEWAY

 

  • GMO BtoB 早払い
  • 一部上場企業が行うファクタリングサービス
  • GMOグループのGMOペイメント
  • ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~
  • 2社間ファクタリングにも対応可能

 

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業です。

これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。

しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

 

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

 

大手ファクタリング会社で安心して利用できるところを探しているなら「GMO PAYMENT GATEWAY」のファクタリングサービスがおすすめです。

 

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)


MI Vision

 

  • MI Visionのおすすめ度:A+
  • 最長3ヶ月までの将来債権ファクタリング可能
  • 他社に比べて大きな金額のファクタリングが利用できる
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。

 

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

 

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)


 

OLTA

ファクタリングのOLTA

 

OLTAのおすすめ度:A+

  • 急成長中のファクタリング会社
  • 大手金融機関と業務提携
  • ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内
  • 信頼性が高く、安心して利用できる
  • 日経新聞などのメディアでも紹介多数
  • 個人事業主も利用可能
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

 

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

 

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方法人企業/個人事業主
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

OLTA
4.5

ファクタリングのOLTA

☆クラウドファクタリング
☆大手金融機関との業務提携豊富
☆来店不要で契約可能

適用金利・手数料など

2.0~9.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

見積もり結果は24時間以内

その他優遇など

2社間ァクタリングも利用可能(取引先への通知不要)

資金調達限度額

非公表

 

ファクタリングの関連記事

 OLTAのファクタリングサービスの徹底解説

 

注意すべきファクタリング利用時のリスク

また、ファクタリング利用時には注意すべきリスクや、危険性もありますので合わせて確認しておくと良いでしょう。

 

取引先に知られてしまうリスク

ファクタリング自体は違法な行為ではありませんし、問題のある資金調達方法ではありません。

しかし、ファクタリングを利用することを売掛先に知られることで問題が起こることもあります。

それは、取引先に対する信用不安、倒産してしまうのではないかと懸念を持たれてしまうことです。

 

まだまだファクタリング自体は知名度の高い取組ではありません。

そのため、資金調達のために売掛金を売却するということを良く理解できなかったり、そこまでして資金調達しないといけないほどに資金繰りがひっ迫していると良くない印象を持たれることがあるのです。

 

売掛金を用いた資金調達方法は今後さらに重要度が増していくと考えられますが、現時点で不用意に取引先に知られてしまうことはリクすが高く、あまり望ましいことではありません。

取引先に知られてしまった場合のリスクも良く理解しておく必要があります。

 

なお、ファクタリング利用時には「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」のどちらかを選んで利用することになります。

この時、2社間ファクタリングは取引先に知らせず、原則秘密で行う場合のファクタリング方法になります。

一方、3社間ファクタリングは取引先に事前に通知し、同意を得て行うファクタリング方法となります。

 

悪質なファクタリング会社

また、悪質なファクタリング会社が存在しているリスクにも注意が必要です。

ファクタリング業界には貸金業者や、銀行などのような業界と異なり、規制や制限を行う法律は存在していません。

そのため、事前に免許などを得る必要がなく、簡単に参入できる業界となっています。

 

そのため、悪質なファクタリング会社であっても簡単に取引を行うことができます。

また、これまでも闇金業者などと言って、違法な融資を行う金融業者が存在していますが、これらの闇金業者のなかには、ファクタリング会社を装って、ファクタリングと称して違法な融資を行う会社も存在しています。

 

悪質ファクタリング会社に騙されてしまっては資金調達どころではありません。

高すぎる手数料を要求されたり、そもそも正常なファクタリング取引を行うつもりもなく、お金をだまし取るような行為を行うこともあります。

悪質ファクタリング会社にだまされないように注意してファクタリング会社を選ぶ必要があります。

 

ファクタリングの関連記事

 悪質ファクタリング業者に騙されないために知っておきたい詐欺手口!

 ファクタリング契約時に確認するべき8つのポイント

 

まとめ

以上のように、ファクタリングでやってはいけない「架空債権の販売」「二重譲渡」「虚偽申告」「回収資金の流用」という4つの禁止行為について説明しました。

いずれも大部分のファクタリング利用者は行おうとする発想すらないと考えられますが、資金繰りに困窮して魔がさすかもしれませんし、不注意で結果としてそのような状態が発生するケースも考えられます。

 

仮にこのようなことをやってしまうと、ただファクタリングを今後利用できないだけではなく悪質な場合は刑事罰の対象になることも考えられます。

 

いくら資金繰りに困窮していたとしても、このような禁止行為はファクタリング会社も警戒しているのですぐにばれる可能性が高く、ばれたときに発生するリスクが甚大なので、リスクに対してリターンが見合っていません。

倫理的な観点からもダメですが不合理でもあるので、本記事で説明した4つの禁止行為については絶対行わないようにしてください。

 

ファクタリングの関連記事

 おすすめのファクタリング会社を徹底比較!

 口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG