【保存版】ファクタリング会社担当者が教える審査項目・審査基準を大公開 / 審査に通りやすいファクタリング会社

ファクタリングの審査項目は融資と大きく異なるため、利用の際は審査のポイントを知っておくことが大切です。

特に、緊急の資金調達を希望する場合、スムーズに審査に通過するために非常に重要なのが審査項目への対応です。

銀行融資との違い、重視される審査項目、売掛先に関する信用力の審査や適している売却債権、また、利用する会社についての審査項目について紹介します。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは中小企業や、小規模事業者、個人事業主などが利用しやすいとして、注目度が高まっている資金調達方法です。

ファクタリングは商取引で発生した「売掛金」を売却して、本来の回収期日前に現金化する方法です。

売掛金を前倒しで現金化できますので、ファクタリング利用者は運転資金を減少させ、資金繰りを改善できる効果が期待できます。

また、ファクタリングはお金を借りるものではなく、売掛金という資産の売却です。借入ではなく、資産の売却であるという点がファクタリングの特徴となります。

 

ファクタリングの関連記事

 

ファクタリングと銀行審査は違う

事業を行われている方の場合、銀行融資に申込や実際に借入したことのある方は多いでしょう。

そのため、多少なら銀行の審査が解るという方もいるでしょう。

ファクタリングの審査の特徴を理解するには、銀行融資の審査基準やポイントと比較して確認してみるのが良いでしょう。

 

スピードが速い
銀行などの融資では、信用についての審査や手続きで最短でも1ヶ月程度かかってしまうことがありますが、ファクタリングは審査スピードが速く、最短即日でも資金調達できるのが特徴です。

ファクタリングは、緊急の資金調達に利用される方からの申し込みが多いため、急ぎの審査・手続きに慣れており、すぐに対応してもらうことができます。

WEBから必要項目を連絡後、電話で「急ぐ」ことを伝えれば、すぐに審査対応してもらうことができます。

 

緊急の資金調達に使える一括見積サイト

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

ファクタリングの関連記事

 スピード査定が可能なファクタリング会社

 

審査に通りやすい

さらに、銀行融資は、一般的に審査基準が厳しく、設立後間もない事業者や、赤字、債務超過、税金滞納などの信用力が劣る状況にあると審査に通るのが困難となります。

一方、ファクタリングでは、売却の対象となる売掛金の信用力が審査項目として重視されます。

そのため、直接資金調達を行うファクタリング利用者が、融資の信用力を持たない会社であっても、売掛金の支払期日前に資金を調達することが可能です。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの審査基準を確認

 

赤字・債務超過でも調達可能

銀行などの融資は金銭貸借契約であり、銀行は、融資した資金をファクタリング利用者の利益から返済してもらえるかどうかが大切です。

そのため、融資先企業の経営状況や資金繰りなどの審査項目や、信用力を評価します。

一方、ファクタリングは、売掛債権の売買です。売掛債権とは、通常の販売や営業活動によって発生した売掛金を請求できる権利のことを指します。

 

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権を回収しなければならないため、審査においては、資金の回収を行うことになる売掛先の企業の信用力を最も重視します。

そのため、売掛先企業の信用力が高ければ、ファクタリング利用者の信用力が低くても資金調達できる可能性があります。

資金調達者なのか、売掛先なのか、どちらの信用力を審査で重要されるのかという点が、銀行融資とファクタリングの審査基準で大きな違いとなります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングなら赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中でも利用できる

ファクタリング審査の3ポイント

ファクタリングの審査に際しては、買い取った売掛金の回収リスクを回避するという観点から、売掛先の企業の信用を中心とした審査が行われることになります。

ファクタリング契約に際しては、主に売掛先企業の信用力(返済能力)をはじめとして、買い取って良い売掛債権かどうかという債権の適合性が重視されることになります。

審査項目に関する査定結果は、ファクタリング契約の可否だけでなく、ファクタリング手数料にも関係することになるため、少しでも良い評価を得るための注意が必要です。

 

売掛先の信用力

ファクタリング会社にとっての最大のリスクは、売掛先企業の倒産による回収不能リスクです。

そのリスクを回避するため、ファクタリングの審査では、売掛金の確実な回収が見込める企業であるかどうかという信用力に関する審査基準が重視されます。

たとえば、売掛先の企業が毎月安定的に売上を得ているような上場企業や国などの公的機関であれば、ファクタリング会社にとっては魅力的な売掛金になります。

また、売掛先企業が中小企業である場合でも、ファクタリング利用者との間で、毎月、遅延や滞納もなく売掛金が支払われている実績のある経営状況であれば、ファクタリング会社の信用力に対する高評価を得やすいと言えます。

 

一方、過去の入金実績(通常1~2年程度を確認)で、遅延・延滞のある売掛金は信用力が低いと考えられるため、審査基準を満たせずに、ファクタリング審査に落ちてしまうこともあります。

 

売掛先の信用を審査する情報としては、帝国データバンクや東京商工リサーチなどの信用情報、法人信用情報を使用されたりします。

さらに、ファクタリング利用会社と売掛先の取引期間の長さも、売掛先の信用力を測るうえで重要な情報ともなります。

 

また、売掛先企業の経営については、利益額や利益率、フリーキャッシュフロー、融資の借入件数や返済履歴、自己資本比率などが審査の対象とされます。

売掛先企業としては中小企業以上が該当し、個人に対する売掛金はファクタリングの対象にならないケースがあることに注意が必要です。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングできる売掛金の信用力とは?

売掛債権の適合性確認
ファクタリングの審査では、譲渡の対象となる売掛債権の適合性についても審査されます。

適合性の項目としては、売掛債権の支払い期日までの長さ(回収期間)や、譲渡できる売掛債権かどうか(譲渡禁止・不可でないか)などが審査されます。

 
売掛金の回収期間
ファクタリング会社にとっては、売掛金の回収が確実になされるかという点において、ファクタリングの契約日から買い取った売掛金の支払期日までの期間(回収期間)が短いほどリスクが低く、審査に通りやすいと言えます。

売掛金の支払期日(回収期間)は、支払いの猶予期間と言い換えることができますが、その期間中に売掛先企業の業績が傾いて、最悪のケースとして倒産するようなことになれば、ファクタリグ会社は買取り額を回収できないことになってしまいます。

 

そのため、長すぎる支払期日(回収期間)の売掛金は審査に通りにくくなることがあります。

一般的なファクタリングとして、4ヶ月以上となる売掛金には注意が必要です。4ヶ月以上となる売掛金はファクタリング会社としても敬遠するため、利用できない可能性が高くなります。

売掛金の適合性確認とは?

ファクタリング会社が買い取る売掛債権は「実際に存在している」ことが前提となるのは言うまでもありません。

確認した結果、売掛債権が実在しなかったということでは、ファクタリング契約が成立しないからです。

 

そのため、ファクタリングの審査基準には譲渡対象となる売掛債権かどうかという点も加えられています。売掛金のなかにはファクタリングの対象とならないものもあります。

売掛金が実際に存在しているか、通常60日以内が妥当と言われる売掛金の支払期日までの長さ、不良債権ではないか、売掛金に対するサービスが提供済みか、売掛金の請求書が発行済か、売掛金が二重譲渡になっていないかなどが、利用可能な売掛債権かどうかが審査項目とされています。

 

また、売掛債権の種類によってはファクタリングに適さない売掛債権もあるため注意が必要です。

利用可能な売掛債権としては、製品売買代金、サービス提供代金、運送・輸送料金、請負代金、調剤報酬、診療報酬、介護報酬などがあります。

 

一方、利用できない売掛債権として、譲渡禁止特約付債権(但し、3社間ファクタリングなら可能性あり)、下請代金支払遅延防止法に規定される債権、個人に対する債権、売掛金よりも売掛先からの買掛金が大きい場合の売掛債権などがあることに注意が必要です。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングできる売掛金の特徴とは?

 

ファクタリング利用会社の信用力

ファクタリングの審査で特に重要なのは売掛金の信用力調査や、ファクタリングへの適合性確認です。

しかし、ファクタリング利用者の信用力が審査に影響することもあります。

ファクタリング契約に際しては、ファクタリングを利用しようとする会社の信用や経営者の信用についても、審査が行われます。

 

信用力が重視されるケース

ファクタリングには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2つの方式があります。

 

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いとは?

 

2つのファクタリング方式のなかでも、ファクタリング利用会社の信用力が特に重要になるのは2社間ファクタリングの場合です。

3社間ファクタリングでは、譲渡した後の売掛金の回収(取引先の支払い)は、ファクタリング会社が直接行うことになります。

一方、2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が一旦回収した後、回収した代金をファクタリング会社に支払います。

 

2社間ファクタリングイメージ図

3社間ファクタリングイメージ図

この、一旦ファクタリング利用者が間に入るという点が、ファクタリング利用者の信用力が重要となる理由です。

仮に、ファクタリング利用者の資金繰りがひっ迫していて、回収した代金を流用されてしまうと、ファクタリング会社に支払ってもらえない可能性もあります。

 

調査される項目

ファクタリング利用会社の信用力については、ファクタリング資金の使途、資金繰りの状態、フリーキャッシュフロー、他社からの借入件数や返済履歴、税金の滞納の有無などについて審査が行われます。

 

また、ファクタリング利用会社の成長性も、審査項目となります。

利用会社が成長の過程であれば、ファクタリングの審査が通りやすいと言われています。

ファクタリングを利用して資金調達した際に、その資金を何に利用するかも審査項目とされます。

資金の使途は、金融機関で融資を受ける場合と同様、ファクタリングを利用する場合にも確認されることになります。

ファクタリングを利用することで、資金繰りが改善するかチェックされます。季節的な変動など、一時的に資金が不足するだけで、ファクタリングを利用することによって資金繰りが改善する見込みがあるかどうかがポイントとなります。

 

なお、反社会的勢力、性風俗業界といった会社については、ファクタリングの対象から除外されます。

 

経営者に対する審査

ファクタリング利用会社の経営者の誠実さについても審査項目とされています。

売掛金を他の借入金の返済や従業員の給料・納税など他の支払いに使ってしまうようなケースでは、誠実と見做されることは困難と言えるでしょう。

ファクタリング審査では、利用会社の信用だけでなく、経営者の人柄、面接での誠実さ、必要書類の不備の有無といった、経営者としての誠実さも審査項目とされています。

もちろん、ファクタリング会社が、「この経営者は信用できない」と判断すると、ファクタリング審査に落ちてしまうことになります。

審査に必要な書類

ファクタリングの審査を受けるためには申込時に必要書類を提出する必要があります。

売掛金の現金化を急ぐ場合、これらの必要書類の提出を急ぐ必要があります。

書類提出が遅くなれば現金化までの日数が余計にかかってしまいます

そのため、現金化を急ぐなら必要書類を早めに用意しておく必要があります。ここでは、一般的なファクタリング利用において、審査を受ける前に提出を求められる必要書類をご紹介しておきます。

 

審査時に提出する書類

  • 代表者の本人確認書類
  • 売掛金を証明する書類(契約書、請求書、見積書)
  • 売掛金の入出金がある通帳

 

ファクタリング会社に正式申込する場合には、以上の書類を提出する必要があります。

なお、書類提出前にファクタリングの審査に通って利用できる可能性があるかどうかを事前確認したいという方には、以下でご紹介する簡易審査がおすすめです。ファクタリングの簡易審査を利用すれば、10秒程度の簡易的な入力でファクタリングの利用可否を確認できます。

 

ファクタリングの簡易審査

それでも「自社、もしくは自分は本当にファクタリングを利用できる?」と心配な経営者は多いでしょう。

そういった方には、「ファクタリングの簡易・無料診断」がおすすめです。

 

簡易審査・簡易診断を活用すればファクタリングの利用可否を数分で確認することができます。

ファクタリングの簡易・無料診断とは、ファクタリング審査のポイントから、実際に資金調達できる可能性があるかを、簡易で診断してもらうことができるサービスです。調達できる可能性を確認したうえで、ファクタリング会社選びを始めるのも有効な方法です。

 

こういった簡易審査・簡易診断であれば「資金調達プロ」が活用できます。

資金調達プロは「事業資金調達」のための一括見積・比較サイトで、業界の草分け的な存在です。一度の入力で、何十という提携先から最適な調達先を紹介してもらえます。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングの利用には、ファクタリング会社の選別が重要です。

もちろん、審査基準自体もファクタリング会社によって異なりますが、ファクタリング手数料などの条件も会社毎で大きく異なります。

そのため、ファクタリングを活用するには、「手数料などの条件が良く」、「審査に通りやすい」ファクタリング会社を選ぶことが大切です。

以下、おすすめのファクタリング会社を4社ご紹介します。(ファクタリングの相談は、2~3社を同時並行で相談されるのが大切です)

 

三共サービス

ファクタリング利用時に、必ず対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社です。

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MI Vision

MI Visionは将来債権の買取を得意とするファクタリング会社です。

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビジネスローンとの選択

ファクタリングを利用するためには「売掛金」の存在と取引先の信用力が重要です。

そのため、そもそも売掛金を保有していない企業や事業主はファクタリングを利用できません。

また、売掛金は保有していても、売掛金の信用力が低い場合や、個人向け債権が大部分を占める場合にも、ファクタリングの利用は難しくなってしまいます。

こんな時に利用がおすすめなのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンは、ノンバンクと言われる貸金業者が行っている融資であり、銀行融資に比較して、審査に通りやすく、審査スピードも速いのが特徴です。

もちろん、ビジネスローンなら、売掛債権を保有していなくても利用可能ですし、ファクタリングに劣らないほど、スピードの速い審査も可能です。

  • アイフルビジネスファイナンス
    5

    ☆事業者向けビジネスローン
    ☆アイフルグループ
    ☆急な資金調達に対応可能
    ☆無担保・無保証(第3者保証)
    ☆年会費/保証料不要

    借入可能額(最大)

    1,000万円

    適用金利・手数料など

    3.1%~18.0%

    その他優遇など

    カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

  • ユニーファイナンス
    4.28

    ☆事業者向けビジネスローン
    ☆無担保型と不動産担保型が選べる

    借入可能額(最大)

    (不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

  • エム・アール・エフ
    4.3



    ☆個人事業主・法人向けビジネスローン
    ☆西日本エリアが対象
    ☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

    借入可能額(最大)

    3億円

    適用金利・手数料など

    ~15%以内

 

ファクタリングの関連記事

 

まとめ

銀行融資の審査に落ちてしまった場合や、緊急で資金調達したい場合、ファクタリングは効果的で可能性のある有効な方法となります。

しかし、銀行融資に比べれば審査に通りやすいとは言っても、ファクタリングにも審査が必要であり、対象となる売掛金や、利用者の信用力などで審査に落ちるケースもあります。

ファクタリングを最大限有効活用するためには、ファクタリングの審査項目を理解して、事前に準備・対応しておくことが大切です。

 

ファクタリングの関連記事

サイト厳選!おすすめのファクタリング会社一覧

口コミ・評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

実績豊富な大手ファクタリング会社の一覧

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG