売掛金を期日前に現金化するファクタリング!資金繰り改善の裏技

資金繰りに悩みのある中小企業経営者や資金繰り担当者、小規模事業者にファクタリングをご紹介します。ファクタリングは銀行融資やビジネスローンと異なる資金調達方法ですので、銀行の融資審査に落ちてしまった企業でも利用できるのがメリットです。

 

そのため、ファクタリングは資金繰りに困っている事業者におすすめの資金調達方法となります。今回はファクタリングを活用して、売掛金を期日前に現金化する資金繰り改善術や活用方法を解説します。

 

 

売掛債権を期日前に現金化

中小企業や個人事業主が事業のための資金を調達する場合、やはり銀行からの借入を活用することが多くなります。むしろ、銀行融資以外で事業資金融資などを受ける方法が解らないという経営者も多いことでしょう。

 

しかし、銀行融資は相談や審査に時間がかかることに加え、審査自体が厳しく、中小規模の企業だと利用できないという可能性も高くなります。担保となる不動産などがあれば資金調達も行いやすいですが、目立った資産を保有していない企業も多いでしょう。そのため、必要な時に、必要な金額の資金調達を行うことも難しくなってしまいます。

 

こんな時に活用したいのがファクタリングです。ファクタリングとは商取引で発生した売掛金をファクタリング会社に売却することで、本来の回収期日前に現金化する方法です。売掛金を前倒しで回収するのと同様の効果がありますので、企業にとっては必要な運転資金が少なくなり、資金繰りを改善させることができます。

 

以上の説明から解る通り、ファクタリングは資金調達の手段ではありますが借入ではありません。借入ではありませんので、銀行融資やビジネスローンとは根本的に異なります。決算書上の借入にもなりませんので、銀行の融資審査に対するマイナス評価にもなりにくいメリットがあります。ファクタリングは売掛債権を前倒しで回収することによる資金繰り改善方法です。

 

 

ファクタリングは実はメジャーな資金繰り改善方法

「ファクタリング」という資金繰り改善方法を始めて聞いたという方も少なくないでしょう。ファクタリングはまだまだ日本国内では知名度の低い資金調達方法です。そのため、聞いたことがない、利用したことがないというのも仕方ありません。

 

しかし、ファクタリングというのは、実は欧米などでは昔から利用されることの多い資金調達方法であり、決して知名度の低い資金繰り改善方法ではありません。売掛債権を活用した資金調達方法であり、銀行融資への過度な依存を避けるためにも広く利用されているのです。

 

また、近年は日本でもファクタリングの利用が増加しています。特に、日本の中小企業庁も、中小企業・小規模事業者の銀行融資への過剰依存を改善する方法として、売掛債権を活用した資金繰り改善(=ファクタリング)を推奨するコメントを出しており、ファクタリングに対する注目度はますます高まっています。

 

ファクタリングは海外ではメジャーな資金調達方法

 

ファクタリングの仕組み

「ファクタリング=売掛金の売却」と言っても、今一つ仕組が良く解らないという方もいますよね。ファクタリングによって資金調達するための仕組みについて、もう少し詳しく確認しておきましょう。

 

ファクタリングでは、利用者が本業で取引先にサービスを提供した後に発生する売掛金をファクタリング会社に売却します。ファクタリング利用者は売却代金によって、売掛金に相当する金額(正確にはファクタリング会社の手数料が控除された後の金額)を売却代金として早期に受け取ることができます。

 

▼ファクタリングの仕組

ファクタリングの仕組み

 

その後、売掛金の本来の回収期日に、取引先から受け取った売掛金の回収代金はファクタリング会社に渡すことになります。そのため、実質的に売掛金を活用した資金調達になるのです。

 

 

資金調達スピードが早い

ファクタリングの大きなメリットの1つは審査スピードが早く、即日での資金調達も可能ということです。ファクタリングを利用する会社のなかには、銀行融資の審査に落ちてしまったために、資金が必要となる期日間近になって調達目途が無くなってしまったという方も多くいます。

 

そのため、資金繰りに窮してしまい、ギリギリのタイミングでファクタリング会社に相談するケースが多くなったため、ファクタリング会社でも審査スピードを速めて対応しています。特にスピードの速いファクタリング会社であれば、必要書類を提出すれば、その日のうちに審査結果がもらえるというファクタリング会社もあります。

 

資金繰りの早期改善、突発的な資金繰り悪化を防止するためにも、ファクタリングは有効な資金調達方法となっています。

 

<ファクタリング申込に必要な書類は?>

>>ファクタリング申込前に最終チェック!必要書類や審査のポイントを解説

 

 

赤字・債務超過・リスケ中でも利用化

ファクタリングの2つ目の特徴は、赤字、債務超過、リスケ中といった銀行融資なら、ほぼ間違いなく断りを受ける状況であっても、審査に通過して資金調達できる可能性があることです。こういった状況でも審査に通ることで、ファクタリングが「闇金」の類ではないかと心配されるかもしれませんがそうではありません。

 

ファクタリングは闇金などとは異なる正当な資金繰り改善方法です。ファクタリングが赤字、債務超過、リスケ中といった状況でも利用できる理由は、ファクタリングという資金調達方法の特殊性にあります。

 

ファクタリングは売掛債権を売却することによる資金調達方法です。そのため、ファクタリング会社は、売掛金の本来の回収期日に取引先からの支払いで決済されれば、ファクタリング利用者の信用に関わらず、資金を回収することができます。つまり、ファクタリング会社の保全としては、ファクタリング利用者よりも、売掛金を支払う取引先の信用力が重要になります。

 

取引先の信用力が高ければ、ファクタリング利用者の信用が悪化していたとしても、審査に通過してファクタリングを利用できる可能性は高くなります。この点が、ファクタリングと銀行融資では大きく異なります。逆に、取引先の信用が悪化していて、売掛債権の入金が遅延しているなどの状況だとファクタリングの利用は難しくなってしまいます。

 

赤字・債務超過・リスケ中でもファクタリングは利用出来るだけ

 

資金繰り改善に効果的な利用方法

ファクタリングには、売掛金を本来の回収期日よりも前倒しで現金化する効果があります。そのため、現金化を早めて資金繰りを改善できるなら、発生した売掛金は全てファクタリングしてしまった方が良いと思われる方もいるでしょう。

 

しかし、こういったファクタリングの利用方法はおすすめできません。

ファクタリングを利用するには当然ながら費用が発生します。

銀行融資を受ける場合にも利息が必要となりますが、同様にファクタリングにも利息・諸費用に相当するファクタリング手数料が発生します。

 

また、ファクタリングでは銀行融資を利用できない方の利用が多くなるため、ファクタリング会社はそれだけ高いリスクを負っていることになります。そのため、銀行融資の金利に比べて、ファクタリング手数料の方が高い水準となると考えた方が良いでしょう。

 

<関連:ファクタリングの手数料水準>

>>ファクタリング手数料の相場はいくらくらい?

>>ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

 

ファクタリングは決して無料で利用できるサービスではなく、借入金利よりも高い費用を負担して利用する資金繰り改善手段だと考えた方が良いでしょう。手数料の高いファクタリングですから、過度に利用すれば、むしろ資金繰りを悪化させる懸念もあります。資金繰り改善のために利用するためには、利用するタイミングを良く選び、必要な範囲でのみ利用するのが良いでしょう。

 

ファクタリング利用が得に効果的なのは「つなぎ資金」と「緊急の資金」、さらに「少額の不足資金」です。以降で、それぞれの資金用途の特徴を解説します。

 

つなぎ資金

つなぎ資金とは融資やビジネスローンを受けるまでの短期間をつなぐための資金です。銀行融資は申込から審査を経て、実際に融資を受けるためには1ヶ月以上の時間が必要となることも少なくありません。そのため、審査結果が良好でも、必要な資金需要に間に合わないということも起こり得ます。

 

こういった、融資の審査期間をつなぐための資金としてファクタリングは効果的です。ファクタリング手数料は高めですが、短期的・小数回の利用であれば、手数料の高さも問題とはなりにくくなります。

 

緊急の資金

ファクタリングによる資金繰り改善効果の高いケースの2つ目は「緊急の資金」です。銀行の融資審査に落ちた場合や、突発的な資金需要が発生した場合など、他の資金調達方法では間に合わないというケースがあります。

 

ファクタリングであれば、相談から最短即日、平均的にも数営業日での資金調達が可能であり、短い期間で資金繰り改善を行うことができます。

 

少額の不足資金

取引先からの入金の遅延や、一時的な要因による資金繰り悪化など、資金繰りがわずかに不足してしまうということもあります。少額の資金調達であれば、ファクタリング手数料の水準もあまり問題にはなりませんので、ファクタリングによる資金調達は効果的です。

 

おまな資金利用方法

 

ファクタリングを利用するための流れ

次に、実際にファクタリングを活用して資金繰り改善を図るための基本的な手続きの流れを確認しておきましょう。この時、最初に行っておきたいのは、ファクタリングの「仮査定」、もしくは「簡易診断」を利用することです。

 

簡易診断・仮査定で確認

ファクタリングの仮査定、簡易診断とは、ファクタリング会社がWEB上で用意している簡単な項目に答えることで、ファクタリングの利用可否を診断してもらえ、利用できるファクタリング会社の有無を一括で確認してもらうための無料のサービスです。

 

あくまで簡易診断、簡易見積もりですので、こういったサービスを利用したからと言って、そのまま必ず利用するというものではありません。ファクタリングの検討のために参考にする程度でも問題ありませんので、事前確認として活用し、その後、さらに複数のファクタリング会社のなかから条件の良い会社を探すということができます。

 

▼簡易診断サービスの一例

資金調達ガイド

ファクタリング会社などの金融機関の紹介を行う「資金調達ガイド」もおすすめのファクタリング会社です。但し、前述の3社と異なり、資金調達ガイドは直接ファクタリングを行う会社というよりも、ファクタリング会社との仲介サービスを行う会社になります。資金調達ガイドを活用すれば、複数のファクタリング会社に対して、一括査定を依頼することができます。

 

この一括査定のサービスが「5秒簡易診断」であり、ファクタリングの利用可否や、利用可能性の高いファクタリング会社を紹介してくれます。ファクタリングの利用を検討されている方が、無料・短時間でファクタリングの利用ができそうかを確認したい方は資金調達ガイドの5秒簡易診断を利用してみましょう。

 

▼ 資金調達ガイドへのリンク

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック

資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。

希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択して、メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

ファクタリング会社に相談

簡易診断による一括査定や、手数料の低い先、知名度のファクタリング会社など、複数の候補を集めて、実際のファクタリング利用の相談を行います。ファクタリング会社との相談にあたっては、後述する「おすすみのファクタリング会社」から2~3件程度を同時進行で相談されてみるのが良いでしょう

 

ファクタリング会社との条件交渉では、相見積もり形式で相談することで、ファクタリング手数料などの条件が良化する効果が高いと言われています。一方、1社だけで相談した場合、条件交渉を行うことが難しくなったり、審査に通ることを優先するあまり、ファクタリング手数料が高くなってしまいがちです。

 

必要書類を提出

ファクタリング会社に相談(ネット上からのアンケート・メール相談も可能)した後は、実際に必要書類を提出して、最終審査してもらうことになります。ファクタリング申込時に必要となる書類については、以下の関連記事をご参照ください。必要書類を提出後、1~2日程度でファクタリング審査の結果が回答されます。

 

<関連:ファクタリング申込に必要な書類>

>>ファクタリングを利用する時の全手順

 

なお、このタイミングで直接の面談が必要になることもあります。

 

 

契約・現金入金

ファクタリング審査に無事通過して、ファクタリング手数料などの条件に合意すれば、実際にファクタリング会社との間で売掛債権を売却するための契約書を締結します。契約締結が終了すれば、すぐにファクタリング代金を受け取ることができます。

 

 

ファクタリング契約時の注意点

ファクタリング審査に無事通過した後のファクタリング契約時までに知っておきたい参考情報です。ファクタリング契約を行う場合には、最低限以下のことを知っておいた方が良いでしょう。

 

契約書の内容を確認する

当然ではありますが、ファクタリング契約を締結する際には契約書の内容を良く確認する必要があります。ファクタリング会社のなかには、まだ不適切なことを行って利用者を騙そうとする悪質ファクタリング業者も存在します。

 

悪質ファクタリング会社の場合、ファクタリング手数料などの条件提示内容と契約書の中身が異なっていることや、高すぎる手数料を要求されることもあります。また、契約書のなかに利用者が不利になる条文などを設けている業者も存在します。

 

こういった悪質ファクタリング会社に騙されないためにも、契約書の内容をしっかりと確認しておくことが大切となります。そして、事前に提示された利用条件と契約書内容に間違いがないかや、不利な取り決めがないかを確認する必要があります。

 

ファクタリング契約時の注意点

 

おすすめのファクタリング会社

ここまでファクタリングを有効活用するための相見積もりの方法について解説しました。ファクタリングの利用にあたっては相見積もりで2~3社程度を平行して相談するのが大切です。以降では、おすすめのファクタリング会社をご紹介しますので、是非、相見積もりの対象に加えてみてはいかがでしょうか。

 

1位 三共サービス

手数料水準でファクタリング会社を選ぶなら三共サービス

 

 

三共サービスは当サイトはもちろん、全国的に人気急上昇中のファクタリング会社です。三共サービスの人気の秘密は業界トップレベルの手数料率の低さです。なお、三共サービスを利用できるのは「法人企業」のみです。個人事業主は利用できません。三共サービスのファクタリングサービスでは最大1億円までの買い取りが可能です。

 

おすすめ度:S+

 

■三共サービスの条件

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間ファクタリング最大買取額
〇(2営業日)全国最安1億円

 

▼ 三共サービスの無料査定はこちら ▼

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)


 

*三共サービスは法人企業向けのサービスとなります

 

移動後したページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。相談内容に応じた担当者から連絡がきます。お急ぎの場合、もしくは翌日になっても連絡が無い場合は、お手数ですがリンク先の電話番号にお電話ください!

 

三共サービスが選ばれる理由

ファクタリングの関連記事

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

 

2位 MSFJ

手数料水準と利用しやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

おすすめ度:S

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

3位 ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

 

ビートレーディングは、知名度・契約件数(実績)ともに業界トップクラスのファクタリング会社です。ファクタリング業界のなかで、もっとも安心して利用できるファクタリング会社と言っても過言ではありません。

 

おすすめ度:A

 

ビートレーディングは最短即日から翌々営業日まででのスピード調達が可能です。

 

ビートレーディングなら、債権譲渡登記、連帯保証人、担保、全て不要で、資金調達できる可能性が高いのが特徴です。そのうえ、ビートレーディングは「赤字・債務超過・税金滞納中」でも資金調達可能を公言していますので、利用できる可能性の高いファクタリング会社です。

 

さらに、ビートレーディングは法人・個人事業主のどちらも相談・申込が可能です。ビートレーディングは全国どちらの会社でも利用できます。

 

<基本条件>

スピード査定対応地域出張査定手数料水準2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可)全国低い3億円

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、ご相談内容に適した担当者から、電話で連絡がきます。

 

ファクタリングの関連記事

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

 

まとめ

ファクタリングは本来の回収期日前に売掛金を現金化する方法であり、中小企業や自営業者の資金繰り改善に効果的な方法です。そのため、すぐに必要がなくても、いざという時に備えて知っておきたい資金調達方法となります。

 

ファクタリングは赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中でも利用できる可能性があり、さらに、即日での資金調達も可能な方法です。銀行融資の審査に落ちた場合や、緊急の資金需要が発生した場合などにも活用できます。

 

資金繰りを担当する責任者や、経営者には、是非、ファクタリングの知識を身に着けて、有効に活用していただきたいと思います。

 

 

▼ファクタリングの関連記事

>>おすすめファクタリング会社の一覧

>>口コミ・評判で人気のファクタリング会社

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG