悪質ファクタリング業者に騙されないために知っておきたい詐欺手口!/安心利用できるおすすめ会社5選

近年、資金調達が銀行融資に依存しがちな中小企業や、個人事業主のあらたな資金調達手段としてファクタリングが注目を浴びるようになっています。

しかし、ファクタリングはまだまだ「成長中の業界」であり、ピンからキリまで多くのファクタリング会社が存在します。

なかには、残念ながら詐欺まがいの手口で利用者を騙し、必要以上の手数料を取ろうとする悪質なファクタリング業者も存在します。

 

ファクタリングを上手に活用するため、悪質なファクタリング業者に騙されないための方法や、ファクタリング詐欺手口をご紹介します。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛金を売却することによる資金調達方法です。

銀行などで行っている「手形割引」を利用したことのある方は理解しやすいと思いますが、手形割引の手形を売掛金で行うものだと考えれば良いでしょう。

 

ファクタリングは売掛金が担保の役割も果たすため、銀行から融資を受けるよりも審査に通りやすく利用しやすいのが大きな特徴です。

そのため、赤字、債務超過、リスケ中といった会社、個人事業主でも利用できる可能性があります。

そもそもファクタリングってなに?聞いたことがないので、ファクタリングがどういった資金調達なのかから知りたいという方は以下の関連記事からご覧ください。

ファクタリング取引の概要やご利用のポイントを解説しています。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みや利用方法の完全ガイド

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

悪質なファクタリング会社

ファクタリング会社のなかには残念ながら、詐欺を目的とした悪質なファクタリング業者も存在します。

ファクタリングとは、一般的に、資金繰りにおいて「緊急性の高い」タイミングや、銀行融資の審査で断られて資金調達に困った時に利用することの多い資金調達方法です。

 

銀行から融資を受けるのに困ったことが無い、資金調達に全く不安を感じていない、資金繰りに困ることが無いという企業や、個人事業主であればファクタリングを利用する機会は少ないでしょう。

 

そのため、悪質なファクタリング会社からすれば、ファクタリング利用希望者は、かなり騙しやすいターゲットになってしまいます。

お金に困っていて、焦ったり、慌てている企業や、個人事業主なら、詐欺まがいの手口を利用されても、気付かない可能性が高いからです。

 

さらに、ファクタリング会社は、銀行と違って、「有名な大企業」、「業歴が数十年に及ぶ会社」は少なく、若いファクタリング会社が多いのが特徴です。

歴史の浅い業界であるため、ファクタリング会社も知名度の低い会社が多いのです。そのため、悪質なファクタリングが紛れていても、資金調達を希望する中小企業や、個人事業主には気付かれにくいのです。

今回はそんな悪質なファクタリング会社に騙されず、安全・安心にファクタリングを利用するためのポイントや、方法をお伝えいたします。

 

悪質業者の手口は?

悪質なファクタリング会社に騙されず、安全・安心にファクタリングで資金調達するためには、悪質ファクタリング業者の詐欺の手口を知っておくことが大切です。

悪質ファクタリング会社の詐欺手口を知って、準備が出来れば騙されずに済みます。

 

ファクタリング契約書に注意

悪質ファクタリング業者の詐欺手口に騙されないために、最初に気を付けたいのはファクタリング契約書です。

ファクタリング契約の内容に、資金調達希望者を騙す内容を盛り込むというのが一般的な詐欺の手口です。

 

悪質ファクタリング会社の手口を知る

 

契約書を事前に確認させない

ファクタリングの審査に通過すると、通常のファクタリング会社は契約書のひな形を渡してくれます。

ファクタリグに関わらず、契約するにあたって、事前に契約内容に問題ないことを確認しておかなければ、契約を締結できないのが通常です。

 

しかし、悪質なファクタリング業者では、ファクタリング契約書を事前に渡さないことがあります。

契約日まで、ファクタリング契約書を確認させず、当日・その場ですぐに署名捺印させようとすることがあります。

 

資金調達希望者に不利になる契約内容を盛り込んでおき、そのことをばれないようにする悪質ファクタリング業者の詐欺ともいえる手口です。時には、事前に説明を受けた内容と、実際のファクタリング契約の内容が異なることもあります。騙して契約させれば、後から文句を言っても遅いということにさせるためです。

 

ファクタリングを契約する際には、必ず事前に契約書を受領して、契約内容を確認する必要があります。必要があれば、弁護士や、行政書士などに確認を求めても良いでしょう。

 

関連記事:ファクタリング手続き・流れをご紹介

 ファクタリングを実際に利用するまでの申込・手続きの流れ

 

金額が空白の契約書に注意

次は実際にファクタリングの契約を締結するタイミングで起こる問題です。

ファクタリング会社との間で契約を締結しようとすると、「契約書に金額が記載されていない」ということがあります。

 

通常の契約において、金額が記載されていない契約書に署名・捺印することはありません。

それにも関わらず、金額は「後で埋める」ので、取り合えず、金額が空欄のままで署名・捺印するように求められることがあるのです。

 

これも悪質なファクタリング業者の詐欺手口となりますので注意が必要です。

こういったファクタリング契約書には、思っていた以上に低い金額が記載されてしまうことがあり、実際に振り込まれた額が、予定していた額より少ないということがあります。

 

ファクタリングは売掛金を売却する資金調達です。そのため、ファクタリング契約書には対象となる売掛金の売却金額が記入されるのですが、後から低すぎる金額を記載されてしまうことがあります。後になって、事前に聞いていた額よりも、買取り代金が少ないと文句を言っても、契約書が存在する以上、うまく丸め込まれてしまいます。

 

金額が空欄のままのファクタリング契約書に署名・捺印しないように注意が必要です。契約締結時には、慌てず、もう一度その場で、契約内容におかしいところがないか、事前に確認したひな形と同じものかなどを確認しましょう。

 

 

口座名義に注意

ファクタリング契約では、ファクタリング会社の口座名義を事前に確認することになります。

それは、ファクタリングに関する実費費用を支払ったり、ファクタリング後の売掛金の回収金を、ファクタリング会社に支払う必要があるためです。

そのため、ファクタリング会社の口座名義を、ファクタリング契約書に記入してあるのが通常の契約書です。

 

しかし、悪質ファクタリング業者の場合、契約書に口座名義・口座番号を記載していないことがあります。

悪質なファクタリング会社の場合、架空口座を使用したり、頻繁に「会社名」を変更したりするため、口座番号が固定しておらず、契約書に口座名を記載できないことがあるのです。

 

また、連絡してくる口座名義も、それまでに聞いていた会社名とは違う、別法人・別人の口座名義ということもあります。

契約書に口座名を記載せず、ぎりぎりまで「口座名・口座番号を明かさない」ファクタリング会社は、悪質ファクタリング業者である可能性が高いので注意が必要です。

 

悪質ファクタリング会社は絶対に避ける

 

審査結果を遅らせる

資金調達が必要なタイミングまでに時間が無いということが、ファクタリングには多くあります。

銀行融資に断られたり、急な資金調達に対応するためにファクタリングを利用することが多く、こういったケースは少なくありません。

しかし、悪質なファクタリング業者の場合、資金調達が必要な「ぎりぎりのタイミング」まで、結果を伝えずに、遅らせてくるという詐欺の手口があります。

 

すぐに結果を伝えると、資金調達希望者が別のファクタリング会社などに相談できる時間的な余裕が生まれるからです。

そのため、悪質なファクタリング業者では、ぎりぎりまで結果を伝えず、他の資金調達手段が利用できなくなってから、資金調達希望者にとって不利な条件を伝えるという手口を利用します。

 

資金が必要となる「ぎりぎりの時期」まで資金調達の目途が立たず、追いつめられてしまうと、資金調達希望者に選択の余地が無くなってしまいます。

悪質なファクタリング業者から、相当に不利な条件を提示されても、飲まざるを得なくなってしまうのです。

 

こういった悪質ファクタリング業者の詐欺手口に騙されないためには、常に複数のファクタリング会社、ビジネスローンなどの選択肢を用意して、並行して相談しておくことが必要です。相談したファクタリング会社から、「資金調達に問題がないから他に相談しなくて大丈夫」、「当社の条件が他よりも良いから心配不要」などと言われても、1社に集中して相談するのは避けるべきです。

 

選択肢を一本に絞ってしまうと、悪質な業者からすれば、非常に騙しやすい相手になると思っておいた方が良いでしょう。

 

手数料が高すぎないか注意!

悪質なファクタリング業者が最終的に狙うのは「高すぎる手数料」です。

色々な手段や、詐欺とも言える手口を使って狙うのは、「お金を騙し取る」ことです。そのため、「ファクタリング手数料が高過ぎないか」を注意しておく必要があります。

また、ファクタリング手数料が妥当なものか、それとも高すぎるかを判断するためには、以下の2点に注意することが必要です。

  • ファクタリング手数料の相場を知る
  • 諸費用を含めて手数料を確認する

 

手数料相場を確認する

ファクタリング手数料の相場は、利用する方法(2社間ファクタリングと3社間ファクタリング/取引先に事前に同意を得るかどうかですね)や、売却の対象となる売掛金の信用力でも異なります。ファクタリング手数料の相場は以下の関連記事で詳細に説明していますので、こちらも参考にしてください。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングで売掛金を高く売るためのコツ

 ファクタリング手数料の相場はいくらくらい?

 ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

おおよそ、3社間ファクタリングであれば210%、2社間ファクタリングで520%程度が妥当な範囲でしょう。

この水準を超えて、ファクタリング手数料を要求される場合には、悪質なファクタリング業者である可能性が高くなりますので注意が必要です。

複数のファクタリング会社を比較しながら、ファクタリング手数料や、契約内容の妥当性を確認しましょう。

 

諸費用に注意

ファクタリング手数料は同業他社と比べて低く提示しながら、一方で多額のファクタリングに要する諸費用を請求する業者もいます。

 

通常、ファクタリングに要する諸費用は、出張対応を依頼した場合の交通費(実費)、契約の印紙、債権譲渡登記を行う場合の登記費用(登記必要時)と、場合によって事務手数料(審査手数料)として12万円程度でしょう。それにも関わらず、もっと多くの金額を諸費用として請求する悪質ファクタリング業者が存在します。

 

単純にファクタリング手数料だけで各社の条件を比較すると低く見えるけども、諸費用を含めて比較すると大幅に条件が悪くなるというファクタリング業者が存在します。必ず、ファクタリングの条件はファクタリング手数料+諸費用で比較する必要があります。

 

さらに、諸費用は「後日請求してくる」と言って、事前に金額を説明しないファクタリング業者には要注意です。

こういった悪質なファクタリング業者に対応するうえでも、複数の業者に並行して相談することが大切です。

 

ファクタリングにかかる手数料・諸費用にも注意

 

手数料の分割支払いを提示

さらに多額の手数料を分割支払いで支払うことを提案してくるファクタリング業者にも悪質な業者の可能性が高く、注意が必要です。

資金繰りに追われている方に、その場で多額の手数料が必要となる契約を応諾させるために分割支払いを提案してくることがあります。

手数料相場が妥当な水準であれば良いですが、高額な手数料に納得させる手段として分割支払いを提案している可能性がありますので注意が必要です。

さらに、分割手数料として、追加で手数料を請求してくることもあります。

 

諸費用の先払いを要求

ファクタリングによる入金が得られる前に、諸費用の支払いを求められる場合には注意が必要です。

特に、「審査するための費用が先に必要」、「審査に通すために前払いが必要」「ファクタリングを実行するために先に事務手数料が必要」、「銀行の審査に落ちた履歴を消すために費用がかかる」などと言って、多額の費用を先に払うように依頼してくるファクタリング業者には注意が必要です。悪質な詐欺の手口である可能性があります。

 

諸費用だけを受け取って、その後、連絡がつかなくなり、ファクタリングによる買取も実施されないという業者もいます。

通常のファクタリング会社であれば、ファクタリングを実施する際に、同時か、もしくは後日の売掛金回収時に手数料を受領します。

ファクタリングによる買取を行う前に、先に諸費用を要求するファクタリング会社は悪質な詐欺の可能性があるので注意してください。

 

個人口座への振込を要求

かなり悪質な詐欺手口ですが、ファクタリング会社ではなく、営業職員の個人口座を活用した詐欺手段も見られます。

 

2社間ファクタリング(取引先への同意なし)を利用する場合、売掛金の期日回収を資金調達希望者が行って、その回収金をファクタリング会社に支払うことになります。

悪質な業者のなかには、この回収した売掛金の支払いを、色々な理由を付けて、ファクタリング会社の口座ではなく、営業員の個人口座に振り込ませようとすることがあります。

 

資金調達希望者の側では、「どちらでも一緒」と考えて、その要求に応じてしまうと非常に危険です。これは相当に悪質な詐欺手口である可能性があります。

 

営業員の個人口座に振り込んだ後、ファクタリング会社から「入金が無い」と連絡が来ることがあります。そして、営業員はその後連絡が取れなくなります。

つまり、個人口座に振込するように言ったのは営業員個人が勝手に行った行為(詐欺)であり、それに騙されて、契約に従わず、振込を行った資金調達希望者に否があるとされる可能性があります。

そうなると、資金調達希望者は、回収金を2重に支払わされる可能性があるのです。

このような個人口座への振込依頼を受けた場合には、契約と違うことを理由に拒否するか、もしくは、相手先会社に「変更契約」を締結してからでないと振込出来ない旨を回答しましょう。

 

別会社を紹介する詐欺

ファクタリング名目で顧客を集めた後、「その会社ではファクタリングの審査に落ちたが、資金調達できそうなファクタリング会社、もしくはノンバンクを紹介する」という紹介を詐欺の手口とした悪質なファクタリング業者もいます。

 

顧客を集めるファクタリング会社は、「低い諸費用・ファクタリング手数料」を掲げておき、実際には「高すぎる手数料を要求する会社」に紹介する訳です。

もちろん、2社は詐欺の共犯であり、騙されていることになります。顧客を集めるための名目の会社(良い条件を看板に掲げる)と、高すぎる手数料を要求する悪質な会社を使い分けて騙す詐欺手口です。良い条件で顧客を集めるけど、実際には、初めから「そんな良い条件」でファクタリングを行うつもりは無く、希望者集めの看板すぎないわけです。

 

情報の無い会社に注意

悪質なファクタリング業者の詐欺手口に引っかからないために大切なことは、情報のない「実態が確認できないファクタリング会社」を利用しないことです。

ファクタリング会社には知名度の低い会社が多いですが、それでも「全く情報がない」会社は少ないものです。

見つかっても、せいぜい対象会社が作っているホームページしかないというのは、かなり怪しい会社です。

 

業界の歴史が短い、業歴の浅いファクタリング会社であっても、それでも実績のある「優良なファクタリング会社」であれば、ある程度の情報がインターネット上で見つかります。

全く情報の見つからない会社というのは「新しい社名」・「新しい屋号」を作る・潰すを繰り返す「詐欺業者」である可能性が高くなります。

 

公開情報の少ないファクタリング会社に注意

 

おすすめファクタリング会社

悪質なファクタリング業者に騙されないために重要なポイントは、「実績のあるファクタリング会社」に相談することと、複数のファクタリング会社に並行して相談する(相見積もり)ことです。全く知らない、情報も見つからないファクタリング会社で、相手から電話やメールなどで勧誘される場合は、かなり危険ですので注意が必要です。

 

「実態が不明なファクタリング会社は悪質な詐欺である可能性」が高くなります。

 

今回は、詐欺である可能性がほとんどない、実績豊富・ファクタリング業界内で「知名度の高い」会社をご紹介します。

 

三共サービス

三共サービスは手数料水準が業界トップクラスに低い会社

 

ファクタリング業界内で、もっとも手数料水準の低い部類に入る会社が「三共サービス」です。

実際に利用した資金調達者からの満足も高く、リピート率も高いのが「三共サービス」の特徴です。

但し、三共サービスのファクタリングが利用できるのは、「法人企業」のみで、個人事業主は利用できません。個人事業主が利用できる優良ファクタリング業者は後程ご紹介します。

 

三共サービスの特徴

三共サービスは、業歴19年(2019年8月時点)と、ファクタリング業界のなかでは、かなり長い業歴を有するファクタリング専門会社です。

 

さらに、三共サービスのファクタリング手数料は、3社間ファクタリング:1.5%~、2社間ファクタリング:5.0%~で、同業者対比でもかなり有利な条件でのファクタリングが可能です。

三共サービスは、全国対応、出張買取りもできるファクタリング会社です。全国どちらの企業もファクタリングを申込できます。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

公式ホームページに移動後、「WEBで申し込み」を選択し、必要事項を入力のうえ送信すれば、後程担当者から連絡がきます。翌日になっても連絡が来ない場合、もしくはお急ぎの場合は、メール送信後に電話することで、急いで対応してもらえます。

 

ビートレーディング

知名度No1の安心して利用できるファクタリング会社

 

ビートレーディングは「ファクタリング業界で最も知名度が高い」、「有名ファクタリング会社」の1つです。

実績の多さから、特に安心してご利用できるファクタリング会社です。さらに、ビートレーディングなら法人企業だけでなく、個人事業主が利用できるのもメリットとなります。

 

ビートレーディングの特徴

ビートレーディングのファクタリングには以下のような特徴があります。

  1. 日本全国ファクタリング可能
  2. 無料のスピード査定可能
  3. ファクタリング会社の認知度No
  4. 契約件数全国トップクラス(同社調べ)
  5. 顧客満足度No1(同社調べ)
  6. 小口から大口まで対応可能
  7. 個人事業主も利用可能
  8. 取引先への通知不要
  9. 債権譲渡登記不要

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でスピード査定を依頼できます。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

移動後、「WEBからのお問合せ」を選択して、必要事項をご入力(5分かからない程度です)して送信してください。その後、お急ぎの場合や、翌日になっても連絡が来ない場合は、こちらに表記されている電話番号にご連絡ください。優先的に対応してもらえます。

 

GMO PAYMENT GATEWAY

GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMOペイメントのポイント

  • GMO BtoB 早払い
  • 一部上場企業が行うファクタリングサービス
  • GMOグループのGMOペイメント
  • ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~
  • 2社間ファクタリングにも対応可能

 

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業であるということです。

これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。

しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

 

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

 

大手ファクタリング会社で安心して利用できるところを探しているなら「GMO PAYMENT GATEWAY」のファクタリングサービスがおすすめです。

 

 

MI Vision

MI Visionの将来債権ファクタリング

 

MI Visionのポイント

MI Visionのおすすめ度:A+
  • 最長3ヶ月までの将来債権ファクタリング可能
  • 他社に比べて大きな金額のファクタリングが利用できる
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

MI Vision
4.65



☆将来債権買取のMI Vision
☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
☆プライバシーマーク取得企業

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

7,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

将来債権ファクタリングとは、通常、資金回収までの期間が2ヶ月程度までしか取り扱っていないファクタリング会社が多い中で、最長3ヶ月という将来債権まで買取対象になっているファクタリングサービスです。

その分、MI Visionのファクタリングでは大きな金額を資金化しやすくなっています。

 

MI Vision基礎データ

利用できる方法人企業
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能(但し、営業所は東京都)
買取期間最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額7,000万円まで
ファクタリング手数料ホームページ上で公表なし
(ファクタリング方式・審査で詳細決定)

 

OLTA

ファクタリングのOLTA

OLTAのポイント

OLTAのおすすめ度:A+
  • 急成長中のファクタリング会社
  • 大手金融機関と業務提携
  • ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内
  • 信頼性が高く、安心して利用できる
  • 日経新聞などのメディアでも紹介多数
  • 個人事業主も利用可能
  • 2社間ファクタリング利用可能
  • 赤字・債務超過でも利用可能

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

 

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方法人企業/個人事業主
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

 

トラスト・ゲートウェイ

九州でファクタリングならトラストゲートウェイ

 

九州、特に福岡で事業を行っている法人企業におすすめなファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。

トラスト・ゲートウェイのファクタリングサービスをご利用出来るのは「法人企業」となります。法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

トラストゲートウェイは、九州で知名度が高く、地域特化でファクタリングを取り扱う会社です。こちらも実績多数あるファクタリング会社ですので、安心してご利用できる会社といって良いでしょう。移動時間、資金化までの時間、交通費などを考えると、九州で営業している企業ならトラストゲートウェイをご利用されるのがおすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイのその他特徴

  1. リピート率98%の満足度
  2. 最短1日のスピード査定 → その後、95%が申込に至る好条件
  3. 担保・保証人不要
  4. 505,000万円までのファクタリングに対応
  5. 新規契約時3万円のキャッシュバック
  6. 九州エリアトップクラスの実績
  7. 取引先への通知不要

九州でファクタリング会社をお探しならトラストゲートウェイが良いでしょう。

 

トラストゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下リンクから公式ホームページに移動して行います。

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

「相談用のフォーム」が表示されますので、入力のうえ、確認・送信を押してください。

その後、お急ぎの場合、もしくは翌日になってもご連絡が来ない場合、こちらのリンク内に記載されている番号に電話してください。優先的に対応してもらえます。

 

 

ジャパンマネジメント

九州でファクタリング会社を探すならジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメントも「おすすめ」できるファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントは、九州で営業する「個人事業主/法人企業」がご利用できるファクタリング会社です。

 

ジャパンマネジメントの特徴

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴は以下です。

  1. 最短即日で資金調達可能
  2. 保証人・担保不要
  3. 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)
  4. 資金調達に関するアドバイス力が高い
  5. 個人事業主も利用可能

 

ジャパンマネジメントへの相談

ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下をクリックして、公式ホームページへ移動してください。

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

移動後、「ファクタリング無料診断」を選択して、10項目程の問い合わせ欄に入力して「上記内容で診断/お問合せする」をクリックします。

その後、お急ぎの場合や、翌日になっても連絡が来ない場合には、こちらのリンク内に記載されている電話番号に連絡してください。優先対応してもらえます。

 

まとめ

ファクタリング会社のなかには、残念ながら、まだまだ悪質な詐欺手口を用いるファクタリング業者が存在します。

 

こういった悪質なファクタリング会社の手口に騙されないためには、よく見られる詐欺の手口を知っておくことと、「安心して利用できるファクタリング会社」を慎重に選んで相談すること、そして、1つの会社だけでなく、複数のファクタリング会社や、ビジネスローンを並行して相談することが重要です。

 

悪質な手口に騙されないよう、上手にファクタリングをご活用いただければ幸いです。

 

ファクタリングの関連記事

 口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

 サイト厳選のおすすめファクタリング会社の一覧

 スピード査定で即日資金調達可能なファクタリング会社

 ビジネスローンのメリット・デメリット

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG