ファクタリングのOLTA

OLTAのクラウドファクタリングとは? 特徴や口コミ・評判からおすすめレベルを徹底分析

数あるファクタリング会社の中でも、“クラウドファクタリング”という新ジャンルのファクタリングサービスを提供しているのが『OLTA株式会社』です。

 

今回は、このOLTAについて「どんな企業なのか?」「他のファクタリング会社との違い」「口コミや評判」といった利用を検討している人が知りたい情報をまとめてご紹介していきます。

 

 

OLTAの概要

OLTA株式会社

設立:2017年4月14日

事業内容:クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供

資本金:25億4,361円

住所:〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号QCcube南青山115ビル 3階

引用 OLTAホームぺージより

OLTAは民間のファクタリング会社であり、青山という一等地に本社を構えています。設立からの年数は浅いものの、他のファクタリング業者との差別化を図った独自のサービス展開により急成長を遂げています。

 

 

手数料は、2.0%~9.0%まで!

2社間ファクタリングでも最大9.0%

 

 

クラウドファクタリングとは?

OLTAが提供しているファクタリングサービスについて見ていきましょう。

OLTAでは取り扱っているファクタリングサービスのことを「クラウドファクタリング」という名称で呼んでいます。このクラウドファクタリングにはどういった特徴があるのでしょうか。

クラウドファクタリング…インターネットサービスである“クラウド”を取り入れた新しいファクタリングサービスの名称

完全に来店不要で契約を結ぶことができるのが特徴

 

OLTAのクラウドファクタリングとは従来のファクタリングでいう所の『2社間ファクタリング』にあたります。しかし、他のファクタリング会社の2社間ファクタリングとの違いもあります。その違いは、「来店不要」と「自動化された審査」にあります。

 

クラウドファクタリングではネットを活用したWEB完結契約と、AIによる自動審査などを用いることによって、従来のファクタリングよりもスピーディーでリーズナブルなサービス提供を実現させています。

 

クラウドファクタリングというものに対しては、OLTA株式会社が商標登録を行っており、現在クラウドファクタリングを提供しているのはOLTA株式会社のみです。

 

OLTAのクラウドファクタリングとは?

■OLTAクラウドファクタリングの概要

サービス名称クラウドファクタリング
ファクタリング方式2社間ファクタリング
現金化までの所要時間最短24時間
取扱い可能額公表なし(数十万円~300万円程度がメイン)
ファクタリング手数料の水準2.0%~9.0%
利用可能な方個人事業主・法人企業
利用可能地域

全国対応可能

取扱い可能な債権

通常の売掛金、官公庁向けの債権

*個人、個人事業主向けの売掛金は不可

取扱い可能時間

オンライン申込で24時間受付

▶オンライン申込への移動(公式HP)

 

一般的なファクタリング会社との違い

OLTAのクラウドファクタリングは他のファクタリング会社と少し違うと良く言われます。たしかに、OLTAのクラウドファクタリングには特徴的なポイントがいくつかありますので、ここでは、他のファクタリング会社との違いについて説明しておきましょう。

 

オンライン完結型のファクタリング

OLTAのクラウドファクタリングの特徴の1つが完全オンライン完結型の申込・手続きスタイルです。

一般的なファクタリング契約の場合、WEBから相談・申込しても、審査や契約の過程で1度は担当者との面談が必要になります。面談していくつかの質問事項などに答えて審査が行われるのですが、OLTAはオンライン申込で完結ですので、こういった対面による面談が不要です。

 

そのため、忙しくて来店する時間がとれない経営者者や、地方で営業されていて近くにファクタリング会社の営業所が無いという企業でも利用しやすいのが特徴です。OLTAはオンライン完結による申込ですので、申込・審査に時間がかからないうえ、申込の受付も24時間行っています。

 

そのため、夜のうちに申込しておいて、翌日買い取ってもらうということも可能です。

 

2社間ファクタリングでも低い手数料水準

2OLTAのクラウドファクタリングは「2社間ファクタリング」です。2社間ファクタリングとは、売掛先に対して売掛金を売却することを伏せた状態で行うファクタリング契約のことです。売掛先に事前通知しませんので、ファクタリング利用者の信用力に不安を持たれる心配が少ないのがメリットです。

 

対して、3社間ファクタリングとは、取引先に対して事前通知を行い、売掛金の売却に同意を得てから行うファクタリング方式です。取引先の同意を得るため、ファクタリング会社のリスクが低くなり、その分ファクタリング手数料も低くなります。しかしながら、取引先のなかには、「売掛金を売却して資金調達するのは資金繰りが悪いから」、「銀行から融資を得られないほど財務内容が悪い」など、良くない印象を持ってしまうところもあります。

 

信用不安が起きては取引関係にも影響がでるかもしれませんので、3社間ファクタリングは慎重に利用する必要があります。

 

なお、OLTAのクラウドファクタリングは、2社間ファクタリングでありながら手数料水準が低いのが特徴です。一般的な2社間ファクタリングの手数料水準は、5.0%~15.0%程度が相場ですが、OLTAの手数料水準は2.0%~9.0%までです。これはファクタリング手数料の相場と比較しても、かなり低い水準と言えます。

 

■OLTAと平均的な相場の比較

 OLTA平均的なファクタリング業界
2社間ファクタリングの手数料2.0%~9.0%5.0%~15.0%

 

債権譲渡登記不要

なお、OLTAのクラウドファクタリングでは債権譲渡登記も不要です。債権譲渡登記とは、不動産の売買で行われるのと同様に、登記所で売掛金の売買について記録するものです。売掛金はファクタリング会社の保全のために行われるものであり、一般的なファクタリング会社では原則必要です。

 

しかし、債権譲渡登記には以下のようなデメリットもあります。

登記費用がかかる(原則利用者負担)” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

登記から第3者に知られることがある” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

 

通常、債権譲渡登記には数万円程度の費用がかかります。こういった費用は実費負担でファクタリング利用者が支払う費用となってしまいます。その分、調達できる金額も減少してしまいますので、債権譲渡登記が不要である方が利用者にはメリットが大きくなります。

 

さらに、稀なケースではありますが、債権譲渡登記から取引先などの第3者にファクタリング利用がばれてしまうこともあります。

 

OLTAのクラウドファクタリングでは、債権譲渡登記不要ですので、上記のような心配がないのがメリットになります。

 

ファクタリング手数料以外の諸費用不要

また、OLTAではファクタリング手数料として、2.0%~9.0%の費用が必要になる以外、その他の諸費用がかからないのもメリットです。

 

ファクタリング会社のなかには、手数料水準は低く宣伝しても、それ以外に「取り扱い手数料」、「審査費用」、「交通費」など、様々な名目で費用を請求されることもあります。

 

OLTAはこういった各種費用がなく、ファクタリング手数料だけの負担で良いのが特徴です。

 

 

 

 

安心して利用できる優良会社

OLTAは他のファクタリング会社とは全く違う特徴をもっとファクタリング会社です。特に、信用・信頼に関する特徴がありますので、確認しておきましょう。

 

ISO認証を取得

OLTAでは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC27001:2013, JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。この認証の取得ができているということは、情報セキュリティに対する対策がしっかりと取られており、顧客情報をはじめとした情報が適切に使用・保護されていることを意味しています。

 

ISO認証を取得していることは情報セキュリティに関する信頼や、社内の管理体制が整っていることを示すと同時に、これらの取り組みに対するOLTAの意識の高さの証拠ともなります。

 

ファクタリング会社のなかで、このようなISO認証を取得しているのはかなり稀です。その他の会社にはほとんどなく、「信頼」という観点ではOLTAはかなり高い水準にあると言って良いでしょう。

 

OLTAの特徴となる3つのポイント

 

大手金融機関との提携多数

OLTAが安心して利用できる会社である裏付けとして、“名だたる企業とパートナーシップを結んでいる”という点も挙げられます。
実際にパートナーとなっている金融機関を列記すると以下のような会社があげられます。

《OLTAの取引金融機関やパートナーシップ提携先(業務提携契約)》
三菱UFJ銀行(MUFG)・三井住友銀行(SMBC)・みずほフィナンシャルグループ・新生銀行・住信SBIネット銀行・JAFCO・BEENEXT・日本郵政キャピタル・りそな銀行
Freee・ChatWork等

 

OLTAのパートナー企業には大手金融機関(都市銀行など)も多数含まれています。大手金融機関が業務提携する場合、相手先企業の信用調査なども綿密に行うのが通常です。

つまり、大手金融機関に認められ、パートナー契約が締結できるOLTAの信用力の高さが伺われるものとなっています。

 

安定した資金力

冒頭でも触れたように、OLTAの資本金は約25億と非常に豊富です。

ファクタリング会社の多くは、創業後間もない会社であったり、それほど規模の大きくない会社が多い中で、OLTAは際立って高い資金力を有していると言えます。

 

これに加えて、上記のそうそうたる企業と提携を結びサポートを受けているため安全性には問題ないと言って良いでしょう。

 

クラウドファクタリングの3つの特徴

OLTAが提供するファクタリングサービスである、「クラウドファクタリング」の特徴は3つあります。この3つの強みこそが他のファクタリング会社とOLTAとの決定的な違いであり、OLTAが選ばれる理由であると考えられます。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTAの特徴①はやい!

一般的な2社間ファクタリングでは、来店や郵送が必要でした。そのため、ファクタリングで資金調達がしたい!と思ってから、実際に現金を手にするまでに数日の時間を要してしまいます。申し込みの状況によっては1週間以上かかることもあるでしょう。

 

<

p id=”original_heading_001″>一方、OLTAは、「最短即日入金」というスピードが特徴の一つです。

AIスコアリングなど独自の審査システムを導入しており、買取可否の審査結果は24時間以内に伝えることを約束しています。その後、買取条件に同意・契約すると、即日ないし翌営業日には買取金額が振り込まれているというスピーディーな流れが特徴です。

 

緊急の資金調達で利用されることの多いファクタリングですので、OLTAの「スピード感のある」ファクタリングサービスは大きなメリットとなっています。

 

OLTAの特徴②かんたん!

OLTAには他のファクタリング会社で多い、来店や書類を記入して郵送といった手間は一切ありません。

 

まずはメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。その後、4つの必要書類をオンライン上でアップロードして必要事項を入力すれば、申し込み手続きは完了です。
(必要書類:1,代表者の本人確認書類 2,売却する対象の請求書 3,直近7ヶ月の入出金明細 4,昨年度の決算書)

 

クラウドファクタリングといってもわからない点などがあれば、チャットサービスや電話にて質問しながら手続きを進めていくことも可能です。提出書類についても、必須なのは4種類のみで、後は任意での提出となります。従来のファクタリングと比べて、気軽に申し込みができるのではないでしょうか?

 

OLTAの特徴③リーズナブル!

ファクタリングによる資金調達でやはり気になるのは“ファクタリング手数料”でしょう。事業主の方とすれば、少しでも手数料は安く抑えて置きたいと考えるのが普通です。

 

OLTAでは、審査をすべて人力で行っている訳ではありません。融資などの審査にも使われているAIスコアリングがベースとして採用されています。また、契約前の面談などもありません。
このように人件費を削減することで、リーズナブルなファクタリング手数料でのサービス提供を実現しているのです。

 

従来の2社間ファクタリングは、手数料が高めに設定されるのが一般的です。契約状況にもよりますが、5~20%の間で設定されることが多いでしょう。

 

一方OLTAでは、手数料が2.0%~9.0%と決められています。

どんなに高くても9%以上の手数料が発生することはありません。見積もりを出してみないことには手数料の目安もわからなかった従来のシステムとは違い、このリーズナブルかつ明朗な会計システムは非常に画期的です。2社間ファクタリングでも最大9.0%までの手数料というのは、ファクタリング会社のなかでは珍しく、安心して利用できるファクタリング会社と考えて良いでしょう。

 

もちろん2%~9%という手数料はすべて込みの価格であり、業界最安水準です。

 

OLTAの口コミや評判

OLTAは設立からまだ数年ですが、インターネット上にはたくさんの口コミが寄せられています。この点からもOLTAに対する関心の高さや、利用実績の豊富さが解ります。

 

そんなインターネット上でのOLTAの評価は非常に高く、良い口コミがたくさん投稿されています。ここでは、OLTAのクラウドファクタリングに対して見られる口コミ・評判について確認してみましょう。

地方に住んでいることもあり、ファクタリング会社を選ぶのに一苦労。OLTAは、すべてインターネット上で手続きができたので助かりました。資金調達までの時間もとても短く、驚きました。

手続きが本当に簡単で、初めての時は大丈夫なのかと不安に思いました。契約後はすぐに入金が行われ、特にトラブルもなくリピートしています。これからもOLTAにはおせわになると思います。

OLTAのホームページから会員登録して、買取相談をしたらすぐに結果がもらえました。他のファクタリング会社と比べても手数料水準がかなりひくく、すぐに利用を決めました。

 

OLTAに関する口コミや評判をインターネットで探しても、特に怪しい情報や危ない情報などは一切出てきませんでした。それぞれ「手数料水準が低い」、「審査結果や手続きが速い」、「WEB申込で完結が楽」といった前向きな口コミ・評判が多いようです。

 

口コミ・評判がおおむね良好であることから、OLTAはかなり安心して利用できる優良会社であるということができます。

 

一方、悪い評価としては、他のファクタリング会社では審査が通ったのにOLTAでは審査落ちになったというものがいくつか見受けられました。電話や面談もないAIスコアリング審査では、弁解の余地がないため数字以外の部分を伝えられない点をデメリットと感じる方もいるようです。

 

OLTAの審査はAIによる自動審査であると言われています。そのため、審査通過できなかった時に、担当者と交渉したり、理由を聞こうとしても成果が得られません。

 

OLTAの口コミ・評判

 

継続利用でお得が増える

OLTAでは“優遇システム”というシステムを導入しています。手数料2%~9%というのはスタートラインの「エコノミークラス」に適用される手数料です。

 

ここから、サービスの利用状況やステータスによって「ビジネスクラス」「ファーストクラス」へとランクアップすることができます。ランクアップすることで、よりお得にファクタリングサービスを利用することができるようになります。

 

継続的にOLTAを利用することで、ファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲よりも低くなっていくことが期待できます。

 

結局、OLTAってどう?

ここまでOLTAのクラウドファクタリングサービスについてご紹介しました。

以上の点など、OLTAやクラウドファクタリングサービスの特徴をまとめて、また他のファクタリング会社と比較して、OLTAのおすすめ度合いはどの程度でしょうか?

 

結論を言えば、

<

p id=”original_heading_001″>OLTAはかなりおすすめです。

ファクタリング業界のなかでもトップクラスと言って良いでしょう。

 

ファクタリング業界はまだまだ歴史が浅く、知名度が高い、社会的に信用・信頼の高い会社などは少ないのが実態です。また、ファクタリングを装って、悪質な融資を行おうとする悪質業者なども存在しています。

 

OLTAはこういった悪質業者とは無縁の会社です。

それだけでなく、クラウドファクタリングサービスの内容は小規模事業者、中小企業者にもかなり利用しやすく、使い勝手の良いサービスになっています。これからファクタリングを利用したいと考えている会社は、是非、クラウドファクタリングを検討されてみるのが良いでしょう。

 

また、前述の通り、OLTAの手数料率は、2.0%~9.0%です。

つまり、2社間ファクタリングを利用しても手数料は最大9.0%です。

 

このファクタリング手数料率はかなりリーズナブルな水準であり、安心してファクタリングを利用することができます。

 

なお、ファクタリング利用時には、複数のファクタリング会社を同時に比較する「相見積もり」が重要です。

以下でご紹介するファクタリング会社も含めて、3~4社程度で相談、条件取得しながら検討されるのが良いでしょう。

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

>>おすすめファクタリング会社の一覧

>>口コミ・評判で選ぶファクタリング会社の一覧

 

 

OLTAの利用方法と手順

OLTAのクラウドファクタリングを利用するためには、まずはOLTAに対し会員登録を行う必要があります。もちろん、会員登録自体は無料ですし、メールアドレスとパスワードの入力だけで、すぐに会員登録ができますので、非常に簡単です。

 

▼会員登録用リンク

 

 

こちらの会員登録を行った時、1時間程度で簡易的な利用可否なども確認してもらえます。

登録完了の連絡が来れば、次は書類の提出と正式な申込に入ることになります。

 

OLTAに提出が必要な資料は以下の通りです。

 

①本人確認資料(運転免許証、パスポートなど)

②財務情報に関する資料(決算書、税務申告書など)

③買取を依頼する「請求書」

④通帳

 

なお、OLTAの利用方法はこちらでもご案内しています。

 

OLTAが適する方の特徴

最後に、様々なファクタリング会社から、どこを利用しようかと迷われている方に、OLTAが適する方の特徴について説明しておきましょう。

 

OLTAのクラウドファクタリングを選ぶのが良い方は以下のような条件のいずれかにあてはまる方と考えられます。

OLTAの利用が適する方の特徴

ファクタリング手続きの時間を節約したい方” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

2社間ファクタリングの利用を希望されている方” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

近隣にファクタリング会社の営業所が無い方” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

ファクタリング手数料・諸費用を低く抑えたい方” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

継続的に利用できるファクタリング会社を探している方” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

 

OLTAの特徴は「オンラインで完結」、「ファクタリング手数料や諸費用が明確で解りやすい」ことです。直接、ファクタリング会社の担当者と面談したうえで利用を決めたいと考える方には適しませんが、少しでも時間を節約したい、簡単に手続きを行いたいという方には適しています。

 

まとめ

OLTAは、クラウドファクタリングという独自のファクタリングサービスを行っています。
従来の2社間ファクタリングをグレードアップさせたような内容となっており、「かんたん・はやい・リーズナブル」が特徴です。

 

また、OLTAのファクタリングサービスは口コミや評判も良く、安心して利用できるファクタリングサービスというのもメリットです。さらに、ファクタリング手数料や、諸費用の仕組みも解りやすい、優良なファクタリング会社と言えます。

 

多くの優良企業と業務提携契約を結ぶなど、社会的にも信頼できる優良ファクタリング会社であるOLTAを是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ファクタリングの関連記事” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

>>ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!

>>ファクタリング手数料の低さで選ばれる三共サービスとは?

ファクタリングのOLTA
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG