住宅ローンとフラット35を徹底的に比較

ファクタリングと言えば、資金調達に少し詳しい方であれば売掛金を売却して代金を得る資金調達方法を思い浮かべるものと思います。しかし、このようなオードソックスなファクタリング以外にも6つの代表的なファクタリングの種類があることは意外に知られていません。

 

本記事では、一括ファクタリング、医療報酬ファクタリング、国際ファクタリング、保証ファクタリンググ、商品在庫ファクタリング、家賃収入ファクタリングの6種類についてファクタリングの種類ごとの概要・違いや、それぞれの利用方法などを説明します。

今回ご紹介する内容

ファクタリングの6つの種類とは?” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

ファクタリング種類ごとにどう異なるのか?” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

自社はどのファクタリング種類を利用したら良いのか?” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

ファクタリング種類ごとのメリット・デメリット” icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#361fda” size=”20″]

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングというのは売掛金を活用した資金調達方法として近年、注目度が高まっているものです。特にファクタリングは大手企業ではなく、中小企業や小規模事業者を対象として注目度が高まっています。その理由はファクタリングが比較的利用しやすく、柔軟な手続きや審査で利用できるためです。

 

資金調達方法と言っても、ファクタリングは借入ではありません。ファクタリングは売掛金を売却して、本来の回収期日前に現金化する方法です。

 

ファクタリングは資金調達を希望する事業者(ファクタリング利用者)が商取引によって発生した売掛金を、ファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。そのため、ファクタリング利用者は売却代金として現金を受け取ることができます。売掛金本来の回収期日前に現金を受け取ることができるのがファクタリングのメリットです。

 

ファクタリング会社は、売掛金の回収期日に、取引先からの代金支払いによって買取代金などの回収を行うことになります。

 

ファクタリングは借入ではありませんので、銀行融資と比べて様々な違いや特徴があります。以降では、ファクタリングの特徴について確認しておきましょう。

 

新しい資金調達方法

ファクタリングの特徴は「売掛金」を活用した資金調達方法である点です。

 

中小企業や、小規模事業者にとって、従来の資金調達方法は銀行融資などの借入が主流でした。

しかし、銀行融資は審査も厳しく、申込から審査までの時間も長くかかってしまうことから、中小事業者の安定的な資金調達を支えるものとしては不十分と言わざるを得ません。

 

こういった環境下、売掛金を活用して、銀行融資などと比べると「利用しやすい」、「スピーディー」に資金調達ができるものとしてファクタリングに対する注目度、利用実績は増加する傾向にあります。

 

銀行融資との違い

ファクタリングは借入ではないという点で決定的に銀行融資と異なります。しかし、銀行融資との違いはそれだけではありません。

 

銀行融資とファクタリングの違いを整理すると以下のようになります。

 

▼ファクタリングと銀行融資の違い

 ファクタリング銀行融資
資金調達スピード即日~1週間数週間~1ヶ月
審査難易度

売掛金があれば利用しやすい

(赤字、債務超過、リスケ中などでも利用可)

厳しい
担保不要必要となることがある
連帯保証人不要原則必要
決算書への影響対象対照表に計上されない有利子負債、借入として計上

 

資金調達余力に不安のある経営者にとって、担保・連帯保証人不要で利用できるファクタリングは心強い味方となります。

 

また、急ぎで資金調達したい方にもファクタリングは役立ちます。ファクタリングは即日~数営業日程度で資金調達できますので、銀行融資の審査結果ができるまでの「つなぎ資金」として利用することもできます。

 

ファクタリングを活用することで、銀行融資だけでは不足する資金調達を補うことができます。

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングを使い分ける

もちろん、経営者や経理などの資金繰り担当者はさまざまな資金調達方法について知っていたほうが、資金繰りにいざ問題が発生した際に検討できる対策のバリエーションも広がります。ファクタリングについても同様です。

 

ファクタリングにも4つの変則的なパターン・種類があり、使用用途は限定されていますが、ファクタリングの種類ごとの使い方を知っておくことにより、一定の条件にあてはまる企業は決済や資金繰りを効率化することができます。

 

今回紹介する、ファクタリングは以下の代表的な6つの種類になります。

<ファクタリングの6種類>

・一括ファクタリング

・医療報酬ファクタリング

・保証ファクタリング

・国際ファクタリング

・商品在庫ファクタリング

・家賃収入ファクタリング

 

それでは、各ファクタリングの種類ごとに、ファクタリングとしての概要やどのような仕組みになっているのかについて簡単に解説します。

 

ファクタリングの種類

ファクタリングには大きく分けて6つの種類があります。ここでは、6つのファクタリングの特徴や、利用方法について説明します。以下は特にファクタリングのなかでも重要な4種類(一括ファクタリングはさらに2種類に分けて説明)の一覧です。

 

 一括ファクタリング
(2社間)
一括ファクタリング
(3社間)
医療報酬ファクタリング保証ファクタリング国際ファクタリング
ファクタリング方式2社間3社間3社間2 社間3社間
売掛先への事前通知不要必要必要不要必要
取引形態買取買取買取保証保証
対象債権売掛金売掛金売掛金(診療報酬債権)売掛金輸出債権
利用できる会社売掛金のある会社 売掛金のある会社病院、クリニック、診療所、介護施設、調剤薬局など売掛金のある会社支払い企業が利用
現金化までの期間最短即日1週間~2週間数営業日売掛先の倒産時最短即日
利用するメリット資金調達が速い
銀行融資より利用しやすい
リスケ中でも利用可能
2社間ファクタリングよりも手数料が低い介護報酬をすぐに現金化
手数料が低い(3社間ファクタリングを利用しやすい)
取引先の倒産リスクを回避
手数料は低い
売掛先の倒産リスク回避
現金化可能
利用しやすい

 

それぞれのファクタリングの種類について詳細を確認していきましょう。

 

一括ファクタリング

通常のファクタリングでは、個別の債権を売却しますが、一括ファクタリングというのは、特定の債権者、債務者間での債権を一括でファクタリングするシステムのことを指します。一括ファクタリングは「でんさい」と呼ぶこともあります。

 

通常のファクタリングは債権者(売掛金を持っている方)が資金繰りに困ったりして行うことが多いですが、一括ファクタリングは債務者(売掛先)が主導で行うことが多いのが特徴です。

 

例えば、企業間の取引では手形決済が用いられることも多いですが、手形決済は手形を振り出す側にとって面倒です。手形の発行や管理に事務作業がかかりますし、発行するたびに印紙税が必要です。そのため、大企業を中心として、手形の振出を削減する傾向にあります。

 

一括ファクタリングはこのような手形の不便さを、ファクタリングの仕組みで解決する方法です。そして、一括ファクタリングを利用するために必要なシステムは銀行が提供しています。

すなわち、銀行のシステム(一括ファクタリングシステム)を使うことによって債権者と債務者が当事者間の債権を管理します。そして、債務者は決められた日時に売掛金の代金を支払えば良いですし、債権者はシステム上の売掛金をいつでも銀行にファクタリングしてもらえます。

 

こうすれば支払元の企業は手形に関わるコストが必要なくなりますし、債権者側も柔軟にファクタリングを利用することで、資金繰りに充当することができます。

 

一括ファクタリングは、支払元(これまでの手形振出人)主導で導入するため、支払元が膨大な小口手形などをたくさん発行していて、手形に付随する事務コストが膨大になっているときに効果的なファクタリングサービスです。また、キャッシュアウトのタイミングを変えずに取引先の利便性を高めることによって、取引先の離脱を防ぐ効果も期待できます。

 

>>一括ファクタリング(でんさい)と通常のファクタリングの違いを解りやすく解説

 

 

医療報酬ファクタリング

続いて紹介するのが医療報酬ファクタリングです。医療報酬ファクタリングとはその名のとおり医療機関に特化したファクタリングのことを指します。

 

医療機関は患者や利用者からお金をすべてもらうのではなく、一部だけを受け取って、保険負担部分を所定の機関に後から請求します。具体的には、医療機関が請求する相手は、社会保険信用基金や国民健康保険団体連合会などですが、このような請求先が国の機関であることが最大の特徴です。また、この医療機関が請求する債権(売掛金)のことを、通常、報酬債権と呼びます。

 

医療報酬ファクタリングは、病院や診療所の報酬債権を対象にした「診療報酬債権ファクタリング」、介護施設を対象にした「介護報酬債権ファクタリング」、調剤薬局を対象にした「調剤報酬債権ファクタリング」の3種類に分類できます。

 

このような保険制度に関連した債権は、売掛金の中でも特別なので、専用のファクタリングサービスになっています。

 

先ほど説明した通り、ファクタリングする債権の売掛先は国の機関です。よって、一般的なファクタリングとは違い、ファクタリング会社は倒産して売掛金を回収できないリスクを背負う必要はありません。国の機関が支払先ですので、一般的なファクタリングに比べ、ずっと信用力が高く、回収に問題の無い債権になります。

 

よって、比較的審査が緩く、ファクタリングの必要な手数料も一般的なファクタリングと比較すると抑えられている特徴があります。また、相手先は国のため、取引先にファクタリングをしているのがばれて取引に影響が出るというリスクもないため利用者にとっても普通のファクタリングより低リスクです。

 

医療報酬債権を保有している事業者は、通常のファクタリングを使用するのではなく、医療ファクタリングを利用した方が良いでしょう。なお、医療報酬債権ファクタリングを取り扱っているファクタリング会社には以下のような会社があります。

<医療報酬ファクタリングの対象業種>

  • 病院
  • クリニック
  • 調剤薬局
  • 介護事業者など

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

医療機関向けローン

 

 

>>医療報酬ファクタリングのメリット・デメリットと利用方法

 

 

保証ファクタリング

3種類目のファクタリングとして「保証ファクタリング」をご説明します。

 

ファクタリングの中でも「保証」に特化したファクタリングとして保証ファクタリングがあります。

 

通常のファクタリングの場合、契約をした際に手数料を差し引かれた売掛金の代金が利用者側に入金されます。そして、仮に売却した売掛金をファクタリング会社がきちんと回収できなくても利用者は売掛金を買い戻す必要が無いという条件で契約するので一般的です。

 

保証ファクタリングは保証に特化したファクタリングで、契約をした時点では保証ファクタリングの対象にした売掛金の代金を貰うことはできません。保証ファクタリングでは、先に保証料を支払い、債権が回収できなくなったときだけ契約時に入るはずだった売掛金の中から所定の金額を受け取ることができます。

 

つまり、保証ファクタリングとは売掛債権の回収に対する保険と考えれば良いでしょう。

 

保証ファクタリングでは早期資金化を目的とするのではなく、回収不能時にファクタリング会社が代わりに支払ってくれる権利を得る取引となります。

 

保証ファクタリングに向いている典型的な事業者は建設業です。

建設業は工事が長期間にわたることが多く、売掛金も溜まりやすく、孫請け、ひ孫請けになっていくと事業規模が小さな会社も多いので、上流の1社が倒産して売掛金が支払われないとその下流の企業まで連鎖倒産する可能性があります。

 

このようなリスクを防ぐためには保証ファクタリングが有効です。特に国土交通省では売掛金不払いによる建設業の連鎖倒産を懸念して、一定の条件を満たした建設業者が保証ファクタリングに支払う保証料の1/2を補助する「下請債権保全支援事業」を行っています。(平成31年3月末終了予定ですが延長される可能性もあります。)

 

<保証ファクタリングの対象業種>

  • 下請けの建設業など

<保証ファクタリングのメリット>

  • 手数料が低い
  • 取引先の回収リスクを回避

 

4つのファクタリング方式の違いを理解

 

国際ファクタリング

最後となる4種類目のファクタリングは国際ファクタリングです。国際ファクタリングとは貿易に特化したファクタリングサービスです。

貿易では相手の信用リスクを回避するために信用状を用いるのが一般的ですが、相手国によっては信用状取引が難しい場合があります。このときに使用するのは国際ファクタリングです。

 

貿易のお金の流れに国内と海外のファクタリング業者を仲介させることによって、輸入業者が代金を支払わなくてもファクタリング会社からあらかじめ決められた条件内で代金を受け取ることができます。ちなみに国際ファクタリングの対象となるのは、信用事故のみでマーケットクレームや非常危険は保証の対象外です。

 

信用状取引よりも手続きが簡単で実務者の負担が軽いというメリットがありますが、保証料が比較的高いというデメリットがあります。また、サービスが提供できるファクタリング会社は限られていて、手間もかかるので手数料を考えると割に合うのはどうしても大口の取引となります。

 

国際ファクタリングは輸出業をしている企業なら知っておいたほうが良いファクタリングサービスです。

 

<国際ファクタリングのメリット>

  • 代金回収を自社で行う必要がない
  • 信用状(L/C)取引が不要となり、手間暇が削減できる

 

商品在庫ファクタリング

商品在庫ファクタリングとは、売掛金の代わりに商品在庫を買い取るファクタリングと考えれば良いでしょう。

 

一般的なファクタリングの場合、ファクタリング会社は利用者から売掛金を買い取り、代金を支払います。

 

一方、商品在庫ファクタリングでは、ファクタリング会社は利用者が保有している商品在庫を買い取って代金を支払います。

 

商品在庫ファクタリングでは、ファクタリング利用者は「商品在庫」として固定化してしまっている資産を早期に現金化することが可能です。そのため、「売れ残り在庫」、「過剰在庫」、「流行遅れ」など、即座に販売できる見通しが立たない商品在庫で資金調達ができるというメリットがあります。

 

加えて、商品在庫を販売できるおかげで、倉庫などの棚卸資産を圧縮することができますので、倉庫代金や管理料などの費用を削減できる可能性もあります。

 

ただし、商品在庫ファクタリングによる買取代金は、対象となる商品在庫をかなりディスカウントした金額になることを理解しておきましょう。

 

家賃収入ファクタリング

家賃収入ファクタリングとは、主に賃貸不動産オーナーが利用するものであり、借主から将来受け取る「家賃収入」「管理費」といったものを、ファクタリング会社に売却して、早期に現金を得るためのファクタリングになります。

 

一般的なファクタリングが商取引で発生する「売掛金」を対象とするのに対して、家賃収入ファクタリングは賃料債権を売却対象とします。

 

ファクタリング会社は家賃収入の入金遅れが無いか、対象とする賃貸不動産の立地などによって審査を行います。

 

6種類のファクタリング

 

2種類のファクタリング方式

ここまで、6つのファクタリングの種類について説明しました。

 

この6つの種類のファクタリングをおさえておけば、どういったファクタリングを利用すれば良いのかという判断や、ご自身の事業にあったファクタリングを選べるようになるでしょう。

 

なお、ファクタリングにはさらに2つのファクタリング方式(2社間ファクタリング・3社間ファクタリング)がありますので、こちらもご説明しておきましょう。

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは、ファクタリング契約の当事者の違いにあります。

 

どちらのファクタリング方式であっても、ファクタリング利用者とファクタリング会社は契約当時者となります。しかし、このファクタリング契約に売掛金を支払う取引先を含めるかどうかでファクタリング方式が異なってきます。

 

2社間ファクタリングというのは、売掛先を契約に含めないファクタリング方式のことであり、契約に関係するのがファクタリング会社と利用者のみ(2社)であることから2社間ファクタリングと呼ばれています。

 

この時、売掛先は含まれませんので、売掛金が売却されることについても売掛先には知らされません。

 

そのため、売掛先はファクタリング後も、代金を支払うべき相手はファクタリング利用者のままであると思っています。ファクタリング利用者は、実際に権利を得ているファクタリング会社の代わりに代金を回収して、そのまま代金をファクタリング会社に支払うことになります。

 

2社間ファクタリングは売掛先に知らせる必要がないため、信用不安につながりにくく、さらに資金化までのスピードも速いというメリットがあります。

 

3社間ファクタリング

先ほどの2社間ファクタリングと違い、売掛先にファクタリング利用(売掛金の売却)の同意を得るのが3社間ファクタリングです。

 

3社間ファクタリングでは、売掛金の買取の条件として、売掛先に債権譲渡に関する通知を行い、売掛先からも同意を得ることになります。

 

3社間ファクタリングでは事前に売掛先に通知を行い、同意を得る手続きが必要となりますので、2社間ファクタリングに比べて手間暇や時間がかかってしまいます。

 

一方、ファクタリング会社にとっては2社間ファクタリングよりも、3社間ファクタリングの方が回収リスクの低い、安全な取引となります。そのため、ファクタリング手数料は3社間ファクタリングの方が低くなるというメリットがあります。

 

 

おすすめのファクタリング会社

中小企業や個人事業主が資金調達を行う場合、銀行融資を補完するものとしてファクタリングは有効です。

 

ファクタリングなら1週間程度で資金調達が可能であるため、緊急の資金調達にも対応可能です(最短なら即日でも調達可能)。以下、おすすめのファクタリング会社です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

 

三共サービスは法人向けのファクタリングサービスを提供している会社であり、ファクタリング手数料率が業界トップクラスに低いことで有名な会社です。

 

もちろん、取引先への通知なしで利用できる2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらも利用できます。

 

ファクタリングの利用を検討中なら、必ず相談の対象先に加えておきたい1社です。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

>>三共サービスのおすすめ度を徹底分析

 

 

ビートレーディング

知名度No.1のビートレーディングでファクタリング

 

ビートレーディングはファクタリング会社のなかでも最も知名度の高い、大手のファクタリング会社です。

実際に利用された方の口コミ・評判も多く、安心して利用できるファクタリング会社です。

ビートレーディングなら医療ファクタリングなどもご利用可能であり、対応するファクタリング種類は非常に豊富です。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

>>ビートレーディングのおすすめ度を徹底分析

 

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

即日資金調達を希望するなら選択股に含めたいファクタリング会社がMSFJです。

MSFJも即日現金化に対応してくれるファクタリング会社であり、さらに、利用しやすい明確で解りやすい手数料体系を掲げる会社です。そのため、安心して利用できるのが大きなメリットになっています。

 

MSFJには2つのファクタリングサービスが用意されています。

 クイックファクタリングプレミアムファクタリング
調達限度額(最大)300万円5,000万円
現金化までの日数1営業日1営業日~
ファクタリング手数料3.8%~9.8%1.8%~6.8%

 

<

p id=”original_heading_001″>MSFJのプレミアムファクタリングなら手数料は最大でも6.8%までです。

3社間ファクタリングの業界平均は5.0%~15.0%程度ですので、MSFJのファクタリングサービスが以下に低水準で利用できるかが解るでしょう。

 

なお、MSFJは法人企業だけでなく、個人事業主(自営業者)も利用可能です。

 

 

まとめ

以上のように一般的なファクタリング以外にも存在する、特殊なファクタリングの種類を6つ紹介しました。

 

ファクタリングと一口に言っても色々なバリエーションがあります。一括ファクタリングや医療ファクタリングは、一般的なファクタリングの仕組みですが、保証ファクタリングや国際ファクタリング、商品在庫ファクタリング、家賃収入ファクタリングは少しトリッキーな仕組みになっています。

 

また、それぞれのファクタリング種類について向いている事業者も違えば、そのファクタリングを利用するメリットも異なります。

 

今回ご紹介したすべてのファクタリング種類を覚えておく必要はありませんが、自社の事業で使いそうなファクタリングサービスだけは頭の片隅にだけでも置いておいた方が良いでしょう。

 

 

<ファクタリングに関する関連記事>

>>口コミ・評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

>>当サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

>>規模で選ぶ大手ファクタリング会社の一覧

住宅ローンとフラット35を徹底的に比較
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG