ファクタリングと債権流動化の違いはご存知でしょうか。債権流動化とは、会社が所有している売掛債権を流動化(早期に資金化)する方法です。

「売掛債権」は、将来会社にキャッシュをもたらすものであるため、現在は将来キャッシュを受け取る権利に過ぎません。

そのため、取引先に何らかの問題が生じ、売掛債権が回収できない場合には、会社にキャッシュが入って来ないというリスクがあります。

 

また、売掛債権の回収期間が長いと、なかなか会社にお金が入って来ないため、会社に必要な運転資金の額は増加してしまいます。

 

債権流動化が必要な理由

そのようなリスクや、必要運転資金の増加を回避するために活用されているのが債権流動化です。

債権流動化を活用すれば、売掛債権の支払期日よりも前に、売掛債権を第三者に譲渡し、その対価として資金を受取ることができます。

そして、一旦債権を流動化すると、上記のようなリスクを回避して、早期に現金を手にすることができます。

 

債権流動化には様々な方法がありますが、その代表的な方法の一つがファクタリングです。

ファクタリングは債権流動化の方法の一つですが、債権流動化とファクタリングを混同している人も少なくありません。

債権流動化とファクタリングは同義ではなく、債権流動化の1つの手法です。

 

この記事では、債権流動化とファクタリングをきちんと区別できるようにするために、債権流動化とファクタリングについてそれぞれ説明した後で、その違いについてわかりやすく解説していきます。

 

債権流動化とは?

債権流動化とは、決済期日が到来するよりも前に会社が保有している売掛債権を銀行などの第3者に譲渡する、あるいは担保とすることによって、資金の提供を受けることを言います。

 

売掛債権が多いと非効率

会社が所有する売掛債権は、将来、会社にキャッシュ・イン・フローをもたらすものです。

しかしながら、それが売掛債権である以上、現在は資金(キャッシュ)ではない状態です。

結果として、会社の中に売掛債権が溜まっているということは、会社のキャッシュフローが滞留していることを意味することになります。

 

売掛債権は、現金化すれば資金繰りに使用できますが、売掛債権の状態では活用できません。

つまり、資産が「眠った状態」になりますので、売掛債権が多いと効率的に事業に活用できていないとも言えます。

 

売掛債権のままでは資金として利用できないので非効率

 

回収リスクが高くなる

また、債権は将来会社にキャッシュ・イン・フローをもたらすものですが、取引先が倒産した場合などにはその債権を回収できなくなるリスクもあります。

そのため、会社の中に売掛債権が多額に溜まっているという状態は、同時に債権を回収できなくなるという貸倒れリスクを負っている状態と同義です。

 

このように、会社の中に債権があるということは必ずしも良いことばかりではありません。

これを解消するためには、債権を流動化することによって、債権をキャッシュにする必要があります。これが債権流動化です。

 

中小企業には利用が難しい?

債権を流動化する場合、会社が保有している売掛債権・手形債権などを特別目的会社(SPC)に売却することで、売掛債権の期日が到来するよりも前に資金調達を行うことが多いです。

特別目的会社を活用した債権流動化は、スキームや、手続きも煩雑になるため、中小企業や、個人事業主が利用するには、やや敷居が高い手法となります。

 

銀行などの金融機関に協力を依頼して、弁護士などの法律上の専門家などの協力も必要となるため、数百万円~数千万円といった規模の資金では、費用が割高となってしまい、利用には時間もかかってしまいます。

 

また、売掛債権には、売掛金や受取手形など様々な種類がありますが、その特性によって(信用)リスクも異なることから、債権流動化によって調達できる資金の額は売掛債権の固有のリスクによって大きく異なることになります。

 

債権流動化のメリット

債権流動化を行うことには様々なメリットがあります。

その代表的なメリットが、オフバランスによる経営の効率化です。

債権を流動化することによって、売掛債権は現預金に代わりますので、会社には資金ができるようになります。

 

債権流動化によって得た資金を運転資金として活用することもできますし、財務内容の改善に利用することもできます。

例えば、売掛債権を流動化することによって得た資金で、有利子負債(借入)を返済すれば、財務比率(ROA)などを改善することができます。

財務比率が改善することで、銀行などから融資を受けやすくなるなどの効果が期待できます。

 

債権流動化によるメリットの解説

 

債権流動化の様々な方法

一口に債権流動化と言っても、債権流動化には大きく分けて次の3つの方法があります。

それぞれの概要や特徴を確認しておきましょう。

 

<債権流動化の方法>

  1. 「売掛債権証券化」:売掛債権を証券化する方法(SPC)
  2. 「ファクタリング」:売掛債権を第3者に譲渡
  3. 「売掛債権担保融資」:売掛債権を担保に融資

以上の3つが主要な債権流動化の手法です。

 

以下では、その中でも、中小企業や、個人事業主が利用しやすく、債権流動化を行いやすいファクタリングに焦点を当てながら、ファクタリングの特徴と、その他の債権流動化との違いについて解説を行っていきます。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングと売掛債権担保融資の違いは?

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、会社が保有する売掛債権を第3者に譲渡する対価として、資金を受け取ることを言います。

ファクタリングを活用することで、売掛債権を資金化して、事業に資金を活かすことができます。

 

回収リスクを回避できる

債権流動化の一つの手法であるファクタリングは、他の債権流動化手法とは異なり、自社が保有する売掛債権をファクターと呼ばれるファクタリング会社に譲渡することが特徴です。

 

ファクタリングを行った売掛債権については、債権の支払先が決済期日に支払不能に陥った際に、それをファクター(ファクタリング会社)とファクタリング依頼企業のどちらが負担するかで種類を分けることができます。

具体的に言えば、「償還請求権のあるファクタリング」と「償還請求権のないファクタリング」に分かれます

 

一般的に、中小企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社の場合、事業主のリスク回避を目的とする側面もあることから、ファクタリング会社が回収リスクを負担する「償還請求権の無いファクタリング」が用いられます(つまり、ファクタリング利用会社はリスクから解放されます)。

 

但し、ファクタリング会社の中には、例外的にファクタリグ利用者にリスクを負担させる「償還請求権のあるファクタリング」を行う会社もありますので、ファクタリング利用時には、契約書などで良く条件を確認しておく必要があります。

 

<償還請求のないファクタリング会社の例>

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング後に取引先が倒産するとどうなる?

 

資金調達スピードが速い

①売掛債権証券化の場合、取引相手は特別目的会社となり、③売掛債権担保融資の場合、一般には取引相手は銀行となります。

しかし、②ファクタリングの場合は取引相手がファクター(ファクタリング会社)であるという違いがあります。

 

そのため、売掛債権を譲渡する先はファクターと呼ばれるファクタリング会社(企業)になります。

ファクターは譲渡された売掛債権を投資家などに転売するわけではなく、売掛債権の振出人からファクター自身が債権を回収します。

 

ファクタリングにおいては、特別目的会社ではなく、ファクターと呼ばれるファクタリング会社に売掛債権を買取ってもらうことになるため、証券が発行されるわけではなく、証券化する際の煩わしい審査や手続きも必要ありません。

そのため、ファクタリングは、他の債権流動化方法と比較して、素早い資金調達が可能な債権流動化方法となります。

 

ファクタリングの関連記事

 スピード査定・即日現金化が可能なファクタリング会社

 

ファクタリング手数料は高め

ファクター(ファクタリング会社)は、取引先の売掛債権の信用力や、ファクタリング方式に応じて債権の買取率(手数料などの買取条件)を計算します。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料はどのように決まる?

 ファクタリング手数料の相場はどれぐらい?

 

買取債権額が決まったら、そこから手数料が差引かれ、譲渡された債権の対価として、利用者に資金が提供されることになります。

ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社が行う役務(債権管理・債権回収業務)に対するコストとしてファクタリング手数料は、他の債権流動化方法と比べて高めに設定されることが多いため注意が必要です。

 

ファクタリングは、ファクター(ファクタリング会社)に債権を譲渡することで、結果として、債権回収期日よりも前に債権を回収してキャッシュとすることができるので、売掛債権流動化の一つの方法とされています。

 

ファクタリングは会社にとって、自社の資金ニーズに応じて柔軟に債権をファクター(ファクタリング会社)に売却して売却代金を受取ることができる上に、債権証券化や債権担保融資とは違って審査や煩雑な手続きがあまり必要ありません。

 

そのため、ファクタリングを活用すれば、資金調達の効率化や、迅速化を図ることができ、中小企業のおすすめの資金調達方法となります。

 

おすすめのファクタリング会社

売掛債権を譲渡するファクタリングの利用にあたっては、ファクタリング会社を良く選ぶことが大切です。

残念ながらファクタリング会社のなかには、悪質なファクタリング会社も存在します。

悪質ファクタリング会社に騙されては、高すぎる手数料を要求されたり、詐欺まがいの方法によって費用を要求される可能性もあります。

 

そういった悪質ファクタリング会社の被害にあわず、有利な条件でファクタリングを行うためには、優良なファクタリング会社のなかから3~4社程度で相見積もりを行うのが良いでしょう。

複数のファクタリング会社を比較検討することで、ファクタリング会社に競争させる効果も期待できます。

 

三共サービス

 

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

 

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

 

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

 

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

 

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロ

ファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

ファクタリングの関連記事

 サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

 口コミ・評判で人気のファクタリング会社一覧

 

まとめ

債権流動化とは、会社が所有する売掛債権を流動化のことを言い、流動化の一つの手段としてファクタリングは位置づけられます。

債権流動化の方法は、大きく分けると債権証券化・ファクタリング・債権担保融資の3つに分けることができますが債権の譲渡先が異なります。

 

ファクタリングの場合には、ファクターと呼ばれるファクタリング会社に会社が所有する売掛債権を譲渡することによって、資金を流動化することができます。

 

ファクタリングを活用することによって、債権の流動性を高めることができ、それによって素早く資金調達ができるようになるだけではなく、自己資本比率や総資産利益率といった財務指標を改善することにも繋がります。

それによって、金融機関や公的機関などから融資や補助金の提供を受けやすくなります。

 

ファクタリングのおすすめ関連記事

 赤字でも利用可能、ファクタリングの審査方法をご説明

 ファクタリング会社を乗り換えて手数料を下げる方法

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG