ファクタリングは闇金ではないのか?

ファクタリングは闇金ではないのか?ファクタリング取引を規制する法律や法的な根拠は?

ファクタリングは銀行融資を補完する資金調達方法として注目を浴び始めています。

しかし、ファクタリングを規制する法律や、どういった法律にもとづいてファクタリングが行われているのかが気になったことはありませんか。

銀行融資やビジネスローンには「銀行法」や「貸金業法」「利息制限法」のような法律の規制がありますし、法律を遵守していないと「闇金業者」と呼ばれます。ファクタリングは違法な取引を行う闇金業者なのか、それとも法的な規制を遵守して事業を行っているのかを解説します。

 

ファクタリング会社は免許を得ている?

貸金業者がファクタリング業務を行う場合を除き、大部分のファクタリング会社は特別な免許などを得ていません。

特段の許可や免許無くファクタリングを行っています。

銀行は銀行法、貸金業者は貸金業法という法律にもとづく免許・登録を得て融資を行っています。そのため、こういった免許を得て融資を行う業者は国の規制や監督を受けながら融資を行いますので、ある程度「安全」「安心性」が確認できます。  

一方、免許を得ていないのに融資を行う業者を「闇金」と呼びます。

闇金は法律上の規制に従わずに融資を行なっていますので、法律の制限を超えて高すぎる金利を要求したり、支払が出来なくなった時に強引な取り立てを行うこともあります。つまり、違法な取引を行う金融業者と言えます。そのため、闇金業者を利用するのは非常に危険であり、絶対に利用しないようにするべきです

それでは、特別な免許や資格を得ていないファクタリング会社は闇金業者にあたるのでしょうか。  

結論から言えば、一般的なファクタリング会社は闇金ではなく、違法性もありません。

そもそもファクタリングは融資ではありません。ファクタリングは利用者が保有している売掛金をファクタリング会社に売却することで現金を得る取引です。ただ売掛金という資産を売却するだけですので、一般的な商取引と変わりません。  

そのため、そもそもファクタリング会社には免許が必要ないのです。

但し、一部のファクタリング会社は「ファクタリング」と称して融資を行っているケースがあります。

もちろん、事業として融資を行うのであれば貸金業法などの免許が必要になりますので、免許なしで融資を行うファクタリング会社は違法です。

そのため、ファクタリング会社から売掛金の売却ではなく、「売掛債権担保融資」など、融資を提案された場合には注意が必要です。融資を行なうことを提案するファクタリング会社は違法な会社である可能性が高いのです。

こういったファクタリング会社は闇金業者が規制の無い「ファクタリング」と偽って、融資を行っているケースが多いとも言われています。   ファクタリングは闇金ではないのか?  

2社間ファクタリングの法的根拠

2社間ファクタリングとは、下記の図解のように、ファクタリング会社と利用者の2社間で売掛金を売却する資金調達方法です。

2社間ファクタリングでは利用者が保有している売掛金をファクタリング会社に売却する取引となりますので、法律上も「売買契約」となります。売買契約とは物やサービスなどを売却してお金を受け取る契約です。2社間ファクタリングは売買契約に該当すると考えられています。  

 

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと違い、売掛先が取引に加えられます。3社間ファクタリングでは、事前に売掛先に対してファクタリングを利用することを通知し、売掛先からの同意を得て取引が行われます。

3社間ファクタリングにおいても「売買契約」となりますが、加えて「債権の譲渡性」、「指名債権譲渡の対抗要件」が適用されます。

ファクタリングでは利用者の二重譲渡を防止する観点から「対抗要件の具備」を求められます。対抗要件の具備とは、債権譲渡に法的な手続きを得ることで、売掛金を譲り受けたファクタリング会社が正式な権利者であると証明する手続きです。

対抗要件具備の具体的な方法は「売掛先への通知」や「債権譲渡登記」です。3社間ファクタリングでは売掛先に対して債権譲渡を通知しますので、この対抗要件を具備することになります。  

ファクタリングの法的根拠や規制を確認する  

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資は「ABL」とも呼ばれることがあります。ファクタリング会社のなかでは、通常の売掛金譲渡ではなく売掛債権を担保にした融資を提案する業者もいます。

売掛債権担保融資は、その名前の通り「融資」であり、法律上も「金銭消費貸借契約」が適用されます。

ファクタリング利用者のなかには、「売掛金を売却して現金を得る」のも、「売掛金を担保にしてお金を借りる」のも同じに感じる方もいるでしょう。  

しかし、ファクタリングと売掛債権担保融資は全く別です。

売掛債権担保融資は「金銭消費貸借契約」ですので、融資を行う業者には免許が必要です。ファクタリングのように免許が無い業者では融資を行うことができません。無免許のファクタリング会社が融資を行えば違法です。

もし、貸金業法などの免許を得ていないファクタリング会社が「売掛債権担保融資」を行う場合には、違法な闇金業者である可能性が高いので注意が必要です。

 

ファクタリング手数料の規制

銀行融資やビジネスローンなどを借入する場合、銀行や金融業者が受け取る手数料や利息には法律が定めた上限があります。  

この利息の上限を定めるのが「利息制限法」という法律です。

銀行や貸金業者は「利息制限法」を超えて利息を受け取ると罪になりますので、利息制限法の範囲内で金利を設定します。

一方、ファクタリングには規制している法律がありません。ファクタリングは原則、保有している売掛金の売買契約であり、融資ではありません。保有している資産を売却するだけなら、手数料などをいくらに設定するかは売主と買主の交渉と考えられているのです。

そのため、ファクタリングに関する手数料には制限もありません。

ファクタリングは手数料に対する規制がないことや、銀行融資・ビジネスローンに比べて、リスクの高い事業者向けの取引も行うことが多いことから、融資に比べて利息のは高くなってしまう傾向にあります。  

ファクタリング手数料に対する規制はあるのか?  

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。

ファクタングは規制の無い業界ですので、ファクタリング会社選びを間違えると高額の手数料を請求されるなどの問題があります。そのため、ファクタリング会社を良く選んで、優良なファクタリング会社を利用する必要があります。

さらに、ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が業界トップクラスに低いことです。

 申込はこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 申込はこちらから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。

手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

 申込はこちらから

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

 申込はこちらから

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

ファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

 申込はこちらから

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

まとめ

今回はファクタリングを取り巻く法規制について解説しました。

ファクタリングは保有している売掛金の売却であって融資取引ではありません。融資ではありませんので、銀行や貸金業者を規制するような法律にも該当していません。

ファクタリングは免許などがありませんので幅広い会社が参入できる反面、貸金業登録などを行っていないファクタリング会社は融資を行うこともできません。

にもかかわらず、ファクタリングに見せかけて、売掛債権担保融資を行おうとする業者は違法です。

ファクタリング利用時には違法業者に騙されないように注意が必要です。

 

 

ファクタリングの関連記事

 口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

 おすすめファクタリング会社の一覧

 ファクタリング手数料の相場はいくらくらい?

 ファクタリングで実際にある失敗例!損しないための注意

ファクタリングは闇金ではないのか?
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG