ファクタリングで実際にあった失敗例!!事例から学ぶ問題点

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

資金調達は中小企業や個人事業主など、事業を行っている方の生命線ともなる重要事項です。そのため、「できるだけ失敗せずに、無事に資金調達したい」ですよね。

 

ファクタリングにも、いくつかの失敗例があります。失敗例を参考に、問題点を解説します。問題点を理解して、把握しておけば、転ばぬ先の杖になってくれます。

 

 

 

ファクタリングとは?


そもそもファクタリングが何なのかということを少し説明しておきましょう。

ファクタリングというのは「売掛金を売却」することによる資金調達です。

そのため、借入ではありません。どちらかと言えば、借入よりも、「手形割引」に近い資金調達です。

 

ファクタリングの詳細はこちらで詳しく説明しています。

 

<関連記事>

 

また、銀行融資・手形とファクタリングの違いも解説していますので、ご確認ください。

 

<関連記事>

 

 

 

 

ファクタリングの失敗例


実際にあったファクタリングの失敗例をご紹介していきます。

 

 

失敗:ファクタリング手数料


ファクタリングには「ファクタリング手数料」という費用がかかります。このファクタリング手数料に関する失敗・問題がたくさんあります。

銀行から借入すれば利息がかかりますし、手形割引を行えば、割引料が必要になります。ファクタリングも同様に、手数料・利息に相当するものが必要になります。

 

但し、銀行融資とは、大きく違うところもあります。

銀行からの融資の場合、「銀行」であれば、大抵、安全であり、問題が起こることは少ないでしょう。

銀行は大手銀行であれ、地方銀行であれ、長い年月、行政から厳しく監督されていますので、不正などの法外なことをするということは、ほとんどありません。

そのため、利用する側も、信頼して取引することができますし、失敗することもほとんどありません。

 

しかし、ファクタリング会社は歴史も浅く、「ファクタリング会社」というグループの中には、「優良」なファクタリングを行う会社も、「悪質」な会社も両方含まれてしまっています。

 

さらに、ファクタリングを利用する企業・個人事業主のなかには、資金調達までの「時間がなく」、「焦っている」方が少なくありません。

一刻も早く、資金調達しなければいけない状況を見抜かれて、法外に高すぎるファクタリング手数料を取られてしまうという失敗・問題があります。

こういった「ファクタリング手数料」に関する失敗・問題は非常に多いです。これらの失敗・問題を避けるために、業者選びは「最新の注意」を持っておこなうこと、さらに、「追い詰められた状況でなく、時間的な余裕をもって」相談することが重要です。

 

  

失敗:契約内容の確認


極端に不利な内容で契約させられる失敗・問題があります。

悪質なファクタリング業者に引っかかってしまうと、「契約内容」をうやむやにした状態で契約させようとします。

通常であれば、審査に通過して、「ファクタリングが可能」となれば、「条件提示」と同時に、契約書のひな形を渡され、契約内容に関する確認を依頼されます。

 

しかし、悪質なファクタリング業者のなかには、「契約書のひな形」を渡さず、ぎりぎりまで契約内容を明らかにしないままファクタリング契約をさせようとします。資金調達者も、資金調達の期限に差し迫ってから、「不利」な条件を提示されても、拒否することができなくなるという失敗・問題が多くあります。

 

良く理解していなかった費用を請求されたり、取引先から売掛金支払いが無かった際に、請求されてしまうなどのトラブルが起こることもあります。

悪質なファクタリング業者に騙されるといった失敗・問題がないようにするには、複数のファクタリング業者に並行して相談する「相見積もり」を行っておき、契約書を見せない業者は、思い切って断ってしまうなどの対応がが重要です。

 

 

失敗③嘘は駄目


次の失敗・問題は資金調達をする側の問題になります。

ファクタリングを利用しようとする方のなかには、「資金繰りに追い詰められて」いて、なんとかファクタリングを成功させたいという考えから、「嘘の申告」をしてしまう方がいます。

 

例えば、売掛先の情報や、売掛金の回収状況など、意図的に嘘を付いてしまうことがあります。

こういった虚偽申告は大きなトラブルを起こす問題になります。

 

ファクタリングは、申込・審査までをインターネット経由や、電話で相談して、契約直前に面談を行うことが少なくありません。

そして、ファクタリング会社としても、面談のなかで、それまでの申告内容や、書類に「嘘がないか」を確認しています。もし、この段階で嘘が発覚すれば、ファクタリング自体が中止され、資金調達できなくなることもあります。

資金調達できなくなるというような最悪の失敗・問題に合わないためにも、「虚偽の申告」をしてはいけません。

 

 

失敗④横領による失敗


2社間ファクタリングを利用する際に起こりうる失敗・問題です。

2社間ファクタリングってなに?」と言う方は、以下の関連記事を事前にお読みいただくと解りやすくなります。

 

<関連記事>

 

 

2社間ファクタリングの場合、売却した売掛債権の期日回収は、引き続き資金調達者が行います。

そのうえで、資金調達者から、回収した代金を、ファクタリング会社に支払います。

これは、取引先に対して、ファクタリングによる売却を公表しないことから、表面上は資金調達者が支払先として残る必要があるためです。

 

そんな状況を利用して、「資金調達者」がトラブル・問題を起こしてしまうことがあるのです。

解りやすい失敗として、回収した売掛金を、ファクタリング会社に支払わずに、使ってしまう失敗・問題が多くあります。

それ以外にも、既に売却してしまたにも関わらず、別のファクタリング会社に、もう一度売却してしまうこともあります。

これらは、犯罪です。逮捕される可能性もありますので、絶対に行ってはいけません。

ファクタリング後に回収した売掛金の流用、二重譲渡に関する失敗・問題は少なくありませんので、気をつけましょう。

 

弥生会計ソフトのご案内
▼申込はこちら▼

 

 

失敗⑤時間が掛かり過ぎた


ファクタリングなら「短期間」で資金調達可能と期待していたにも関わらず、時間がかかってしまい間に合わないという失敗・トラブル例があります。

ファクタリング会社は、「どこでも」スピード査定・スピード買い取りが出来るわけではありません。

特に、実績や、業歴が豊富で、安心して利用できるファクタリング業者で、スピード感のある先は多くありません。

 

そして、残念ながら、銀行系列のファクタリング会社は時間がかかります。

銀行系列のファクタリング会社は、審査にも時間がかかるうえ、取引先それぞれの同意を得る必要があり、短期間で実行できるものではありません。

すぐに資金調達できると期待していたのに、「時間がかかり間に合わない」という失敗をしないためにも、ファクタリング会社選びには注意しましょう。

 

<関連記事>

 

 

 

失敗⑥ 2社間・3社間の選択


ファクタリングには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2種類があります。

 

簡単に言えば、2社間ファクタリングは取引先に、売掛金を売却することを「伏せたまま」売却し、3社間ファクタリングの場合は、通知もしくは同意を得る方法になります

2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングのメリット、デメリットを良く理解せずに、手数料のみで選択して、後からトラブルに至るケースが見られます。失敗しないためにも、ファクタリング方法の違いは良く理解しておきましょう。

 

<関連記事>

 

 

失敗⑦ 償還請求権


ファクタリングの失敗事例として、「償還請求権」に関するものがあります。

償還請求権というのは、ファクタリング後の売掛金に関し、取引先が支払えなかった場合に、ファクタリング会社が、資金調達者に代金を請求する権利です。

銀行の手形割引では、通常の契約内容です。

 

しかし、一般的なファクタリングでは、償還請求権はなく、取引先の支払リスクは、ファクタリング会社が負います。

それにも関わらず、契約内容に「償還請求権」が盛り込まれていて、後から請求されて慌てるといった失敗、トラブル事例があります。

 

こういった悪質なファクタリング業者に騙されて問題を抱えないためには、事前に契約内容を確認しておくことと、実績豊富な安心できる業者を利用することでしょう。

 

 

 

悪質なファクタリング業者


ファクタリング会社の中には、残念ながら悪質な会社が多数存在します。

ファクタリング会社選びに失敗すると、大きなトラブルに巻き込まれ、問題を抱えてしまうかもしれません。

ファクタリング会社に関する失敗をしないためには、以下の点に注意しておくことが大切です。

 

<ファクタリング会社選びのポイント>

・業歴、実績のあるファクタリング会社を使用する

・口コミ、評判も参考にする

・電話勧誘、メール勧誘してくるファクタリング会社に注意

 

<交渉時に注意しておきたい点>

・通常のファクタリング手順がなく実行に至る業者に注意

 

<関連記事>

 

・手数料が高すぎる(相見積もりで比較)

・契約書のひな形を提示してもらえない

・無理に急いで契約させようとする

・契約直前に契約内容の変更を要求する

・条件提示をあえて遅らせる

・本社、事務所の営業実態がない

・ファクタリング手数料以外に、良く解らない諸費用を多数請求する

 

悪質なファクタリング会社にかかってしまうと、ファクタリング手数料や、その他の様々な名目で、多額の請求をしようとします。こういったトラブルに巻き込まれないように、上記の注意点を理解しておきましょう。

 

それでも、ファクタリング会社選びに失敗して、悪質なファクタリング会社に引っかかってしまったなら、弁護士などの専門家に相談して、契約を解除するようにしましょう。

 

 

まとめ


ファクタリングに関する失敗・トラブルの大半は、悪質なファクタリング業者を選んでしまったことによる被害と言って良いでしょう。

これらの問題は、ファクタリング業者をしっかりと選べば、かならず回避できる問題です。

 

<業者選びはこちらを参考に>

 

そして、残りの失敗・トラブル事例は、ファクタリングを利用する資金調達者の問題です。

意図して、もしくは意図しなくても、資金調達者が引き起こす失敗・トラブルがあり、最悪の場合、犯罪者になり得るものがあります。

こういった失敗、トラブルに巻き込まれていては、安定して経営することはできません。失敗事例を参考に、トラブルを回避して、上手にファクタリングを活用しましょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事>

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

事業資金借入
銀行から運転資金融資を確実に受ける方法!銀行の融資担当者が教える審査のポイント

運転資金融資の審査は、銀行からお金を借入する際の基本です。中小企業の経営者や個人事業主にとって、「運 …

事業資金借入
赤字でも銀行からお金は借入できる!!元融資担当者が教える事業資金調達方法

赤字となってしまった会社でも銀行から借入できる可能性はあります。その方法をご説明します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。