ファクタリング会社を乗り換えて手数料を削減

他社へ乗り換えすればファクタリングは手数料を節約できる?乗り換えに最適なファクタリング会社は?

ファクタリングを利用されたことのある方のなかにはファクタリング手数料や諸費用が高いと不満を感じている方も多いと思います。

 

ファクタリング手数料が高いと感じているなら他社への乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。ファクタリングは乗り換えすることで手数料を大幅に下げられることがあります。

 

今回は乗り換えで手数料が下がるケースや、乗り換えに最適なファクタリング会社をご紹介します。

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングは中小企業や個人事業主に利用しやすく、審査にも通りやすいことから注目度が高まっている資金調達方法になっています。ファクタリングの利用しやすさや、審査の柔軟性から利用の大部分は中小企業や小規模事業者となっています。

 

ファクタリングの最大の特徴は「借入ではない資金調達方法」であるということです。

 

ファクタリングはお金を借りるのではなく、資金調達希望者が保有している売掛金を本来の回収期日前に現金化することで資金を調達する方法です。具体的には、売掛金をファクタリング会社に売却し、売却代金を得ることで資金を手にする方法になります。

 

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

さらに、ファクタリングでは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つのファクタリング方式の使い分けが大切です。

 

2つのファクタリング方式の違いは売掛先(取引先)を契約に含めるかどうかの違いになります。それぞれのファクタリング方式を図(以下)で確認してみましょう。

 

<ファクタリングの仕組図>

2社間ファクタリングの仕組と特徴

 

3社間ファクタリングの仕組と特徴

 

2社間ファクタリングは売掛先に売掛金の売却を知らせずに行う方法です。一方、3社間ファクタリングは売掛先に事前に通知し、同意を得て売掛金を売却する方式です。

 

2社間ファクタリングは売掛先を含めない分、審査や資金化までのスピードが速い一方で、ファクタリング手数料は高くなってしまいがちです。

 

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

 

ファクタリングは借入ではなく、資産(売掛金)の売却ですので、審査方法も借入とは異なります。

 

銀行融資などの審査では借入する事業者(利用者)の返済能力を審査しますが、ファクタリングでは対象となる売掛金自体の評価が重視されます。売掛金の評価とは、売掛金を支払う企業(ファクタリング利用者の取引先)の評価であり、ファクタリング利用者自体が赤字、債務超過、税金滞納中、リスケ中といった状況でもファクタリングは利用可能です。

 

そのため、銀行融資の審査に落ちてしまったという事業者であっても、ファクタリングであれば資金調達できる可能性は十分にあります。

 

 

ファクタリングの乗り換えとは?

ファクタリングの乗り換えとは、既に特定のファクタリング会社で資金調達している、もしくはしたことがあるファクタリング利用者が、別のファクタリング会社を利用して資金調達することです。

 

とは言っても、既にファクタリング会社に売却した売掛金で、もう一度資金調達をするわけではありません。

 

最初に契約したファクタリングの取引が終了した後に、再度、次回以降の商取引で発生した別の売掛金を、最初とは違うファクタリング会社に売却するのが乗り換えです。

 

利用する(乗る)ファクタリング会社を換えるので「乗り換え」です

 

ファクタリング利用者のなかにはファクタリング会社の乗り換えは難しいというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、ファクタリング会社の乗り換えは可能です。

 

ファクタリング取引自体は都度完結しますので、2度目、3度目などで利用するファクタリング会社に対しての制約はありません。

 

一旦特定のファクタリング会社を利用した場合、売却した売掛金は重複して別のファクタリング会社に売却することはできませんが、その他の売掛金や、同じ取引先に対する売掛金でもその後に発生するものであれば別のファクタリング会社に売却できます。

 

ファクタリングの乗り換えとは?

 

乗り換えするメリットとは?

知っておいた方が良い基礎知識として、ファクタリングは特定のファクタリング会社を利用し続けることで手数料が低下していくというファクタリングの特徴があります。

 

これはファクタリング会社に対する利用者の信用力が高まっていくためです。

 

ファクタリングでは初回相談から売掛金の現金化までが数日で完了することが多く、ファクタリング会社の利用者に対する審査・調査は短時間で行われます。そのため、ファクタリング会社としても、支払に問題のある売掛金を譲渡対象にされるなどの不安があります。

 

結果、リスク対応としてファクタリング会社も初めての利用者には手数料を高めに設定しがちです。

 

しかし、特定のファクタリング会社を利用し続けるうちに利用者の信用は高くなり、ファクタリング会社も「騙される懸念」が低くなってきますので、ファクタリング手数料を下げやすくなります。

 

ファクタリング会社も事故なく、継続的に利用してくれる優良顧客は維持したいので条件を良くしてくれます

それにも関わらず、一度利用したことのあるファクタリング会社から他のファクタリング会社に乗り換えするメリットや目的にはどういったものがあるのでしょうか。

 

それは、乗り換えによって、継続利用よりも大幅にファクタリング手数料を節約できる可能性があるからです。ファクタリング手数料の節約が乗り換えの最大のメリットです。

 

それでは、なぜファクタリング会社を乗り換えすることで手数料は下がるのでしょうか。次に、乗り換えでファクタリング手数料が下がる要因やポイントを確認しましょう。

 

乗り換えで本当に手数料は下がる?

ファクタリング会社を乗り換えすることで手数料は下がる可能性が高くなります。しかし、なぜファクタリング会社を乗り換えすることで手数料は下がるのでしょうか。

 

乗り換えでファクタリング手数料が下がるポイントには以下の3つがあります。

①ファクタリング会社との交渉に慣れてくる

②ファクタリングの手続きや流れに慣れている

③ファクタリング会社も乗り換えに積極的である

 

この3つのポイントによってファクタリング手数料を節約できる可能性は高くなります。このポイントについて詳しく解説していきましょう。

 

ファクタリング会社との交渉に慣れる

初めてファクタリングを利用する場合、手数料相場や、ファクタリング会社とのやりとりに慣れていないために、思ったように手数料交渉を出来なかったという経営者は多いでしょう。

 

さらに、資金が必要な期限までに時間がなく、交渉する時間的な余裕が無かった経営者もいるでしょう

 

しかし、ファクタリングの利用経験があると状況は変わってきます

 

利用者としてもファクタリング会社とのやり取りに慣れてきますので手数料交渉も行いやすくなります。特に、ファクタリング利用経験によって手数料に対する相場観や、ファクタリング会社の審査基準なども解るようになってきますので現実的な交渉が可能となります。

 

さらに、乗り換え先となるファクタリング会社との交渉に失敗しても、その時はこれまで利用してきたファクタリング会社に依頼すれば良いので、新しいファクタリング会社との交渉に失敗したからと言ってデメリットはありません

 

ファクタリング会社との交渉に慣れる

 

ファクタリングの手続きに慣れる

ファクタリング利用経験があると実際の手続きにも慣れてきますので交渉する余裕が出てきます。

初めてファクタリングを利用する場合、資金調達を急いでいたり、審査通過可否に対する不安もあり、手数料交渉を行う余裕が無かった経営者もいるでしょう。

 

しかし、手続きに慣れてくれば、所要日数を逆算して交渉することもできるようになります。さらに、どのようにファクタリング会社に見積を依頼するかや、提出書類の準備も円滑にできるようになりますので、相見積もりなどの方法も利用しやすくなります

 

手続きへの慣れがファクタリング手数料にも良い効果を与えます。

 

ファクタリング会社も乗り換えに積極的

そして、最も大きなポイントがファクタリング会社側にあります。

 

ファクタリング会社としても全くの初心者ではなく、他社でファクタリング取引を行っていた利用実績のある企業からの申込を積極的に獲得しようとしています。

 

前述の通り、ファクタリング利用実績のない方はファクタリング会社としても心配です。

 

しかし、実際に他のファクタリング会社で何度か資金調達されている企業は信用しやすくなりますので、ファクタリング会社としてもリスクの低い取引ができます。

 

そのため、乗り換え利用希望者に対しては一般より手数料を下げたり、本来必要な諸費用をファクタリング会社が負担してくれるケースもあります。

 

加えて、現在取引中のファクタリング会社の手数料率より低い条件を約束するファクタリング会社もありますので、手数料を節約したいならファクタリング会社の乗り換えがおすすめとなります。

 

乗り換えを検討すべき時期

ファクタリング会社を乗り換えすれば手数料を下げられる可能性があります。

 

それでは、具体的にどういったタイミングでファクタリング会社の乗り換えを検討するのが良いのでしょうか。乗り換えに最適なタイミングを整理しておきましょう。

 

ファクタリング手数料が高いと感じた

「自社の利用しているファクタリング会社の手数料が高いのではないか?」、もしくは「他のファクタリング会社の手数料と比較したい」と感じたタイミングが乗り換えを検討すべきタイミングです。

 

ファクタリング手数料の相場は3社間ファクタリングで1.0%~5.0%、2社間ファクタリングなら5.0%~15.0%程度です。

 

ファクタリング会社の選び方や、譲渡対象となる売掛金次第では平均よりもかなり低い水準になることもあります。

 

譲渡対象になる売掛金が大企業向けのものであるなど「もっと手数料が低くなる」のではないかと感じられた場合には、まずはファクタリング会社の乗り換えを考えてみましょう。

 

手数料が高いと感じたらファクタリング会社を乗り換え

 

継続的にファクタリングの利用が必要

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンに比べて手数料や費用が割高になります。そのため、銀行融資やビジネスローンで資金調達ができるようになれば、ファクタリングから卒業することも考えるべきです。

 

しかし、銀行やビジネスローンの審査に落ちてしまった経営者の場合、すぐに状況が改善するわけではありませんので、しばらくの間ファクタリングを継続する必要があるということもあるでしょう。

 

こういった時には極力ファクタリング手数料や諸費用が低いファクタリング会社を利用するようにすべきです。そのため、手数料率や諸費用が低いファクタリング会社を探して乗り換えすることがおすすめです。

 

慌ててファクタリング会社を決めた

ファクタリングは相談から現金調達まで数日程度で完了できるため、緊急の資金調達手段として頻繁に利用されます。

 

しかし、こういった緊急時の資金調達としてファクタリングを利用された企業の多くは、時間的な余裕がなかったため、十分に条件の良いファクタリング会社を選べないままにファクタリング取引を始めてしまいます。

 

ファクタリング手数料の相場や、複数のファクタリング会社の条件を比較することなく、すぐに審査に通って、現金化までのスピードが速いファクタリング会社を優先しがちです。しかし、それでは本当に良い条件のファクタリング会社に出会うのは困難です。

 

そのため、緊急の資金調達としてファクタリング利用を始めてしまった事業者は、あらためてファクタリング会社を選別したうえで、以降に利用するファクタリング会社を選びなおした方が良いでしょう。

 

乗り換え時に注意するポイント

取引実績のあるファクタリング会社から乗り換えして新しい会社と取引するうえで、気を付けて置きたいポイントを整理します。

 

せっかく手間暇をかけて乗り換えを検討するわけですので失敗しないように注意が必要となります。

 

手間暇がかかる

取引実績のあるファクタリング会社を利用する場合、初めてファクタリングを申込した時に比べて審査時間や面談などをかなり省略できますので、現金化までの時間は短くなります。

 

また、提出書類が少なくなったりもしますので手間暇はかかりません。

 

一方、他のファクタリング会社に乗り換えするには、対象とする複数のファクタリング会社と交渉したり、候補先となるファクタリング会社を選択する、そして新規のファクタリングを申込する必要があるなど、相応の手間暇がかかります

 

そのため、会社の本業が忙しい経営者には負担が大きくなってしまうこともあります。但し、乗り換え成功時の手数料削減のメリットも期待できますので、費用対効果で考えるのが良いでしょう。

 

ファクタリング会社の乗り換えには手数料がかかる

 

手数料が下がらないケースもある

また、せっかくファクタリング会社を乗り換えしても、結果的にファクタリング手数料が下がらなかったという可能性もあります

 

ファクタリング手数料の水準は売掛金を支払う会社の信用力などを主な対象とするファクタリング会社の審査結果に応じて決定されます。

 

売掛金の信用力が低くてファクタリング会社が消極的なケースや、逆に非常に信用力が高くて既に十分手数料が低いというケースもあります。そのため、譲渡対象とする売掛金によってはファクタリング会社を替えても手数料が下がらない可能性もあります。

 

こういった場合、手間暇をかけて乗り換えを検討した時間が無駄になってしまうことがあります。

 

ファクタリング契約中は乗り換え不可

既に現在取引中のファクタリング会社に売掛金を譲渡する契約を締結した場合、該当する売掛金の回収・支払が終わるまでは、ファクタリング会社の乗り換えができません。そのため、一旦、現在のファクタリング契約が終了するのを待って、そのうえで売掛金の譲渡を考える必要があります。

 

既に現在のファクタリング会社に売掛金を譲渡したにもかかわらず、誤って別のファクタリング会社にも譲渡してしまうと「2重譲渡」になってしまいます。売掛金の2重譲渡は詐欺などになる可能性もありので絶対に行っていけません。

 

そのため、ファクタリング会社を乗り換えするには現在利用中のファクタリング取引が終了したことを確認し、まだ売却していない売掛金を対象として行う必要があります。

 

ファクタリング会社の乗り換え時に注意したいデメリットはこの3点です。

 

それぞれ気を付けるべきポイントではありますが、間違えなければ問題になることはほぼありません。ファクタリング会社の乗り換えで手数料を減らせるメリットを考慮すれば是非ともチャレンジしたいところです。

 

乗り換えに最適なファクタリング会社

ファクタリング会社の乗り換えを検討される場合、やはり手数料水準が低く、諸費用が多くかからないファクタリング会社から選びたいものです。

 

また、他のファクタリング会社からの乗り換えに積極なファクタリング会についても知っておけば、高い確率で手数料が下がるファクタリング会社を選べるようになります。

 

なお、ファクタリング会社選びでは必ず3社以上のファクタリング会社で相見積もりを取得して比較分析するようにしましょう。

 

複数のファクタリング会社を並行して比較・検討することでファクタリングの条件は良くなる傾向にあります。

 

 

三共サービス

手数料水準でファクタリング会社を選ぶなら三共サービス

 

ファクタリング会社の乗り換えなら、まずは「三共サービス」を対象に含めて検討するようにしましょう。

 

三共サービスはファクタリング業界のなかでも手数料水準が最も低い会社の1社であり、手数料設定は3社間ファクタリングで1.5%~、2社間ファクタリングで5.0%~に設定されています。

 

さらに、三共サービスは他社からの乗り換え利用を積極的に推進しており、乗り換え利用した企業は、乗り換え前と比較して手数料が平均で10%低くくなると言われています。

 

三共サービスはファクタリングの乗り換えを検討するなら必ず含めて検討したい会社です。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

MSFJ

手数料水準と利用しやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

 

MSFJも乗り換え時に必ず選択に含めたいファクタリング会社です

 

MSFJもファクタリング会社の乗り換えに積極的に対応している会社です。MSFJではホームページ上などで乗り換えを検討されている方には「手数料を下げるための最大限の努力」を行うことも表明しており、乗り換え利用者からの申込を積極的に募集しています。

 

さらに、MSFJは利用しやすい明確で解りやすい手数料体系の会社です(以下参照)。

 

MSFJには2つのファクタリングサービスが用意されています。

 クイックファクタリングプレミアムファクタリング
調達限度額(最大)300万円5,000万円
現金化までの日数1営業日1営業日~
ファクタリング手数料3.8%~9.8%1.8%~6.8%

 

MSFJのプレミアムファクタリングなら手数料は最大でも6.8%までです。

3社間ファクタリングの業界平均は5.0%~15.0%程度ですので、MSFJのファクタリングサービスが以下に低水準で利用できるかが解るでしょう。

 

この手数料水準を武器にMSFJへの乗り換え依頼は増加中です。

 

なお、MSFJは法人企業だけでなく、個人事業主(自営業者)も利用可能です。

 

 

ウィット

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 

来店不要・面談不要なら「ウィット」のファクタリングがおすすめです。

ウィットは2016年11月設立の業歴3年目のファクタリング会社です。

 

ウィットの特徴は「スピード」、「小口専門」、「非対面申込」の3つです

WEB上から申込を行って、その後の書類提出、契約など、手続き全てをメールや郵送で完結できるので、一度も来店したり、ファクタリング会社からの面談を受ける必要がありません。

 

ウィットは小口専門のファクタリング会社であり、最小30万円から500万円までのファクタリングの申込ができます。審査スピードは業界最速水準であり、最短即日から売掛金の現金化が可能です。

 

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

<ウィットのファクタリングデータ>

設立2016年11月
手数料水準

非公表

買取可能額

30万円~500万円(最大)

利用対象者

法人・個人(自営業者)

現金化までの日数

最短即日

2社間ファクタリングの取り扱い

備考

非対面での取り扱い可能

(店舗への来店不要)

 

 

日本中小企業金融サポート

日本中小企業金融サポート の郵送ファクタリング

 

次に乗り換えにおすすめなのが「日本中小企業金融サポート」ファクタリングです。

 

日本中小企業金融サポートには「郵送ファクタリング」と呼ばれるファクタリングサービスがあります。郵送ファクタリングとは、一度も来店することをもとめず、WEB申込と郵送での手続きで完了できるファクタリングサービスのことです。

 

日本中小企業金融サポートの審査に通ったのち、提示されるファクタリング条件に納得して申込を行えば、契約書などが郵送で届けられます。

 

必要事項を記入して返送すればファクタリングの利用手続きは終了します。

対面相談、来店が不要ですので、手続きを楽に行えます。

 

さらに、日本中小企業金融サポートは「一般社団法人」です。一般社団法人は「株式会社」とは異なり、営利追求だけを目的にしていません

 

そのため、ファクタリング利用者を騙すといった対応も考えにくく、安心して利用しやすいファクタリング会社となります。

 

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

<日本中小企業金融サポートのファクタリングデータ>

設立2017年4月
手数料水準

非公表

買取可能額(最大)

非公表(3,000万円以上可)

利用対象者

法人・個人(自営業者)

現金化までの日数

最短即日

2社間ファクタリングの取り扱い

備考WEB+郵送で申込可

 

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 

ビートレーディングはファクタリング業界で最も知名度が高く、利用実績が人気No1 と言われる会社です。その取扱い実績の多さがビートレーディングのサービスの良さの裏付けです。

 

また、ビートレーディグは最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)です。

 

法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

 

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

まとめ

ファクタリングは緊急の資金調達にも利用可能であり、銀行融資などとは審査基準が異なるため、幅広い事業者が利用できる資金調達方法となっています。

 

ファクタリングのデメリットは銀行融資などと比べて手数料・諸費用が高めであることですが、ファクタリング会社を乗り換えすることで手数料は節約できる可能性があります。

 

ファクタリング会社の乗り換えに積極的に対応している会社を活用して、是非、ファクタリング手数料の軽減を達成しましょう。

 

 

 個人事業主がすぐに資金調達する方法!!

 口コミ・評判の良いファクタリング会社

 おすすめのファクタリング会社

ファクタリング会社を乗り換えて手数料を削減
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG