ファクタリングの手数料相場はどれくらい?手数料相場を知ってファクタリングを活用

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングで資金調達してみたいけど、「手数料がどの位必要なのかが解らない」という方は多いですよね。

ファクタリング手数料の目安が解らなければ、ファクタリングを利用しようにも、しにくいですよね。

今回は、ファクタリング手数料の相場について調べました。ファクタリング手数料の相場を知れば、ファクタリングを利用する際の目安や交渉材料として使用できます。

 

なお、そもそも「ファクタリングってなに?」と言う方は、こちらの関連記事からご覧ください。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリング手数料の相場


最初にファクタリング手数料の基本的な相場から確認しておきましょう。

ファクタリングの手数料相場を左右するものとして、いくつかの要因があります。

 

ファクタリング手数料の相場は、ファクタリングで売却する売掛債権の対象となる会社規模、年商(売上高)で変動します。

売上高別にファクタリング手数料の相場をまとめると以下の通りとなります。

 

<会社規模別ファクタリング手数料相場>

売上高規模

5千万円未満 5千万~1億円 1億円以上
手数料相場 20%~ 18%~

15%~

 

ファクタリングで売却する売掛債権の信用力が高いほうが、ファクタリングの手数料相場も低くなります。

一概には言えませんが、会社の規模が大きい方が、会社の信用力は高くなります。

 

そのため、規模の大きい会社の売掛金を売却する方が、ファクタリング手数料も低くなる傾向にあります。

 

 

 

ファクタリング方式の違い


ファクタリングには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2種類の方式があります。

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの違いは、簡単に言えば、売却する売掛債権の対象会社に、売却することを伝えるか否かです。

 

取引先に対して、売掛債権を売却する(ファクタリング)ので、今後は、「ファクタリング業者に対して支払って下さい」と言うのが、3社間ファクタリングです。

売掛債権を売却することを、取引先に言わずに、あたかも、まだ「会社が売掛債権を保有している」かのように、売掛債権を回収して、回収金をファクタリング会社に支払うのが、2社間ファクタリングです。

 

売掛債権の対象会社を含めるかどうかで、1社増減しますので、2社間ファクタリングか、3社間ファクタリングに増減するということです。

 

この2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングのどちらを使用するかでも、ファクタリング手数料の相場は大きく異なります。

通常、ファクタリング業者にとっては、3社間ファクタリングの方が安全であり、ファクタリング手数料の相場を低く抑えることができます。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリング方式毎の手数料相場


2社間ファクタリングを活用する場合の手数料相場は、10~20%程度になると言われています。

それに対して、3社間ファクタリングの場合の手数料相場は、1%~5%くらいになると言われています。

このファクタリング方式による手数料相場の違いは大きいですよね。

手数料相場が10%近く異なることになります。

 

 

2社間ファクタリングのメリット


これだけファクタリング手数料の相場に違いがあるなら、ファクタリング手数料相場の安い3社間ファクタリングを利用した方が、メリットはありそうですよね。

3社間ファクタリングの手数料なら、銀行から借入する場合の借入利率とそれほど違いもありません。

では、なぜ、2社間ファクタリングを利用する方がいるのでしょうか。

 

それは、取引先にファクタリングを活用することを、「言いたくない」という方が多いためです。

事業主や、経営者は、「信用力」を重視します。

信用が無い会社だと取引先に判断されてしまうと、取引を打ち切られてしまうこともあります。

「売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達する」と取引先に知らせることで、信用力が低い、資金に困っていると思われたくないという方が多いのです。

 

その他の理由として、取引先との契約にて、「売掛債権を禁止」している条項が入っている場合もあります。

契約書にて売掛債権を売却する場合は「事前に連絡」であれば問題とならない可能性が高いですが、あえて禁止している場合は、認めてもらえない可能性があります。

通知しても、認めてもらえないと意味がありませんので、「知らせ損」となります。

 

そのため、ファクタリングを利用する場合には、あえて「取引先」に知らせることなく、2社間ファクタリングを利用したいと考える事業主、経営者が多くなります。

 

しかし、手数料相場を低く抑えるという点では、3社間ファクタリングが適しています。

債権売却を知らせて問題の無い取引先であれば、3社間ファクタリングを活用した方が良いということは覚えておきましょう。

 

 

利用実績で手数料は下がる


ファクタリングは、ファクタリング業者にとっても、相応にリスクのある取引です。

そのため、初めてファクタリングを利用する方からの買い取りの場合、手数料はやや高めとなり、2回目以降のファクタリングで手数料相場は下がる傾向にあります。

 

ファクタリング業者は、売掛債権を売却する売り主が騙そうとしていないか、倒産しそうな取引先の債権を「知っていて」売却しようとしていないかを心配しています。

こういった危険性の少ない相手だと解ってくれば、ファクタリング手数料も下がっていく傾向にあります。

 

弥生会計ソフトのご案内
▼申込はこちら▼

 

 

ファクタリング業者を選定


ファクタリング手数料の相場を左右する大きな要素は、ファクタリング業者の選定です。

いくらファクタリング手数料を低く抑えるための要素を揃えても、結果的に、利用するファクタリング業者の手数料設定が高ければ意味がありません。

ファクタリング手数料の相場を低く抑えるには、ファクタリング業者を良く選ぶ必要があります。

 

以下では、ファクタリング手数料の相場が安い業者をご紹介いたします。

 

 

1位 三共サービス


ファクタリング手数料が、業界で最も安い言われているのは「三共サービス」です。

 

 

三共サービスのファクタリング手数料は、

 

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングで、5.0%~ に設定されています。

 

三共サービスは、業界トップクラスのファクタリング手数料の低さ、スピード査定、全国対応が可能であることです。

三共サービスは、スピード査定も可能です。

下記のリンクから、ご相談、査定申込後、1~2日程度の短期間で資金調達することも可能です。

 

なお、三共サービスのファクタリングは、赤字、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

全国対応のサポート体制も、充実しています。

全国どこからでもご相談・申込が可能です。

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

<関連記事>

 

 

2位 JTCのファクタリング


JTCのファクタリングも、業界トップクラスの手数料率の低さです。

 

 

JTCは評判も良く、顧客満足度の高いファクタリング業者でもあります。

JTCのファクタリングの手数料率は、2.0%~ 

 

さらに、JTCのファクタリングには以下の特徴があります。

  • リピート率 98.3%(2016年の年間実績)
  • 買取率業界トップクラス
  • 北海道から沖縄まで全国対応

 

特に、リピート率98.3%のファクタリング実績は必見です。

ただし、JTCのファクタリングに申込できる方には条件があります。

それは、年商7,000万円以上の、法人企業です。

年商7,000万円未満、もしくは個人事業主は、JTCのファクタリングご利用できません。

 

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

 

 

 

3位 ジャパン・マネージメント


ジャパン・マネージメントのファクタリングの手数料率は 3.0%~です。

 

 

前述の2社に比べるとやや高めですが、ファクタリング業界の中では、かなり低水準です。

相見積もりの対象に加えておきたいファクタリング業者です。

 

ジャパン・マネージメントのファクタリングの特徴は以下です。

1.最短即日で資金をご用意

2.全国対応(出張買取OK)

3.個人事業主から買取もOKです

4.保証人・担保不要

5.顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信)

 

▼ 無料・スピード査定はこちら ▼

 

 

 

4位 ビートレーディング


最後に、知名度・契約件数で選ぶ、業界トップクラスの規模を誇るファクタリング業者です。

最後にご紹介するのは、ビートレーディングです。

 

 

ビートレーディングの手数料率の詳細は公表されていません。

しかし、ファクタリング実績や、知名度から、相見積もりに加えておきたい1社です。

 

なお、ビートレーディングのファクタリングの特徴は以下です。

 

1.申込から即日回答のスピード査定が可能

2.申込から2~3日でのスピード買い取り

3.個人事業主のファクタリングも対応

4.全国からのファクタリングに対応

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

<関連記事>

 

 

まとめ


ファクタリングを有効に活用するためには、ファクタリング手数料の仕組みを良く知り、妥当な手数料で利用できないといけません。そのためには、ファクタリング手数料の相場を良く知り、さらにファクタリング手数料に影響する要因も理解しておく必要があります。

 

最後に重要となるのは、利用するファクタリング業者を良く選ぶことです。誤って、悪質なファクタリング業者を利用してしまうと、手数料相場からかけ離れた、高額な手数料を請求されてしまいます。

 

優良なファクタリング業者を活用して、有効に活用しましょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

 

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。