三共サービスのファクタリングは手数料が低い

最近は中小企業を中心として銀行融資で十分に資金調達できない場合や、急ぎの資金調達を目的としてファクタリングの利用が増加しています。

しかし、銀行融資に比べてファクタリング手数料は高めなのが実情です。

少しでもファクタリング手数料を低く抑えたい方に業界トップクラスに手数料が低いと人気の「三共サービス」をご紹介します。

こちらのコンテンツでご説明する内容

  • 三共サービスの手数料水準は本当に低いのか?
  • 三共サービスは安心して利用できるファクタリング会社か?
  • 三共サービスが適する方はどういった方か?
  • 三共サービスの利用方法

今回は三共サービスの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介します。

 

ファクタリングの基礎を解説

そもそもファクタリングというのはどういった資金調達方法でしょうか。最初にファクタリングの概要からご説明しておきましょう。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングは中小企業を中心に拡大している資金調達方法です。

しかし、ファクタリングは借入ではありません。ファクタリングは借入せずに利用できる資金調達方法です。

 

ファクタリングとは売上債権を売却する資金調達方法です。

ファクタリングでは商品を販売したり、サービスを提供するなど、商取引で発生した売上債権をファクタリング会社に売却します。

売上債権は発生から代金回収までに時間があり、長ければ、数ヶ月もの時間(回収サイト)がかかるものもあります。

 

ファクタリングでは回収までに期間がある売掛金をファクタリング会社に売却できますので、資金繰りに利用できない売掛金の代わりに譲渡代金を受け取ることができます。

それによって、本来の売掛金の回収期日前に現金化することができ、回収期日前に売掛金を資金繰りに活用できるようになります。

 

ファクタリングの仕組を図解

ファクタリングの仕組

ファクタリングの関連記事

 

手形割引との違い

以前から、銀行や貸金業者に対して「受取手形」を売却することによる「手形割引」という資金調達方法は存在していました。

手形割引なら利用したことがあったり、良く知っているという経営者もいるでしょう。

 

ファクタリングは手形割引に良く似ていますので、手形割引との違いから考えると理解しやすくなります。

ファクタリングと手形割引の違いには以下のようなものがあります。

  • 買取対象が異なる(受取手形か売掛金か)
  • 償還請求権(リコース)の有無
  • 取引先への通知(3社間ファクタリングの場合)

 

手形割引とファクタリングの大きな違いには「償還請求権の有無」があります。

償還請求権とは、万一、受取手形の振出人や、売掛金の債務者(取引先)が支払えなかった場合に、手形割引やファクタリングの利用者に対して、銀行やファクタリング会社が対象となる受取手形や売掛金を買い戻すように求める権利のことです。

 

償還請求権があるということは買戻しを求められることを意味します。

つまり、取引先からの回収リスクは手形割引・ファクタリングの利用者が負い続けることになります。

そして、手形割引とファクタリングの違いは、手形割引には償還請求がありますが、ファクタリングには償還請求権がないということです。

 

ファクタリングであれば売掛金を支払う取引先が倒産したとしても、ファクタリング利用者は売却後の売掛金を買い戻す必要がなく、回収リスクを負わなくて済みます

一方、手形割引では利用者が買い戻す義務を負いますので、ファクタリングの方がリスクの負担が少なく、予想外の出費・支出が発生する可能性が低い資金調達方法となります。

償還請求権の違いを整理すると以下になります。

 

ファクタリングと手形割引の違い

手形割引ファクタリング
償還請求権
手形・売掛金の買戻し必要不要
回収リスク負担する負担の必要なし

 

さらに、ファクタリングと手形割引の違いとして取引先への通知があります。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

この2つの方式の違いは売掛金を支払う取引先に、ファクタリングの利用を通知するかどうかにあります。

 

2社間ファクタリングの仕組

2社間ファクタリングの仕組と特徴

3社間ファクタリングの仕組

3社間ファクタリングの仕組と特徴

 

まだまだファクタリングの知名度や認知度は低いため、取引先によっては売掛金を売却すると聞くと、ファクタリング利用者の信用を疑ったり不安に思うこともあります信用が低下してしまっては、商取引に悪影響が出てしまう可能性も出てきます。

そのため、取引先への通知が必要となる3社間ファクタリングは慎重に利用する必要があります。

 

但し、ファクタリングであっても2社間ファクタリングであれば取引先への通知は必要ありません。

取引先への信用不安の可能性があるのは「3社間ファクタリング」に限定された問題です。

 

ファクタリングの関連記事

 

ファクタリングの基礎を理解

 

ファクタリングの利用条件

なお、ファクタリングを利用するためには満たす必要のある条件もあります。ファクタリング利用のための条件も確認しておきましょう。

ファクタリングの利用条件

  • 正常に請求できる売掛金を持っている
  • 必要調達額以上の売掛金があること
  • 入金履歴を確認できる(口座の履歴など)
  • 入金が遅れていない売掛金である
  • 法人企業向けの売掛金
  • 既に売却済みの売掛金ではない

 

ファクタリングの利用条件は対象となる売掛金に関しての条件が多くなります。

特に、ファクタリング会社にとっては、売掛金の支払いが問題なく行われるかどうかが重要です。

取引先(売掛金の債務者)の信用力が高く、売掛金の支払いが問題なく行われるようであればファクタリングは利用しやすくなります

 

一方、既に過去に入金の遅延が発生している場合など、取引先の信用力に問題がある売掛金はファクタリング対象にならない可能性があります。

 

三共サービスってどんな会社?

では今回のメインテーマとなる「三共サービス」というファクタリング会社について確認してみましょう。

ここからは三共サービスを理解するためのポイントを整理していきます。

 

三共サービスのファクタリングは手数料が低い

 

ファクタリング業界の老舗企業

三共サービスは東京都に本社を置くファクタリング会社です。2001年7月の設立であり、業歴は19年になります。

業歴が19年というのはファクタリング会社のなかで断トツ長い老舗企業です。

 

ファクタリングの日本における歴史は浅く、拡大を始めたのはこの数年です。

そのため、ファクタリング会社も業歴が5年前後という会社が多く、10年を超える業歴があるファクタリング会社はほとんどありません。

三共サービスは業歴19年という断トツに長い業歴を有しており、豊富な業界経験や長く認められてきた実績などが数多くある会社と言えます。

 

三共サービスの基本data

会社名株式会社三共サービス
代表取締役飯村 雅
本社所在地東京都千代田区神田須田町1-24-6ACN神田須田町ビル3階
資本金1,000万円
設立2001年7月

 

安心・安全に利用できる会社

ファクタリング会社選びでは、最初に注意したいのは安心・安全に利用できるファクタリング会社かどうかです。

 

残念ながらファクタリング会社のなかにも悪質な会社は存在します。

(悪質ファクタリング会社の手口はこちらで紹介)

 

貸金業者のなかにも闇金・違法業者が存在するのと同様に、ファクタリング会社のなかにも利用者を騙して、不当な手数料などを求める会社はいるのです。

悪質ファクタリング業者につかまっては大きく損してしまう可能性が高くなります。

 

そのため、悪質業者を避けて、安心・安全なファクタリング会社を見つけるのがファクタリング利用の基本と言えます。

 

そんななか、三共サービスは安心して利用できる会社と言えます。

悪質な会社は訴えられたり、悪評が立ちますので長く営業することは困難です。

通常、短期で営業して、すぐに社名や住所を変更して新たに事業を再開します。

 

一方、三共サービスは19年という業歴の長さがあり、問題・トラブルを起こしていないと想像できます。

さらに、三共サービスのホームページなどの公表情報を見れば、所在地や店舗の情報も詳しく公開されていますし、店舗への来店・相談も行いやすくなっています

 

▼三共サービスのオフィス風景

三共サービス外観2

 

▼三共サービスの公式ホームページへのリンク

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

「公表情報が多い」のは安心して利用できるファクタリング会社の絶対条件です。

悪質ファクタリングのなかには、会社情報が不透明であったり、虚偽表示をしていたり、住所地に行ってみると実際の店舗が存在しないということすらあります。

三共サービスは店舗もオープンに開設されており、来店を積極的に受け入れしていますので、安心して利用できる会社として信用できます。

 

三共サービスは安心して利用できるファクタリング会社

 

 

手数料水準が業界トップクラスに低い

三共サービスが人気のファクタリング会社と言われる最大の特徴は手数料水準にあります。

通常、ファクタリングは銀行融資の金利などに比べて高めの手数料が設定されます。

ファクタリングは銀行融資が利用できなかった人が多く利用するなど、ファクタリング会社にとってもリスクが高いため、手数料が高いことも仕方ありません。

 

しかし、利用者としては少しでも手数料を低く抑えておきたいものです。

そのため、ファクタリング手数料が低い会社を見つけることは重要なポイントです。

そのため、三共サービスの業界トップクラスの手数料水準は大きなメリットになります。

三共サービスの手数料水準は以下の通りです。

 

三共サービスの手数料data

2社間ファクタリング3社間ファクタリング
三共サービスの手数料(最低)5.0%1.5%
業界平均(参考地)*当社調べ10%3.0%

 

一般的なファクタリング手数料は3社間ファクタリングで3.0%~、2社間ファクタリングなら10%~程度です。

一方、三共サービスのファクタリングは手数料水準の大幅な見直しが行われており、3社間ファクタリングで1.5%~、2社間ファクタリングでも5.0%~程度に抑えられました。

 

このファクタリング手数料は業界トップクラスに低い水準です。

▼三共サービスのメリット

三共サービスは手数料が業界トップクラスに低い

 

実際、三共サービスを利用した事業者の口コミ情報・評判を確認しても、2社間ファクタリングで5.0%~7.0%の手数料範囲で利用できた方の情報が多く見られます。

 

もちろん、3社間ファクタリングなら1.5%で利用できた方の口コミも見られます。

ファクタリング会社のなかには、ホームページ上では低めの手数料を掲示しながら、実際にはもっと高めの手数料に誘導するという会社もあります。

 

しかし、三共サービスの提示するファクタリング手数料は実際に利用可能な手数料水準です。

そのため、手数料を出来るだけ低く抑えて利用したい方におすすめしたいファクタリング会社になります。

 

他社からの乗り換えにも最適

三共サービスは既に他のファクタリング会社を利用中の方にも最適です。

一般的に、ファクタリングは特定のファクタリング会社で継続して取引を続けることで手数料が低下していきます。

これは、利用を継続して実績を積むことで、ファクタリング会社に対する利用者の信用力が上昇するためです。

 

しかし、三共サービスであれば、既存取引から乗り換えするのもおすすめです。

三共サービスでは既に他のファクタリング会社を利用されている方の乗り換えに積極的に取り組んでおり、ファクタリング実績のある方の手数料を優遇しています

 

そして、三共サービスによれば、乗り換え時の手数料は平均して10%安くなっていると言われています。

そのため、既にファクタリング取引のある利用者であっても三共サービスに相談されてみるのが良いでしょう。

他のファクタリング会社を利用したことがあれば、さらに良い条件を得られる可能性は高いでしょう。

 

ファクタリングの関連記事

 

ファクタリング実績豊富

三共サービスに対する申込件数は月間100件以上、年間で1,500件以上です(2019年現在、三共サービス公表数値)。

さらに、三共サービスに相談した方のうち、97.6%が実際に申込・契約に至ると言われています。

これだけの利用実績があるファクタリング会社は稀です。

 

実際、当サイト(みんなのローン&キャッシング応援サイト)のファクタリングご紹介会社のなかでも、実際に申込や問合せに至るランキングが2018年実績で年間1位となっています。

ファクタリングの利用希望者が実際に選ぶ人気ファクタリング会社としての実績があることが三共サービスの安心・安全な優良会社であることの裏付けとなります。

 

三共サービスはファクタリング実績が豊富。年間1,500件以上の取り組み実績あり

 

日本全国対応可能

また、三共サービスは地域を限定せず、日本全国の事業者が利用できます。

一般的なファクタリング会社の場合、「関東」、「九州」、「西日本」など地域を特定して営業しています。

これはファクタリング会社には全国展開していない会社が多く、営業エリアを特定する必要があるためです。

 

しかし、三共サービスは日本全国を対象エリアとしています。

三共サービスでは出張対応も行ってくれるほか、WEBからの申込・相談が可能ですし、必要書類や契約書などの郵送によるやりとりも可能です。

遠方で来店が難しい方や、多忙で時間がない経営者の方にも利用しやすいように柔軟に対応してくれますので安心して相談・申込が可能です。

 

赤字・債務超過・税金滞納中も可能

ファクタリングの利用希望者のなかには、赤字、債務超過、税金滞納中、さらには銀行で融資を断られたり、リスケ中であるために審査に自信がないという方が多くいます。

 

そのため、ファクタリングの申込をすることに躊躇される方もいます。

しかし、三共サービスのファクタリングサービスでは、赤字、債務超過、税金対応中、リスケ中、銀行融資の審査に落ちた方でも利用できる可能性があります。

 

三共サービスのファクタリング審査では売掛金を支払う取引先が重要です。

そのため、取引先の支払い能力が認められれば、利用者の状況に関わらずに利用できる可能性があります。

赤字、債務超過などの状況にあっても、諦めずに三共サービスに相談してみましょう。

 

三共サービスなら赤字・債務超過・リスケ中・税金滞納中でも利用できる

 

もちろん2社間ファクタリング可能

言うまでもなく、三共サービスは2社間ファクタリングを行っています。

3社間ファクタリングの方が手数料は安くすみますが、取引先への通知が必須となることに加え、売掛金を現金化するまでに時間がかかってしまうデメリットがあります。

 

一般的にファクタリングを利用する方は資金調達を急いでいます。

そのため、相談から売掛金の現金化までを数日程度で完了させる必要があります。

三共サービスの2社間ファクタリングなら最短2営業日で現金化できます。

 

買取時の掛目は最大90%

ファクタリングには買取掛目というものがあります。

買取時の掛け目とは、保有している売掛金のうち、どれだけの割合が買取対象になるかというものです。

例えば、掛け目が90%、保有している売掛金が100万円であれば、買い取ってもらえる金額の上限は90万円(=100万円×90%)になります。残りの10万円の売掛金(=100万円‐90万円)は手元に残ります。

 

ファクタリングを利用するなら掛け目は高い方が便利です。

同じ金額の売掛金を保有していても掛け目が低いファクタリング会社を利用すると、買い取ってもらえる金額は少なくなり、現金化できる金額は低下してしまいます。

 

一般的なファクタリング会社の場合、掛け目は50%~80%程度に設定されています。

一方、三共サービスは審査結果などにもよりますが、掛け目の最大を90%に設定していますので、他のファクタリング会社よりも多額に買い取ってもらえる可能性があります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング利用時の掛け目ってなに?

 

三共サービスのファクタリングまとめ

以上の通り、三共サービスのファクタリングサービスの特徴をまとめると以下のようになります。

 

ファクタリングサービスのdata

買取可能額100万円~1億円(最大)
2社間ファクタリングの取扱い可否可能
手数料率2社間:5.0%~、3社間:1.5%~
現金化までの期間最短2営業日(翌日)
買取掛目90%(最大)

 

やはりファクタリング手数料が他のファクタリング会社に比べて大幅に低いことが特徴となっています。

 

▼三共サービスが選ばれる理由!!

三共サービスと他社比較

 

三共サービスが適さない方

三共サービスは手数料水準が業界トップクラスに低く、手続きや審査も柔軟に対応してくれますので幅広い事業者にとって適したファクタリング会社と言えます。

しかし、残念ながら三共サービスへの申込が適さない方もいます。

 

その1つが個人事業主(自営業者)です。

三共サービスへの申込が可能なのは法人企業のみに限定されており、個人事業者(自営業者)からの申込はできません。

 

個人事業主が利用できるファクタリング会社は限定されますので、以下のようなファクタリング会社へ相談するのが良いでしょう。

 

ファクタリングの関連記事

 個人事業主が利用できるファクタリング会社の一覧

 

また、対象となる売掛金が以下に該当する事業者も利用は適しません。

  • 既に入金が遅延している売掛金
  • 個人事業者に対する売掛金
  • 他のファクタリング会社に売却済みの売掛金

 

以上に該当しなければファクタリングできる可能性はあります。三共サービスが利用可能なら是非、検討対象にくわえてみましょう。

 

相談・申込の流れ

三共サービスでは実際に買取を依頼するかどうかに関わらず、買取する場合のファクタリング条件を見積もってもらうことができます。

そのため、少しでも興味を持ったら相談してみましょう。

 

もちろん、三共サービスから提示された条件に納得ができなかったり、別の資金調達を希望するなら断ることも可能です。

 

三共サービスへの申込用リンク

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

上記のリンクから公式ホームページに移動して相談を行います。

 

三共サービスに相談・申込する流れは以下となります。

三共サービスに申込する場合の手続きと流れ

 

東京都内の方は審査時に原則として店舗に来店して書類提出、及び担当者と面談を行います。

しかし、遠方の方は郵送、メールなどでの手続きも可能ですので、来店せずにファクタリングを利用することも可能です

 

審査終了後に三共サービスから手数料などの買取条件が提示されます。

条件に問題がなく、買取に応諾・希望すれば契約を経て、すぐに現金化が実行されます。

 

なお、三共サービスでは初めてファクタリングを利用される方を対象として事務手数料の無料サービスも実施しています。ファクタリングを利用したことの無い方もお得に利用できます。

 

あわせて検討したい会社

三共サービスは手数料水準の低さ、他社からの乗り換えでお得、そして審査や手続きなどが柔軟で利用しやすい会社です。

しかし、ファクタリング利用時には3~4社程度を比較検討されてみるのが良いでしょう。

 

「相見積もり」と呼ばれる相談方法ですが、複数社を同時並行で相談することで、ファクタリング会社間の競争を促し、買取条件を良化することが期待できます。

そのため、三共サービスだけでなく、三共サービスに劣らないメリットのあるファクタリング会社を加えて相談されてみるのがおすすめです。

 

三共サービスとあわせて相談したいファクタリング会社を以下でご紹介します。

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 

ビートレーディングは知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社です。

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能であり、債権譲渡登記不要で利用できるなど、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社となっています。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビートレーディングのファクタリングデータ

設立2012年4月
手数料水準3社間ファクタリング:1~9%

2社間ファクタリング:10%~20%

買取可能額最大3億円
利用対象者法人・個人(自営業者)
現金化までの日数最短翌日(1営業日)
2社間ファクタリングの取り扱い

個人事業主の2社間ファクタリングも可能

備考大口・小口のどちらも対応可能

 

ファクタリングの関連記事

 ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

ウィット

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 

来店不要・面談不要なら「ウィット」のファクタリングがおすすめです。

ウィットは2016年11月設立の業歴3年目のファクタリング会社です。

 

ウィットの特徴は「スピード」・「小口専門」・「非対面申込」の3つです。

WEB上から申込を行って、その後の書類提出、契約など、手続き全てをメールや郵送で完結できるので、一度も来店したり、ファクタリング会社からの面談を受ける必要がありません。

 

ウィットは小口専門のファクタリング会社であり、最小30万円から500万円までのファクタリングの申込ができます。

審査スピードは業界最速水準であり、最短即日から売掛金の現金化が可能です。

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリングデータ

設立2016年11月
手数料水準非公表
買取可能額30万円~500万円(最大)
利用対象者法人・個人(自営業者)
現金化までの日数最短即日
2社間ファクタリングの取り扱い
備考非対面での取り扱い可能

(店舗への来店不要)

 

 

日本中小企業金融サポート

日本中小企業金融サポート の郵送ファクタリング

 

次におすすめするのが「日本中小企業金融サポート」のファクタリングです。

日本中小企業金融サポートには「郵送ファクタリング」と呼ばれるファクタリングサービスがあります。

郵送ファクタリングとは、一度も来店することをもとめず、WEB申込と郵送での手続きで完了できるファクタリングサービスのことです。

 

日本中小企業金融サポートの審査に通ったのち、提示されるファクタリング条件に納得して申込を行えば、契約書などが郵送で届けられます。

必要事項を記入して返送すればファクタリングの利用手続きは終了します。

対面相談、来店が不要ですので、手続きを楽に行うことができます。

 

さらに、日本中小企業金融サポートは「一般社団法人」であるという特徴もあります。

一般社団法人は「株式会社」とは異なり、営利追求だけを目的にしていません。

そのため、ファクタリング利用者を騙すといった対応も考えにくく、安心して利用しやすいファクタリング会社となります。

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

日本中小企業金融サポートのファクタリングデータ

設立2017年4月
手数料水準非公表
買取可能額(最大)非公表(3,000万円以上可)
利用対象者法人・個人(自営業者)
現金化までの日数最短即日
2社間ファクタリングの取り扱い
備考WEB+郵送で申込可

 

ファクタリングの関連記事

郵送ファクタリングとは?利用方法と便利な活用方

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

MSFJの特徴

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

 

まとめ

今回は人気ファクタリング会社である三共サービスをご紹介しました。

三共サービスは安心・安全に利用できるファクタリング会社であることはもちろん、手数料水準の低さ、審査・手続きの柔軟さ、全国対応などメリットの多いファクタリング会社です。

 

ファクタリング会社選びでは複数の会社で相談(相見積もり)することが大切ですが、三共サービスは必ず含めておきたい会社と言えます。

 

ファクタリングの関連記事

 

三共サービスのファクタリングは手数料が低い
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG